Hatena::ブログ(Diary)

放射能から子ども未来を守る調布の会(CCPC)

2016-06-21

調布市議会が、「原発事故避難者への住宅支援の継続を求める意見書」を可決

本日開催された調布市議会本会議において、「原発事故避難者への住宅支援の継続を求める意見書」を国と東京都に対して提出することが満場一致で決まりました。

調布市からの意見書が、原発事故避難者を励まし、政府との交渉が良い方向に進む一助となることを願っています。


(増野由美子)

2016-06-10 明日、「福島 生きものの記録 3 〜拡散」上映会

◆2016たづくりまつり、今日から始まりました!
 本日〜12日(日)まで開催中の、調布市文化会館たづくりにて「2016たづくりまつり」に参加しています。
是非、遊びに来てください。

<展示>
10〜12日 10:00〜18:00(最終日16:00まで)
たづくり 2F 南ギャラリー

<映画上映>
ドキュメンタリー映画「福島 生きものの記録 シリーズ3 〜拡散〜」
11日(土) 10:15〜12:30(上映は12:05頃終了予定)
たづくり 8F 映像シアター

<おしゃべり会>
原発・被ばく・放射能〜ぶっちゃけフリートーク
12日(日) 14:00〜16:00
たづくり 3F 301・302会議室


◆明日、ドキュメンタリー「福島 生きものの記録 3 〜拡散〜」上映会です
参加費無料ですので、是非みなさん観にいらしてください。

ドキュメンタリー福島 生きものの記録 シリーズ3 〜拡散〜」
群像舍 岩崎雅典(監督) 小出裕章氏出演
http://www.gunzosha.co.jp/

日時:2016年6月11日 10:15〜12:30(上映は12:05終了予定)
場所:調布市文化会館たづくり 8F 映像シアター
参加費:無料(先着100名)

みなさま、お誘い合わせて観に来たください。


(増野由美子)

2016-05-28

「福島 生きものの記録 シリーズ3〜拡散〜」上映会ご案内

6月10〜12日に行われる「2016たづくりまつり」の中で、上映会を行います。

ドキュメンタリー福島 生きものの記録 シリーズ3〜拡散〜」
作品紹介 http://eiga.com/movie/82999/
映画予告編 https://www.youtube.com/watch?v=wrnC4r5RDGM

上映日時:6月11日10:15〜12:30
場所:調布市文化会館たづくり8階映像シアター
入場無料、先着100名

ぜひ、観に来てください!



福祉センター、保育園、学校、仙川劇場に、ポスターやチラシをお願いしました。
保育課からは公立保育園にしかチラシが下りないので、
私立保育園、幼稚園にポスター掲示お願いできる方いたらご連絡ください。
チラシ置いてもらえそうな所、ご存知の方はお知らせください。
連絡先:save_child_chofu@yahoo.co.jp


(増野由美子)f:id:CfofuCPC:20160530220257j:image

2016-05-20

5月の定例会

◆5月の定例会は、明後日22日(日)です。

6月に、たづくりまつりや総会を控えてますので、その準備が中心となります。

日時:5月22日(日)14〜16:00
場所:調布市民プラザあくろす 2F市民活動支援センターはばたき

*子連れ、途中参加・退席OKです。


◆総会に向けて

6月26日 (日)に総会を開きます。
当会のメンバーは、ほとんどが子育て中の保護者です。仕事をしている方も多いため、活動はできる範囲で、無理のないよう続けられるようにと、ゆる〜くやっております。
今年度の活動を手伝ってくれる方、募集中です。
会へのご意見などもお寄せください。

(増野由美子)

2016-05-19

宇都宮市の給食タケノコから基準値超セシウム検出を受けて

宇都宮市の小学校給食のタケノコから国の基準の2倍を超える放射性セシウム検出の報道がありました。
*参考
子ども全国ネット情報ブログ 【報道まとめ】給食のタケノコから基準値超の放射性物質 宇都宮/栃木
http://kodomozenkoku-news.blogspot.jp/2016/05/blog-post_51.html


実はその前日、栃木県販売されたコシアブラから基準値の22倍のセシウムが検出された報道を受けて、調布市に改めて「給食に山菜を使わないように」と電話したところでした。
*参考
「産経ニュース 5/6付」
http://www.sankei.com/life/news/160506/lif1605060014-n1.html
下野新聞 5/7付」
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160507/2318009

「事前に測れないのであれば、『危険性の高い食材は敢えて使用しない』という、子どもの安全側に立った対処を」という要望を、学務課、保育課に重ねてメールにて要望しました。
調布市の場合、給食献立については、各園・学校の栄養士裁量です。
気になる食材が給食の献立に使用されている場合、可能な方は、各園・学校の担任や栄養士、 市担当課などに、提供をやめるよう呼びかけてみてください。



(増野由美子)