ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2014-07-20 社会から拒否されてホントーによかった

あたしはいろんな偶然に恵まれて生きてきたけど、その中で最も大きな幸運は、大学を卒業した時点で「社会から拒否され、排除されたこと」だと思う。

22歳で就職活動をした時、女性には(自分でアパートを借りて食べていくのは不可能なほど給与が低い)アシスタントという職業しか選択肢がなく、

キャリアを積むための仕事や訓練の機会、そして転勤や社費留学の機会も、一切与えられないのだと知って最初は


「まじかよ!?」


って思ったけど、


今やあたしの人生において、あれほど大きな幸運は他になかったと断言できる。


★★★


今、世の中が大きく変わりつつあるのに、多くの人が動けないままになっている。時代にあわせて変わっていくには、

1)今、持っているモノを自ら手放す

2)新しいモノを手に入れる

のふたつのステップが必要になる。


多くの人は、「自分には新しいモノを手に入れる能力がないから、動くのに躊躇する」って言うけど、それは嘘だよね。そういう人は、「今、持っているものを手放すのが、ものすごく恐い」んです。だから動けない。

新しいモノを手に入れるなんて、今持っているモノを手放すのに比べたら、そんなに難しくない。むしろ簡単といえる。つまり持ってるものを手放すのは、それほどに難しい。

ところが、あたしは生まれつきの性別という自力では変えられない条件によって、社会から「あんたなんか要らない」と拒否された。

最初は悔しくて、理不尽な世の中に憤ったりもしたけれど、働き始めたらすぐ「アレ? みんなが持ってるものを持って無くても、たいした問題じゃないじゃん?」と気がつくことができた。


これが、どんだけラッキーだったことか。


私自身はもともと、大胆でも勇気のある人でも進歩的な人でもありません。だから、なにか大事なモノが手に入ってしまったら、それを守るために多大なエネルギーを使ってたかも。

「これは、守るべき価値のあるものなのだあ!」と自分で自分を説得しながら。

「これを持ってない人は、すごい不幸なはずだあ!」とか、「自分だってコレを手放したら、いきなり苦労するはずだあ!」とか思い込みながら。


幸か不幸か(いや、明らかにラッキーなことに)、あたしにはそれが手に入らなかった。

同じ女性でも、10年遅く生まれていたら結構なモノが手に入ったかもしれない。実際、それくらいの年代の女性の中には、男性と同じように「持ってるモノから離れる」ことが出来なくて苦労してる人がたくさんいる。


それに比べて、完全に拒否される時代に社会に出た私はホントーにラッキーだった。


おかげで何よりも難しい「今、持っているモノを捨てる」という苦労を経験せずに済んだ。「新しいモノを獲得する」ことにだけ注力すればよかった。

それは、「持ってるものを自ら捨てる」に比べたら、たいして難しくもないことだった。

そしてその結果、「なんとかなるもんだ」とわかってしまった。「アレがないと生きていけない!」なんてのは、幻想に過ぎないとね。


だからその後は、世間様がもったいないから決して手放すなと言うモノでも、「自分には不要」と思えたら、スグに手放すことができた。

世間様が「大事だ!」と言うモノが、大して大事じゃないこともあるんだと、既に理解してたから。

このことが、自分が心より望ましいと思える生活を手にするのに、ものすごく役だった。


てかね。

それが手放せないと「ほんとーに欲しい生活」が手に入らないのよ。


★★★


自分の手にあるものが(たいして望ましくもないものなのに)なぜか手放せなくて葛藤し、逡巡し、我慢している人たちをみると、自分の幸運に心から感謝したくなる。

人はよく条件のよい人を羨むけど、条件がよいからこそ苦労する人も、世の中にはたくさんいる。

反対に(きっとこのエントリに共感してくれる多くの人は、)「自分も恵まれてなかったからこそ、今あるものを手に入れられた!」という経験をしてる。そういう人は、案外たくさんいるんです。


もう一度、お礼を言っておきましょう。


古い社会の皆さん。あたしを拒否してくれてホントーにありがとう!


そんじゃーね