Hatena::ブログ(Diary)

放射能から子ども未来を守る調布の会(CCPC)

2017-07-13

7月15日(土)は、子ども全国ネット6周年記念集会

毎日暑い日が続きますね。
みなさま、お元気でしょうか?
九州の豪雨や地震など、大変なことも続いていて、川内原発も気になるところ。
被災地の方々が一日も早く安心して生活できるよう祈るばかりです。

さて、7月の定例会ですが、日程の調整が出来ず、お休みとします。m(- -)m
(希望があれば、通常お休みの8月におしゃべり会をと考えています。)

その代わりという訳ではありませんが、今週末の15日に、子ども放射能から守りたいという思いで活動している全国各地の団体が緩やかにつながっている「子ども全国ネット子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク)」の設立6周年の集会がありますので、ご都合のつく方はぜひお出かけください。

子ども全国ネット6周年記念
『学校と放射能3.11後を?どもたちとどう?きるか〜』 
◆?時?2017年7?15?(?) 13:00〜16:30(開場12:45)
◆場所?経堂地区会館(世??区経堂3-37-13) ※??急線「経堂駅」徒歩7分
◆内 容??森先?講演、質疑応答(〜14:45)
    休憩、意?交換、まとめ(〜16:30)
◆参加費?1,000円(資料代含む)、未成年無料
◆申 込?リンク先の申し込みフォームよりお申し込みください。
       https://goo.gl/forms/DLRyYsKIPyJVynAC3
◆主 催?NPO法??ども全国ネット
◆お問い合わせ?info@kodomozenkoku.com
*託児はありませんが、お子様の同伴可能です。



2017-06-22

都議候補者アンケート結果

東京都議会議員選挙、北多摩3区の候補者4人に、アンケートをお願いしました。

私達としては、一番聞きたいのは、被ばくから子どもたちを守ることに、向き合ってくれる人かどうか。
勿論、都議会ですから、沢山の争点はあります。
けど、何と言っても、原発放射能問題。

アンケートは残念ながら全員から回答をいただくことが出来ませんでした。(ご回答いただけなかった方の欄は空欄にしてあります。)
f:id:CfofuCPC:20170623092239j:image
f:id:CfofuCPC:20170623135336j:image

2017-06-21

東京都議会議員選挙候補者アンケートについて

6月23日告示、7月2日投票で、東京都議会議員選挙が行われます。

放射線被ばくや東京都内の汚染状況に対する認識や、原発政策原発避難者の年間20ミリシーベルト地域への強制帰還政策とも言える。住宅支援打ち切りなどに対する考え方などを候補者に訊くアンケートをしよう!
と、昨年から言っていたのですが、何かと日常に追われ、ギリギリになるまで動き出せず…。

先日の総会で、らやっぱり候補者の考えを知りたい!アンケートをとろうということになりました。
調布は、北多摩3区という、調布市狛江市の2市がくっついて1つの選挙区になっています。
定数は、前回まで2でしたが、今回から3に増えました。
予定候補は4人。(五十音順
 いび匡利(共産・新人)、尾崎大輔(無所属・元民新・現職)、栗山欽行(自民・現職)、中島よしお(公明・現職)

いびさんは、調布市議会議員を辞職されての立候補。尾崎さん、栗山さんが、北多摩3区選出の現職の都議会議員中嶋さんは、世田谷で当選された現職の都議で、今回選挙区調布に移されての立候補
で、どこへアンケートの依頼を送ったらいいのか、ネットで検索して送ったり、届けたりしたのですが、候補者の手元に届いたかどうかわからない方もいました。(昨日、何人かの選挙事務所を訪問して、再度お渡ししました)
みなさんお忙しいでしょうし、回答期限も短かったので、締め切りに間に合わないのは仕方ないのですが、公職選挙法のしばりがあるので、明日中に結果をまとめてアップしなければならず、はらはらです。

投票行動の参考になりますので、候補者の皆さん、なんとかお返事くださいね。

しかし、あれですね。
今の選挙制度、おかしくないですよね。
候補者が決まってからアンケート出しても、アンケート結果(候補者の名前)の載った紙を不特定多数に配ることが出来ない。
ネット上に公表するのも、告示日前日まで。
となると、そもそもアンケートの対象が、「候補者」ではなくて、「こちらの分かっている範囲で立候補するだろう人」となってしまいます。
候補者」が確定してから、アンケートはとれない。
仮にとれたとしても、回収して発表して、それを投票行動の参考にしてもらうことは難しい。
なにしを、選挙期間が短すぎます。
誰に入れるか決まっている人ならともかく、不在者投票なんて、何を元に考えたらいいの?

わかんないよー!
っていう人も、分かる範囲で考えて投票しましょうね。
当選した人たちが、私達の暮らしに関わる色んなことを決めたりしてるわけで、保育園も、高校の学費も、子ども医療費も、みんな、直結ですからね。

アンケート結果は、しばしお待ちを。

(増野由美子)

2017-06-09

6月11日12〜13:30 2017年度総会です。

2017年度総会を6月11日(日)に行います。
たづくり祭りの最終日ですが、他の日程が難しいことから、たづくり祭りの時間内に組み込む形で、短時間で行います。
終了後は、そのまま続けて、たづくり祭りの企画「放射能・被ばくの不安・疑問、ぶっちゃけフリートーク」となります。
お時間ある方はぜひそちらもご参加ください。


総会日程

6月11日(日)
12〜13:30
たづくり3階301会議室

※子連れ、途中参加、途中退席OKです。

会の運営をお手伝いくださる方を募集します。

2017-05-28

総会は、6月11日

昨日、放射能から子どもの未来を守る調布の会の5月定例会でした。
本来なら、総会を開いてなきゃいけない日程。
再来週の、「たづくり祭り」での展示も準備できてない。

原発事故から6年。
子ども達を被ばくから守りたい」という思いで、各地で立ちあがったお母さんたちを中心にした会も、徐々に解散や休止が目立ってきました。

調布の会は、少人数ながらもなんとか毎月メンバーが集まり情報交換し、行政との懇談を年に1回は行い、市民測定室の協力で食品の測定を不定期ながら続けてきました。

一昨年の暮れから、事務局長である私がうつ病が悪化。2ヵ月休職し、復職はしたものの、昨年7月に退職。その後も色々とあり、精神的にも肉体的にも限界で、秋口から定例会をしきることが難しくなってしまいました。
定例会で私が事情を話し、「会を休止にしようかか?」と提案したところ、来ていたメンバー(数人でしたが)から、「(原発事故による放射線被ばくは)見えないから、なかったことにされていて、どんどん話ができなくなっている。とにかく集まり続けよう。」「こういう場があって、話せるだけでもいいんだから」という意見が出され、「おしゃべり会」として続けることに。
参加者が2人しか来ない時もありましたが、とにかく毎月集まり続けてきました。
4月の集まりの時に、今日を総会の予定としたのだけれど、結局何も進まず。
今日の定例会も、最初私と男性2人(共に孫がいる世代)で始まり、みんな元気なかった。けれど、近況報告をしているうちに、徐々に調子が上がって来て、そこへ幼児をを連れたメンバーがやって来て・・・。
ママに手を引かれてやって来たのは、かわいい女の子。初めて来た時は赤ちゃんだったのに、もう保育園も2年目。
数か月見ないうちに、ずいぶん大きくなった―!
「○○小学校は今年から組体操なくなったんですよ」
などと話しているうちに、他のメンバーからメールが。
「5、6年の、組体操の代わりにやった演目が、土煙もうもうの校庭を転げまわるもので、吸い込み被ばくが心配!(><)」
「最初の頃、運動会で水撒き、うがい手洗いをしっかりやるように、市内の全諸学校校長に手紙を出したけど、最近出してない」
「市との懇談で、このことも話さなきゃね」
などと、わいわい話しているうちに、色々やりたいことが出てきて、来年度の活動計画が出来、私が思いつかなかったようなことが色々決まりました。
冒頭、「人生どん詰まり。元気が出ない」と言っていた年配の男性も、帰りには元気になって、「次の予定があるから、お先に」と走って帰りました。
子どもの顔を見たこと、現役のママが来たこと、そして何より、1人で縮こまらずにみんなで話しができたことで、元気になれたと思います。

原発事故から、もう6年。
食べ物気を付けて、風の強い日はマスクして、外から帰ったら、うがい・手洗い・シャワーに着替え。園や学校の行事に目を光らせ、保養・デトックス免疫力アップの情報収集と実践。
お金かかる―!しんどいー!
こんなの、いつまで続くの?
セシウム137半減期は30年。まーだまだ続くよ〜!
めげてる場合じゃない!!
倒れず、凹まず、息切れせずに、子どもを守れるように、みんなで知恵と力を合わせて行きましょう!

総会の日程は、ウルトラCで、6月11日のお昼頃。
会場は、文化会館たづくりで、たづくり祭りの合間を縫って開催します。
詳しくは、また後程。

とりあえず、みなさん、お時間空けておいてくださいね!

(^0^)/


(増野由美子)