Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2018-12-01 ヴィンテージ’01’97

本日のお昼間は、やや 穏やかな 土曜日の時間を。
今週は 火曜日は 連れていってあげれましたが この土曜日まで 家に閉じ込めるようになってしまった 愛犬の はなちゃん をお散歩に。
来週の 雨の予報と 昨日の トラブルの件も含めて 年末の12月も 正に慌ただしく過ごすことになるのかな?です。
で 昨夜の 若手のドクターは
・Santenay La Comme'01 Charles Noellat Heritage
・Aloxe Corton'97 Chateau Corton
f:id:Budounokura:20181201183021j:image:w360:right
初めてのお越しかな?まだ、お連れの女性は 敬語で お話されていたので ある意味では とても 大切なお時間でも有るかと。
ただ、何処かしらから想像出来る 会話の内容から 直ぐに 医療関係の 方々で。ワインリストは しっかりと見つめていただけましたが 諸事情により グラスアイテムに なるのですが 最初は ブルゴーニュのロゼの ジョセフ ロティヴィンテージ'07から 始まるのも 好印象です。
ポルチーニ茸のソテー 生ハム添え に 浅蜊リゾットに ローストビーフ まで やや 遅めのお食事を。
そして ブルゴーニュのアイテムで シャトー コルトンのアロースの'97を でしたが やや 過熟気味の イメージの この銘柄からよりは シャルル ノエラの サントネイ を 合わせてお勧めすることで 両方ともの 比較に。
対象的な チャーミングなサントネイと 今回のボトルは 今迄の抜栓の中で最も落ち着いて 綺麗な 熟成へと 誘われていた シモン ビーズの ネゴシアン ラインは 後 残すところ 1ボトルですが また 改めて この評価をが 少し変わったかな?
結局 大半を 僕も含めて 飲みきりそうでしたが 医学部の 彼女も 楽しんでいただけましたかね?またまた よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura