ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2015-12-11 次の50年で4500万人 減るということ

こちらこちら のデータによると、

2015年の日本の人口は、 1億 2689万人

2065年(50年後)の日本の人口は、 8135万人(推計) 

つまり、次の 50年で日本の人口は 4554万人減るってことです。


50年といえば、大学生が 20代から 70代になっていくまでの期間なので、「今の大学生が働いている間に、日本の人口は 4554万人減る」とも言えるし、

「今年生まれた赤ちゃんが 50歳になるまでの間に、日本の人口は 4554万人減る」とも言えます。

彼らは、そういう時代に働き、そういう時代に生きていくのです。


そういえば数年前、日本創生会議が「日本の自治体の多くに、消滅可能性がある」と試算して大騒ぎになってましたが、実際には消滅可能性都市どころか、消滅可能性地域、だってありえます。

てかさ、地方が衰退するのは東京の一極集中が原因じゃなくて、人口が大幅に減るからなんだってば。


★★★


同じデータに 、現在の各地方の人口も載ってます。↓

・北海道の人口  543万人

・東北の人口   910万人

・北陸の人口   536万人

・中国の人口   747万人 (チャイナじゃなくて中国地方のことね)

・四国の人口   391万人

・九州の人口   1452万人


これを合計すると(=関東、関西、中部以外の総人口は) 4579万人となり、

偶然にも、次の 50年で日本から消えていく人の数と同じなんです。


こんだけの人が消えていくんですね・・・。

今の大学生が働いている間に。



ちなみに 10年ごとで見ると、

・東京オリンピックの 5年後、2025年までに 623万人減る。これは北陸地方(新潟、福井、富山、石川の 4県)が消えるのと同じ


・今から 20年後の 2035年までに 1477万人減る。これは北陸地方と東北地方が消えるのと同じ


・ 30年後の 2045年までに 2468万人減る。これは北陸、東北地方と北海道 & 四国が消えるのと同じ


・2055年までに 3496万人減る。これは北陸、東北、北海道、四国と、中国地方+沖縄が消えるのと同じ


・2065年までに 4554万人減る。これは北陸、東北、北海道、四国、中国、沖縄、九州全部が消えるのと同じ


って感じです。10年後あたりから、減少幅がぐっと拡大します。


★★★


そういえば人口減少対策というと、すぐに「移民を!」という人がいるけど(あたしは移民を増やすことには賛成ですが)

これみると、移民だけで人口減少を食い止めるなんて(もはや)無理だとわかります。

上記の人口を全部おきかえられる規模の移民なんて、非現実的だと思いません?


★★★


この前、クローズアップ現代という番組が、「最近、都会から地方に移住する若者が増えています」ってのをやってて、

これはまさに先日のエントリに書いた“市場3”なんですけど、


「2014年は、都会から地方への移住者が 1万1735人に達しました。これは 5年前の 4倍です。ということは、5年後には、移住者は 4万人を超えるかもしれません」ってやってました。


4万人ですか。そりゃあよかったですね。

(念のタメ、ひとつの街や村に 4万人が移住するのではなく、各地のいろんな地方に移住する人の合計が 5年後に 4万人になるかも、って話です)


でも、50年間で 4500万人(単純に平均すると年 90万人)も人が減る国で、

年間 4万人の地方移住が実現しても、

なんのインパクトがあるのか、今ひとつ理解できなかったあたしです。



f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium

そんじゃーね


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/