ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2013-05-07 マンションの地震保険とか意味不明

この前、分譲マンション住まいなのに地震保険に加入してる人がいて、ちょっと驚きました。

マンションの地震保険って、管理組合で入る共用部分向けの地震保険と、個別の家庭が入る占有部分のための地震保険があるんですが、どっちにしろ「なんでそんなもんに入ってんの?」って感じです。必要性があるとは思えません。

火災保険(&家財保険)には、もちろん私も入っています。でも火災保険と地震保険は、全く性格が違います。


きちんと理解したほうがいいのは、次の3点です。

1)地震はエリア災害で、個別災害である火災とは全く違う


2)分譲マンションの管理組合には、一定レベルを超える意思決定能力はない


3)地震保険でまともな額が支払われるのは、全壊・半壊の時だけ(=甚大な被害のでる大地震の時だけ)


これらの理由により、分譲マンションの区分保有者が地震保険に入るというのは、ほとんど意味がないんです。


★★★


まず、火事は個別災害ですが、地震はエリア災害です。

火事で自分の部屋が丸焼けになっても、修理すればまた住むことができます。修理も、業者に依頼すればすぐに始まります。

ですが、地震で鉄筋コンクリ建ての(しかも新しい)マンションが半壊や全壊になる時は、その地域全体が甚大な被害を受けています。

したがって火事の後のように、建設業者に電話したらすぐに見積もりに来て、来月から修復工事が始められる、なんてことにはなりません。


神戸や東北の大震災をみればわかるように、それだけの大地震があれば、最初の数ヶ月は道路や鉄道、電柱や水道管など、社会インフラの復旧が最優先され、個別の家やマンションの修理なんて始められないのです。

加えて神戸の震災の場合は、地震の数日後には住宅値の広い範囲に「開発制限」がかかりました。(東北でも同様の例があります)

これは区画再設定や道路拡張を行うため、一般住宅の工事に(一定期間の)制限をかけるもので、おそらく東京でも同様に、大地震があればすぐにこの指令がでるでしょう。

地震でもなければ、首都高のルート変更や古い地下鉄駅の全面作り直しなどは不可能です。だから大きな地震があれば、東京都はそっこーで開発制限を出し、

数年をかけてインフラ再建のプランを明確にした後で、ようやく個別住宅の建て直しが認められる、という形になると思われます。その間、個人によるかってな工事はできないのです。


にもかかわらず、地震保険は極めて高額です。

東京など地震多発地帯の場合、火災保険の半額の補償額にたいして地震特約の保険料は倍! と、火災保険の 4倍も高額な保険なのに、

地震保険である程度の保険金が支払われるのは、半壊か全壊の時だけです。


つまり保険金が支払われるのは、事実上「住めない」状態になった時だけなんです。

鉄筋マンションがそんな状態になったら、必然的に大工事が必要となり、再び住めるようになるには最低でも 3年くらいはかかります。

そんな状態になった時、3年待ってももう一度同じ場所に住むと、今の段階で確信できますか?


★★★


なんで 3年もかかるのかって?

ひとつの理由は、前述したように「まずは地域のインフラ復興が優先」だから、そして、もうひとつはマンション特有の理由です。


マンションの管理組合というのは、10万円ほどの予算で入り口ドアを交換するだけでも、総会を開いて、住民からアンケートとって、複数業者から見積もりとって、また理事会で話し合ってと、やたらめったら時間がかかります。

ましてや鉄筋コンクリの建物が全壊だの半壊だのするほどの地震が起こったとき、「翌月に管理組合の臨時総会が開かれて、過半数の住民が出席して総会が成立し、超高額な修理を進めるための設計と工事プランに過半数の住民が賛成してすんなり採択される!」なんてありえません。


鉄筋コンクリのマンションに地震保険がおりるような事態=巨大地震にその地域が襲われた場合、多くの住民が避難所や仮設住宅に移り、なかには遠方の親戚宅に避難する家庭もでてきます。

管理組合長自身がどっか行っちゃって(もしくは地震で被害を受けて)連絡がつかなくなるかもしれません。

そうすると、まずは管理組合長を選び直す必要がでてきます。


わかるでしょ。

地震から数ヶ月の間に組合総会を開くということ自体、ものすごく難しいんです。

避難してる人はそこに住んでないんだから、総会の成立に必要な出席数(や委任状)さえ確保できないでしょう。招集通知を全戸に届けること自体、無理ゲーです。


それに鉄筋コンクリマンションが全壊・半壊になったら、たとえ地震保険に入っていても、保険金だけで修繕や立て直しが全額カバーできるケースはほぼありません。

たとえ「必要な建築費の半分」の額の保険がおりても、残りの半分は住民が追加のお金を出し合わないかぎり再建は不可能です。

一戸あたり、最低でも数百万円の負担になるそのお金を、どの家もみんな、すぐに出せたりするんでしょうか? 管理組合でその合意ができないと、修繕も建て替えも始められません。


それだけ大きな地震に見舞われれば、子供の学校のために引っ越す人、これを機に施設に入る高齢者、住宅ローンがまだ残ってるのに追加でお金出すなんて不可能!という人などが出てきます。

こうしてマンションが地震で大きな被害を受けた場合、現実的には「 3年後に再度住めるようになる」のも、かなり難易度が高いのです。

そうなれば=「今から 3年は住めない」となれば、別の場所に新しい家を買いたいので、ここは更地にして売って、そのお金を分配してほしいという人も、当然現れるでしょう。


こうして、「建て直すか、否か」が決まらない間、地震保険は塩漬けです。管理組合が保険金を受け取っても、被災住民の生活支援に使えるわけではありません。

別のところに住むと決断した人は、「みんなで分けて当面の生活費に使いたい、次の住居を確保するために使いたい」と主張するでしょうが、

3年かかってでも建て直したい人は「地震保険の支給金は、当然、このマンションの立て直しに使うべきだ!」と主張します。


そんな意見対立の中、非常に高い確率で機能麻痺に陥っている管理組合が、地震保険の給付金の使途に関する合意を形成できると思います? 

私の予想では、大半のマンションにおいて、給付された保険金は相当に長い間、塩付けにされると思います。

そして、建て直しまでの数年を待ってでも再び住み始める人以外は、その保険金の恩恵は得られないでしょう。


そもそも私はマンションの管理組合に、日常的なメンテを粛々とやる以上の意思決定能力があるとは思っていません。

(これがわからない人は、まず管理組合の理事長を早めに経験したほうがいいです)

ましてや、地震保険が下りるような状況、すなわち、半壊か全壊なんていう状況になったら、分譲マンションは基本は「終わり」だと思ったほうがいいです。

住民同士がものすごく協力的で、ほぼ全員がその場所に住み続けたいと考え、かつ、みんな追加出資をする経済的な余裕があり、しかも住民をまとめてガンガン働いてくれるリーダーがいれば・・・地震後、3年目くらいには新しく建て直せるでしょうけどね。


以上は、マンションの管理組合で入る地震保険がいかに無意味かという話ですが、個々の区分所有者が入る地震保険も意味がありません。

なぜなら、そんな大きな地震が起こった時、管理組合がマンションの共用部分の修理に乗り出せないのに、自分の部屋だけ直せても、そんなとこに住めないでしょ? エレベーターや給水施設も壊れても使用禁止になるのに。


それに、大災害に遭うと誰だって日々の生活がぐちゃぐちゃになります。ましてや家族の誰かが被害に遭ったりしたら・・。

そんなときに、現状確認をしてもらい、書類を揃えて・・みたいな、受け取りに時間のかかる保険に入っておく意味ってあるんでしょうか?


保険って、保険料は払ってても「受け取ったことがある」人は多くありません。あの手続きを何回か経験すると、貯金で備えられる範囲なら、ぜったいに貯金のほうがいいとわかるはず。

結局のところ、ものすごい高レバレッジ(数千万円の死亡保障の定期保険など)で、「少々手続きが面倒でも、ものすごい倍率で保障が受けられる」もの以外は、保険なんて意味ないんです。


「せっかく買った新築マンションだから、たとえ大地震が来ても、地震保険をかけておけば安心!」とか思ってるとしたら・・それはちょっと想像力なさすぎです。そんなもん入らずに、地震保険料分を貯めて、早期返済に充てたほうが賢いです。

分譲マンションを買って、「地震保険に入るべきか?」とお悩みの方は、まずは早めに管理組合の役員に立候補し、大災害が起こった時に組合としていったい何ができそうか、身をもって理解したほうがいいでしょう。


f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium

 そんじゃーね


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/