Hatena::ブログ(Diary)

小心者のアメリカ研究留学記 RSSフィード

2011-01-06

アメリカでの初めての車購入

レンタカーの話を書いたので、次は車の購入にしましょうか。

アメリカに来て、まず驚いたのは日本車が多いなぁということです。ちょうど急加速問題とかでTOYOTAが叩かれた後でしたが、これだけ日本車が増えていると叩きたくはなるのかもしれません。もちろん州や地域によって事情はだいぶ違うとは思いますけどね。

こちらのネイティブの人達にも買うなら日本車の方がいいよと、故障少ないしと言われたりもしました。

もちろん端から日本車を買うつもりではありましたが。。。

こちらで車を買う場合、もちろん新車や中古車をディーラーから買ったり、中古車屋で買ったりすることもできますし、個人売買も普通に行われています。よく言われているようにこちらでは中古車の値段がそれほど下がらないので、初期投資資金が潤沢にあるのであれば、日本車の新車をディーラーから買ってしまって、留学中事故らないように注意して、帰国する際に高値で売り払うというのも手だと思います。実際、そうしている日本人の方もたくさんいます。

ウチの場合、それほど余裕がなかったので中古車狙いでした。一番、安心できるのは入れ違いで帰国する日本人の方がいれば、その方から購入することでしょう。Craigslistなどの個人売買のサイトで取引することもできますが、こちらは車検もないですし、どんな乗り方をされていた車か分からないから、ちょっと不安ですよね。ディーラーやちゃんとした中古車屋ならある程度点検してあるでしょうから、多少は安心ですが。

残念ながら、入れ替わりで帰国する日本人の方は見つからなかったので、とりあえず着いたらディーラーを回ろうかなと思っていました。よい中古車が見つからなければ、Vitzなどの価格の安い新車ならなんとか買えるかなと。

ところが、ラボに挨拶に行った初日、渡米前から連絡をとっていた日本人の方にも挨拶に行くと、知り合いのアメリカ人が車を売ろうとしていると教えてくれました。日本人ではないけど、信頼できる人だとのこと。しかも、日本車。ということで、その方を紹介していただくことにしました。

着いた早々、英語もできないのにアメリカ人と車の売り買いの交渉などできるのか、、、いろいろ不安はありましたが、とりあえずメールでやりとり。もちろんアメリカ人ですから、メールの返事もすぐには来ません。やっと返事が来たと思ったら、他にも買いたいと言っている人がいるとか何とか。これは値段をつり上げるための口実だろうかと勘ぐりながらも、車を見に行く約束を取り付けました。ちょっと離れた街だったので、レンタカーで向かいます。実際、車はかなり綺麗で、事故歴もなく、メンテナンスもしっかりしているとのこと。走行距離も35,000マイル(約50,000km)と少なめです。こっちでは10万kmを越えた車も結構な値段で売ってますからね。少し運転させてもらいましたが、大きな問題もなさそうでした。もう他を探すのもめんどくさくなったこともあり、知り合いが言っていた信用できる人間だという言葉を信じ、購入を決めました。

値段は、個人売買の場合、Kelly Blue Bookを参考にして決めます。相手はgoodの値段そのままを提示してきました。本当はもう少し交渉してもよかったのでしょうが、そんな高等なことはできず、言いなりで買うことにしました。まぁ、知り合いからの紹介ということもありましたしね。

窓ガラスにちょっとヒビが入っていて、それを交換するのと、必要な書類を相手が全て揃えるからということで、1週間後に車を持ってきてもらうことにしました。

さて、それまでに現金を1万ドルちょっと用意しておかなくてはなりません。小切手を切るにしても、口座にそんなお金は入ってないし。シティバンクからこちらの口座に振り込むには設定に少し時間がかかります。そこで以前に書いたMoneykitグローバルを使って、ソニー銀行外貨預金をこちらのATMで引き出すことにしたのです。限度額があるので、数日に分けて引き出すのは想定の範囲内だったのですが、こちらのATMを前にして唖然としました。一回最高で400ドルずつしか引き出せないのです。引き出す金額を選ぶボタンがあって、こちらで細かくいくらと指定できないのですね。。。1万ドルのためには、25回。。。やりましたよ。かなり怪しい人だったと思いますが。周りをすごい気にしながら。

でも、さすがにこの大量の紙幣を渡すのは気がとがめたので、小切手で渡そうと思い、銀行に預けに行きました。日本人の受付の方がいるところに。さすがに何やってるんだかみたいな顔をされましたが、二人がかりで紙幣の枚数を数えてくれて、自動車の代金支払い用に、売り主の名前と金額がプリントアウトされた小切手を作ってくれました。

ということで、今回の教訓は100万円くらいはトラベラーズチェックで持ってきた方がよいかもしれないということですね。Moneykitグローバルを過信しすぎました。。。

何はともあれ、無事支払いも済み、車をゲットすることができました。必要書類などについては、また改めて。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/CSCs/20110106/1294355189