徳山秀樹の日記(個別株自動売買システム開発・運用記)

2006/01/31 (火)

[] 本日の作業(1/31) 15:15

火曜日は仕掛け量の確保に苦労することが多く、しかも前日のNY終値は小幅な動き。そのような状況下にもかかわらず、無人くん2号が殆ど銘柄を抽出せず、5号は途中で異常データで自動仕掛け中断、と散々な状態となってしまった。

焦って手当たり次第に手動で仕掛けて何とかそれなりの量を確保したのだが、寄り後に少し押したもののすぐに反発してきたため、売り玉は早々にカットせざるを得なかった。朝から頭がすっきりしない中でのこうした対応に疲れたが、昨日に続き悪い環境でも何とか成績をまとめることが出来てほっとしている。明日から2月、また気合いを入れ直していきたい。

[] 本日の作業(1/31) 18:45

本日は1銘柄のみの買い仕掛けがあえなくロスカットとなる悲しい展開。仕掛け条件を厳しくしたことで銘柄が大幅に減ったものの、精度は一向に上がらずに泥沼に入ってしまった。

そこで昨日より新しい取り組みに着手。即決くん専用ブック内に任意の間隔で現値を記録する仕組みを作るべく新シートを作成した。同様の仕組みはこれまでもあったのだが、使い勝手が悪く現在は使用していない。そこで今回は対象銘柄と先物の値動きを余裕を持ったレイアウトで記録するように設計。これを開発中の新・自動売買システムにも利用することにしている。

問題なのは即決くん専用ブックを動かしているPCがキーボードが接続されていないマシンで、ザラ場の修正ができない点。引け後に開発マシンで作成して翌朝に本番マシンにコピーして動かすのだが、エラーを起こさぬように慎重に作業を進めることを余儀なくされている。本日は5分毎に各銘柄の値動きを所定の位置に記録することに成功したのみ。