ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2014-01-08 たかじんさん さようなら

家鋪 隆仁(やしき・たかじん)氏が 3日に亡くなられていたそうです。 享年 64歳


「あんた」 37歳のたかじんさん 歌の前のトークもよいです

D


「好きやねん」

D


「雨の日はバラードで」

D


「明日になれば」

D


「ICHIZU」

D


「東京」 (たかじん & 松山千春)

D


あたしの中には「かっこいい大人」っていうカテゴリーがあります。

アタマいいとか、イケメンとか、偉いとか、スゴイとか、尊敬できるとか、

そういうのとは比べ物にならないくらい、上位のカテゴリーとして。


たかじんさんは間違いなく「超かっこいい大人」のひとりだった。


信念を曲げない、大きなモノに巻かれない、権力にも世間にも迎合しない


心が大きくて、心が繊細で、

いろんなモノをたくさん愛して、いろんなことを面白がって、いろんなことを楽しんだ


たかじんさんが亡くなったことで、私はあらためて理解した。私がなりたいのは、「かっこいい大人」なんだなって。


芸能レポーターの井上公造氏のコメント(1月8日 朝日新聞夕刊関西版)

「自分が望むように生きた人だった。でも、そのためには多くの人の支持を得る必要があることを、誰よりも知っていた。そのための努力を怠らなかったから、みんなついていったのではないか」


心に沁みます。


2011年に「そこまで言って委員会」の収録を見に行ったんだけど、食道がんで休養に入る 3ヶ月前だったんですね。実は当時でも(体力が無さそうで)けっこう辛そうでした。


ご冥福をお祈りします。


大阪は、本当に大きな人を失った。

さようなら たかじんさん