猫電車日記

各地の路面電車の話題を日々綴っています。RSSフィード


2016-03-19 えちぜん鉄道 ki-bo(キーボ)を見に行く

えちぜん鉄道 L−01形

 18きっぷのシーズンとなりまして、ようやく1回目の使用ですが、来週えちぜん鉄道福井鉄道相互乗り入れが開始されるということで、福井へ行ってきました。敦賀行の新快速の中で福井新聞のサイトを見ていたら、相互乗り入れに備えてハンドル訓練が始まったそうです。

 お探しのページが見つかりませんでした | 福井新聞

 えちぜん鉄道乗り入れ用のLRV福井鉄道に貸し出され、福井鉄道の770形がえちぜん鉄道に貸し出されているということで、区間も書いてあるので、見に行ってきました。えちぜん鉄道新車のki-bo(キーボ)をご紹介します。

 1枚目は福井鉄道の北府駅です。見慣れた風景に新車がやってくるととても新鮮な印象を受けます。車番社紋もロゴも入っていないので、すっきりしています。アイトラムポートラム兄弟車ですが、派手で斬新な色使いでインパクトがあります。軽自動車みたいな色にも見えますが。

えちぜん鉄道 L−01形

 2枚目は田原町での画像をまとめています。こちらのki-bo(キーボ)は貸出車ではなくて自社内の訓練運転に使われているものです。「キーボが走る。希望、ふくらむ。」ということで、ちょうどやってきた福井鉄道fukuram(フクラム)とも一緒に収まってもらいました。

 えちぜん鉄道福井鉄道廃線瀬戸際まで行ったことを思うと感慨深いものがあります。

のりのり 2016/03/25 06:48 姿を消す寸前までいったで鉄道が、最新型電車が行き交う姿を見せてくれるようになる……、この姿を誰が想像できたでしょう。
かなりの感動ものですね。

Cat-TramCat-Tram 2016/03/26 07:18 >のりさん
本当にそう思います。先人たちから受け継いだものを将来へ引き継いでいくということの意味を改めて実感しました。
100年後、残してよかったなと評価されるように、活用していってほしいものです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Cat-Tram/20160319
Connection: close