ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2013-11-23 「AともいえるがBともいえる」とか言う人の役立たなさ

私はブログやツイッターでよく、「あたしの意見はこうだ!」と強く表明します。

それに対して、賛否両論いろんな意見が寄せられるわけですが、反対意見のうち、一番つまらないと思うのは、

「そういう場合もあるけど、違う場合もある」 とか


「人それぞれだと思う」


「一概には言えないはず」

みたいな反応です。


ちきりんが「Aだ!」といったときに、「いや違う、Bだ!」と言える人は、自分のアタマで考えてます。単に結論が違うだけ。


でも、たいていの人は、そこまで言えません。

自分は何も考えていないので、あたしが「Aだ!」と言った時、「いや、Aではない!」としか言えないんです。

いわゆる「批判と否定しかできない人」ですね。

自分の意見が無いから、他者の意見を否定するしかない。これもかなり恥ずかしいよねと思うけど、それでも下記に比べたらまだマシです。


一番つまらないのは、

「Aともいえるが、Bともいえる」

みたいな意見


「それは、そもそも意見なの?」って感じです。

そんなことなら何一つ考えなくても言えるし、5歳の子でも言えます。

「大企業が合う人もいるし、合わない人もいる」


「学校が役にたつかどうかは、人によって違う」


「そういう場合もあるが、例外もゼロではない」


そりゃーそうでしょ。

それって、「未来は明るいかもしれないが、暗いかもしれない」ってのと同じでは?

「犯人は女かもしれないが、男かもしれない」とも同じ。事実上、何も言ってないに等しい。


そんなことなら 1秒たりとも考えなくても言える。まさに思考しない人の発言です。

てか、そもそも、それって言う意味ある?


★★★


これから「自分自身でしっかり考えていきたい」と思っている人は、こういう意味不明なコトを言わないよう、よくよく気を付けましょう。


最悪なのは、「Aの場合もあるが、Bの場合もある」とか言ってる本人が、

「オレの意見は客観的だ」

「自分は、『 Aだ!』と言ってる人みたいに偏っていない」

と考えてたりすることです。

本当にタチが悪い。


それ、客観的なのではなくて、単に、

「自分の意見を持てない人間である」

「決断できない人間である」

「選べない人間である」

ってだけのことです。


自分の意見を持とうと思えば、しっかりと考える必要がでてきます。

でも、「場合による」「例外はゼロではない」なんて、一秒も考えなくても言えます。だから、モノを考えない人は直ぐにそっちに逃げるんです。


★★★


よく覚えておきましょう。

自分の意見を持つ人にしか、自分の人生は選べません。決められない人は、自分の人生を生きられないんです。そしてもちろん、仕事上で価値が出せたりするはずもない。

若い人が一生懸命考えて、「こうすべきだと思います! だって、消費者はこれを求めているからです!」と言ってきたとします。

その案は稚拙かもしれないし、情報も未整理だし不足してるかもしれない。それでも、

「そういう消費者もいるだろうが、そうじゃない消費者もいる」

みたいなことを言う上司になるのは、ほんとーにやめた方がいい。


「そうじゃない。消費者の求めているのはこっちだ!」と言えるのがベスト。

そう言えないなら、せめて「それは違う」くらいまでは言わないと、発言の意味がない。


「Aともいえるが Bともいえる」みたいな言い方をする人の多くは、自分の意見さえ持てないくせに、「ちょっと賢そうなことを言いたい」と思ってるんでしょう。

でもね。「場合による」みたいな言い方の問題に気が付かず、悦に入ってそんなことばっかり言ってると、ほんとーに役立たない人になっちゃいますよ。

(と、ここまで書いても、このエントリに対して「そうも言えるが、そうでない場合もある」とか言ってくる人が・・・3000人くらいはいそう)


f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium

そんじゃーね


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/