吉川ナオミの『じゃーじぃな日々♪』

2010-05-27 たなかりか×クリヤ・マコト 表&裏 ライブレポ

f:id:Cherry-Jam-Club:20100525204936j:image

お待たせしました。ドキドキのライブレポ書いちゃいました。長いけどご覧下さいませ♪

【2010.5.22 ナインスアベニュー編】

ホテルロビーで、お出迎え。りかさんに会うのは、、昨年の12月の六本木ALFIEライブ以来かな。前髪パッツン!Blogで見てた通り、キュートな魅力に初っぱなから、やられました(笑)ようこそ新潟♪ 7ヶ月で再上陸してくれて、ホントに嬉しい!

そして、私ってば、つい開口一番「前売り全部売れて、追加席作ってるよ!皆さん、すごく楽しみにしてるよ」と、熱く語ってしまった。「プレッシャーやなぁ」と笑顔のりかさん。前回の約束『今度は絶対満席にするね』というのを果たせて、私もちょっと興奮気味。そして、クリヤさんが合流^^

「すごいキャリアだけど至ってフレンドリー」との噂もあり、、とにかく、会う前からドキドキでした。初日のホテル待ち合わせから、ライブ会場に向かうタクシーの中、ずうううっと、3倍速ぐらいで(笑)クリヤさんと会話してた。

共通の知人のベーシスト佐藤慎一さんが、メイザーの講師つながりで、三味線上妻宏光さんを紹介した経緯や、前に新潟にきたときの話(スクエアの伊東たけしさんとか、万代ジャズ東芝ジャズ等で来てたらしい)、それから私が3年住んでた香港の街の「匂い」のこと、最近の新勢力国による香港の景気の盛り返しから、今の日本の国際社会における位置、今日の会場の様子まで、、多分お会いして15分でトーク炸裂でしたよ!!


ナインスに着くと、早速リハーサル開始。ここで、今日の会場のセッティングとサウンドチェックから、なんと、グランドピアノのフタを全開にして、マイクスタンドでとめるという技が!!こんなフタが鋭角的になったピアノ初めてみた、、、世界各国でその場所の状況あわせて、その場にある楽器のコンディションを最大限に高める、、さすが、百戦錬磨のクリヤさん。

f:id:Cherry-Jam-Club:20100527223910j:image

(※注 あとで、質問しましたが、これは今回のデュオで、この会場に必要な音量を響かせるためらしいです。なので、コンボなら、ここまでフタはあけないと言ってました。皆さん、参考にしてくださいね。やたらに、フタあけたら、大変ですって>笑)りかさんの表情も真剣そのもので、PAスタッフに指示を飛ばしています。やっぱ、自分の歌をその場の環境と編成で引きだすための、音響の知識って必要ですよね。先月私も歌ったばかりの、見慣れたステージが、二人が立つだけで異次元空間みたい。もちろん、今回のライブは私もスタッフも全員がチケット買って入るんだけど、こうしてリハから聞けるなんて、お手伝いした特権ですね)


本番まで少し時間があり、私は再びお二人を帯同して,近くの「古町薮蕎麦」さんへ。実はクリヤさんは、大の蕎麦好きらしくテンションあがってました(笑)私とりかさんは、いきなり「生ビール」を注文^^(りかさんは、ライブ中もお酒ウエルカムで、リラックスできるらしいです)。さすがに、酒のつまみ系を頼み過ぎそうになって、「ナオミさぁん...(笑)」と、たしなめられました。

ここでも、クリヤさんトーク全開!人間ドッグの話題から、フランスでミッシェル・ルグラン氏の息子さんのベンジャミン・ルグラン氏とセッションした話から、ハンクジョーンズのお話、スイングジャーナル休刊の話題まで、、初めて知るエピソード満載。ホントに面白くて、編集者心くすぐられまくり!いつまでも聞いていたい感じでした。

その横で、りかさんは、譜面を順番にセッティング、、「ここから、このぐらい(帯状にひろげ)、ピアノに置けますか?」と、聞いてます。私は、選曲は、お楽しみにしたいので、チラ見に留めました。

そろそろ時間となり、ぎっしりお客さんが待つ会場へ。おお、今回はなんと、長細い特設テーブル(運動会の放送席におくような)が設置され、そこに8席ほど増席されてます。やるなぁナインス,ナイス!!

f:id:Cherry-Jam-Club:20100522231632j:image

●ライブ開始☆

最初は、お客様の案内もあり、一番後ろにいたのですが、難聴の私はMCが聞き取れない!(翌日のネタもあるのに)。1部の途中から、石山さんの配慮で、一番前のスピーカー横の空席に移動。きゃー、クリヤさんのピアノが間近で見れる。りかさんの、表情も首の筋(スジ)の動きも(笑)めっちゃわかる。なにより、りかさんの歌、大音量にどかんと包まれて、もう、全身で「これだ!!」と。待ち望んでいた自分の全細胞が歓喜のダンスでございます。

そこからは、もう夢中で、どんどん魅き込まれました。Like A Starや、Say You Love Me のような、slowで繊細なナンバーも、バードランドの子守唄やチェニジアのような、スキャット全開のナンバーも、そりゃあ素晴らしい。りかさんの歌は、全部のレベルが、前に聞いたときより、また進化してる。クリヤさんのピアノ、胸をうつ甘い響きから、エッジのきいたナイフのようなフレーズ、わざと不協和音をちらして、りかさんのスリリングな歌を引き立てるコード展開、そして、あのグルーヴ感!!!

f:id:Cherry-Jam-Club:20100527223912j:image

客席は、ためいき、前のめり、そして、1部から2部、、1曲ごとに拍手がどんどん長くなっていく。次の曲の紹介,イントロまで拍手が残ってるなんて、スゴい。その客の反応を受けて,お二人の演奏も熱を帯びて行く。歌と,鍵盤。たった二人で、ここまでできるのか。。。!!!もう,ホントに圧巻としか言えません。

正直、私は自分でまだピアノデュオでやる自信がないのですが、それは、今まで行ったライブでは、どうしても途中で、気持ちが離れちゃうことがあったからなんです。選曲や曲調もありますよね。よほど変化つけないと、デュオという形態は客席をひきつけ続けるのは難しいと思うのです。が、今回は。。違いました!

いったい何曲やってくださったのか、、もうどの曲も夢中でかぶりつきでした。「これで最後です」というと、客席からため息が。ラストの「スキンドレレ」(大好きな曲です)は、「この曲をDUOでやるのは、挑戦です」とおっしゃっていましたが、、グルービィでダンサブルで思わずいっしょにサビ歌っちゃった♪。

そして,鳴りやまぬ手拍子でアンコールへ。彼女はいつも、アンコールは日本語の曲を歌うのですが、今回は,クリヤさん作曲で平井堅に提供した「世界で一番、君が好き?」を。全開ノリノリで、満開の笑顔で披露してくれました。ブラボーーー!!

ナインスアベニュー『たなかりか&クリヤ・マコト』デュオライブは、初めてにして、究極の化学反応を見せつけました。

大成功でした!!


お世話になった、みなさま、ご来場くださったお客様、ナインスアベニューのみなさん、そして、今回残念ながら来れなくてもお気遣い下さった方々本当に感謝です。


たくさん、感想をいただいてるのですが、ライブ直後にいただいたものを中心に1部、ご紹介させてください。皆様、本当にありがとうございます。「!」が多いのは、それだけ、皆さんも興奮していらしゃったということで(笑)

※最高でした!

素敵な時間を有難うございます。

物凄い刺激で…翌日の朝になっても、興奮覚めやらぬです。

もう最初の歌いだしから衝撃でした。

ナオミさんのコメント通りで200%満足です。本当に有難うございます


※コアからパワーを発する人は なんて綺麗なのだろう。

目が離せなくて 自然体で 楽しそうで

なんて優しいのだろう。

いいチカラにのせられて 私の中からも

パワーがあふれてくるような気がした。

わたしも歌いたくなった。

 (超・超・超音痴なので歌いませんが…(苦笑)

感覚が芯から刺激されて すごくすごく元気になる ライブでした。


※いやー、ちょいと言葉が見つからない。素晴らしい時間を本当にありがとうございます!!超ラッキーなことに、ウルトラVIP席でしたが、りか様、眩し過ぎて、ほとんど瞑想的に拝聴。。感電しそうで、、、クリヤさんも、まさに鬼才奇才!噂どうりの凄腕で、テンション上がりまくり。まさにスーパーデュオで、興奮しっぱなしでした。ライク ア スターにアイラブユー、泣けました。スキンドゥー・レレは圧巻。。新潟でこんなハイレベルなライブを聞けて最高です!!本当に感激しました。

※前回を上回る素晴らしさ!!まだ興奮が冷めません。りかさん、ピアノデュオ、ノリノリでしたね。

I LoveYouも最高に良かったです。久々に本当に良いライブ聴かせて頂きました。感謝です!!

※ライブに行ってこれだけ余韻に浸れるのは久々です。遅れていって、聴き逃した3曲が悔やまれます。

※あの場所に自分の席があってよかった!!

、あの時間を感じることができて、本当によかった!!

コメントをお寄せくださった皆様,本当にありがとうございました〜〜^

ps.りかさんは、この日、実は肩むき出しのロングドレスだったんですが、そのドレスの写真がなくて残念!!

●さて ,打ち上げ編&翌日の『piano piano』編は、また、、体力が回復したら(笑)