徳山秀樹の日記(個別株自動売買システム開発・運用記)

2006/10/31 (火)

[] 【前日大幅安、NY小幅高】月末 15:10

NY終値は小動きだったので、昨日の大幅安の反動もあるだろうと考えて安い銘柄は積極的に拾うとともに高い銘柄は売り建ててバランスをとった。今日はカラ売り専用システムは発動しなかったが、無人くん2号の大改良に着手したため朝方はバタバタしてしまった。

一巡後は反発しそうに見えたのだが予想以上に上値は重く、マイナス圏に転じてしまった。だが昨日の大幅下げもあって売り建ての利はなかなか乗ってこない。買い建ても同様で、せっかくある程度の仕掛け量を確保したもののリスク回避のため利が乗らないままのポジション整理を余儀なくされた。

後場はプラス圏に転じたものの残った銘柄への大きな影響もなく、スイングの利益はあったものの10月最終日は冴えない成績で終わった。

[] 目論見 19:00

今回スイングトレードの成績目論見については以下の通り考えている。

資金1百万円で信用取引。信用枠3百万円を5回転で15百万円。利益率1〜2%で15〜30万円の利益でこれを複利運用で殖やしていくというもの。

今月手探りで再開して5営業日の実績が出た。7.7百万円のトレードで僅か2.6万円の利益。20営業日に換算すると30.8百万円で10.4万円の利益となり、トレード量は十分なものの利益率が0.3%と目論見には遠く及ばない。これをいかに改善するかがポイントとなろう。