ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2011-05-18 エアコン分解洗浄・解説編

昨日、写真で紹介したエアコン掃除の様子、今日はその体験記です。



<分解洗浄を選んだわけ>

昨年の夏にカビ臭がひどかったこと、今年は節電のため少しでもエネルギー効率をよくしたいと思い、夏前のエアコン洗浄を思いつきました。

12年前のエアコンなので買い換えも考えましたが、ちきりん家のは鉄筋25畳以上対応の上位機種。このクラスだと商品代15万円、今のエアコンの処分代、設置具代や工事費をいれると20万円近いのでお掃除してもらうことにしました。

エアコンを外さず高圧洗浄する方法も試したことがあるのですが、壁付けのままの高圧洗浄では、キレイになったかどうか全くわからない。

よく業者さんは「ほら、こんなに汚れていたんですよ」とバケツに排出された汚水を見せてくれるのですが、汚水がでてきたことと、エアコン内部がキレイになったかどうかは、あんまり関係ないですよね。。。

汚れた雑巾をバケツの水で洗えば水はすぐに汚れるけど、雑巾がキレイになったかといえば、それはまた別の話です。

それに「マンション一括申し込み」方式だと値段は1万円ほどですが、あれだと業者さんは「一日に○軒こなさないといけない」というスケジュール(別名ノルマ)があり、キレイになったらではなく「一定時間作業したら終わり」です。なので、今回は「エアコン内部がきれいになったことを直接確認できる方法」を探しました。



<依頼決定まで>

まずは「エアコン、取り外し、洗浄」などのキーワードでネット検索し、我が家に来てもらえるエリアの業者さんをいくつかピックアップ。

今回の業者さんはブログも書いてらして、内容を見ると子供の健康にすごく気を遣っている感じがしたので「まじめでいいお父さんぽい」と思ってメールで問い合わせました。

HPに載っていたのは「エアコンを丸ごと取り外して持ち帰り、完全分解して洗って組み立て、後日持ってきて取り付ける」という方式。

内容はまさに求めていたものでしたが、今回は作業現場が見たいと思いました。実は私、自分では全くできないくせに、こういう「機械の分解、中身を見る」というのが大好きなんです。

働いていた時期なら、持ち帰って洗ってもらう方法を選んだでしょう。でも、今やちきりんも天下のぷー太郎。平日に丸1日エアコンの分解、洗浄を見学できるなんて、まさに「会社を辞めた甲斐がある!」というもんです。


そこでメールで「作業を見せて頂きたいんですけど可能ですか? 写真を撮らせていただければブログに書いて宣伝にご協力します。結構たくさんの方が見てくれてるブログなんですけど・・」と問い合わせたところ、先方より「じゃあ、そちらのご自宅で洗いましょう。その方がラクでしょ?」と。

「うちで洗っても、きちんと洗浄できますか?」と聞くと「道具、全部もっていくんで大丈夫です!」(と、自信満々に答えられましたが、後から聞いたら“お客様の家で洗うのは今回が初めてです”だって。なにそれ。)


最後に「それだと水道や電気代も私の負担になるし、そちらは一回分、往復の移動時間も節約できますよね? その分の割引とかありますか?」と聞いたら


「ないです」(きっぱり)


こんなロジカルな値引き要請を断るなんてすごいなと思ったけど、見積もりの時、「室外機も洗う必要あると思いますか?」と聞いたらざっと調べた上で「これならまだ洗わなくてもいいと思いますよ」って言われたし、細かく現場をチェックされていて仕事熱心そうだったので、こちらにお願いすることに決めました。



<作業を見学して>

非常に楽しかったです。ブラックボックスの中を見るのは本当にワクワクです。「どの程度汚れているの?」や「それがどこまでキレイになるの?」も実感できるし、洗浄のプロセスも逐一確認できる。取り外しや組み立てのプロセスも含め、すべてが新鮮でした。

また、今回お願いした高橋さんと山田さんのお仕事振りには正直、感心しました。「あー、これぞ日本の職人的技術屋さんだー!」という見事な仕事振り。


高橋さんはエアコン修理会社の勤務歴が 20年で、エアコン掃除やメンテが「大好き」なんだそうです。

山田さんも「小さい頃、おもちゃ屋がプラモデルを組み立ててくれと頼みに来ていた」くらい手先が器用で細かい仕事が好きとのこと。たしかにすばらしいお仕事振りでした。

でも高橋さんはご自身のことを「職人ではなくサービスマンです」と言われていました。お客様の喜んでくださるのがなにより嬉しいんです。」とのこと。なんだかイチイチかっこいいですね!


f:id:Chikirin:20120201160655j:image

(左が山田さん、右が高橋さん)


おふたりとも素人目にもわかる熱心&丁寧な作業で、「早く終わらせよう」という感じが全然なく、延々延々延々延々とお仕事されていました。

組み立て・再設置が終わった後も、冷房、暖房を切り替えながら、あちこちから出てくる空気の温度を調べて、室外機の調子も確認して・・・とふたりで確認&確認。

最後のほうなんて、「君らいつまでやってんの?」的な感じで、飽きちゃったあたしはブログ書いてました。なんか知らん人がふたりウチにいるけどまあいいや、みたいな感じです。


そういえば最初は「朝 9時にきます。だいたい 6時間くらいです。」とおっしゃっていたのに、9時15分くらいに到着し、終了は夕方 6時 45分。それ、9時間半なんですけど・・・

帰り際に「長い時間おつかれさまでした。」と言ったら、「いや、全然気にならないんです」って。いやこっちの都合が・・・


というわけで、もし今後こちらに頼まれる方、持ち帰りではなく自宅での洗浄を依頼される場合は、後の予定は入れないほうが無難です。(なお今回は、室外機の移設も頼んだので少し長めです。)

まあでも、ホントに仕事熱心なおふたりでした。どれくらいキレイになったかは昨日の写真でわかると思いますが、正直、壁付けのままの高圧洗浄とは、洗えるレベルが全く違うと実感しました。


でもエアコンって分解して洗うことを想定していない商品です。だから(取り付け工事だと業者さん向け手順書があるけど)分解洗浄にはマニュアルがありません。

また、設計もそういうことを前提にしていないので、バラして組み立てるのは本当に大変で、プロのワザが必要です。

そのため分解洗浄をやってくれる業者さんはそう多くはなく、まさにこのおふたりのような「プラモデル大好き!」「エアコン大好き!」みたいな人じゃないとなかなか手に負えないのでしょう。

今回は作業の後、エアコンの選び方やメンテの方法についてもいろいろ教えてもらって大変参考になりました。

ドラッグストアで売っているスプレー式の噴射洗浄剤については「百害あって一利。その一利は、一瞬だけいい香りがすること」だそうです・・・


というわけで、対象エリアにお住まいの方には超お勧めです!

なお高橋さんのところでは、解体洗浄だけでなく、壁に付けたままの高圧洗浄もやってらっしゃいます。その場合こそ、私たちでは内部の仕上がりが直接確認できないわけですから、信頼できる方にお願いしたほうが安心かと思いました。

高橋さんの会社→「エアコン&ハウスクリーニングはこちらです。


ちなみに今回の「取り外し完全分解」は一台 35,000円からです。(私は取材のため自宅で洗ってもらいましたが、本来は持ち帰りで作業され、取り付けにこられます)

壁につけたままの高圧洗浄だと 1万円ちょいのところもあるので値段は 3倍近いです。それでも、私は次回も確実に丸洗いの方を頼むと思います。

赤ちゃんの生まれたおうち、アトピーの方がいるおうちには特にお勧め。また、賃貸マンションの入居時にお願いするのもいいですね。賃貸住まいだとエアコンの買い換えはなかなかできないと思うけど、洗浄ならOKの場合もありそう。数年住む気があるなら電気代の節約を考えても価値があると思います。

なお今回ふたりで来られたのは、室外機の移設も依頼したからだと思います。それは別料金です。

ところで高橋さんも今回の件をブログに書いていらっしゃいます。

→ 高橋さんのブログ(ちきりん家の作業について)


そのブログを見にいった時になにげなく高橋さんのツイートが目に入りました。それは、「明日は早朝野球・・・もう寝るかな?」というつぶやきでした。

あれ? あたしが始め「エアコンのお掃除、火曜日はどうですか?」って言ったら、「その日は朝、会合があるんで都合が悪いんです」ってことで、月曜日になったんじゃなかったっけ??もしかして会合って早朝野球だったわけ?


まあ、いいか 

   ゆるく考えよう・・


そんじゃーねー!





今回を機に、その後も高橋さんに

お風呂クリーニング

トイレ分解!掃除

窓、網戸、サッシのお掃除に、

キッチンのお掃除もお願いしました。完全にリピーター顧客になってるちきりんです。いずれも写真必見ですよー!