Hatena::ブログ(Diary)

ChaboのFF11日記+ このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

Chaborin

Chaborin

グリーンベレー愛用の、殴り系赤白魔道士です。


Profile




Error : RSSが取得できませんでした。






この日記のはてなブックマーク数


カテゴリ一覧



BlogPet



Error : RSSが取得できませんでした。

mailto:
ここは、Final FantasyXIのIfrit→Odin(移転)サーバであちこちを旅している、Chaborinの活動記録をメインとする日記ページです。
しかし、気の向く情報をなんでも登録するため、FFでない話題もまぎれてたりします。というか最近多くなってきたような。

2007-12-11

Chaborin2007-12-11

[][]Twitterのふんいきについて

http://d.hatena.ne.jp/maname/20071210さんところで、友達がTwitterのふんいきってどうよ?って感じのエントリーを募集してるので、Twitterのふんいきについて書いてみることに。

まず基本情報。

Twitterというのはいわゆる「ミニブログ」と呼ばれるジャンルです。独り言を1行でふらっと書く。誰かがつっこむこともある。基本的に晒し状態。晒しがいやならProtectにしてもよい。そんな感じ。


まずは100人くらいてきとーにfollowすると見えてくる「風景」

他人の独り言を見るためには、「Follow」というボタンを押すだけです。別に承認してもらう必要もないし、承認してくれなくても見ることができる。*1そうやってFollowすると、自分のFollowerの独り言がだんだんと集積していくことになります。一人だけの独り言を見ていても大した量ではありませんが、100人いるとかなりの量になって、他人の生活風景が見えたり、思考が見えたりしてきます。

誰をFollowするべきかという話ですが、だいたい自分に似た感じの人や、気になる人、有名人などが多いです。自分と話題が合いそうな分野を探すこともできます。例えばその時々で共通のキーワードを切り出して表示してくれる"Buzztter"や、みんなのお気に入りを保存する(はてなスター的な)ふぁぼったーなど、Twitterのとっつきにくそうで実はかなりとっつきやすい入り口になるのではないかと思います。とりあえず、、、今日のお昼ご飯の中身だけでも書いていくといいかも! 他には、Twitter検索などで興味のあるキーワードを言っている人をかたっぱしからfollowするとか。そういうのもありですね。


自分を「晒す」という行為が信頼を生むネットワーク

お互いの生活が見えてくると、重なったところが徐々に連帯っぽく醸成されていく感じが。Mixiとはまた違う、もっと生っぽい感じ。この前のd:id:amachangの話かもしれないですが、自分を晒すのって結構度胸のいる行為です。晒しているとおかしなことはできなくなるし、ネットイナゴ的祭りになったら手の内全部見えてしまって圧倒的に厳しい状況に追い込まれてしまう。でも、逆に言えばそれだけ相手に信頼してもらえるということでもあるのかな、と思います。信頼できるに足る情報を自分の責任が持てる範囲で晒し、信頼できるかを自分で判断して、お互いのことをわかり合える人同士でゆる〜くつながれるNetwork、それがTwitterなんじゃないかなと思います。「そんなこと恐くて無理!」というのであれば、別にお昼ごはんの内容だけ書いておいても良いのです。自分の足跡って、後で見返すと結構壮観なんですよね。そういう意味でも楽しめると思います。


他人とのつっこみあい

そんな感じでふらふらと独り言を書きつつ、たまに他人の独り言に@マークでつっこみを入れると、だんだんそのつっこみの方向でクラウドができていく感じです。例えば、住んでいる土地や食べ物などの共通の話題で仲良くなる人もいるし、共通のアニメやら曲やら、はたまたプログラミングやら。キーワードでつながっていく感じがおもしろいですね。総じて前向き。

疎外感について(加筆修正)

しもた、他のエントリー見てからにすればよかった。

ここまで読んで、「ほら、Twitterってこんなにゆるふわ仲間がいっぱいできるよ!」というメッセージのように取られたとしたら、私の話し方が間違っているのかも。


煩悩是道場:[web]twitterの雰囲気を私の視点から書いてみます より:

http://d.hatena.ne.jp/ululun/20071211/1197320545

個人的にはログを見ていても「一人じゃない」という感覚にはなれません。むしろ孤独感が強まるww

Twitterは基本的に独り言のシステムだと思います。確固とした共通の話題(=元リンク)が設定されているはてブとは違って、本当に独り言なのです。たまにネタ満載の殺害的独り言もあるし、内輪受けしすぎてけまらしい場面があって寂しくなる瞬間はあるけれど、疎外感につながるかどうかは、その人がTwitterに何を求めるか、によると思います。さっき言ったようなゆるふわ(笑)つながりツールということが前面に押し出されてしまうと、せっかく話したのに@来ないよ(´Д⊂ みたいにがっかりしてしまうのだと思います。

むしろ、独り言をぼそっと言ったら、急に他人からつっこみが入ってちょっとびっくりしつつうれしがる、と。本人の期待感の温度差で、疎外感の出来不出来にかかわってくるんじゃないかなーと思いました。

でも、「おはよう」ってぼそっと言うと、たま〜にFollowerから「@chaborin おはよー」とか帰ってくるととても嬉しいよ!だからといって毎度は帰ってこないということを肝に銘ずるべし。所詮は独り言なのだ。


だめだ、私が書くとどうしてもハウツー(笑)っぽくなってしまう。。。

そんなTwitterですが、ネ実と真逆のポジ&晒しっぷりが結構気に入ってます。情報の使い分けをきっちりしてないと、不用意に居住地とかいろいろ晒しちゃって簡単に特定されてしまうんで注意。(特に武勇伝だいすき!な人は…)

自分のことを書いていくと、書けることと書けないことがあったりするのをいちいち意識することになるので、様々な面で自分の行動レビューになりますね。最近すっかりここのエントリーがごぶさたなんで、もっとOther系のダイアリーも書かなきゃ、と思いつつ、書くのが圧倒的に楽なTwitterで済ますことが多くなってきてる今日この頃です。

*1:Protectな人を除く。

2006-11-02

[][]将棋ソフトは本当に方向性を間違えているのか?


慣性という名の惰性 - 将棋ソフトの方向性は間違っていると思う件

d:id:ryozo18:20061031:1162297191

「丸山ワクチンの改良版で角を換えたあと、先に78銀とせず96歩とするのが佐藤新手です」と言われて分かる奴が何人いるのかと言う話。

いや、これは確かに

「赤のサポ狩サイドひゃっほいなんて、飛命300+を達成しないなら素直にサポ戦でボパ打ってたほうがまし」というのと同じくらい意味不明なことだと思うけれど、どんなゲームでも突き詰めたらそうなるんじゃないの?と思う。


じゃあそれをソフトで解決しましょうというのがプラットフォーム化であり、MMORPG化である。これがうまくいくかどうかなんてわからん。でもやらないよりゃましだと思う。

ここで求められている一般消費者のニーズは、「それなりに勝てる将棋」なわけで、確かにそれはユーザが支持しつづけてくれないと成立しないMMORPGの変遷を見るに、ニーズとして必要不可欠なわけだけど。

将棋ゲームでいうところの、そういうハイエンドと同時に一般的レベルをも充足させるためのスキとは、MMORPGのそれ*1なんかよりよっぽど複雑なんじゃないかな。MMORPGで実装されているユーザを満足させる手加減なんて、単なるパターンというスキでしかない。将棋でパターンなどを適用していたのでは、進化を続ける人間には簡単に飽きられる。

つまり、そういう実装をするためには、現在の「最強の研究」からさらに上を行く、「失敗の研究」という更なるイノベーションが必要なのでは。ユーザが欲しいのは、ゲームくさい「手加減」ではなく、あくまで人間くさい「失敗」なのだ。

こんな高次元の失敗の実装を「MMORPG化」というなんて、ちょっと高尚すぎてもったいないですよ。

*1:例えば、連携に合わせてモンスターがスタンをしたりスリプガしたりするいやらしさなんて、狙えばいくらでも作れるけど敢えて作らないとか。

2006-02-04

[][]無名のブックマーク依存症者たち

ラブラブドキュンパックリコ - [ネット]はてなブックマークは麻薬より:

皆さんもはてなブックマークにハマりすぎないよう、ご注意を!

いやー、そんな一言でハマらずに済んだらよいのですが、、、

ブクマ依存に注意するだけで、簡単にブクマの連鎖から抜け出せると思うのは正直甘いと思います。


そんな恐怖のブックマーク依存症から回復するための手助けをしてくれる、Bookmarkoholics Anonymous(通称B!A)という団体が。

そんな話をひとつ。

わたしたちがB!Aに来たのは、ブックマークしてしまうことをコントロールしようとあれこれ手をつくしたもの、ついにお手上げになったからでした。とは言え、もう二度と安全にブクマできないことを認めるのは我慢ならないものでした。そのときB!Aメンバーから、これは病気なのだと聞かされました。(実はわたしたちも長いことそう思っていたのですが)。罪悪感や孤独感にさいなまれ、絶望的になっていたのは自分だけではないことを知らされました。そして、このように感じるのはブクマ依存症という病気によるものだと理解したのです。


わたしたちはブクマによって自分がどうなったのか、その真実に向き合ってみようと決心しました。


そこで次の質問に正直に答えてみました。


4つ以上「Yes」があった、わたしたちの場合、確かにブクマの問題は深刻でした。

あなたの場合はどうでしょう?

問題があるという事実を直視するのは決して不名誉ではないことを忘れないでください。


  • 1 一週間ぐらいの禁ブクマを決心したものの2〜3日しか続かなかった。 Yes No

B!Aに居る、わたしたちの大部分が、自分にも家族にも、ありとあらゆる種類の約束をした。ただ、それを守ることができなかった。B!Aに行った。B!Aメンバーからこう言われた。「今日一日だけブクマしないでいるように」と。(今日ブクマせずにいれば、今日無駄な時間を使うこともないわけだ)。

  • 2 ブクマすること、ブクマ狙いの記事を書くことに、あれこれ指図を受けたくない。余計なお世話だと思う。 Yes No

B!Aでわたしたちはだれかに何かするよう指図することはない。わたしたちは自分自身のBlogのこと、ブクマのこと、もめごと、そしてどうやってやめたか、ということだけを話している。あなたが希望するならば、喜んでお手伝いしたいと思っている。

  • 3 こうすればブクマで時間を潰すことも避けれるだろうという望みを託して、ブクマの種類を変えてみたことがる。 Yes No

わたしたちは、ありとあらゆる方法を試してみた。コメントを付けずタグだけに変えてみた。はてブニュースやお気に入りは見ず、注目ブックマークだけを見ることことにした。週末以外はエントリーを書かないことにした。それはいろいろやってみた、けれどもそこにブクマが含まれている限り、何に変えたところで、いつも最後は時間を無駄に使った。

  • 4 過去一年間に朝ブクマの経験がある。 Yes No

仕事や勉強に取りかかるために、あるいは衝動を止めるために、1個のブクマ、1個のエントリーが必要だろうか?そうだとしたら「健全な」ブックマーカーの域から、はずれたというかなり確実な徴候とと言える。

  • 5 何のもめごともなくブクマできる人たちがうらやましい。 Yes No

ブクマすることも、ブクマせずにいることも出来る多くの人たちと同じことが、なぜ自分には出来ないのか、わたしたちはずいぶんと悩んだ。

  • 6 過去一年の間にブクマに関連するもめごとがあった。 Yes No

まず正直になること!医師の見解では、ブクマに問題がありそれでもブックマークしつづけているのなら、必ず悪化し、決して良くはならないということである。結局は社会的生命を落とすか、残りの人生を部熊保育園で終わらせることになる。唯一の希望はブクマをやめることである。

  • 7 ブクマが原因で家庭内にトラブルが起こっている。 Yes No

わたしたちも、まだB!Aに来る前は、家で何かがあったから、家族がどうだから、それが原因でブクマするのだと言っていた。何もかもが、どうにもならなくなったのは、自分のブクマのせいだとは考えたこともなかった。ブクマして問題が解決することなどまったく、なかった。

  • 8 仕事中やパソコンの前で、どうにかして「余分に」ブクマをしようとしたことがある。 Yes No

その日の時間では、あまりブクマができそうにないと思うと、仕事や勉強をする前に”ちょっとだけ”ブクマするということをよくやった。そして実際に十分にブックマークできないと、もっとブクマするために時間を費やした。

  • 9 ブクマつもりがないのに、ブクマしてしまうことが年中あるのに、それでも、その気になればいつだってブクマはやめられると自分に言い聞かせている。 Yes No

わたしたちの多くは現実に目をつぶり、自分でブクマしたいからブクマしたんだと思い込もうとしていた。わたしたちの場合、いったんブクマし始めたら止められないことを、B!Aに来て初めて知った。

  • 10 ブクマの為に仕事や学校を休んだことがある。 Yes No

本当は具合が悪いわけではないのに、前日のブクマのせいで夜更かししたために「具合が悪くて休む」と電話したことが、たびたびあったことを、わたしたちは今認めている。

  • 11 ブラックアウトがある。 Yes No

ブラックアウトとは、ブクマしている間の数分間、あるいは数時間かのことが全く思い出せないことを言う。これはブクマ依存のかなり確実な徴候だということをわたしたちもB!Aに来て知った。

  • 12 ブクマをしてなかったら自分の人生はもっと、まともだったろうにと思ったことがある。 Yes No

わたしたちの多くは、ブクマば何かが良くなりそうでブクマし始めた。少なくとも、しばらくの間は効き目はあった。B!Aにたとりついた頃には罠にはめられた思いがあった。わたしたちは生きるためにブクマし、ブクマするために生きていた。いつも精神的に追い詰められ、追い詰められていることに疲れ、疲れることにも疲れ果ててしまった。


B!Aはあなたの生涯の問題が解決されるとは保証できません。けれども、わたしたちが、どのようにして「今日一日」をブクマしないで生きることを学んでいるかは示すことができます。ともかく「最初の一ブクマ」に手をつけないことです。最初の一ブクマに手をつけなければ、十ブクマ目もありえません。そしてブックマークの問題から脱したとき、生きることがとても楽になっていることに気づきました。

AA Japan アルコホーリクス・アノニマスより:

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/aa-jso/

この手の話題、依存性があるものにはどんなところでも例外なく出てきます。テクノ依存症、ネットサーフィン依存症、MMO依存症、SNS依存症・・・

ただ、これらのネット系依存は歴史が浅いので、既存の(アルコールや薬物などを取り扱っている)依存症業界からまだはっきりと認識されていないだけです。問題の基本的な構造は、「自分の抱えている根本的な問題を忘れるため、他の夢中になれることをしたい」「他人に影響を与えたい、コントロールしたい」と思うこと。あとは、それが達成できうるものであれば、どんなものでも依存してしまうのが人間ではないでしょうか。


そして、どんな依存であれそこから回復する手段もまた、基本は同じなわけです。あーあーきこえなーーーい。

※FF11画像に関する著作権表記:
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の登録商標、もしくは商標です。
(2051632PV)