ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2011-02-10 人生を変えた一冊

お気づきの方もあるかもしれません。

先日だした『ゆるく考えよう』の「おわりに」は、ちきりんから両親への感謝文です。

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 (文庫ぎんが堂)
ちきりん
イースト・プレス
売り上げランキング: 283,388

→ Kindle 版

→ 楽天ブックス


私は父母に感謝する気持ちが強く、大学(法学部、刑法のゼミ)の卒論で「医療過誤の刑事責任」というトピックを選んだのも、医師であった父に関心をもって読んでもらえるようにと考えたからでした。

4年間の学費、生活費の大半を出してくれた父に、自分が辿り着いた場所の報告をしたかったのです。


一方の母。

ここ数年書いてきた「Chikirinの日記」を母は読んでいません。

パソコンで文章を読むという習慣がなく、月間 100万 PVとかいっても意味不明。「結構人気があるんだよ」と言っても「そうなの。よかったね」くらいです。

でも、「本になった」と言えばインパクトが違います。

母の年代の人にとって、本というのはすごく権威のあるもの。だから出版が決まった時、「これで少しは親孝行ができるかも」と思いました。


実際にできあがった本を母に渡したら、「ホリエモンさんがコメントをくれてるのね!!!」とすごく喜んでました・・。

あたしが本を出したことより、そのことのほうが嬉しかったみたいで、あちこちで言いふらしてた。

「娘の本に堀江さんが! あのホリエさんよ! 知ってるっ?」

って・・・堀江さんには心から感謝です。


話を戻しましょう。

『ゆるく考えよう』の最後のセクションは、「自分の好きに生きたいなら早く自立しろ」という父の言葉で始まり、母の「よかった確認」で終わっています。

ふたりが私をどう育ててくれたか。本の最後の章には、それを書きたかったから。


★★★


さて、私には「人生を変えた一冊の本」があります。

子供の頃に読んで強い衝撃を受けた本。1970年始めにベストセラーとなった高野悦子氏の「二十歳の原点」です。


二十歳の原点 (新潮文庫)
高野 悦子
新潮社
売り上げランキング: 68,020


1969年、立命館大学文学部史学科の 3回生だった高野悦子さんは、6月 24日未明、関東の実家から遠く離れた京都で踏切に立ち入り自死します。

当時は学生運動が盛んな時代。

親からの仕送りに頼る甘えた学生ではなく、ひとりの労働者として自立・連帯しようとアルバイトを始め、仕送りに頼らず生活しようとしたり、普通の若い女性として恋をしたり、あれこれ将来に悩んだり。

そんな彼女が残した日記はお父様によって整理、出版され、当時のベストセラーになりました。

後には彼女が 14歳からつけていた日記も、「二十歳の原点ノート」、「二十歳の原点序章」としてシリーズ出版されています。


内容は、友人の名前など一部は仮名(かめい)化されていますが、内容はまさに「日記」そのもの。

私がこの本を読んだのは 11歳の時。小学校 5年生の時でした。

20歳で自ら死ぬという決断や、憧れていた「ひとり暮らしの学生生活」の現実(と、当時は思えました)に幼いちきりんは驚きます。

加えて、他者の目を一切意識することなく書かれた文章がもつ余りのインパクトに、張り倒されるような衝撃を受けました。

この本(てか日記)を読むことで、自分の感じ考えたこと、感情そのものを、ここまで生々しく他者に伝えることができる日記という表現形式の大きな力を初めて理解できたのです。


そしてそれが・・・

「私も日記を書こう」

と考えるきっかけとなりました。

これが、「Chikirinの日記」の始まりです。


自分も日記をつけていれば、いつか命が絶えた時に、こんなレベルで自分の存在が残せるんだと。

そう考えた小学校 5年生の私は、その日からノートを用意して日記を書き始めます。

この時つけ始めた日記が 2005年に紙の日記帳からブログに移行し、今みなさんが読んでいる「Chikirinの日記」になってます。

日記には(ブログには)「今日なにをしたか」ではなく「今日なにを考えたか」を書く。「Chikirinの日記」のこのポリシーも、『二十歳の原点』から影響を受けて定まったものです。


そういえば本作りの打ち合わせの際、編集者の方が「ちきりんさんのブログのタイトル、変ですよね?」と言われました。

怪訝な顔をしたら「だってこれ、日記じゃないでしょ、どうみても」と。

確かにそうだと思いました。

そしてあらためて、なのになぜ「Chikirinの日記」と命名したのか、ずっと昔の記憶を思いおこしました。


自死する半年前、成人の日の日記に彼女はこう書いています。

「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」


「二十歳の原点」といえばこのフレーズ、と言えるほど有名な一節です。

なんと冷たくて厳しい原点でしょう。

11歳の私は怖くて震えました。

「私も二十歳になったらこんなふうに感じるんだろうか?」

「独りであることや、未熟であることに堪えられなくなってしまうんだろうか?」

「そんな思いから逃げられなくなって、死にたくなったししてしまうんだろうか?」と。


その後も「独りであること、未熟であること」という言葉に代わる、自分の原点と言えるものについて、ずっと考えてきました。

そして今回、『ゆるく考えよう』の最後のページにそれを書きました。


ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 (文庫ぎんが堂)
ちきりん
イースト・プレス
売り上げランキング: 283,388

→ Kindle 版

→ 楽天ブックス


不思議な縁だと思います。

高野悦子さんの日記は、彼女の死後、お父様の手によって出版され、

その日記に衝撃を受けた小学校 5年生の女の子が書き始めた「ちきりんの日記」はネット時代にブログとなり、

今ふたたび『ゆるく考えよう』という紙の本になりました。


時代を超えて読み継がれる青春の名著と、自分のブログ本を並べて紹介すること自体、恥ずかしく申し訳なく感じます。

けれど、彼女がもし「ゆるく考えていたら」、彼女は死ななかった。私にはそうも思えるのです。

ゆるく考えることで人は救われる。自分自身もそうであったから。


でもまたその一方、彼女の死がなければ、極めて私的な日記であった『二十歳の原点』が世に出ることはありませんでした。

だとしたら、それに衝撃を受けた私が日記を書き始めることもなかったかもしれない。

そしたらこのブログも存在しない。


なんだか不思議でしょ。

私にとってこのふたつの日記は、何十年の時を隔てて絡み合っているように思えるのです。


独りであること、未熟であること


自由であること、楽観的であること


ゆるく考えようの「おわりに」は、父と母への感謝の言葉であると同時に、ちきりんの人生の扉を開いた『二十歳の原点』への自分なりの回答なのです。


二十歳の原点 (新潮文庫)
高野 悦子
新潮社
売り上げランキング: 68,020


→ キンドル版

→ 楽天ブックス


f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium

そんじゃーね。


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/