ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2011-07-04 金融業なんてむいてないし、東証も要らない。

最近ちきりんは、「日本は金融業はもうやめた方がいいよね」と思ってる。この国の人って、金融業にむいてないよね、とは前から思ってたけど、最近は、東証(東京証券取引所とかマザーズとかいろいろ)も日本に無いほうが国民の利益になるんじゃないか、と思い始めた。


まずは、日本に金融業が向いてない理由、


(1)リスクとるのが嫌い

金融ってリスクに応じたリターンを得るビジネスなんだから、リスクとるの嫌いな日本人には向いてない。それってイコール「リターン得るのが嫌い」と言ってるのと同じなんだから。


(2)英語が苦手

金融って、最も世界共通が進みやすいビジネスでしょ。お金はお金であって、made in Japanのお金という概念もないし、ニーズの違いもないです。どこの国の人も運用するなら10%の利子の方が5%の利子よりいいと思ってる。世界共通の商売は英語で行われるようになるのが必然。英語が苦手な日本人には向いてない。


(3)ロジックも苦手

金融商品ってのは計算であり、論理の産物です。最近は“ゆとり”に加えて少子化で、大学受験でさえエッセイと面接で乗り切れてみんな算数できなさすぎ。加えて日本では論理より「みんなが言っていること」が大事なんだから、金融なんて全然向いてない。


(4)スピードが大事

金融は意思決定のスピードが生死を分けます。「熟考が大事」とか「重箱の隅まで全部、証明されないと信じない」とか「石の上にも3年」な文化には合わないです。


(5)金融は専門知識がすべて

なのに、この国って未だに「ジェネラリスト」がエリートだとか思ってるんだからお話にならないでしょ。


(6)お金が汚いものだと思ってる・・

しかも一部の人は「モノ作りで稼いだ金は、金融取引で稼いだ金より尊い」と信じてる残念さ。*1



というわけで、金融業は日本人には向いてないからやめたほうがいいと思う。郵便貯金みたいな、「預けて利子がついてもどってくる」とか、「借りて、利子払って返す」みたいな超シンプルなものだけ残しとけばいいです。ホールセールとか全部やめたほうがいい。


★★★


さらに一歩進めて言えば、東証とかマザーズとかJなんとかなど、全部潰しちゃった方が、国民の利益になると思う。

東証とかが存在するからみんな日本の企業の株を買う。でも日本企業の株なんて買っても、向こう30年くらいはまず儲からないよ。

日本の証券取引所なんて潰しちゃって、世界の取引所で直接、株式投資ができるような仕組みを整えたほうが圧倒的に儲かる。日本は成長しないけど、世界は成長するんだから、世界の成長に直接投資できるようにしたほうがいい。

余計な「自国の市場」が存在してると、みんな世界の成長に目を向ける前に、まずは日本で投資しようとか(アホみたいなことを)考える。「国内株」とかいうのがポートフォリオに入ってきちゃうし、営業マンもそっちを勧める。これ、超無駄。


株式投資したい人が上海や、香港、シンガポールの取引所を通して株や金融商品を買えるように、さらにNYSEやナスダック、ロンドン証取の株式も直接売買できるように、ネット証券がどんどんサービスを整えて、日本語で、日本円からの自動換算で売買できるようにすればいい。

日本は金融業は向いてないけど、お金をもってる人はたくさん存在する。つまり、金融業はだめでも投資家はたくさんいる。彼らのお金を(まずは)東証だの日本の企業に向かわせてしまうというだけでも、東証の存在は害になってる。


企業だってそのほうがいいって。グローバル企業なら最初から欧米で上場しておけばいいし、スタートアップだって最初から海外の市場で株式公開することを目指せばいい。「日本でしか公開できない」なんてレベルの企業ではどうせダメなんだから。


最近、東証が国際的な競争力を失ってるから立て直そうみたいなこと言う人もいるけど、そんなアホみたいなことしなくていいと思う。さっさと諦めて潰しちゃおう!


にっぽんさいこー!


そんじゃーねー!