ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2013-01-27 興味が持てない2つのニュース

アルジェリア、イナメナスの天然ガス精製プラントで、イスラム過激派のテロリストに各国の技術者達が殺害された事件。

日本人が最多の10名も殺害されたということで、事件発生からずっと、膨大な量の関連ニュースが流されました。


なんだけど、ちきりんは今ひとつこのニュースに関心がもてません。もちろん、そんな場所で苦労しながら働いていた8カ国37名の方(もっと増えているのかも?)のご冥福は心からお祈りしたいし、ほんと、いいかげんにしてほしい(→テロの人)とは思います。

でも、“報道”にはあんまり興味が湧かず、チャンネルもすぐ変えちゃうし、新聞記事も読む気がしません。

それってなんでなんだろと自分でも不思議だったので、ちょっと考えてみました。


一番の理由は「そんなこと議論しててもしゃーないでしょ」ということ。

テレビキャスターも政治家も、「今後、どうやって海外で働く邦人の安全を確保していくのか」とか、「緊急時に、情報がより迅速に入るようにすることが必要」などとまじめな顔で言ってますが、ああいう場所がどういう場所か、わかって言ってんのかな??

ぶっちゃけて言ってしまえば、あんなところで民間人の安全を守るといっても限界があります。本気で確実に守りたいなら、プラント全体を米軍基地の中に作るくらいのことをしないと不可能でしょう。

「緊急時でも情報を迅速に手に入れる」って、砂漠の真ん中で銃撃戦が行われてるんだよ。いったいどうやって、誰が情報を取りに行けと?


今回だって、プラント運営側は相当の対策をとっていたはず。それでも命も惜しくないような人たちが、戦争で使うような武器をもって突入してきたら(相手を皆殺しにできる手段でももたないかぎり)どうしようもないんです。

日揮のほうはそんなことは百も承知の上で、リスクとって仕事してる。わかっていて社員を海外に送っているわけです。

彼らはこんなことがあっても、海外でのプラント工事を止めたりしないし、アルジェリアのこのプラントだって、おそらく続けていくんでしょう。


プラント会社だけでなく、商社マンとかメーカーの現地法人トップも、世界のあちこちで定期的に誘拐されたり襲撃されたりしてます。もちろんみんな気を抜いていたわけではなく、護衛官付きの車で移動してる。それでも襲われる。

でもどこの会社も、だからといってそういう国から全面撤退したりしない。

その覚悟と使命感に対比して、あまりに呑気で適当な議論をしてるニュースをいまいち見る気がしないというのが、私がこれ関係のニュースに関心がもてない理由だと思います。



もうひとつ。大きく取りざたされてるのに見る気のしないニュースがあります。

大阪、桜宮高校のバスケ部キャプテンが顧問から体罰を受け(というか、暴力をふるわれ)翌日に自殺した事件です。

その後、橋下大阪市長や教育委員会の意向で体育科の入試が中止されるのどうのということになり、騒ぎが続いています。


このニュースもいまいち関心が持てず、「なんであたしはコレに興味がないの?」と考えてみました。

ひとつはコレも「死者がでなかっただけで、教師による生徒への暴力は、もっとあっちこっちの学校で起こってるはず」と思われるのに、報道はこの一件のみに注目し「なんでこんなひどいことが!」みたいな話になってるからだと思います。

一言で言えば、白々しいんです。


以前も、「教師の採用にコネが働いてる!」とか言ってメディアが大騒ぎしていてあきれたことがあります。(関連過去エントリ→ 「大分県教委の汚職事件に関するエントリ」)

教師の採用がコネだらけであることなんて、生徒さえ知ってる話でしょ。

なんでテレビキャスターが目を丸くして「教師がコネ採用なんていいんでしょうか!?」とか言ってるかな。と思えてね。てか、自分自身テレビ局で働いてて、コネ採用の人に会ったことないの?? って感じです。


朝日新聞が大騒ぎしてた「いただきます論争」の話も同じ。(参照過去エントリ → 偽造される社会論争

メディアってほんと、自分たちだけで虚構の世界に入り込んで議論するのが好きだよね。


今回のテロ事件、プラント全体で何人の人が働いており、そのうち何人が殺されたか、みなさん知ってます?

日揮の関係者だけでなく、日本人の被害者の数だけでなく、

・全体で何人が働いていたプラントに、

・何人のテロが押し入り、

・何人の犠牲者がでて、

・そのうち、アルジェリア人と外人はどういう比率で

・今まだ安否がわからない人は何人いる

んでしょう?


プラント全体で働いていた人の数が40人で、そのうち37人が殺されたのか、全体の労働者数は1000人で、今回37人殺されたのか、それって意味がかなり違うでしょ? 

押し入った方のテロは20人だったのでしょうか、それとも200人の武装勢力が押し入ったの? これも、その規模によって全然違う事件に見えるよね。でも、こういう数字をググらずに言える人って、どれくらいいるんでしょう? 


事件の全体像を報じることより、邦人被害者10名の氏名を個別に手に入れ、高齢の両親が顔をくしゃくしゃにして泣いている絵をとりたいだけ。に思えてしまうから、ニュースに関心がもてないんです。

教育現場(特に体育教育現場)での教師による暴力の実態や、大阪の一部無法地帯化している学校の実態には切り込まず、今の時点で叩かれて弱っている特定の学校の過去のアラだけを、これでもかこれでもかとほじくり出したり、

大阪における“めちゃな場所”が、どんだけめちゃか、想像もできないくせに、適当な対策を議論する、もしくは、その「めちゃな実態」の構造自体(→なぜどこの学校でも、暴力教師を起用してまでも全国大会で自校のチームを優勝させたいと思うのか、とか、大阪の公立学校って、上位ガバナンスがちゃんと働いてない学校が山ほどあるんじゃないの? それってなぜ? とか)を報道しようとしない。


そういう報道にまったく興味がもてないんです。


韓国ドラマみてる方が100倍マシ



自殺された生徒さん含め、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。