Hatena::ブログ(Diary)

小心者のアメリカ研究留学記 RSSフィード

2010-07-22

最後の手段って

さて、奨学金の見込みがなくなってしまったわけです。

これはもう、教授に頼み込むしかないなと。

まだ、うちの大学には助教休職という制度が残っているんですね。

どういう制度かと言うと、留学などの際に終わったらまた戻ってきて大学のために働きますよという制約の下に、給料が半分出る休職扱いとして、留学させてもらうものです。以前はどの国立大学にもあったのですが、独立行政法人になってから制度を廃止した大学もあるんです。ちょうどこの制度で留学している先輩が一人いて、その人が春に戻ってくる予定だったので、なんとか入れ違いで休職にさせてもらえないかと教授に頼んだ訳です。

給料半分ですから、月10万円程度なんですけど、それでも家賃分くらいにはなるし、有り難いことです。

無事、教授にもご了解いただけ、留学できることになりました。

めでたし、めでたし。。。

f:id:CSCs:20100620083542j:image

hanahana 2011/01/25 03:09 はじめまして。研究留学を目指している者(助教)です。
参考になるサイトを探しているうちにたどり着きました。
全部読ませていただき、自分も頑張らねばとモチベーションを上げております。
今後も参考にさせていただきますのでよろしくお願いします。

ひとつ質問なのですが、研究費はどのようにされているのですか?
助教休職制度で給料の半分は出るとのことですが、
生活費として使われていますよね?
実験に必要な消耗品等の購入はどのようにされていますか?
立ち入ったことをお聞きしてすみませんが、教えていただければ幸いです。

CSCsCSCs 2011/01/25 18:45 >hanaさん
コメントありがとうございます。
大して更新していないので、少しでも参考にしていただければ幸いです。
日本から出ている給料は生活費です。家賃程度にしかなりませんが。。。研究費に関してはラボのボスがとってきたグラントから出ています。当然、自分の自由で研究できるわけではなく、ラボの方針に沿って研究することになりますが。ラボのボスが許してくれれば、自分でグラントをとってきて、自由に研究することも可能かもしれませんが、日本で申請できるグラントだと海外でも使えるものは少ないかもしれません。
いろいろ気になることは多いと思います。わかる範囲でお答えいたしますので、いつでもお気軽にご質問ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

hanahana 2011/01/26 03:41 さっそくご回答ありがとうございます。
そうなんですね・・・わかりました。
私はこれから受入先のラボを探すところなんですが
(私の場合、教授等の紹介ではなくまずは自分でコンタクトを取ろうとしています)
あまり最初から自分のやりたい研究内容を細かくメールに書かない方が良さそうですね。。。
自分でグラントを取って持っていけるかまだ分からないですもんね。

ありがとうございました!
またいろいろと質問させていただくかもしれません。どうぞよろしくお願いいたします。
更新も楽しみにしております。

CSCsCSCs 2011/01/27 15:52 >hanaさん
紹介なしということだと、何をやりたいということより、どれだけ自分の良さをアピールできるかが重要だと思います。そのラボのどういう研究に興味があって、自分は今までこんなことをしてきて、こういうことができます。私の能力はあなたのラボでとても役に立つと思いますよ、とか。私の場合、紹介もありましたが、最初のメールでは一応アピールしてみました。やりたい研究については、受け入れてもらえることになってから、こんなアイディアがあるんだけど、どうだろうかみたいな感じで聞いてみる方がよいのではないでしょうか。経験があまりないので、役に立つアドバイスかどうかは分かりませんが。。。
質問はいつでも、何なりとどうぞm(_ _)m

hanahana 2011/01/28 04:10 いえ!とても参考になります。アドバイスありがとうございました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/CSCs/20100722/1279852105