Hatena::ブログ(Diary)

ChaboのFF11日記+ このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

Chaborin

Chaborin

グリーンベレー愛用の、殴り系赤白魔道士です。


Profile




Error : RSSが取得できませんでした。






この日記のはてなブックマーク数


カテゴリ一覧



BlogPet



Error : RSSが取得できませんでした。

mailto:
ここは、Final FantasyXIのIfrit→Odin(移転)サーバであちこちを旅している、Chaborinの活動記録をメインとする日記ページです。
しかし、気の向く情報をなんでも登録するため、FFでない話題もまぎれてたりします。というか最近多くなってきたような。

2007-09-13

[][]去り行く人たちへ


最初は楽しかった。

最初はわくわくしていた。

最初は敵を倒すたびに入った50点の経験がうれしかった。

最初はケアルをかけてくれる人がいてうれしかった。

最初はモンスターに倒されるとくやしかった。

最初は見知らぬ人とPTを組むのが恐かった。

最初は良い装備に憧れていた。

最初はLSに誘われてとてもうれしかった。

最初はしたい時にしていた。

最初は高いレベルの人に憧れていた。



それが今はどうだ。



なぜ団体行動しなければならないの?

なぜ毎週決まった時間拘束されなければならないの?

なぜその場のノリに合わせなければならないの?

なぜ怒られなければならないの?

なぜゲームで愚痴を言わなければならないの?

なぜ人間関係に巻き込まれなければならないの?

なぜレベルを合わせなければならないの?

なぜユニクロは馬鹿にされるの?

なぜ義務を負わなければならないの?

なぜゲームしているのに楽しくないの?

なぜ苦しいの?



なぜ楽しいゲームをやらないの?




答えが出せないまま今日も繋ぐのか。

そこで期待に応えられなかったら何が起こるのか。

罵詈雑言を受けるか。除名か。強制退部か。キックか。悪評でも立つか。晒されるか。

大切だったはずの、そのぼろぼろの絆が壊れるか。

今更気づいてフェードアウトに走るか。



楽しいゲームって何だ? と、改めて問います。

上で「なぜ」に載っているものは、全て強制されてやっていることです。あなたが自発的にやっていることじゃない。

強制とは、選択肢がないこと。自由に見えて自由がない状態。それは、きっと社会の中でも同じ事をしているかもしれません。

強制を作れば作るほど、あなたは追い込まれていく。

そして、臨界点を超えたあと、破裂してしまう。

破裂した後は、しぼんで・・・ 最初から同じ事の繰り返し。


やりたくないことはやらなければいい。それで壊れるものが何か、壊れたら何が起こるかつきつめればいい。それだけです。

そんなことは打算だ? そんな他人が勝手に作った標語らしきもので自分を追い詰めてどーする。

今までのことを振り返ってやめられる?

・・・振り返るのが恐い?

うん。それでこそ人間だよね。

2007-07-23

[][]FF11をカメラ不要でライブ中継しよう!


くわしくはここをみてね↓

http://d.hatena.ne.jp/Hamachiya2/20070723/softcam


うまくいくとこんなかんじ!

http://ustream.tv/channel/Hamachiya2


f:id:Chaborin:20070723081828p:image

http://www.ffxiah.com/player.php?id=912015&sid=13

↑ありがとう蹴鯖のはまちちゃんだいすき!

追記

さすがはまちちゃん、逆リンク辿ってくる人がいっぱい><

さらに追記

家に帰って試してみたよ!!

…なんかいまいち… 640x480もフルサイズで出ない><

音もうねうねへんてこになった><

もう少し試してみるよ!

2007-02-20

[][]FF11の動画掲載:OCRチームから返事が来ました

前回のエントリー(d:id:Chaborin:20070119:1169197415)で質問を投げたけれど、なかなか返事が返って来ていませんでしたが、ついに先週末、OCRチーム*1から返ってきました!

ただ、そのメールの中にメール本文の公開はしないで欲しいとの要請があったので、じゃあどこまでなら公開してもいいの?ということを確認する質問を投げたりしていました。

そして、月曜にお返事のメールが返ってきていたのですが、眠くて書く気が起きなかったので今晩書いている次第です。


動画も楽曲もやっぱり掲載しちゃだめ!

そのメールでの概要は以下の通りでした。

・動画、楽曲および効果音は公開を許諾していない。

・ユーザからの個別の利用許可は行っていない。

・静止画は、スクリーンショット機能を利用したものをコミュニティサイトガイドラインに沿って公開することが可能。

具体的なものとして下記のURLが挙げられていたのを記すと、

「このサイトについて」

http://www.playonline.com/ff11/ats/index.html

に、ガイドラインよりも広範囲な基本的な考え方が書いてありました。

やっぱり厳しいですね、というかごくごく一般的な考え方ですね。


何が動画の公開許可を妨げるか

そのメールの中では、著作権はもちろんのこと、プライバシーの問題なども公開にあたって問題になると挙げられていました。

つまり、『著作権があるからもう他のことはともかく自動的にダメです!』というような硬直した考え方をしているわけではなく、全体としての権利やプライバシーの保護について、かなり広く考えていらっしゃる様子がうかがえました。


ここはChaboの考えですが、

例えば、FF11では動画を撮る機能を持っているわけではないですから、スクリーンショットで撮った画像に自動的にコピーライト表記が入るといった権利保護の仕組みはもちろん実現できませんし、ログも流れてしまいます。*2そういう状態では、各種権利を守ることができないというスタンスですね。


じゃあ、どうすればいいの?

ここからは全面的にChaboの考えです。

結論としては、許諾を得て動画を公開することは、FF11では永遠に無理でしょう。

ここから許諾を得られるような基盤作りをするために、■eが実行できる方法は二つあって、

(1)FF11に動画記録機能を付ける。

(2)人海戦術で動画をチェックする体制を作る。

なわけですが、正直(1)も(2)も無理がありますね。(1)は次回作に期待!ですが…

そうなると、結果として"Default Deny"(基本的に拒否)のルールになるのは仕方のないことだと思います。


著作権法違反として見たとき、決して忘れてはならないこと

この項もChaboの考えです。

結局のところ、今の著作権法では、それが例えどれだけゲームにとって有益なものであったとしても、会社としては基盤が整備できないものは原則NGを出さざるを得ないし、そうなると著作権(または著作者人格権)を侵害することになってしまいます。

商業ベースのもの(アンソロとかBC戦を撮ったDVDとか)では個別に許可申請をしているのでしょうが、個人がFF11というゲームを愛していて、広めたい!という考えを持っている中で最大限のリスペクトを持って、知らない人がFF11に興味を持ってくれたりするものを公開したとしても、やはり会社としては許可はできないんですね。


ただ唯一の救いは、著作権法違反に関する罪が親告罪であるということです。


『著作権について〜マンガとの関係〜』

http://www.linkclub.or.jp/~yoo/copyright/index.html

さんに詳しいのですが、

著作権法の基礎知識

└基本中の基本

 └★ 親告罪について

例え非営利活動とはいえ、著作権侵害をしないで済むのならば極力しないほうが良い、というということは言うまでもありません。

「それならば、ダメならダメとハッキリしているほうが気がラクだ」という意見があるかもしれませんが.....

著作権者にとって「どこまで許せるか」という基準は千差万別ですし、何らかの数値等によって明確な境界線」を定めること自体が根本的に不可能です。

著作権法に関連することで、もし、著作権者本人が「この程度なら私は許せる」と考えているにも関わらず、他者が「それは犯罪だ」と決めつけてしまっては問題でしょう。

著作権法が「親告罪」である意味は、とても大きいのです。

http://www.linkclub.or.jp/~yoo/copyright/1-4.html

そして、これを引用するときにもう一つ絶対に覚えておかなければならないことは、

実際にみなさんが「親告罪」であることを念頭においた際、訴えられるまでは何をやってもいいという勘違いだけは絶対に避けて下さるようくれぐれもお願いします。

せっかくの「親告罪」の意味が台無しになってしまいますから....


That's all. これ以上何を補足できるでしょうか。

*1:POLのコミュニティなどについて担当するチーム

*2FF11の持つSS機能には、そもそもログが写りません

※FF11画像に関する著作権表記:
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の登録商標、もしくは商標です。
(2030734PV)