ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2006-10-06 そこまで本気なわけではない。無意識だが。

「貯蓄を殖やす方法」と「体重を減らす方法」には共通点があります。

まず、貯蓄を増やす方法は以下の3つです。

(1)収入を増やす

(2)支出を減らす

(3)資産を運用する


手取り30万円のサラリーマンで考えてみましょう。

圧倒的に効果がでやすいのは(1)です。土日にバイトをすれば一日5千円で月に4万円が手に入ります。一方で、月給30万円の人が毎月4万円分の支出を減らすには、かなりケチケチする必要があります。

(3)の運用で同じ額を稼ぐのも大変です。月収の10ヶ月分、総額300万円の貯金があったとしても、月4万円の運用益をあげようと思ったら、年利10%以上の運用利回りが必要で、これはかなり高い目標です。


つまり、本気で貯蓄を殖やしたいなら土日にバイトするのが最も効果的です。ところが貯蓄を殖やしたいと思う人の多くが、土日のバイトより先に「節約しよう」とか「運用して儲けよう」と考えます。

なぜかといえば、結局のところ、そういう人はそんなにせっぱつまってはいないからです。どうしてもお金が必要なわけではなく、「貯めないとまずいな」くらいの感じだからです。

来月までになんとしても30万円が必要!という切実な理由があれば、人は夜か休日に働きます。実は皆わかっているんです。節約や運用でお金を貯めるのは難しい。確実に貯蓄を増やしたければ収入をあげることが必要だ、と。

★★★

ダイエットも全く同じです。

やせる方法には3つしかありません。

(1)食べない(摂取カロリーを減らす)

(2)動く(消費カロリーを増やす)

(3)筋肉をつける(基礎代謝の高い体になる)


おもしろいことに貯蓄の場合と全く同じ現象が起こるのです。「痩せたい」という人の多くが「水泳を始める」とか、「ダンベルで筋肉をつける」と言いだします。(2)や(3)ですね。

でもそれで痩せるのはとても難しいです。痩せるために最も効果があるのは(1)です。高カロリーなもの、すなわち、おいしいものを食べない。これだけで痩せます。

ラーメン一杯食べたら、2時間ジョギングしないとカロリーが消費できません。運動で体重を減らそうという人は、それがどれだけ大変かよく理解した方がいいです。

(3)も同じです。基礎代謝なんて(年齢、性別等により異なりますが)そもそも一日1000〜1500キロカロリーです。24時間ずっと心臓や肺や内臓を動かして、その程度しか使いません。

それが少々の筋肉を増やすことでどれだけ増えるでしょう?ムキムキのボディビルダーほどの筋肉をつけるならともかく、ダンベル運動程度でつく筋肉が消費するカロリーなんてごく限られています。菓子パン一つ=400キロカロリー分を消費するのに、基礎代謝を40%近く上げる必要があります。が、筋肉はそんな簡単に40%も増えないです・・


というわけで、痩せたいなら「おいしいものを食べない」ことが必要だし最も効果があります。中途半端に運動して「ビールがおいしい!」とか「今日は運動したから、おなかペコペコ!」とか言ってたらむしろ太ります。実際そういう人はたくさんいます。

余談ですが、人類の歴史の中では、飢餓の時代の方が飽食の時代より圧倒的に長いです。このため人間は、生き延びるために「高カロリーのものをおいしいと感じる味覚」を備えています。なので「おいしいものを食べれば必ず太る」と思った方がいいです。


というわけで、ダイエットも貯蓄の話と同じように、多くの人が「少し痩せた方がいいよな」とは思っていますが、実はたいして切実ではないということです。

ご存じのように「痩せていることが人生の価値を決める」と本気で信じる一部の若い女性や、「このままだと死にますよ」と医者に言われた成人病のおじさんは、(1)の食事制限をします。なぜならそれが一番効果があるからです。

でも、大半の人は、おいしいモノを我慢してまでやせたいわけではないのです。土日に働いてまで貯金を殖やしたいわけではないのと同じです。


実は今流行の“エコ”にも同じような側面があります。茶葉と湯でお茶を入れればペットボトルを分別しリサイクルする必要はなくなります。燃費のいい車だのエコカーだのと言わずに、「車に乗るのをやめて歩く」ようにしたら、環境は一気によくなります。

だけど、みんな「そこまでして環境をよくしたいわけではない」んです。なんとなく「環境にやさしいといいな」程度なんです。だから「実は効果は少ないけど楽な方法を無意識に選ぶ」のです。


しかも人間はずるいです。自分が「効果は少ないが楽な方を選んでいる」ということを認めません。あくまで必死でやっていると“自分で自分に”主張します。

というわけで、節約をして貯蓄を殖やそうと考える家庭、運動をして体重を減らそうとする諸兄、ゴミを分類して環境をよくしようと思う人たち、が、この世には溢れています。

皆、それが正しい方法であると信じるために、あえて“思考停止”という選択肢を選んでいるようにも思えます。

本当に貯蓄を殖やしたいなら、本当に体重を減らしたいなら、本当に環境のことを考えているなら・・やるべきことは別にある、と自分で気がついてしまわないように思考停止するのです。そうすれば「頑張っている自分」が手に入るから。


そんじゃーね。