ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2012-10-12 なぜ昔は、学歴も年収も低くても結婚できていたのか

先日、テレビ(NHK首都圏ネットーワーク)で、「結婚できない若者」を特集していました。

「男女とも、結婚したいのに結婚できない人が増えている」というもので、28才、中小企業勤務で年収 300万円、活動的で誠実そう、外見も好青年で、でも「学歴はない」という男性が登場してました。

彼は結婚紹介所に入会したけど、200人近い女性に、会うことさえ断られたらしいです。

女性は、出産、育児で自分の収入が途絶えるため、年収 600万円以上の男性を求める。でも未婚の若い男性で、そんな高年収の人は少ない。だから、年収の低い男性の未婚率は高く、交際率さえ低いというデータが紹介されていました。


さて、この番組をみて、みなさんどう思われるでしょう?


女性の立場にたって考えれば、この男性がお見合いを断られるのは、不思議でもなんでもありません。

彼は今 28才です。ということは、彼がデートを申し込んだ相手の女性 200人も、その年齢以下の人が多いのでしょう。それはつまり「 20代で結婚紹介所に登録をしている女性」です。

20代の女性は、紹介所の登録会員のなかで最も人気のあるグループです。結婚相談所では、男性については年収が重要であるように、女性に関しては年齢が最重要です。

つまりこの男性は(おそらく無意識にですが)最も人気のある女性たちにアプローチしています。


彼は「自分は高望みはしていないのに、200人もの女性に断られた」と思っているのでしょうが、結婚相談所で 20代女性を希望するというのは、それ自体が「超高望み」です。


最も人気のある 20代の彼女らは、多くの相手から会うことを求められており、その中には 30代半ば、年収が彼の倍近い、という人もいるでしょう。

彼の言う「自分には学歴もない」が、高卒・中卒という意味なのか、一流大学卒ではないという意味なのかわかりませんが、前者であるとすれば、「最も人気のある 20代女性」から立て続けに断られたのも、そんなに不思議ではありません。


そもそも、20代で結婚紹介所に登録している女性が求めているものを想像してみましょう。

彼女らは「つきあっていて楽しい男性」を探しているわけではありません。まだ平均結婚年齢にさえ達していない女性が紹介所に登録するのは、恋愛相手ではなく結婚相手を探すためです。

しかもこういうシステムのなかでは、会うまでは条件がすべてです。

彼女らが会う人を選ぶため、“検索”に使いそうな要素が何であるか、ひとつふたつ考えれば、この男性が“モテない”のは不思議でもなんでもありません。

(ただし、今回出ていた男性、とっても誠実そうでいい感じだったので、このテレビ出演を機に結婚できるんじゃないかとは思いました)


★★★


さて、この番組を見てちきりんが考えたのは、「こういう男性は、なぜ今まではナンの問題もなく結婚できていたのか?」ということです。

データを見る限り、1970年代までは男性はほぼ全員結婚できていました。中卒だろうが高卒だろうが、年収が低かろうが、もっと言えば、酒癖が悪かろうが、口べたでほとんど話ができない男性でも、みーんな結婚できていたんです。

データ: 年齢別未婚率


なんで昔は、学歴も年収も両方低い男性でも、結婚できていたんでしょう?


最大の理由は、「昔は女性が、結婚のために敢えて自分のスペックを押さえていたから」です。

ちきりんの母は、自分の父親から「女が大学なんて行ったら結婚できないからダメ!」と大学進学を反対されています。

もう少し後の世代(今の 50才くらい)でも、同じ理由で親から「短大でないと進学させない」、「女子大でないとだめ」と言われた女性はたくさんいました。学力的には東大に行けるのに、お茶の水大学に進んだ人がいたのです。


同じ理由で「理系学部なんて行ったら結婚できない」とか、「一人暮らしなんてしたら結婚できなくなるから地元の大学に通え」と言われた女性もいたはず。

当時は、庶民層なら家政科、ハイエンド層なら英文科が人気だったのも、女の教育なんて「いいところに嫁にやるためのものだった」ことをよく表しています。

当時の女性にとって、「結婚できる、できない」は死活問題でした。結婚できなければ食べていけなかった。だから、結婚するために自分の学歴をできるだけ低く押さえる、というのが、当たり前の時代だったのです。


しかし、「女性だからという理由で、教育レベルを抑制して結婚した世代」が母親になると、その中から、「自分の娘には(息子と同レベルの)教育を受けさせてやりたい」と考える人が現れます。

自分よりずっと成績も悪く、やる気も無い兄や弟や男子同級生が進学するのに、自分は高校を卒業したら“嫁入り修行”と称して家事手伝いをやらされた女性や、

「都会の大学に進学し、将来は○○になる!」と夢を語る男子同級生を目の当たりにしながら、自分は「地元の短大の家政科」しか選ばせてもらえない、という経験をした女性が母親になった時、自分の娘に何を伝えたいと考えたか。火を見るより明らかでしょう。


時代のせいで自分は、キャリアを積むことも教育を受けることも諦めたけど、娘にはあんな思いはさせたくない、そう母親が思うのは、ごく自然なことです。

だからこの世代の母親に育てられた今の 30代、40代の女性の中には、「これからは女も勉強すべき。手に職を付けるべき」と強く吹き込まれて育った女性がたくさんいます。

「女のくせに勉強なんかしたら“もらい手”が無くなる」と脅されて育ち、20代前半で追い立てられるように結婚させられた母親が、娘の教育に“自らの人生への想い”を込めたってことですよね。


こうして、「女性が結婚するために、高い教育を受ける機会を自ら放棄する風潮」がなくなったことが、学歴のない男性が結婚しにくくなった最大の理由です。

図解するとこんな感じ↓  番組で紹介されていた男性は、グレーの 4名のうちのひとりです。

f:id:Chikirin:20121014111239j:image:w500


男性の多くが「自分を超えていない女性」をパートナーに望む限り、学歴が男女平等になれば、「学歴の低い男性」は結婚が難しくなる。当たり前の帰結です。


★★★


もうひとつ、昔は年収の低い男性でも結婚しやすかった理由があります。

それは「時代が右肩上がりだった」ことです。20代で年収が低くても、高度成長期であれば全員の年収が時間とともに上がります。

そういう時代には、20代で年収 300万の男性と、30代で年収 500万の男性なら、前者の方が、20代女性にとっては結婚したい相手だったはずです。前者も 30代になれば、年収 500万円になるとわかっているからです。

でも今は違います。

20代で年収 300万円の人が、30代で年収 500万になれるかどうかは、誰にもわかりません。ならない可能性も十分にあります。だったら年齢が上でも、年収アップが確定している人の方が選ばれるわけです。


このように、今回紹介されていた、

・若くて

・いい感じの外見&性格で

・学歴はなく

・年収が低い

人は、昔に比べて結婚しにくくなっているのです。


最近になって、女性が男性に高い年収を求め始めたわけではありません。昔から女性は男性に経済力を求めていたし、男性は女性に若さや容姿、従順さを求めていました。それは全く変わっていません。

「女性が男性に経済力を求める傾向」に関して言えば、全男性が結婚していた 1970年代の方が、むしろその傾向は強かったはずです。当時は「稼ぐのは全面的に男」の時代だったのですから。

つまり、「女性が男性の経済力を当てにしている」ことが、近年、年収の低い男性が結婚しにくくなってきた理由ではないんです。


この問題についてメディアはすぐに「女性が男性に高年収を望むが故のミスマッチ」などと、超男目線の意見を流布しがちですが、実は、

・女性が「結婚するために、高い教育を受ける機会を敢えて放棄する」ことをやめたこと

・年齢と収入が相関する、高度成長&年功序列時代が終わったこと

が、「結婚できない若い男性」が増えている根本的な理由だということを、理解しておきましょう。


f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium

そんじゃーね


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/