Hatena::ブログ(Diary)

Gekkoのための音楽

2011-10-12

ニコマス感想 その28 ぷよm@s!!!

はい、お久しぶりでございます。
2ヶ月半放置とか、まったくもって言い訳のしようもないのですが、このままフェイドアウトするのはいくらなんでも!と言う気に!やっと!なれたので、恥ずかしながら戻ってまいりました。エヘ。

と言うことで、アイマスクエストとぷよm@sとGジェネ魂とガンダムiと美希天が、計ったかのようにゴゴゴゴゴゴっと来た先週末。
ガンダムiと美希天はまだ見れてません!今週末見ます!がんばる!


で、ぷよm@sですよ。


私が一番感慨深かったのは、千早さんが律っちゃんにタメ口を利いた瞬間の、「あーw千早負けたかーww」と言うコメの暖かい(?)反応です。
もしかして新機能のNG共有のせい?とか思って、外して確認してしまいましたw

律っちゃんは、ぷよm@sでは、ずっとヒールっぽい役割でしたし、今まではそれに対する辛らつなコメも多かった。
でも今回は律っちゃんが千早に勝ったことに対して、みんなすごーく好意的でしたよね。(まぁ勝敗についてはご存知のとおりそのあとでもう一捻りあるのですが、それは置いておいて)

それは視聴者が、「千早が律っちゃんに対してタメ口を利く」とゲームでの設定を遵守するための変化を好ましいものと感じているからと言うのが大きいと思うのですが、そこへ持って行く具合がものすごく気を配られていて自然で、あーもータラP凄いわぁ〜、と脱帽してしまいました。
律っちゃんも言っていたとおり、毒気ではずっと上のプロデューサーが大人の黒さをいかんなく発露してくれたおかげで、律っちゃんの可愛さが徐々に見えてきていたところでしたし、肌色満載の超魅力的な立ち絵を持ってきた温泉シーンで、可愛い女子高生が人生を問わず語りしちゃったりしたら、そりゃもう憎めないですよ。

私は、律っちゃんのヒールっぷりを結構好きだなーと思って見ていたクチなのですが、それでもコメで色々と言われているのを見ると、胃が痛いと言うかちょっと見てるのが辛かったりしていたので、律っちゃんをみんながニコニコと見守る雰囲気になったことに非常にほっとしております。あー嬉しいなぁ。

あと、千早のプロデューサー以外との会話らしい会話ってこれが初めてですよね。それも嬉しいな。

さて、このあとのパラマストーナメントはどうなるんでしょうね。
やよいがなんかやりそうな引きでもあったし、真美はこのままかませで終わるのか?とか、春香さんも以前からずっと静かにフラグ立ててるし、楽しみです!
そういやあずささんの飲酒覚醒と言うフラグもありましたね。まぁ私は、あずささんはあんまり勝敗にがっつりと噛んで欲しくないなぁと思ったりもしてるのですが、さぁどうなることやら。


と言う事で、久しぶりに感想書きました。
またぼちぼちと書いていけたらいいな、と思います。
それではー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Buna6820/20111012/1318434989