一斗茶太的日常 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-13 パウエルは早起きが苦手(♪アサファ寝床でグーグーグー)

[]俺の( 略 )が大きくなって彼女の( 略 )が小さくなればいいのになぁ 俺の( 略 )が大きくなって彼女の( 略 )が小さくなればいいのになぁを含むブックマーク

さっくりと出したクイズだったので、さっくりと解答を発表してしまいますよ。では問題のおさらい。

Q.LSD中毒者やてんかん患者などに見られる、自分の体や周囲のものが大きく見えたり小さく見えたりする病気のことを、ある童話の名前を取って何症候群というでしょう?

正解は……不思議の国のアリス症候群でした! ということでかとうさんお見事! さすがですね。ご存知だったのではないでしょうか? もうかとうさんは「クイズ」と名が付くものならなんでも答えちゃいますから。かとうさんが通ったあとにはペンペン草も生えない(←高田純次風)といわれています。

不思議の国のアリス症候群(The syndrome of Alice in Wonderland)」は、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』の中で、アリスが薬を飲んで体が大きくなったり小さくなったりするエピソードにちなんで精神科医のJ.Toddが命名。おっ、なんかクイズみたい。童話の名前がつく精神的症状は「ピーターパン症候群」だけじゃないんですね。yasu777さんの「一寸法師」、KingHaloさんの「ガリヴァー」も、それっぽい感じですが、正解ではありませんでした。残念。ただ、アルコール中毒の症状でよく「小さな大名行列が見える」などといいますが、このように小人や小形動物などが見える幻覚を『ガリヴァー旅行記』に登場する小人の国の名から「リリパット幻覚(Lilliputian hallucinations)というようです。ふーん、なるほど。

ところでこの『不思議の国のアリス症候群』、いろいろなものの大きさが大きくなったり小さくなったりに感じられるそうですが、仮に私がそういう症状に陥ったとしても、頼むから軽自動車ぐらいの大きさのゴキブリとかは現れないでほしいです。別にゴキブリってそんなに苦手じゃないけどさすがに気持ち悪いんで。





関係ないけど佐藤ありすっていま何してるの? 人気blogランキング

かとうかとう 2007/11/13 19:48 >クイズ
「ふしぎの国のアリス」は知っていました(今年某所で悔しい思いをして覚えた)が、「リリパット」の方は知りませんでした。
もしかしてリリパットアーミーはそういう方面に由来する名称だったのですか?

ChattertonChatterton 2007/11/15 19:11 校正戻し終了。
>かとう
> もしかしてリリパットアーミーはそういう方面に由来する
> 名称だったのですか?
非常に鋭い推理ですね。しかし、中島らもがアル中に関して書いた文章は、決定版ともいえる『アマニタ・パンセリナ』をはじめいくつも読んでいますが、そのような記述は見たことがありません。また、中島らも自身がアル中で入院したのは、リリパット・アーミー旗揚げ後です。
確か、彼の別の文章で、リリパット・アーミーを共に旗揚げしたわかぎゑふ(現リリパット・アーミー2主宰)のことを「彼女は背がちっちゃいが、人を容赦なく攻撃してくる」ということで、それがリリパット・アーミーの由来だ、みたいなことを書いていたような記憶がありますが、ちょっとうろ覚えですね。どこにあった文だったかなぁ、探してみます(笑)。