ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2007-06-24 SPA! おもしろすぎ

この前書いた SPA! なんですけど。あの記事以外もかなり秀逸だったのでいくつか紹介します。ちなみにこの雑誌、結構長寿ですよね。ってことは、そこそこ売れてるってことで、ちきりんと同じセンスの人が多いってことか。

ただ、昔誰かが「ヤな女」というくくりで「SPA!読んでるような女」と言っていたのは、ちょっと心にひっかかっていたりはするけど。。


まず最初に“中年下流の実像”っていう記事。定義は「35歳以上で年収400万円以下」とある。

確かに働き始めたばかりの20代前半なら年収400万の人は沢山いるし、そこから上がっていく可能性もある。つまり年収基準だけだと“下流”は定義できない。だけど、35歳すぎという年齢軸をいれて2軸にすると“下流”が定義できる。

ここで感心したのが、“この層”がこの前も書いた“特定の時代性”の中で生まれていることを指摘してのネーミングである点。


ご存じの通り、就職環境のボトムは1994年〜2003年あたり。この年代は今年26歳〜35歳。彼らは、不景気の煽りで大卒後就職できず、やむを得ずフリーターになり、今も“正社員経験がない”という理由で好景気に取り残されている。そのことが問題視されている層です。

その中でも一番割を食ったのは1994年に22歳の1972年生まれ。彼らが今まさに35歳を迎えようとしています。他の年代に生まれていたら“そこそこ”の人生が手に入ったはずの人たちが、「今年、下流のまま中年に突入」するんです。

彼らの世代には、いろんな呼称がつけられている。「就職氷河期世代」が一般的なネーミングだけど、精神科医の香山リカさんが「貧乏くじ世代」と呼び、朝日新聞が「ロストジェネレーション」と呼んだ。そして今、SPA!がそれを「中年下流」と呼び始めた。

「中年下流が一番センスいいじゃん!」と思うのは、ちきりんのセンスがSPA!的であるっことかな。


★★★


別の記事。「どの通販ダイエットが一番痩せるか?」という特集。太った人がいろんな“通販ダイエットツール”を実際に試して体重等の変化を比較してます。あまりにばかばかしくて楽しい記事です。

最初にとりあげられるのは“ビリーズブートキャンプ”。で、最初に108.6キロの人がこれを3日間試して結果は109キロ。


増えてどーするよ!


って、記事もつっこんでます。これを試した人、食べ過ぎだってば。運動したかもしれんけど・・結局10日やって106.6キロ。うーむ、微妙だ。


その他、チタン・シェイプ・スパッツは「汗は大量にでたが体重は減らなかった」とか、スレンダーシェイパー、マッスルトレーナー、ロデオキングなどテレビでおなじみの名前の器具が次々に試されてます。

あまりにばかばかしいので、読んでても大笑いしてしまいますが、試した人が一番痩せたのが「マイクロダイエット」です。73.6キロの人が71.7キロ。ウエストの減り方もこれが一番大きい。つまり、痩せたいなら運動より食事制限が有効という当たり前の結果になってます。

なんだけど、この人の記事も「一日2食をマイクロダイエットに変えたが、他の一食をソバにした日は痩せて、ジンギスカンとビールの日は太った」と書いてあって・・・おもしろすぎる。


何がおもしろいかって、こういう通販が次から次へと新しいダイエットツールを紹介する。購入者はひとつ買って、結局3日坊主で痩せもせず、すぐに使わなくなって置き場所に困っているのに、また次のダイエットグッズがテレビで大量のCMで流れると、ついつい買ってしまう。

これは、そういう購入者がやまほどいるってことを、皮肉る記事なわけですよ。“ぶらさがり健康器”の時代から同じなんだと、いうのが伝えたいことであり、それがよく伝わる記事になっている。

そして、それでもこういうグッズを買うことをやめられない「太った」「下流の」「懲りない人たち」を自虐的に皮肉って分析し、でも、暖かく応援している。

このSPA!の姿勢が、とてもおもしろい。

彼らが太っているのは、テレビの前でこういうグッズのCMをみながらボリポリぽてちを食べているからに他ならないのだが。

★★★

最後に、「見る女の論理」という記事。この記事タイトルもおもしろい。内容は「彼氏のケータイを平気で“見る女”と“見ない女”がいる」と。

文章がイケてる。

左のグラフを見てもらえれば一目瞭然だが、44%と実に半数近くの女性が彼氏・夫のケータイを盗みみているのに対し、“見られている”という自覚のある男性はわずかに12%。(中略)残念ながら、男性の危機管理は極めて甘いと言える。

最後の一行、笑わせてくれませんか?


さらに、

詳細は次ページより紹介していくが、平穏無事な未来を手にいれるため、冷静に読み進めて頂きたい。


めちゃくちゃ笑いました。“冷静に”って何?“冷静に”??

しかも5ページにわたり詳細に傾向と対策を分析、紹介。ほんとおもしろい。


こういう職業に迷い込まなかった自分を呪う。


というわけです。どうでしょう?全然、何がおもしろいのかわかんないですか?ちきりんだけなのかしら、こんなに大笑いしてるのは?

だとすると、ちきりんは幸せです。370円で2時間くらい笑ってました。通勤時間にSPA!読みながら笑いがこらえきれない女って、ホント不気味だとは思うけど。



というわけでした。またタマに買うことにしたです。SPA!

こんだけ言っといて「タマに」かい?って


まっ、その辺が関西人。



んじゃね。