ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2011-05-29 ちきりんの初「帯コメント」!

今日は英語に関するエッセイ本の紹介です。

坂之上洋子さんという海外経験の長いブランドコンサルタントの方が2003年に出された「犬も歩けば英語にあたる」という本の新装版です。

なーんと、ちきりんが楽天の三木谷浩史さんと並んで、帯コメントを書いています。

f:id:Chikirin:20110529014815j:image



それにしても、まじなのか と思いますよね。

ちきりんブログが本になることは想定内でしたが、誰かの本の帯コメントを書くなんて、かなり想定外です。

こんな誰も知らん人が帯コメントを書く意味とかあるんかいな。

と今でも思います。


でも、これがまたいい本なんです。(だから帯を書かせて頂いたんですけど。)


坂之上さんがNYなどアメリカで働いたり、生活されたりした頃の様子がエッセイふうに綴られていて、そのシーンの中で使われる英語表現があれこれ紹介されています。どれもごく短い英語文ばかりで、日本語訳もついているから簡単に理解できるし、なんといっても表現がとても自然です。「そうそう、こういう英語、よく聞くよね」っていう表現ばかりです。


たとえば職場で異性の上司から“I need you.”と深刻な声のトーンで言われても、それは

「ボクにはキミが必要なんだ!人生を共にしてくれ!」という意味ではなく、

「ええっと、ちょっと頼みたい仕事があるんだけど」っていう意味ですよ、とか。


そういう超大事なことが書いてあります。。。。



あと、“911”を「ナイン イレブン」と読めば例のテロ事件のことだけど、「ナイン ワン ワン」と読むと救急車が来ちゃいますよ、とか。


すごい実務的!


これ、海外経験なしに外資系企業に転職する人や就職する学生さん、米国への転勤予定がある人、初めて外人上司と働くことになった人などに、すごく役立つと思います。

語学留学前のタイミングで読むのもいいですね。英語表現だけじゃなくて、日本とは違うアメリカのビジネス慣行とか生活慣行についても、読んでいるうちにアレコレ知識が身につくようになってます。


その上、著者の坂之上さんがまたいい人なんです。読んでて「まじなの?」っていうくらいいい人だとわかります。ある意味、ちきりんと対極っていうか。「こんないい人がいるのね、世の中」くらいの驚きがあります。

この本を読んで、ちきりんは思いました。「文章ってこんなにストレートに書き手の人柄を表すんだなー」って。


あぁ・・、


つらいね。


(何が?)


★★★


ところでちきりんが昔、中1で英語を習った時、教科書の最初にでてきた英語文はたしか“This is a pen.”でした。が、実際にアメリカで暮らしたり働いたりして、「これはぺンです。」と、実際に言う機会はほとんどありません。

長くアメリカに住んでる人、実際の場面で使ったこと、あります?


実はちきりんは一度だけあります。とあるホテルでスタッフとイベントの打ち合わせをしていた時、ちきりんはカラフルな毛糸がもこもこしたすごくかわいいペンをもっていました。日本によくある「めっちゃかわいい文房具」のひとつです。それは一見ペンには見えない代物でした。

打ち合わせで、ちきりんがメモを取るためにそのペンを鞄から取り出した時、相手のホテルスタッフが言いました。“What is it ?”

ちきりんは応えました。“This is a pen.”


おーーーーー!


ちきりんは自分の口からでた言葉に固まりました。

そして次の瞬間、思わず“Do you know this is the first English sentence I've learned in my life ?”と口にしてしまったほどでした。まさか“This is a pen.”という言葉を使う機会があるとは思ってなかったからです。

ホテルスタッフの女性は・・・・なにそれ?みたいな顔で一瞬だけ私を見つめ・・・・すぐさま打ち合わせの話に戻ってしまったので、ちきりんの言葉は華麗にスルーされました。


まあとにかく、ちきりんは幸いにも一生の間に“This is a pen.”と口に出す機会を得ましたが、たいていの人にはこんな僥倖は訪れないと思います。なので、日本で一番最初に教えるべき英語は、

“For here or to go ?”

あたりにすべきだと思っているちきりんです。これなら短期の旅行に行くだけでも10回くらい聞くことになるのですから。


まあ、そんな話はどうでもいいんですが、この本には、それよりも100倍くらい心暖まる、しかも、役立つ英語表現が満載です。「自然で、生活の中でよく使われる英語文に興味ある!」という方にも、「ちょっと心温まる感じのエッセイを読みたい。」という方にもお勧めです。こんな素敵な本に初めての帯コメントを書かせていただけたことにとても感謝しています。



(一時、在庫切れで注文できなくなりましたが、今は注文可能になりました。興味のある方はお早めに!)

犬も歩けば英語にあたる

犬も歩けば英語にあたる



そんじゃーね!