Hatena::ブログ(Diary)

ど素人とっしーのCRF250R日記

2017-03-11

バイクの音量を測定してもらった♪ 「PRO CIRCUIT T-5 マフラー」

今までバイクの音量は気にしたことがなかったのですが、桶川スポーツランドに練習に行った際、お昼休みに、自分のバイクの音量を測ってもらうことができました。 僕のバイクは、12年式のCRF250Rなのですが、プロサーキットの社外品マフラーに、以前、270ccにボアアップをした際、ノーマルでは塞がっているエアクリーナーの横のパネルをはずしてあります。

f:id:CRF250R:20170311093549j:image:w640

もう購入して5年も経つプロサーキットのマフラーをずっと使ってます♪♪ もうだいぶボロい(^^;

購入時の記事はこちら→ PRO CIRCUIT T-5 マフラー WESTWOOD別注 日本仕様を投入♪♪

f:id:CRF250R:20160529150252j:image:w640

サイドパネルを外すと、エアクリーナーが丸見え仕様です。12年式の日本仕様のCRF250Rはエアクリボックスを囲うパネルがあったのですが外しました。


270ccにボアアップしていた時は、練習していても、他のバイクと音が違うらしく、よく、何かしてるんですか?と質問されるくらいでしたので、おそらく、基準より大きい音がでてるんだろうなぁと、思ってました。しかも、マフラーのなかのウールも2年ほど交換してないので、もう、だいぶ燃えてなくなっているんじゃないかと思っています。

今回、排気量を250ccに戻したこともあり、ちょうどいい機会だったので、音量がどうかを調べてもらったのですが、結果は、ありがたいことに112.5dBと基準を下回る音量でした。いやぁ、プロサーキットのマフラー、いい仕事してますね♪♪

f:id:CRF250R:20170311093439j:image:w640

検査結果を仮ということでしたが、112.5dBということでマークしてもらいました♪♪

このプロサーキットのマフラーは、買った当時は、2m MAX法という音量の測り方が、翌シーズンからの実施されるということで、このマフラーは、いち早く、2m MAX法に対応した日本市場向けのモデルということが売りでした。 当時の音量基準は115dBだったようですが、現在のレギュレーションは112dBです。

ただし、計測機器の誤差の許容範囲まで含めると114dBが基準になります。 

ということで、購入した後は、2年くらい前にグラスウールの交換をしただけですが、エアクリボックスの横のパネルも外しちゃって、音量的には良くないはずですが、いまだにきっちりと2 MAX法で測定しても、基準値(誤差含む)のなかに収まったのは大満足です♪ もっと、基準値を超えているのかと思っていたので、そんな迷惑をかけていたわけでもなかったようで、一安心。 

買った当時はあまり気にせず、主にカッコいいという理由と一応、日本市場向けモデルということで、安心感があるかなと思い、このプロサーキットのマフラーに決めたのですが、今から考えても買ってよかったいい製品でした♪♪ 

また、グラスウールを交換してもらって、今年もしっかり使いますよ♪♪