Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2018-06-30 破損だな・・・・

本日のお昼間も 愛犬のお散歩に。次男もついてきましたが 自宅界隈では 曇り空も お散歩コースは 厳しい日差しだったりと 今回も はなちゃんは 途中 抱っこにて。帰宅後は 今回も 冷水シャワーを。
今日も 夕立ちは 有りましたが 現在は スッキリと。6月の 最終日の晩の ご利用を心より!
で すが 昨夜は ワールドカップ同様の お休みのような・・・・
f:id:Budounokura:20180630183007j:image:w360:right
月末の週末なのですが 良くはないのですが ホームページの 7月の ワインの 特集の更新を。
7月は 京は 祭りの季節です。特に 10日17日24日は この東大路通から見下ろす 光景は 勇壮でも有り。10日は 貸し切りですが 17日24日は 余裕も有りますので ご検討ください!
よろしくお願い申し上げます。
どうも 運気は 下がっております店主ですが 先日の当て逃げに 昨夜は またまた やってしまったの タブレットの落下を。以前の ぼろぼろでは ないのですが 斜めに一筋の割れ筋が。
これで 勘弁して欲しいものです!
Sommelier R.Imamura

2018-06-29 オーストリア ヴィンテージ’03

本日のお昼間は ジムの 遠征に。伏見のお膝元は リニューアル工事の為 しばらくお休みですが 亀岡と 出町に 系列店が有られるようですので。
わざわざ 結果的には 30分は オーバーですが シトロエンで。
ですが まあね、ハイソな立地であるだけに ですが 設備が綺麗なものの マシーンも 少なすぎて 満足いく 筋トレには 至らず。有酸素は まま 通常通りでしたが わざわざ 足を延ばすほどではない 系列店で。
そう考えると伏見は 頑張っておられる ジムの お近くです。
で 昨夜の 喧嘩しないでよ!の晩は
・Gruner Veltliner Smaragd Loibner Berg'03 Pichler
f:id:Budounokura:20180629192536j:image:w360:right
大切な 試合でしたので つまらない内容ながら しっかり観戦出来てしまい・・・・・・。
チャンネルを 行き来しながら そう言う流れね!の展開で。まま、結果オーライにて。次は流石に 厳しい相手だなぁ。
そして深夜の お越しは 情報が 入ったのですが 何故か お一人で。待てども待てどもの時間でも有りましたが どうやら またまた 喧嘩をされたようで。なんでそうなるかな?しかも 僕のお店に来る時に限って・・・・・。です。
まま、そんな時は この手の優し目の味わいの白ワインへと。
ですが リースリングや ゲヴェルツトラミネール などとは また 世界観を 異なる グリューナーフェルトリナーは 変化球でも。
しかも やや 熟成したヴィンテージ'03は アタックは 線の細さが見えるものの 後半の余韻の 濃密な甘味は エレガントな全体像で。
深夜の おっさん 二人の しばしの ワイン タイムでしたが やはりなあ 目の保養もしたかったけど 以前は そんな時間も 有られたので またまた お造りいただければ 嬉しいかな?です。
Sommelier R.Imamura

2018-06-28 ヴィンテージ’04

本日のお昼間も 愛犬のお散歩に。
大丈夫だろう?と 出かけたのですが 今回も 途中から 暑さに 負けたようで 後半は 担いで帰宅しました。そんなに 言うほど暑いかな?ですが 帰宅後は 冷たい水で シャンプーをしてあげたら 今日は 順調に ドッグフードも完食で。
で 昨夜の ちょっとだけの つもりでしたかね?
・Chambolle Musigny'04 Daniel Moine Hudellot
f:id:Budounokura:20180628210741j:image:w360:right
月末の救世主は 未だ現れません。
このところの ご利用の頻度が上がられている お二人ですが 今宵も 〆の1杯の 筈だったでしょうが 結局。
東大路から 眺めて テレビの灯りが 溢れているのも見えるようで。
ワールドカップも ほぼ 可能な限りの 観戦が 為されていますが 昨夜は やはり ドイツの試合は 興味深く。韓国勝利も意味ある結果でしたが お帰り際に 今宵のGKが 誰かの賭けを求められる。賛否は 有りますが 僕は 変わらない方に!
非常に湿度の高い晩は この位 淡く 愛らしいピノ ノワールは 心地よい 飲み口に。何本かは 今迄お飲みいただきましたが この シャンボールが 一番だとのことでしたので まだまだ 美味しいワインは 沢山有るので 望むところです。
ささ、今夜は 大事な 試合ですが 祇園街での観戦は 如何でしょうかね?です。
Sommelier R.Imamura

2018-06-27 稚児さんか!

本日のお昼間も ジムに。
そして 明日から 通わせていただく ジムの 改装工事が 始まります。よって 役1週間の お休みになってしまいます・・・・・。困るなぁ、まま 致し方ないことですが この間の筋肉維持は どうしようかな?
で 昨夜は 驚きの
今月も 気がつけば もう終わってしまう・・・・・。
相変わらずの大苦戦で 悩ましい状況からの脱出が 中々。
そして 目前に迫る 7月の祇園祭ですが 今年の 稚児さんの ニュースに あれ?の。お名前と 稚児さんの お顔の印象から まさかと?思い 検索してみましたら ビンゴでした。例年特に1月のご利用が グッと 思い出される方なのですが それもそのお立場の方で。
まま、ワインの銘柄までは そこまで 拘られる方ではないのですが 彼のご紹介などでも 素敵な方なども多数で。
それにしても やっぱり セレブだったんだなあ。
f:id:Budounokura:20180627182419g:image:w360:right
そして 朝方までの 観戦で 辛うじての 勝利に 安堵いたしました。
次の相手はフランスか。これからは 一発勝負のトーナメント、どこも一段と 簡単にはいかないか!日本の次に応援しておりますが。
Sommelier R.Imamura

2018-06-26 遭遇か

本日のお昼間は 愛犬のお散歩に。ですが、早くも 我が家のダイニングのエアコンは 稼働しております。確かに 日中は暑く 全身に毛を纏う彼女は 暑いだろうなあ?少し日陰と 風が 有る気がしたので 何時もの コースを 30分でしたが 可哀想なことをしたかな?イヤホンで 彼女の荒い息遣いに気が付かず。頑張って歩いておりましたが 帰宅すると フローリングに 突っ伏して。気をつける季節になりました。
f:id:Budounokura:20180621135433j:image:w360:right
で 昨夜も 観戦に勤しむ・・・・・・
来月の 特集の ワインリストを 仕上げる 作業などの 時間が 過ぎていき。サッカーも 今迄は 時間差の試合で ある意味良かったのですが 同時刻だと チャンネルを 変えたり どちらを見るか悩ましい。
そんな朝方の 家路の四条通りで タクシーから降りる彼は あの メンバーの方で。男前は 変わらずですが 本当に好きなんだ!の 迷わず サウナへと。6:00前ですが あんな人気者も 一般の 方と同様に サウナに行くんだ!微妙な気もしましたが 汗もかきたいしね。
京都で お仕事かな?
少し夕立ちですが 祇園街にて ワイングラスを傾けに如何でしょうか?
Sommelier R.Imamura

2018-06-25 再度ヴィンテージ’83

休日は、バタバタと 愛犬のカットに ダイレクトメールのポスティング、運転手に 愛犬の引き取り 次男のキャッチボールの相手と。キャッチボールは、まま 楽しき時間でも ですが 中々のハードな 休日でした。夏日祇園街界隈は 海外の観光の方々の 熱気も合わさり 更に暑く。
そして、深夜は 仮眠後 更に熱い観戦を!今回も また 予想以上の善戦に 見応えのある 寝不足も 価値ある 素晴らしい試合でした。
で 先週末の 再度のヴィンテージ'83のLLは
・Beaune Perrieres83 Louis Latour
f:id:Budounokura:20180625193034j:image:w360:right
お隣の国の代表は 中々の苦戦で まま グループリーグ他国の強さも有りますが ただ ラフプレーは気になるな!勝負に勝てなくても 綺麗な試合をすべきかと!
終盤まで 本当に厳しい展開の 先週末でしたが 深夜のお電話に 辛うじて。
こちらの お姉さんのご利用も 本当に久々で まま 以前は ママさんでしたが 苦渋を舐められる 現状では有りますが それでも頑張られているお姿は 応援したいものです。
先日の 他の顧客への ヴィンテージ'83の ルイ ラトゥールでしたが やや その 熟成の進み具合に 致し方無さも有りました。ただ、個人的には まだ この辺りのヴィンテージには まだまだ 美しい飲み頃を感じられるものと認識しております!そんな 確認も兼ねてと言えば 申し訳ないですが 今回の ボーヌの ペリエールは 前回の アロース コルトンよりも ピュアな姿に 透き通る透明感の ピノ ノワールは 今回は 安定感を取り戻し。まま、ここに来て やはり 35年の熟成は ボトルむら と言ってしまえば 逃げ口上にも 感じられるかも?ですが 改めて こう言った判断に 真摯な対応を心掛けていたします。
熟成した 本当の 飲み頃を お届けすることを 最大のビジネス スタンスとする ワインバーと致しまして。
Sommelier R.Imamura

2018-06-23 今年も旬のお届けが

本日のお昼間は 雨の中ゆっくりと。
家族の皆さんは 出払っており 長男は ずぶ濡れで 帰宅ですが、また 直ぐに出かけるとの。車で送ろうか?とは、断られたので なにやら不穏な?でしたが。
次男は 妻と お勉強のお買い物だったようですが こんな日に?でしたが まま 動ける日は 限られており。
で 昨夜は 週末の晩なんですが・・・・・・
f:id:Budounokura:20180621165349j:image:w360:right
嬉しかったのは 今年も 旬のお届け物が。ありがとうございます!
節操もないのですが やはり 本音は毎年 ほんの少しですが 期待しているのも。もう、この美味の佐藤錦は 年に一度の お楽しみで 思いっきり食します!淡い味わいながらも 甘みは エレガントに 感じられる 余韻の綺麗なもので。アメリカン チェリーは さしずめ カリフォルニアピノ ノワールですが 佐藤錦ブルゴーニュの 上質な プルミエ クリュを彷彿と!
もう ひょっとしたら 10年は オーバーかな?それでも毎年本当にありがとうございます!
また、ワインをお届けいたしますね!よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura

2018-06-22 ヴィンテージ’11’04’83

本日のお昼間はジムに。
その後は 施工業者さんに呼び出されて 中々進まない作業でもありますが 無償でのお願いをしているので 致し方ないですが やはり やや 若さがな・・・・。トラブル回避を しっかりと考えた上での作業も検討しながらの 必要性がありますよ。
で 昨夜のブルゴーニュ
・Aloxe Corton Les Chaillots83 Louis Latour
・Gevrey Chambertin Clos de Chateau11 La Gibryotte Claude Dugat
・Chambolle Musigny04 Daniel Moine Hudellot
f:id:Budounokura:20180622194201j:image:w360:right
何とかの時間を見つけて 昨日のワイン商のリストを拝見いたしました。正直、今回のリストからはいただけるものは 無かった。そう考えると 現状のお付き合いの有る ワイン商の皆さんは 全てのアイテムとはいきませんが それでも 十分頑張っておられるのも 現実かと。どの ワイン商も 中々 長いお付き合いになっていることも 彼らの 値付けと セレクトが 問われるので。
先日のご利用から 有りがたいもので 早々のお越しに感謝いたします。今宵は男性陣でのご利用でしたが そうなると ブルゴーニュに。となると 僕のカウンターでは 熟成になるのですが 今回も やや そろそろ 色々と考えさせられるボトルも多々だな。安心感のルイ・ラトゥールですが 今回のヴィンテージ'83は やや香りにお醤油が・・・・。ただ、甘みが残る段階ですので 完全に問題が有るわけではなく それも この段階では ある意味での個性でも。柔らかい甘みと 複雑な酸とのバランスが 持ち味ですが 2本目へと 繋がります。
その流れでの ご所望は若くても良いので ジュヴレ シャンベルタンを との。ですので ヴィンテージ'11ですが 上質な仕上がりの クロード・デュガの ネゴシアンを。今回も 素晴らしい 白桃香りに 缶詰のジュの 要素がはっきりと。甘みも円く 果実の濃密さも感じられる ほう やはり こんなキュヴェも有るんだな?の 再度の抜栓でしたが。
今月頭のご予約は お越しいただけなかった お姉さんですが 久々に。7月の 祇園祭の ご予約は おたの申します! とのことでしたので こちらこそ ですが まま 変わらぬお付き合いを。
そう 使い勝手の良い モアン・ユドロの シャンボールの '04です。複雑な面白味には やや 欠けるのですが 愛らしい果実の味わいを楽しめる ここからはヘビーローテーションかな?
そして メッシの 苦戦に 叫びながらも クロアチアも 素晴らしい選手が 沢山揃った良いチームだからな。まだまだ、寝不足です。
Sommelier R.Imamura

2018-06-21 ヴィンテージ’04

本日のお昼間は 南警察署へ。先日の 当て逃げされた件の ドライブレコーダーメディアをお渡しに。まま、大きな期待は 出来ないかもしれませんが やっぱり社会に迷惑をかける人は あかんよ!ちゃんと やるべきことを しないと あきませんよ!警察の方々も お忙しいでしょうが こんな機会しか ないので 頑張ってください!
その後は、出勤後のワイン商の方の営業が。存じていなかったワイン商の方でしたが そうですね ご縁が 有るように努力は いたします。勿論、必要な ワインが 有ればが 大前提ですが。それにしても 東京からの営業の方は スマートで シュッとしておられます。
で 昨夜の 落ち着かせる間もなくの
・Chambolle Musigny釻04 Daniel Moine Hudellot
お初のお越しの 男性陣でしたが 当初は 如何な出方をすべてか やや 悩みましたが 数杯お飲みいただけると その機会も。
どうやら あの 飲料メーカーさんの 方のようで 当然ながら その銘柄も希少なヴィンテージもリストにございます!良き機会が有られれば 是非!
テイスティングの 機会にも なりましたが それほど荒れる印象も無く、このアペラシオン特有の チャーミングな酸が 感じられ 柔らかく熟成も 始まった感の 果実の甘みも 好印象です!
これは 正直 とても 贅沢なグラス アイテムかと!
この 湿度の高い季節にも 愛らしいピノ ノワールの 逸品です!
Sommelier R.Imamura

2018-06-20 入荷!

本日のお昼間は、予定通りの ジムに伺う時間の起床でしたが 上手くいかず。どうやら、今朝から 愛犬の はな ちゃんが 右前足を びっこを引いていて。結局 僕しか動かないので 急遽 動物病院へ。まま、空いており 症状も 骨折等では 無いようでしたので レントゲン撮影だけで。大人しく 先生に やられ放題の愛犬でしたが 取り敢えずの 様子見です。食欲は 無くはないけども 少し残していましたが。
比較的早く終わったので ジムにも 伺いましたが バタバタと 朝から疲れました。
で 昨夜の 初戦は やはりの 閑散で
完全に ひとり観戦で いやあ 素晴らしい結果だった。開始直後から 叫ばずにはいられない展開に 心震えました!次の 日曜日も 頑張って欲しい!正直 日本戦で 疲れきりました。その後も ダラダラとの ライバル国の試合を 見続けて。
f:id:Budounokura:20180620193624j:image:w360:right
ですので またまた 少しづつ ワインの入荷が 有りますが
今回は グラス アイテムにもなる ブルゴーニュを。
・Chambolle Musigny04 DanielMoine Hudellot
人気のアペラシオンですが まだまだ 若いヴィンテージですが それでも 10年以上の 熟成を経て 幾らかは 酸の密度も穏やかになりつつ?かと。
勿論、ボトルでも 楽しめる 上質な造り手の 逸品です!まま、12本だけですが。よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura

2018-06-19 シャンパーニュ’73

本日のお昼間は 散髪に。
平常通りの生活することが大切ですが 被災された大阪の方々には心より 心の穏やかな時間の訪れることを。
雨雲の 空模様も気になりますが、当て逃げされたシトロエンは 見たくないので 少し心配しながらも トライアンフで。まま、小雨で助かりましたが 頭も スッキリしながら 気分転換に。
f:id:Budounokura:20180619193631j:image:w360:right
で 昨夜の 心より有り難いご利用は
・Pommery Brut'73
良く見かける 報道の映像ですが コンビニワインの瓶の破損の 風景ですが 僕の店舗の 大型ウォークイン ワインセラーの方が よっぽど見応えあるぞ!と 愚痴りながら 4時間程かけて お掃除を。店内のエアコンも キンキンにかけながらも ワイン保護の為ですが 汗だくで。いくら ムートン や イケムの 割れた液体の 芳香が 素晴らしいとは言え セラーの 中は 中々 アルコールの むせ返る匂いに 疲労も募ります。後は、損害額に 気持ちも 凹みますが。
おまけに ガスの 復旧を忘れており お茶すら 沸かせなかったのですが 意外のアクティブな 動きの管理人さんに救われ。ガスのメーターの位置すら知らなかった自身が恥ずかしく。
そして うつらうつらと ワールドカップの観戦でしたが 深夜のお越しの 何時もお二人で。
こんな晩に 何時もながら 心より感謝いたします。祇園のお店は、どこも そんなに被害は ないようですが やはり5階は 別格やな?と思いながらでした。
今年も お恥ずかしながら 覚えていただけており ヴィンテージ'73の シャンパーニュを。非常に素晴らしい芳香と 甘美な液体ですが やや プレステージではない ブリュットは 幾分 線の細い エレガントな 雰囲気に 熟成を。まま、45年ですからね。そろそろ ピークは 下りつつあるかな?の。
ささ、今宵は 代表戦です。普通に考えれば ですが 応援は しますよ!頑張れ!
Sommelier R.Imamura

2018-06-18 取り敢えずは 無事です

取り敢えずは 無事 営業を させていただいております。
今朝 揺れた後 家族の無事を 確認した後に 何時もながら いそいそと トライアンフで 店舗まで。
早くも 車は つまり気味でしたが やはり 単車は スイスイと。嫌な予感を 持ちながら扉を 開きましたが 今回は やはり 被害が。
いきなりでしたが ディスプレイワイン空き瓶は 床に 転がっており 幾つかは破損しており また 店舗大型ウォークイン ワインセラーは ぱっと見は それほど・・・・・。
ですが、やはり 無理に 立て掛けていた ハーフボトルに。まあ 激しく揺れていたからなあ 自宅の1階でも 中々でしたので おそらくは 5階は さぞ揺れたでしょう。
f:id:Budounokura:20180618204729j:image:w360:right
ハーフボトルの シャトー ムートン ロートシルト'87 に シャトー ディケム'81 シャトー シュデイロー'89の 3本の。
f:id:Budounokura:20180618204809j:image:w360:right
そして レギュラーボトルでは これは 落下していないのに ディスプレイ棚の中で さっくりと。かなりのオールド ヴィンテージですが シャトー デュクル ボーカイユ'39が。ガラス瓶自体の 強度の問題も有るでしょうが これは 希少な1本だったかと・・・・・。
また、先日のお買い上げのギガル の白が 落下ボトルの衝撃に木っ端微塵に。これは 素直に謝るしかないな・・・・・。すみません。
後は ワイン グラスが 少々でした。中には あのワイン漫画の方の 監修のグラスが 2脚とも。こちらは 確認のお電話で リターンがあるようです。
それ以外は 大きな被害は なかったので 良しとしましょう。
その為 取り敢えず 片付けも せずに 帰宅しましたが 線路が 渡れない 事態に 遠回りを余儀なく。可能な限り 普段通りの 生活を!でしたので ジムにも。
ただ、早めの出勤で 京阪も 動き出した頃 から。
4時間程かけて 取り敢えず お客様をお迎え出来る状態です。
まま、今夜は 難しいかもですが よろしければ ご利用いただけましたら 幸いです!
疲れきりました、ですが 大阪の方々も より 大変でしょう。余震も 合わせてご注意下さい!
はあ、実は昨日 若者に 当て逃げされました・・・・・。
ドライブ レコーダーには 写っておりますが 泣き寝入りかな?運気は 下がり気味かと・・・・・。
そそ、土曜日は 新たな出会いのお客様も有りましたが 今後もご縁が有られることを。あの 眼鏡屋さんかあ!20%オフ チケットをいただき ありがとうございます。
Sommelier R.Imamura

2018-06-16 マグナム×2

本日のお昼間は、変わらず 愛犬のお散歩に。そして、新しい 玩具の 設定を。まま、先日の ジムにて 使用を開始しているのですが アップルの製品には 簡単に ブルートゥースに繋がるのですが 他社製品の スマホには 上手く繋がらない・・・・・。
まま、今回も 少しだけ お値段は 上がりましたが それでも 安価な商品の 完全にコードレスの イヤホンですが。ただねえ、音質は やはりですが 非常に 酷くて・・・・。
で 昨夜の 中々長い晩は
・Chardonnay'16 Michael David
・MeursaultCharmes'04 Hospices de Beaune Cuvee Albert Grivault Albert Bichot 1,500ml
・Berlucchi Cuvee Imperiale Max Rose
・Aloxe Corton Les Suchots'97 Chateau Corton
f:id:Budounokura:20180616194700j:image:w360:right
お恥ずかしながら おっさん年齢の45歳に 何とか なりました。まま、40代に大きな変化は無いのですが お商売の苦戦くらいでしょうかね?まま、そんな中の プチお祝いも ありがとうございます!
糖質を 目一杯摂取いたしましたが 偶には。
赤のカベルネ ソーヴィニヨンは 数本使用いたしましたが 未だ白の この シャルドネは 未テイスティングでしたので。こちらも赤同様 非常にリーズナブルで 濃密な 十分に満足感の有る逸品です。正に グラス アイテムの お利口な1本かと。
途中から 賑やかに7名まで 増えられ ソファーのお席へとの ドクターの面々。女性陣は 華やかな若い方々で お声のトーンは 中々でしたが まま そんな 瞬間も 飲み屋の 有るべき姿でも。やや、ラグジュアリー ホテルのワイン会から流れて来られたマダムには 弊害は 有ったかも?ですが。
アルベール グリヴォーのキュヴェの アルベール ビショーの オスピスの ムルソー シャルム。ややこしい。ですが 素晴らしい マグナムは こんな華やかな機会には ぴったりかと。マグナムだけに やや 若さが残る印象ですが 優雅シャルドネで。
お次は 泡を。シャンパーニュもですが 偶には スプマンテも。シャンパーニュ 方式の デゴルジュも2006年の 少し熟成も。余り深く考えずに 楽しんでいただく 宴たけなわかな?
また、先のワイン会のマダムに 今宵も また別の北海道からのムッシュブルゴーニュの 飲み頃でも有る アロース コルトンを。フロマージュのお土産も 心からありがとうございます。イカパウダー入りですか。まま 色んなテイストも楽しめます。
今年も お越しを感謝し またまたお待ちしております!
そして ワールドカップのテレビは 付きっぱなしでしたが ほぼ 見れていない。有り難いですが 早朝の スペイン ポルトガル戦は 少し寝落ちも有りましたが いきなり 素晴らしい展開で。やはり 奴が遂にか?今夜も フランスも登場します!観戦も 如何でしょうか?
Sommelier R.Imamura

2018-06-15 Mr.T

本日のお昼間も ジムに。昨日の体調不良で 我が家の次男は 朝も グズグズしておりましたので お休みを。ですので、ジム後は 彼の子守りも発生するのですが まま しばしの 楽しい時間です。もう5年生なんですけどね。長男は 早々と 親離れしていっておりましたが。
で 昨夜の 久々の 北海道から
・Cotes du Rhone Blanc'06 E.Guigal
f:id:Budounokura:20180615195516j:image:w360:right
久々のお越しの北海道海老蔵さんは 気が付けば 1年ぶりくらいかな?困ります!もっと思い出していただかなければ!
お茶屋さんから カリフォルニアワイン のあのお店を ハシゴして 辿り着かれた 開幕直前の タイミングで。
テレビは 付けっ放しですが やはり 他のお話に華が咲くのは良いことですので 得点シーンは 見逃すばかりで。
今回は 穏やかめのリクエストでしたので ここ数日でも 活躍のローヌの ちょぴっと熟成を。
正に ブランデー や 蜂蜜の香り華やかなこの ギガル の 裾物ですが 本当に美味しいと 感じていただけるものでも有り ワイン好きの 皆さまも 最新ヴィンテージは 飲まれているでしょうが この くらいの飲み頃のご経験は 余り無いのでは?です。
また、有り難いことでも有るのですが 残りの3本ともに 全てお買い上げにて。ありがとうございます!
これで このキュヴェは 欠品にて。
Sommelier R.Imamura

2018-06-14 お迎えに

本日のお昼間は、何時もながらの愛犬のお散歩をこなして 少し ゆっくりと。ですが 次男の 小学校からの電話に 慌ただしく呼びだされ。
どうやら 体調不良の ようで 給食は 完食ながらも 全部吐いてしまったそうで。15:00頃の出来事ですので まま 夜型の仕事ですが 子供たちとは こう言った関係性でも 接点は 有るもので。
熱はないようなので 日曜日に控えた運動会の練習の追い込みでの疲れも有るのかな?との保健室の先生からは。
今年も リレーの選手に選ばれているようなので 明日の朝には 元気が戻っていれば 良いですが。まま、先程は お菓子を頬張っておりましたので!
で 昨夜も お恥ずかしながら・・・・・
f:id:Budounokura:20180614184444j:image:w360:right
今夜からのワールドカップも 楽しみでのが 静かは 週頭が 戻ってきており。
それにしても 今回は ほぼ 地上波で 試合が見られるような。しかも、時間差の設定で 晩は ぶっ通しの サッカーの 試合に スポーツバーは 鼻息荒い展開かもしれません。
オールド ヴィンテージ ワインバー ですが 可能な限り テレビは おつけしておりましたので ビールでは無く 上質なワインと共に 日本代表も勿論ですが 世界の トップの 試合を ご覧になられませんか?
よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura

2018-06-13 ヴィンテージ’06

本日のお昼間も ジムに。約2時間の ノルマは もう 疲労感たっぷりですが 現状維持の為にも 続ける次第で。
そして 我が家の シャルドネは 順調に 実を膨らませておりますが またまた 青虫の糞を発見で。今回は まだまだ 小ぶりの彼でしたが これも駆除成功です。また、期待のシャイン マスカットは 今年は残念ながらです。来年に また トライして!
で 昨夜の やや 酔っ払い
・Cotes du Rhone Blanc'06 E.Guigal
f:id:Budounokura:20180613193915j:image:w360:right
やはり 結果論以外でも 乾しか その可能性を感じられなかった。そんな やや 格下の印象のパラグアイだったからも 有りますが 兎に角良かった。そして 後半終了間際にお越しの 男性陣は。
今宵、お祝いの晩でも有るようでしたが やや 酔われており グダグタの中 お喋りは饒舌で。
昨年末の ラターシュ'86 は 確かに素晴らしく 良き思い出にもしていただけて いれば それはそれで。
また、お若いお二人ですが 大丈夫ですよ 十分頑張られている サラリーかと!ましてや 昇進ですから 今後も!ただ、そうか 残業代が 付かなくなる 役職ですか?致し方ない。個人的には 残業代なんて 貰ったことが無い。
まま、今宵は ローヌの 飲み頃の白にて。それは、南フランスの ご旅行を控えておられるようで。ただなあ、お一人とは 寂しくないかな?そちらも頑張ろう!失礼ながら・・・・。
Sommelier R.Imamura

2018-06-12 無題

本日のお昼間は テレビは 会談の話題に尽きておりましたが どうですかね?信用出来かねますが。
僕は 変わらず 火曜日の ルーティーンの 愛犬のお散歩と トライアンフを。お散歩にも 二輪にも 丁度良い気候ですが、我が家の 路地から 大通りに出る タイミングで オールド トライアンフのエンジンよりも 大きな爆音が。おそらくの 校区内の 内の 1台だけじゃないかなあ?真っ赤なフェラーリのスパイダーが。一気にテンションは 下がりましたが、以前は 他の方のフェラーリもいましたが ポルシェベントレーに変わっていたので 彼は大切に乗り続けておられます。凄いね・・・・・。
その後は、裏庭の 雑草を 処理に。あっという間に この季節は 伸びるので 油断出来ませんが 若干気持ち すっきりいたします。ただ、その後 より 本格的に 裏の方が 伐採並みにされていたので これにも ゲンナリでしたが。まま、綺麗になったので 良いのですが。
で 昨夜の 週頭の スタートは 閑散と
なんだかんだと言いながらも ワイン仕入れは 当然ながら し続けており。勿論、半年くらいは 相変わらず仕入れなくても ビジネスには 影響ないかな?くらいのストックはあるのですが まま やはり ブルゴーニュシャンパーニュの熟成は 買い続けないと 値ごろ感にも不安も。
そんな際の お電話での ご営業も。おそらくは 限られた オールドの平行業者さんですが どうやら まだ存じていない方もおられたようで。ご縁は 未だ解りませんが 先ずは お会いして お互いのワインの 好みと 数字の感覚が 合えばですが。
ただ、余り 取引先を増やしたく無いのも本音です。
Sommelier R.Imamura

2018-06-11 ヴィンテージ’82 の 比較!

休日は 何時も通りでしたが 愛犬の病院に。お腹の辺りの 痒みが有るのか 噛んだり 引っ掻いたりで 瘡蓋が。原因究明には 至りませんが 以前も有りましたので。とりあえずは 抗生物質で。今回は、余り忙しそうでなく 早く終わり助かりました。
で 先週末の ブルゴーニュの 比較は
・Bourgogne Passetougrain'82 Paul Pernot
・Chassagne Montrachet'82 Joseph Drouhin
f:id:Budounokura:20180611192312j:image:w360:right
金曜日の とても有り難い流れは 中々繋がらないもので。
静かにお待ちするしかないのも 与えられた仕事の 一つでも有ります。そんな展開の 深夜のお電話は 長いお付き合いにもなりましたのママさんからで。このご時世ながらも 土曜日は 店休日にされるあたりも ご商売繁盛の現実が 見て取れます。羨ましい!ですが まま、お陰でご利用いただけるので。
オールド ブルゴーニュに 舌は肥えてしまわれたのも 僕にも多大な責任は有ります。
1本目は こんなアイテムの存在も。パストゥーグランは 若干 ボージョレのガメイが ブレンドを許され。ですが、この辺りになると もう淡いブルゴーニュピノ ノワールと 大差は無く。言われてみればの やや 果実の膨らみと 酸の丸みに 欠けるのが 冷静な テイスティングですが これも 踏まえて飲み込む そこもワインの お楽しみ。
2本目は 折角なので ヴィンテージ'82の 比較で 少しステージを上げる趣向ですが、やや 状態が。安定する ネゴシアンの 大手のボトルも 保管状態の 良し悪しは 開けてみなければ 解りません。
特に この 2種の比較をすることで 歴然と その品質には はっきりと 現れるものが。勿論 許容範囲は それぞれなのですが・・・・・。
Sommelier R.Imamura

2018-06-09 ヴィンテージ’04’94’94’91’83’82

本日のお昼間は 次男の散髪に。
暑いですが 湿度の低い気持ちの良いお天気に 少し二日酔いでも有りますが また 切り替えて やっと6月の スタートを 仕切り直そうと!
今夜も お天気は微妙かもしれませんが 改めて よろしくお願い申し上げます!
で 久々の 極上の ワイン達が
・Batard Montrachet'83 Louis Latour
・Calera Jensen'94 Mt Harlan
・Chateau Smith Haut Lafitte'94 Graves
・La Pialade'04 Chateau Rayas Cote du Rhone
・Bourgogne'91 Gros Frere & Soeur
・Pommery Brut'82
f:id:Budounokura:20180609192313j:image:w360:right
わざわざ お電話で 数日前にご予約をいただいていたのですが 1時間は 遅刻され。ご連絡先は お伺い出来ておりましたが 敢えてお電話はせず。諦めかけた時のお電話は 心から嬉しく。まま お席が 空いているので 仕方ないですが 繁忙店さんならば 有り得ないでしょうかが。
ですが そんな中でも 可能な限りの対応は 素晴らしいワインへと繋がったかな?です。
リストから モンラッシェ!をのお言葉に そんな流れか?と 訝しくも 一応 それは グラン クリュのことなのか もしくは 村名なのかの 確認も。
ましてや 男性陣3名での 会でしたので 贅沢な 晩に。
流石に DRC や ルフレーヴと言う訳にはいきませんが LLの バタールのヴィンテージ'83を。開けたては やや 酸化のニュアンスが気になる 愛人でしたが 甘みが徐々にあがるのが 流石の特級かと!
赤に繋がり 今度は ブルゴーニュから カリフォルニアへと。
ピノ ノワールのリクエストに 希少な カレラのジェンセンのヴィンテージ'94を。これもまた もう出会い難いボトルですが 非常に美しい熟成で 一般的には 正に飲み頃のピークかと。酸の落ち着きと果実の膨らみが顕著に!
久々のお電話で お近くの炭火焼きの名店から。ボルドー ブラン好きのムッシュは 今回も。この評価も 鰻登りの シャトーのヴィンテージ'94は これも希少なもの。ソーヴィニヨン ブランながらも 濃密な熟成の味わいに 何時もながら 幅広いワインリストのアイテムが必要かと!
こちらも赤へとは 今度は ローヌへと。ラヤスを名指しでしたが、価格面のことも考えての ピアラードに。彼らの一番の裾物かもしれませんが ある意味で最も素晴らしい味わいの 銘柄でも。ヴィンテージ'04ながらも 何時も通りの 妖艶な 香りブルゴーニュ タッチの 素晴らしい味わいは これも またワイン通を唸らせます。
深夜1:00過ぎの お二人は 先日の若社長と お姉さんで。ヴィンテージ'91 の お若い彼女のヴィンテージの グロ フレール。これも 本日唯一のブルゴーニュの赤でしたが 以前のヴィンテージ'92の この銘柄同様 酸纏まる 柔らかい 心落ち着く上質かと。
〆は 先の男性陣お三方で。サッカーの代表戦の不甲斐ない結果でしたが シャンパーニュの熟成は 憂いを晴らす 甘美な 味わいと 泡も繊細な 正にノスタルジー
こちらの 社長は 実はあのドクターとお越しになられていたことも。そして お連れは あの弁護士事務所弁護士さんだったとは!
またまた 心より お待ち申し上げます!
Sommelier R.Imamura

2018-06-08 トスカーナ’99

本日のお昼間も ジムに。昨夜のワインが 葉巻と一緒に 残る感じでしたが まま 何とか ノルマを果たすように。
何とも 不快感の高い湿度の 今宵ですが 風は ひんやり ですので 是非 祇園街の 真ん中にて!
で 昨夜の 楽しき晩は
・Bourgogne Haut Cotes de Nuits'08 Jayer Gilles
・Promis'99 Pieve Santa Restituta Gaja
・Chateau Quinault L'Enclos'06 St Emilion
・Chateau Coutet'04 Sauternes
f:id:Budounokura:20180608190627j:image:w360:right
有り難いお電話でしたが、以前の情報で 縄手の更地に行かれて。申し訳ない形ですが 何とか辿り着いていただけ。
まま、最初は やはり 白からで ジャイエ ジルの オート コートは ヴィンテージ'08ながらも ちょうど良い 熟れ具合と 爽やかさで。
赤は 意外な お好みは ブルネロ!とのことで 少しタイプは 異なりますが ガヤの プロミスを。ヴィンテージ'99ですが 濃密なジューシーな 味わいです。デキャンタージュを お勧めですが まま このままで 後半に その変化を見て デキャンタージュの必要性を感じられており!
メルローの お話も出てきており グラスで サンテミリオンを。ですが、オーディオ談義にも 華が咲き 結局 キノーランクロも 飲み干す始末に。
〆は 貴腐をご理解の マダムと共に。当然のように 久々の紫煙を。
アマゾン ミュージックで リクエストには 多々応えられる!中々の長い晩になりました。またまたです。
Sommelier R.Imamura

2018-06-07 見晴らしは

本日のお昼間は 病院へ。
月に1度は 高血圧のお薬を いただきに伺うのですが 今回は 他の案件もお伺いしようと。専門は異なるかもしれませんが 何のことは無い 放っておけとのことでしたので まあ もうしばらく様子を見ようかと。痛みも 痒みもないので 気にはなりませが また、顧客のドクターには お伺いしますので よろしくお願い申し上げます!
で 昨夜も 雨の夜景は 映えるのですが・・・・・
兎に角 5歳の女の子の虐待の事件の 彼女の日記に 心が 痛く。
一番可愛い時期なのに 何に於いても許されない 傷ましい。
また、まあ やっぱり有るだろうなの 芸能人さんの 未成年との飲酒か。僕も お商売として 気を付けなければならないのですが 祇園街はなあ、舞妓さんもおられるので 色々ですが 19歳のこに 20歳と自己申告されると 見極めは 中々の困難かな?まあ、僕のカウンターでは 余り無いことかと思われますが。
f:id:Budounokura:20180607183923j:image:w360:right
ちなみに画像は ここまで綺麗には見えませんが これが 一番 目に入ります!
Sommelier R.Imamura

2018-06-06 雨の

本日のお昼間も ジムに。
その後は 久々に 妻と 会議でしたが、中々 接点は 難しく 子育て真っ只中の現状は まだまだ 大変かと。
で 昨夜も 雨の中 芳しくなく・・・・・
飲みに出るには やや 億劫な季節の到来ですが 比較的風も まだ 涼しさの残る時期ですので 祇園街のど真ん中でも有る 東大路通四条の交差点の 夜景を肴に ワイングラスを傾けるのも 雨の流れとともに ほっこりとして いただけるかと!
f:id:Budounokura:20180606184029j:image:w360:right
ちなみにの画像は 豪華な貴腐の最上級ですが 今月は イタリアの アンティノリの ムファートを 幾つかお勧めしております。
また、グラス アイテムでも ソーテルヌの シャトー クーテのヴィンテージ'04も。
そして このイケムですが レギュラーヴィンテージ'84'73を。
ハーフでは ヴィンテージ''01'99'81を。
そしてお宝の6,000mlのヴィンテージ'95も有りますが 一体何方が?でも有りますが。
よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura

2018-06-05 無題

本日の お昼間は、梅雨を見越して 愛犬のお散歩に。
明日からは しばらく 連れて行ってあげられなくなるだろうから。
ですが 帰宅後の 本日の 彼女の食事なのですが 何時もの半分くらいしか。早くも 夏バテか?何事も無ければ良いですが。
f:id:Budounokura:20180605182411j:image:w360:right
で 昨夜も 難しい晩で
静かすぎる 週頭の 展開に 逆に疲弊するのですが 作業を こなしていくしか。
ワインの棚卸し に グランド リストの 更新を経て 可能な限りの 見栄えを。基本的には 特集の 売れ残りと言いますか 欠品にならなかった新たなアイテムを リストに入れ込んで 逆に 特集以外の リストからの 欠品を削除していく作業です。
勿論 バランス等も取りながらの 作業にて プリントアウトです。
今回は、ブルゴーニュの 更新くらいで 簡単な 流れでしたが これも また 5月の強烈な苦戦を物語ります・・・・・。
是非とも 6月は 移転後3年を経る月になります。
顧客の皆様の 心よりのご支援をお願いしたく!
よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura

2018-06-04 ヴィンテージ’98’97’86

休日は 何時も通りの流れですが 夕食後は 錦織くんのテニスを。1・2セットのあの ファースト サービスが あれだけ入らないと 勝てないよ!相手も素晴らしかったけど。3セットを辛うじて取ったところで 次男と寝ましたが 中々勝てないなあ!です。
で 先週末の 久々の極上のワインシャンパーニュ
・Echezeaux'98 Meo Camuzet
・Latricieres Chambertin'86 Faiveley
・Jacquesson Avize Grand Cru'97
f:id:Budounokura:20180604191301j:image:w360:right
本当に久々の 名古屋からの ドクターですが 何時もながらの お美しい ママさんを。今回は お連れの方もおられ こちらもドクターですが もう一人の女性も よく似たお綺麗な方ですが やはりの 妹さんで。DNAは やはりです。
ヴィンテージ'81の 手強い予想をしておりましたが 選択肢では ご満足いただけなかった・・・・・。
何故なら今回は グラン クリュに拘られたから!うーん、ですが これまたご予算的にも 中々で 手持ちは 勿論有るのですが 先ずはご予算と 本数をお伺いしたい。
結局 そうだな 解るけど お値引きを まま。
2段階のセレクトで お持ちした ブルゴーニュの グラン クリュの 逸品達。やはりの これも解り易い 最終のご決定でしたが この造り手の エシェゾーが 有ると 反応は大きく。ただ、やや 若さが 気掛かりななのは 当たり前か。流石の濃密な果実の凝縮感ですが 個人的には 逆に ヴィンテージ'86にしては 進み過ぎた 感の香りが 気になりながらも しっかりと甘みが残る ファースト インプレッションに 好みは ラトリシエールで!時間の経過と共にも 良さが表現されていたのは シャンベルタン かと。まま、ここは お好みですが 何れにしても ブルゴーニュの グラン クリュの 熟成は 贅沢かと!
2ラウンド目の お越しの ドクターは 心よりお待ちしていた2月の 間にて。それにしても 長いお付き合いにも なりましたが まだまだ お伺い出来ていない武勇伝が あり過ぎて。まま、無難に乗り越えられるところが流石ですが。
シャンパーニュは リクエストの有った グラスを ご準備していたので。やや、イメージとは 異なる ものだったようですが 僕も同意見にて。うーん、特集のオールドは お気に召されずで 先の方々とも 同じ流れは 残念でしたが まま 上質な造り手の ジャクソンの グラン クリュを。ヴィンテージ'97は これも若さは残りますが 滑らかな質感の 膨らみの有る 力強さは 際どい話題にも 十分に寄り添う 逸品かと!同窓会を抜けてのお越しのお心遣いに心より感謝致します!
Sommelier R.Imamura 

2018-06-02 ヴィンテージ’79

本日のお昼間も 愛犬の お散歩に。今日は 次男も引き連れての 30分でした。
後は、少し気掛かりな 体調の変化が。まま、痛み等は ないので 何だろう?ですが、来週には 血圧のお薬をいただきに伺うので合わせて確認しようかと。40代も完全に中頃になりますので 色々有りますかね?
で 昨夜の こちらも久々の若社長は
・Santenay'79 Louis Jadot
f:id:Budounokura:20180602192749j:image:w360:right
何時もながら ひょっこりと思い出したような お電話で。打ち合わせも 有られたようですが お食事をされながらの ブルゴーニュを。
やや、予定よりは お早いお越しに 昨日の 火事の 様子をご覧になられてから。
お待ちの時間は やはり この季節は ビールも欲しいもので。僕の自家消費用でも有る銘柄ですが しばしの 夕方の ひとときで。
白レバーテリーヌパルマ産生ハム ホワイトアスパラピクルス ブッラティーナチーズ シャンピニオンのスープ 蟹のトマトクリームソースのパスタ ローストビーフに温野菜 と 簡単なお料理ですが ワインのお供には最適な食材が並びます。
シャンパーニュボランジェ に ジャン クロテのアリゴテ'98なども 時間稼ぎでも有りますが 悩んだ赤ワインヴィンテージ'79の希少なジャドのサントネイ。格的には 穏やかな銘柄ですが やはり 異次元の熟成感の 滑らかさに 状態の良さも合わさり 男3人で 飲み込むには 贅沢かもしれませんが 満足の様子が見て取れます。
そう こんなアイテムが 見つかるのであれば 手持ちに沢山欲しいのも本音かと!
Sommelier R.Imamura

2018-06-01 ヴィンテージ’06’98’97

本日のお昼間も ジムに。その際の筋トレ後の有酸素運動では アマゾン プライムで 映画を常に。意外に沢山の 未だ見ぬ作品も多々ですが、今回は グッド ライ と言う スーダン移民のものを。思いっきりではないですが ホロリと泣ける 良い作品で。人に優しさを持てる余裕が 欲しいのも本音ですが。
で 昨夜の 有り難い男性陣は
・Bourgogne Aligote釻98 Jean Crotet
・Aloxe Corton Les Suchots釻97 Chateau Corton
・Gosset Grand Millesime釻06
f:id:Budounokura:20180601211657j:image:w360:right
5月の 最終日も 振り戻すように 土砂降りが。
中盤のお電話は 心より 有り難く。
4名様の 久々のお越しに 最初は グラスで バラバラでしたが 結果的には 随分飲み込んでいただけ。
そう 先のことを考えて 最初のアイテムは やや 本命ではないアイテムも絡ませる 穏やかさも必要かな?
すっきりの白のリクエストには ジャン クロテのアリゴテは なるほど!でしょうか?これがワイン好きの反応が良く また、ブルゴーニュ ラヴァーには 最初は シャルグの パストゥーグランのヴィンテージ'05で。
これが やや おや?の 味わいなのも想定通りで。
そこから シモン ビーズのアロース コルトンの ヴィンテージ'97に 移ると その しなやかさは 際立ちます!予想通りの アリゴテと アロース コルトンは ボトルが 空き。
そして 今宵は お一方が 5周年の記念日だったようで シャンパーニュに。5年の 括りは まだまだ ヴィンテージとは 行きませんが それでも ヴィンテージ'06の ゴッセの グラン ミレジムは 中々 滑らかな柔らかい泡の質感と 甘みに やはり シャンパーニュヴィンテージに限ります!
その後も 時計談義に華が咲き グラッパまでの 長いお付き合い心よりありがとうございます!

と言いながらの 書き込み中に 4軒隣から 火災です!煙たい臭いで 気が付きましたが 迅速な 消防が為されています!
怖いなあ!
Sommelier R.Imamura