Hatena::ブログ(Diary)

英語上達―継続は力なり このページをアンテナに追加 RSSフィード



2018-03-18

ワイヤレスヘッドホンで快適で効果的に英語を聴く


こんにちは、T-Dogです。

以前<ワイヤレスイヤホンは英語学習にとっても便利なアイテム>という記事を書きましたが、ワイヤレスイヤホンがあまりに便利すぎて、その後、ワイヤレスヘッドホンも購入しました。

そんなわけで、今回はbluetooth(ブルートゥース) ワイヤレスヘッドホンが、英語学習、特にリスニング学習を快適で効果的にしてくれるという話を書きたいと思います。


ワイヤレスヘッドホンを英語学習に取り入れる主な利点は、「集中力が上がる」「英語音声が聴き取りやすくなる」「隙間時間を活用できるようになる」の3点だと思います。

DVDなどで洋画や海外ドラマを鑑賞する際、ヘッドホンは耳が覆われて、外部の余計な音が入って来ないので、作品中の台詞(=英語音声)の聴き取りに自然と集中できます。

しかも、ワイヤレスヘッドホンは、有線ヘッドホンと違って、コード(ケーブル)が無く、頭や体を自由に動かせるので、特に映画など長時間の作品を鑑賞する時にとても楽です。

ワイヤレスイヤホンにも同様の効果がありますが、個人的には、ヘッドホンの方が、耳が覆われることにより、イヤホンよりも外部と遮断されている感覚が強く、その為、イヤホンより集中力が高くなる実感があります。

上記の理由から、洋画や海外ドラマを鑑賞する際には、必ずワイヤレスイヤホンかワイヤレスヘッドホンを使っていますが、ワイヤレスヘッドホンを購入してからは、特に洋画など一時間以上の作品を観る時は、ほぼワイヤレスヘッドホンを使用しています。


因みに、僕はDVDを観る時は、テレビとDVDプレイヤーで観るより、ノートパソコン(「MacBook Pro」)で観ることが多いです。(但し、海外版(輸入盤)DVDを鑑賞する時は、リージョンフリーDVDプレイヤーを使用しています。)



MacBook Proには、手頃な価格で小型ながら高音質の「JBL Pebbles」というスピーカーを繋げているのですが、洋画や海外ドラマは英語学習の目的を兼ねて鑑賞しているので、台詞の聴き取りの為には、ワイヤレスヘッドホンが一番集中出来ますし、聴き取りやすいので、スピーカーは使いません。



僕のMacBook Proは画面サイズが13.3インチ(対角)なのですが、23インチの液晶ディスプレイを繋げてデュアルディスプレイにしていて、映画やドラマを観る時は、そちらで観るので、非常に快適です。




ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンを使用すると、当然ながら、洋画や海外ドラマの英語音声に限らず、あらゆる英語音声を聴く際に、「集中力」と「聴き取りやすさ」が上がります。

前回のブログで、聴き取りが難しいと紹介した「The Everything Store: Jeff Bezos and the Age of Amazon」オーディオブック (Audiobook) などの英語音声もスピーカーで流すより、聴き取りやすくなります。

洋楽も同様に聴き取りやすくなります。

そのようなわけで、ワイヤレスヘッドホンは、動画・音楽・オーディオブック・学習用音声教材など、あらゆる英語音声のリスニングにおいて、集中力が上がりますし、スピーカーからの音よりも明瞭に音が聞こえるので、聴き取りの力も育つでしょう。

それから、ワイヤレスイヤホンとワイヤレスヘッドホンを両方持っていると、ワイヤレスヘッドホンを使い続けていて、耳の周りが痛くなったら、ワイヤレスイヤホンに切り換える、または、その逆も出来るので便利です。

また、片方のバッテリーが途中で切れてしまったら、もう一方に切り替えて使えるという利点があります。


そして、ワイヤレスヘッドホン、ワイヤレスイヤホンは、コードが無いので、装着していても動きやすく、また、パソコン、スマートフォン、MP3 プレイヤーなどの接続デバイスから少し距離が離れても大丈夫なので、例えば、家事などをしている時などにも英語音声を聞いたりすることが容易になります。

毎日仕事で多忙を極める社会人の方など、なかなか纏まった学習時間が取れないという人は、隙間時間を如何に活用するかが英語学習時間確保のカギになりますが、ワイヤレスヘッドホンやワイヤレスイヤホンを利用すると、英語学習の為に隙間時間を活用しやすくなりますので、本当におすすめです。


因みに、僕が使っているワイヤレスヘッドホンは、「Mpow 密閉型 Bluetooth ヘッドホン」という製品です。

これを選んだ理由は、アマゾン (Amazon) でのカスタマーレビューの数が多く、且つ、レビューの評価も高かったからです。

f:id:Cafe_de_T-Dog:20180206095208j:image:w640

f:id:Cafe_de_T-Dog:20180206095440j:image:w640

ワイヤレスでの使用はフル充電で20時間連続再生可能。

3.5mmオーディオケーブルも付属していて、有線ヘッドホンとして使用することも可能で、その場合は電源不要です。(ワイヤレスで使用していてバッテリーが切れてしまった際に、有線にして継続使用ができます。)

本体は折りたたみ式で、収納袋も付属しているので、持ち運びにも便利です。

マイク付きで、ハンズフリー通話可能。

f:id:Cafe_de_T-Dog:20180206095505j:image:w640

f:id:Cafe_de_T-Dog:20180206095547j:image:w640

f:id:Cafe_de_T-Dog:20180206095642j:image:w640

f:id:Cafe_de_T-Dog:20180206095713j:image:w640

f:id:Cafe_de_T-Dog:20180206095800j:image:w640
電源ボタン、その他の操作用ボタンはヘッドホンの右側に集約されています。




ワイヤレスヘッドホンもワイヤレスイヤホンも実際に一度使ってみれば、「コードが無いだけで、こんなにラクで、自由度が増すのか」とその便利さ実感し、特に語学学習での利用では、もう有線のものには戻れなくなることでしょう。

イヤホン・ヘッドホンの売れ筋ランキング


繰り返しになりますが、特に「英語学習の時間がなかなか思うように取れない」という人は、ワイヤレスヘッドホン/ワイヤレスイヤホンを活用することによって、隙間時間や家事をしている時間を簡単に勉強時間に変えることができる(=勉強時間確保のハードルが劇的に下がる)ので、是非試してみて下さい。


ブログランキング参加中。応援クリックしていただければ幸いです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村




アルク  通信講座の受講体験談

2017-10-15

ワイヤレスイヤホンは英語学習にとっても便利なアイテム

こんにちは、T-Dogです。

英語のリスニング学習や単語集の音声ファイルを聴く時にワイヤレスイヤホンが便利というお話をしたいと思います。

前回のブログ記事でもほんの少しだけ触れましたが、僕は家でストレッチや筋トレをしている時や、温熱パッドで目や首・肩などを温めてほぐしているリラックスタイムなどのスキマ時間に、英語のリスニング教材や単語集の音声ファイルをノートPCで再生して、それをワイヤレスイヤホンで聴いています。

ノートPCはリビングに置いていて、ストレッチや筋トレは隣の寝室で行っているのですが、(家や部屋の構造により電波が届く範囲は異なりますが)隣室ぐらいの距離であれば、ワイヤレスイヤホンの電波が届くので、イヤホンを付けたまま移動して、英語の音声を聴くことができます。

リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気 首・肩用

リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気 首・肩用



また、僕は、何か他の事をやりながらだと、PCから外付けスピーカーで英語を流していても全然頭に入ってこないので、台所で洗い物をしている時なども、ワイヤレスイヤホンを使って英語音声を聴いたりしています。


実際に使っているワイヤレスイヤホン
↓↓↓↓↓
f:id:Cafe_de_T-Dog:20161217060344j:image:w360

f:id:Cafe_de_T-Dog:20161217060632j:image:w360

f:id:Cafe_de_T-Dog:20161217060708j:image:w360

f:id:Cafe_de_T-Dog:20161217060740j:image:w360

f:id:Cafe_de_T-Dog:20161217061703j:image:w360



現在、僕が通勤の移動時に英語学習で使用している携帯音楽プレイヤー (iPod Classic) がBluetoothに対応していないので、有線イヤホンを使っていますが、コードが絡まってしまうことはしょっちゅうで、また、満員電車の中で他の乗客のカバンなどにコードを引っ掛けてしまったり、自分の手を引っ掛けてしまってイヤホンが外れてしまうこともしばしばあります。

そんなわけで、Bluetooth対応の携帯音楽プレイヤーや、スマートフォン、タブレット端末などで英語学習をしている人にも、コードが邪魔にならないワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンはオススメです。コードの煩わしさから解放されますよ。

(実は、Bluetoothに対応しているiPod touch (64GB) も持っているのですが、容量の大きいiPod Classic (160GB) をいまだにメイン機として愛用しています・・・)

(*´Д`)

f:id:Cafe_de_T-Dog:20171015163810j:image:w360

f:id:Cafe_de_T-Dog:20171015163842j:image:w360
iPod Classic

f:id:Cafe_de_T-Dog:20171015163428j:image:w360
iPod touch

Apple iPod touch 64GB 第6世代 2015年モデル ゴールド MKHC2J/A

Apple iPod touch 64GB 第6世代 2015年モデル ゴールド MKHC2J/A



ポータブルデジタルオーディオプレーヤーの売れ筋ランキング


英語のリスニング用の用途では、今使用しているワイヤレスイヤホンで十分満足していますが、ワイヤレスイヤホンは、とても便利だし、音楽もよく聴くので、次はもう少し高い価格帯のより高音質のものを購入してもよいかなと思っています。

イヤホン・ヘッドホンの売れ筋ランキング


ワイヤレスイヤホン、ワイヤレスヘッドホンは、その使用中に動きやすいですし、近距離であれば、接続デバイスから離れることができるので、何か他の事をやりながらとか、ちょっとした隙間時間も英語学習に使いたいと思っている人にとっては、便利なアイテムの一つになることでしょう。


ブログランキング参加中。応援クリックしていただければ幸いです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村





アルク  通信講座の受講体験談



2015-12-03

【マークシートに最適!!】 ステッドラー & アリスト 1.3mm シャープペンシル

こんにちは、T-Dogです。

今から3年以上も前にTOEICや英検などのマークシート方式の試験を受験する際には、 1.3mm マークシート用シャープペンシルがオススメですよ、という記事を書いたのですが、今回はその続編になります。

以前は、安い1.3mm シャープペンシルを使用していたのですが、2年程前から、ユーザーの評価が高くて、人気のある・・・が、若干値段が高い(といっても実売価格1,000円以下で買える)、ステッドラーアリストの1.3mm シャープペンシルでTOEICに臨んでおります。

ステッドラーの1.3mm シャープペンシルは、ボディが普通のペンより太く、ユニークな三角形の形状で握りやすい設計となっています。

握った際に指があたる部分にラバーグリップによる滑り止め加工が施されています。

極太ペンですが、プラスティック素材なので、軽いです。

手に馴染み易く、長時間の試験で使用していても疲れませんので、TOEICのような長時間の試験で、マークシートを200問塗りつぶさなければならないような試験には非常に向いていると思います。

f:id:Cafe_de_T-Dog:20141026161352j:image:w640

カラー・バリエーションは、 以前はイエローのみだったと思うのですが、今はホワイトもあります。

ステッドラー シャーペン 1.3mm イエロー 771

ステッドラー シャーペン 1.3mm イエロー 771




一方、アリストの1.3mm シャープペンシルは、速記用兼マークシート用のペンであり、樹脂製ボディで、適度な重みがあります。

ボディは普通の太さ(シャープペンシルとしては若干太く、一般的なボールペンのボディぐらいの太さ)で、こちらも三角形の握りやすい形状をしています。

長時間の試験で、連続してマークシートを塗りつぶしていても疲れません。

f:id:Cafe_de_T-Dog:20141026091826j:image:w640

f:id:Cafe_de_T-Dog:20141026091950j:image:w360




f:id:Cafe_de_T-Dog:20141026161601j:image:w640

どちらが優れているかと言われれば、どちらもTOEICでは強い味方になってくれると思いますので、あとはもう個人の好みの問題かと。 ^^;

僕個人としては、アリストの適度な重みと質感が、ステッドラーに比べて、より自分好みではありますが・・・。

実際、両方ともTOEICの本番試験で使用しましたが、どちらも安い1.3mm シャープペンシルよりも使い易いです。

もっとも、個人的には、安い1.3mm シャープペンシルも、使い勝手が悪いと思ったことは一度もありませんけれど。

ただ、僕は筆圧が強く、 安い1.3mm シャープペンシルよりも、ステッドラー or アリストの方が手・指への負担が更に軽くなった実感はあります。

従いまして、僕と同様、筆圧の強い方には、ステッドラーかアリストの1.3mm シャープペンシルをオススメします。


因みに、今まで使っていた100均で購入したペンケースでは、この2本のペンを追加すると入りきらなくなってしまったので、大きめのペンケースを併せて購入しました。
↓↓↓↓↓
以前のペンケース
f:id:Cafe_de_T-Dog:20141024100142j:image:w640

f:id:Cafe_de_T-Dog:20141024100221j:image:w640

今のペンケース
f:id:Cafe_de_T-Dog:20141024095526j:image:w640

f:id:Cafe_de_T-Dog:20151203191708p:image:w640

コクヨ ペンケース C2 ネイビー×ブルー F-VBF122-1

コクヨ ペンケース C2 ネイビー×ブルー F-VBF122-1



ペンケース の 売れ筋ランキング



関連記事: 1.3mm マークシート用シャープペンシル


ブログランキング参加中。応援クリックしていただければ幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村





2014-05-19

TOEICとユンケル

こんにちは、T-Dogです。

「TOEICの試験本番前にユンケルを飲むと良い」というのは結構有名な話のようですが、ご存知でしょうか?

実際、「ユンケル TOEIC」というキーワードでググってみると、かなりの数の検索結果がヒットします。(先程、グーグルで検索してみたら、約6,620 件と出ました。)

僕がこの情報をはじめてネットで目にしたのは、今から8, 9ヶ月前ぐらいのことだったと思います。

特に、TOEICで900点以上の高得点を叩き出している人たちが、この「TOEICとユンケル」について、英語学習サイト、ブログなどで言及されているので、このことを知って以来、僕も実行しています。 (ノ´∀`*)

これはどういうことかというと、「TOEICの試験前にユンケルを飲むと、集中力・持久力が高まる。そして、その結果として、スコアが伸びる・・・人もいる」という理屈です。

勿論、TOEICで効果があるなら、英検など他の英語資格試験、もっと言えば、英語の各種試験に限らず、比較的試験時間の長いあらゆる試験で効果があるということになるでしょう。

因みに、ユンケルは瓶入りの液体のものより顆粒の方が断然お得なので、僕は顆粒の方を購入しています。(液体も顆粒も効果に差はないそうです。ただ、液体の方が効果の出る時間が早そうな気がしますが・・・。)

f:id:Cafe_de_T-Dog:20140519085007j:image:w360

それで、僕の場合ですが、ユンケル服用の効果はというと・・・結果として、ユンケルを服用してもスコアが良い時もあれば、悪い時もあります。つまり、TOEICスコアには直結していません。
(^┰^)ゞ テヘッ

しかしながら、ユンケルを服用する以前と比べて、服用してTOEICに臨むようになってから、2つ大きな変化がありました。

1つ目は、TOEICは、2時間(120分間)という長丁場の試験ですが、途中で集中力が途切れることなく最後まで力を出し切れるようになったことです。

2つ目は、以前はTOEIC受験後、疲れてしまって、帰宅後、何もする気がおきなかったのですが、ユンケルを服用するようになってからは、そういったことがなくなりました。

ただでさえTOEICの受験日は、折角の日曜日が、試験と試験会場への往復で、ほぼ丸一日潰れてしまうので、疲れてしまっていると、帰宅後の夕方から夜にかけて、ダラダラと過ごして何もしないまま寝るだけになってしまっていたので、僕個人としては、こちらの理由の為だけでもユンケルを服用する価値がありました。


因みに、季節の変り目のせいか、ここ数日間、大変身体がダルいので、今日はユンケルを服用して、このブログを書いています。 ^^;

【第2類医薬品】ユンケル黄帝液 30mL×10

【第2類医薬品】ユンケル黄帝液 30mL×10

【第3類医薬品】ユンケル黄帝顆粒 PB 38包

【第3類医薬品】ユンケル黄帝顆粒 PB 38包



今回のブログ記事を書くにあたり、再度、色々と情報収集してみたところ、「TOEICの試験本番で集中力を高めるという目的に対しては、安価なユンケルは殆ど効果がない」といった情報が散見されました。

例えば、「1本500円以下のものは、どれもダメ」とか「1,000円以上のものでないと効果がない」とか。

・・・ということは、もし、これらの情報が正しいと仮定すれば、僕が愛用している「ユンケル(顆粒)」では、TOEICには効果が期待出来ないということになりますね・・・そうだとしたら、今回のブログ記事、意味ないじゃん!! >_<

結局、下のようなグレードの高い(=値段の高い)ユンケルを試さないと、その効果の有無については、語れないということですね・・・ (´・ω・`)
↓↓↓↓↓

【第2類医薬品】ユンケルスター 50mL

【第2類医薬品】ユンケルスター 50mL

【第2類医薬品】ユンケル黄帝ロイヤル 50mL×2

【第2類医薬品】ユンケル黄帝ロイヤル 50mL×2

【第2類医薬品】ユンケルファンティ 50mL

【第2類医薬品】ユンケルファンティ 50mL



ユンケルは色々な種類・グレードのものがあるので、下記、製造販売元のユンケル・ラインナップのページで、それぞれの用途が確認できます。

http://www.yunker.jp/lineup/


それから、ユンケルに限らず、栄養ドリンクや滋養強壮剤の類いは、カフェインを含んでいるものが多いので、コーヒーやカフェイン含有量の多いお茶類などを一緒に飲むとカフェインの過剰摂取になってしまう可能性があります。

ユンケルには、DCF(decaf / decaffeinated;カフェイン抜き)のものもあるので、カフェインが苦手な人や、どうしてもコーヒーやお茶も飲みたいという人は、DCFのものを選択するのがよいでしょう。

【第2類医薬品】ユンケル黄帝顆粒DCF 16包

【第2類医薬品】ユンケル黄帝顆粒DCF 16包

【第2類医薬品】ユンケル黄帝液DCF 30mL×3

【第2類医薬品】ユンケル黄帝液DCF 30mL×3



また、使用上の注意をキチンと読んで、用法・容量などを守ることは、当然のことながら大切ですね。

勿論、ユンケルを飲んでも英語力自体が上がるワケではないので、日々勉強を続けることが一番大切であることは言うまでもありません。 (`・ω・´)シャキーン

それでは、今後のTOEIC公開テストでは、僕も安価なユンケルではなく、高価なグレードの高いユンケルを試して、引き続きユンケルの服用がTOEICに効果的かどうか実験し続けて、またいつかその結果をご報告したいと思います♪


ブログランキング参加中。応援クリックしていただければ幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


2014-01-11

朝勉の圧倒的効果

こんにちは、T-Dogです。

現在、僕は、ボキャビル(= vocabulary building;語彙増強)を毎日やっています。開始から既に8ヶ月経ちまして、もう少しで9,000語に到達します。

1日に300語〜700語程度を覚えていて、そのうち新規出題単語の割合は、8.5%〜20%程度で、残りは既出の復習用単語になります。

6,500語ぐらいのところまでは、毎日新規出題単語を100語ペースで進めていたのですが、流石にそのぐらいの語彙レベルになると、難単語の割合が増え、また復習用単語の分量もそれに比例して多くなり、厳しくなってきたので、今は新規出題単語数を1日30語に設定して覚えています。

覚える英単語の語数を減らしたものの、語彙レベルが上がって行けば行くほど、未知の単語が多くなり、当然、学習時間は今まで以上にかかります。

勿論、勉強だけしていれば良いわけではなく、仕事もしなければなりません。そんなこんなで、ここ数ヶ月間、ずっと英語の勉強と仕事・その他の用事のバランスの取り方に苦労していました。

そして、何とか限られた時間内で、今までよりも効率的に勉強する方法がないかを考え続けていたところ、ある事実に気付きました。

それは、朝起きてから出来るだけ早い時間に勉強をした方が効率は良く、昼を過ぎたぐらいから夕方・夜に向けて時間が経つにつれて、勉強の効率が落ちるということです。

僕の場合、午前中〜午後の早い時間までにボキャビルをやった場合と、夕方5時以降にやった場合で比較すると、同じ分量をこなす為の所要時間が、何と2〜3倍違いました。(早い時間の勉強の方が所要時間は短くて済むということです。)

更に、前日に睡眠を十分取った午前中と、夜7時以降の心身ともに疲れた状態の時との比較では、同じ学習量をこなす為の所要時間に、5〜6倍もの差が出ることもありました!!


確かに「厄介で難しい仕事や勉強は朝一番にやってしまうのが良い」と何かの本で読んだことがありましたし、ネット上でも「朝勉強」・「早朝仕事」の効率については様々な情報を確認できますが、実際に自分で体験してみて、その効率の差に驚きました。

そう言えば、以前の職場に、業務知識が豊富で仕事が凄く出来る人がいたのですが、その人は、毎朝早めに出社して仕事をしていて、「僕は『時間の掛かる仕事』・『やりたくない仕事』・『難しい仕事』を意識的に朝一番にやるようにしている。何故なら、経験上、それが一番効率的で生産性の高い仕事のやり方だから」というようなことを言っていました。

また、商社マンの友人と丸の内で一緒に食事をした時の帰り道、彼がお洒落なカフェを指さして、「あそこのカフェ、出社前に朝勉しているサラリーマンが多いんですよ」と、何気ない一言。

「ナルホド、日々の激務で超多忙な中でも、丸の内界隈で働く意識高い系サラリーマン諸兄・バリキャリウーマン諸姉は、出勤前に時間を見出し、こんな洒落乙なカフェで毎朝30分なり1時間なりを勉強時間に充てていらっしゃるんですねぇ〜」と、妙に感心したことを覚えています。 ^^;

他にも色々と調べてみると、朝勉は良いようで、特に、受験生であれば、数学や物理のような思考力を要する科目は朝一番に勉強した方が効率的なようですし、やはり、朝は難しい勉強や仕事に取り組むのに最適のようです。

「暗記科目や英単語を覚えるなどは、夜の方が良い」という意見もあるようですが、僕自身は、上述の通り、実際に試してみた結果、英単語を覚えるのも朝の方が断然効率が良かったです。

勿論、人それぞれ差異があるでしょうから、「私は夜の方が効率的だよ」という人はそのままで宜しいと思いますが、どうやら、多くの人にとって、一日の中で遅い時間になればなる程、身体も脳も疲れていくので、朝勉及び早い時間帯の勉強は、午後以降に勉強するより断然効率が良いようです。

しかし、ここで 一つ重要な前提条件があります。

それは「朝勉」・「朝仕事」が効率的である為には、十分な睡眠時間が不可欠ということです。

睡眠不足の状態で、無理に早起きして「朝勉」・「朝仕事」しても、効率が悪く(・・・というか、かえってマイナスで)、しかも、それ以降の勉強や仕事にも悪影響が出てしまいかねません。

そんなワケで、僕は、最近は眠くなったら無理せずに就寝する、日中眠くなったら状況が許せば昼寝をするなど、可能な限り睡眠時間の確保をするよう心がけています。

最適な睡眠時間というのは個人差があるようで、中には睡眠時間が長いと逆に頭が痛くなったり、調子が悪くなる人もいるようですし、僕の友人でも4時間ぐらいの睡眠で大丈夫という人もいます。

しかし、自分の周囲を見回してみると、最適な睡眠時間が十分に確保出来ていない、睡眠不足の人の方が圧倒的に多いように思います。

健康の観点からは、どのくらいの睡眠時間が良いのかは諸説があり、本当のところはよく分かりませんが、以下のような記事もあり、勉強・仕事の効率という観点からは、長めの睡眠が良いのではないでしょうか。

睡眠の質を高めるには—有能な人の睡眠時間は平均8時間36分
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304273404579269863602790976.html

かく言う私も、夜型人間なのですが、「朝勉」・「朝仕事」の方が、断然パフォーマンスが良いと実感してからは、朝型の生活に切り替えるよう努力しています。(元々、夜ダラダラ起きているのが好きだった人間にとっては、なかなか難しいことではありますが・・・ ^^; )

しかしながら、(少なくとも僕個人にとっては)「朝勉」・「朝仕事」が圧倒的に効率的であるという事実に、今まで気付かず人生を過ごして来たことについて、僕は「自分の人生に於いて、何という大損をしていたのだ!!」と大変悔やんでいます。(まぁ、現時点で気付いて良かったと思うことにします。(-_-;) )

僕の場合は英単語のボキャビルですが、「朝勉」は多くの人にとって、同様に非常に能率的だと思います。

「毎日忙しくて、なかなか英語の勉強時間が確保できないよ〜」という人は、早朝に時間を見つけて、最初は5分でも10分でもよいので、勉強を始めてみて、徐々に勉強時間を増やしていけば、案外簡単に毎日の勉強時間を確保できちゃうと思いますので、試してみては如何でしょうか? (^−^)

残業3時間を朝30分で片づける仕事術

残業3時間を朝30分で片づける仕事術



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

P.S.

因みに、現在、僕は「ボキャビルダー (Vocabuilder)」というボキャビル用ウェブサービスを利用して、毎日継続してボキャビルに励んでいます。

何故、僕がこのサービスをボキャビル用教材として選び、利用しているかと言いますと、キッカケとしては、自分の英語力を飛躍的に伸ばすにはボキャビルはどうしても避けて通れないと考えていたこと、そして、当面の目標として「12,000語レベルの語彙を身に付ける」と決めて、まずは市販の単語集を試したのですが、特に難単語を覚えるにあたり、なかなか覚えられずに途中で止めてしまいました。その後、ボキャビルダーを試したところ、覚えやすく、且つ、記憶の定着度が高く、またシンプルで使いやすいので、大変気に入り、今も継続利用しているというわけです。

「ボキャビルダー (Vocabuilder)」は、仕事で英語力が必要と感じている方、海外就職・海外移住・留学を考えている方、各種英語資格試験で高得点や上級レベルの合格を目指している方、洋書や英字新聞がスラスラ読めるようになりたい方など、英語を勉強する目的がハッキリしていて、真剣にやる気のある人を対象に作られているのだと思います。

そんな訳で「ボキャビルダー (Vocabuilder)」は、僕にとっては大変有益な教材ですが、誰にでもオススメ出来るものではないと思っています。

例えば、英語初級レベルの人であれば、通信教材、ウェブサービス・アプリ、スクール、セミナーなどにお金を使うよりも、まずは自分のレベルにあった市販の単語集で単語を覚えるとか、基礎英文法を勉強するなどして、「英語の基礎力」と「英語学習の習慣」を身に付けることにフォーカスした方が、英語力の向上に繋がると、僕は思います。

また、「ボキャビルダー (Vocabuilder)」は、原則として毎日やることが前提の為、「あまりに多忙で、毎日は英語の勉強時間を確保できない」とか「毎日英語を勉強することを習慣化する自信がない」という人は続けることが出来ません。

僕が個人的に「ボキャビルダー (Vocabuilder)」を一番お勧めしたいのは、英語中級者・上級者で、英語力の伸び悩みに苦しんでいて、その主原因が自分の語彙力不足と考えている人です。

何故なら、僕自身がまさにそのような状態で「これはボキャビルを本気でやらない限り、俺の英語力は飛躍的に伸びることは無いだろうな」と感じつつ、悶々とした日々を過ごしていたからです。

僕は、以前、仕事でも英語を使っていましたし、職場で英語絡みで特に困ったこともなかったので、一応ビジネスレベルの英語力があると言えると思います。英会話についても初対面のネイティブ・イングリッシュ・スピーカーや外国人の英語話者から「おっ、君、英語上手いね」と言われるぐらいなので、まぁ、そこそこ喋れると言えるでしょうか。

しかし、アメリカ英語の早口の経済ニュースなどは聴き取りに苦労しますし、洋書や英字新聞でも内容によっては知らない単語が結構出てきます。英語の発音も平均的な日本人の英語話者よりは良いかもしれないですが、ネイティブライクな発音には程遠い、といった具合で自分の英語力に全然納得できておらず、常にもっともっと上のレベルを目指したいと思っています。

そんなわけで、僕は日々地道にボキャビルを継続しています。 ^^

ボキャビルって、毎日の地味な作業の繰り返しですし、すぐに成果が出るわけでもないので、大多数の人にとって、結構苦痛なことだと思います。

しかし、語彙力がなければ、英文が読めるようにならないし、リスニング力が向上しないのもまた事実です。

結局、語彙の壁が、特に英語初級者・中級者の多くが英語学習の途中で挫折してしまう主原因の一つとなっているのではないかと思います。

でも、そこで踏ん張ってボキャビルを数ヶ月間、諦めずに黙々と続けていると、洋書が以前より速く正確に読めるようになっていたり、洋画のDVDを観て聴き取れる部分が増えていたりすることに、ふと気付く瞬間が訪れる筈です。


ボキャビルダーは、30日間無料でお試し利用が出来るので、もし自分には合わないと思ったら、お試し期間内に退会手続きをすれば、課金されることはありません。

また、継続利用を決めた場合も、月額課金制なので、途中、何らかの理由で継続が困難になった、または単に辞めたくなった場合、その月での退会・休会が可能です。

開発者の方は、ボキャビルダーの効果を実感して、納得していただけた方だけに継続的に利用していただきたいということで、30日間という長い無料試用期間を設けているそうです。

30日間のお試し期間のうち、2−3週間程、実際に使ってみて、僕と同じように、ボキャビルダーが市販の単語集や他のボキャビル教材・ウェブサービス・アプリよりも効果的だと実感出来た人は継続利用し、自分には合わないと思った人は退会すればよいだけのことです。

興味を持たれた方は、公式サイトにて、より詳細な情報を確認することができますので、そこでボキャビルダー (Vocabuilder) の仕組み・理論などに十分納得がいったら、取り敢えず、30日間無料でお試ししてみては如何でしょうか。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

P.P.S.

ここからは、英語学習には関係ありませんが、最近僕が読んで面白かった本を2冊紹介したいと思います。

1冊目は「まんがでわかる7つの習慣」という本です。

「7つの習慣 」というタイトルでピンと来た人も多いのではないでしょうか?

はい、この本は世界的な大ベストセラーとなった、自己啓発書「7つの習慣 」(スティーブン・R・コヴィー博士(著))のコミカライズ版です。



昔、大学出たての新入社員だった頃に、会社の総務課長から薦められて「7つの習慣」を購入したのですが、恥ずかしながら当時の僕は、ビジネス書・自己啓発書の類は殆ど読んだことがなく、また本書は非常に分厚い本であり、内容的にも、その頃のバカタレだった(今でもバカですが)僕にとっては、やや難しく(そして、退屈で)、1章か2章ぐらい読んだところで挫折して投げ出してしまいました。 >_<



そんな「7つの習慣 」ですが、巷に溢れ返っている「なんちゃって自己啓発本」や「怪しい自己啓発本」とは違い、今現在も読み続けられているロングセラー本でもあり、いつか読み直したいと思っていました。

そして、「まんがでわかる7つの習慣」が、Amazonで(マンガなのに)ビジネス書のベストセラーとして紹介されていたのを、たまたま目にしたので、(また、ちょっと「萌え系」の表紙イラストにも心惹かれて)早速購入して読んでみたというワケです。 ^^;

章ごとに「マンガ→解説文」という構成になっています。

元々550ページ以上ある本をマンガ化したものなので、内容はあまり濃いとは言えませんが、良く纏まっていると思います。バーテンダーを目指す女の子を主人公としたストーリーもなかなか面白かったです。

フランクリン・コヴィー・ジャパンが監修しているので、内容的にも原書から逸脱しているということはない筈ですし、原書のエッセンスを簡潔に上手く纏めていると思います。

原書が分厚く、ちょっとハードル高いと思っていた人は、取り敢えずマンガ版を手に取ってみるのも宜しいのではないでしょうか?

尚、以前に「まんがと図解でわかる7つの習慣」という本も出版されています。(こちらは、モロに「萌え系」の表紙イラストですな。)




2冊目は「モテるマンガ 1」というマンガです。(笑)

「何だよ、マンガの紹介ばっかりじゃん!!」と思われた方も多いかもしれませんが、普段マンガは殆ど読みません・・・というか最近読んだマンガはこの2冊だけで、いつもはビジネス書や実用書がメイン(たまに小説)なのですが、特に面白く、実際に役立ちそうな本が、たまたまマンガだっただけの話でございます。 ^^;

さて、本書の話に移りたいと思いますが、何と原作者の方は、現役の精神科医です。しかも、現役で東大理靴帽膤覆掘東大在学中は東京大学漫画研究会の部長を務められていたようです。

まだお若いと思われますが、独立開業されていて、都内に数カ所メンタルクリニックを開院されているようです。 ( ゚д゚)ポカーン

http://ja.wikipedia.org/wiki/ゆうきゆう

ギャグマンガのスタイルをとっていますが、内容的には、恋愛・男女関係の本質・核心的なところを、心理学的考察を含め、鋭く突いていると思います。

そして、単に非モテ系・非リア充男子に向けた、モテるためのアドバイスの書という枠に留まらず、内容的には「自分磨き」・「男女間のみならず様々な人間関係を構築・円滑にするため」のヒントが沢山散りばめられているマンガ本だと思いました。

非モテ系・非リア充男子だけでなく、その対極に位置するモテ系・リア充男子や、女子が読んでも十分楽しめて、且つ、ためになるマンガだと思いますよ。 ヽ(´—`)ノ




ブログランキング参加中。応援クリックしていただければ幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村