ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2018-05-30 時代の記録として:本日の日経新聞

きょう日経新聞を読んでいたら、今後の日本の姿がリアルに浮かび上がるニュースが“てんこ盛り”だったので、ずっと後に見返したらおもしろいかなと思い、記録としてまとめておきます。


まずは一面トップ記事から。

外国人、単純労働に門戸  建設や農業 2025年に 50万人超

いよいよですね。

建設、農業、宿泊、介護、造船業の 5分野で、日本語があまりできなくても外国人労働者を受け入れ始めると。

日本で働く外国人は既に 128万人を超えているのにまだ全然足りないわけだから、

今は 5分野とか言ってるけど、そういう制限も、また、言語の要求レベルもどんどん引き下げられていくに決まってる。

最終的には西欧先進国と同レベル(日本では 2%以下ですが、西欧では労働者の 1割が外国人)になっていくってことでしょう。

<関連エントリ>

移民、難民、外国人労働者の違いを知ってますか?


自動運転、新車の 3割 2030年までの普及目標

道路交通法を見直し、緊急時だけ人間が操作する「レベル 3」相当の自動運転車を

2030年までに国内新車販売の 3割以上とする目標を政府が掲げたという記事。

なににつけ慎重な日本としてはけっこう大胆な目標ですが、これも人口減少、高齢化に伴い「やらざるをえない」状況なのでしょう。

「自動車なんて人間が運転するもんじゃない」と言われる時代ももうすぐですね。


「定年ない社会を」 高齢者の定義見直し提言

高齢者医療・介護 3割負担対象拡大 収入要件、見直し検討

現役で活躍、最低 70才まで

最初の記事は岸田文雄氏と小泉進次郎氏がリーダーを務める「人生 100年時代戦略本部」がまとめた提言で、

年金受給開始年齢の柔軟化(=年金がもらえる年齢の引き上げ)

被用者保険の適用拡大(=パートの主婦も非正規バイトもみんな年金、保険を払え)

年齢ではなく経済力に応じた負担(=高齢者でも資産、収入のある人は負担増を)

多世代交流コミュニティなど(=高齢者に保育園児の世話をしてもらおう?)

などを検討するというニュース

(↑ 括弧内はちきりんが補足した文章です)


2番目の記事は文字通り、収入の多い高齢者の医療費や介護費の自己負担を増やすという話。年間 500万円程度の年収がある高齢者に関しては、自己負担は 1割ではなく 3割でいいだろうと。

最後の記事は年金改革分野の大御所、清家篤氏の提言。「最低でも 70歳まで」と書いてあるので、実際には 80歳とかまで働けってことかな。

それにしても、さすが政府&経団連の広報誌、日経新聞。同じトピックの話を 1日で 3本入れて来たのには驚きます。この件はよほど強調したいのでしょう。

というわけで皆さん、一生働いてくださいね。


<関連エントリ>

生活保護以外は全部廃止すべきでは?

裕福な高齢者の介護費用の負担を増やすべし

年金受給開始年齢はまだまだ引き上げられる


「完全雇用」埋もれた人材 もっと働きたいパート 177万人

こちらも主婦にパート時間を延ばしてもらい、自分で年金や健康保険を払ってもらおうという話。

働き手に加え年金制度の担い手も増やせるので、政府としては一石二鳥


金融×AI 中核業務でも 相場予測や保険審査

銀行に溢れる膨大な事務作業はもちろん、高度な判断業務さえ AI に置き換えられていく。というか、AI のほうが「人間より優秀」だという内容。

「銀行がなくなる」なんて、5年前でさえ想像もできなかったけど、今や「確実になくなるよね」って感じになってきた。

必要な社員(人間)の数はおそらく 10分の 1以下に減るんじゃないかな。

就活市場で長年、主要プレーヤーだった業界が丸ごとなくなるかもしれないなんて、ホントすごいことです。


サイアム商銀 デジタル化急速

タイの銀行が急速にデジタル化、ネット(モバイル)化を進めているという話。

日本は業界+監督官庁一丸となって抵抗してるんで、中国の便利なフィンテック・インフラがなかなか入ってこないのですが、

中国から世界最先端のスマホ金融がどんどん入ってくるアジアの国々では、金融改革がまったなしで進んでいます。

ある意味、日本より危機的な状況であり、だからこそ日本より早く対応が進むんだろうな。


5G 前哨戦、動画で火花

ネットフリックス 日本で苦戦 シェア伸び悩み 7%

日本で苦戦してるネットフリックスがあちこちと提携するなど攻勢を強めてるって記事なんだけど、勝ってるのは Hulu や dTV など他の動画サービスだと書いてあって、

結局のところ一連の記事が意味するところは「地上波テレビの終わり」という話。

動画と言えば映画だった時代が、動画といえばテレビだった時代になり、いよいよ動画と言えばネットで送られてくる時代になるわけですね。


以上、それぞれのニュースはずっと前から言われてる話ばかりだし、これといって珍しい話でもないのだけど、久しぶりに新聞丸ごとをまとめて読んだら、

「今や新聞でさえこんなニュースばっかりなんだな」と驚きました。

今日抜けてたのは、下記の話くらいかな

→ 終末期医療について


「ネット上の誰か」が言ってるんじゃなく、天下の新聞様がここまで書いてるのに、未だにまだまだ世の中変わらないという前提で子育てしたり就活したり人生設計してる人って、いったいなんなんだろうなと思います。


f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium

そんじゃーね


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/

2018-05-24 難民支援協会の新オフィス見学へ!

6月23日 重要な追記 

下記 JAR のツイートにある商品をご寄付いただいた皆様、お手数ですが、アマゾンから皆様に送られている注文確認メールを、下記 JAR のメールアドレスまで転送していただけますでしょうか。


そのメールがないと、JARから皆様に、イベントに関するご連絡を差し上げることができません。

JAR側での手続き確認ミスにつき、お手数をおかけしてしまい申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。


5月30日追記 おかげさまでリストされた全ての商品をご寄付いただきました。みなさま、ありがとうございます。7月のイベント時にお会いできるのを楽しみにしています!


日本の難民認定数があまりに少なすぎることに驚き、難民支援協会 (JAR = Japan Association for Refugees)を訪問取材したのは 2年ほど前のこと。

第一回 問題はデータと首相の認識

第二回 びっくり! これが日本の難民認定基準

第三回 難民条約とインドシナ難民

第四回 トルコとミャンマーの違いとは?

第五回 難民ってどーやって日本に来るの?

第六回 偽装難民についてはどう考えればいい?

第七回 外国人労働者と移民と難民

第八回 拡散と寄付とイベントを!

上記のように 8回にわたって連載ブログを書いた他、難民受入れについて考えるリアルイベントも実施。

会場提供や寄付など、その節は多くの方のご支援をいただき、本当にありがとうございました!

 ↓

難民問題について、みんなで考えるイベントやります!

難民イベントの課題発表!

イベント報告「ちきりんと考えよう! 日本が毎年1万人の難民を受け入れるには?」


実はつい先日、その難民支援協会さんが水道橋近くの新オフィスに転居されました。

事務所移転のお知らせ JAR

確かに前のオフィスはかなり手狭な場所だったんだよね。

今回は転居関連費用の多くもクラウドファンディングでまかなうことができたらしく、協会のスタッフもサポーターも「すごいじゃん!」って感じです。


で、私も一度あたらしいオフィスを見てみたいし、だったら、なにか転居祝いも贈りたいし、他にもそういう人がいるなら一緒にオフィスを訪ね、難民支援の実態についてちょっと教えてもらうのもいーかな!

と思い立ち、JAR スタッフの方と相談をさせていただいた結果、

「転居祝いを送ってくださった方を、ちきりんさんと一緒にオフィスにお招きします!」とのお申し出をいただきました。


やったー!


日程は 7月28日(土)の午後

休日の 新オフィス にて 2時間弱、オフィスの中を見せていただきながら、具体的にどんな支援がなされているのか、説明を聞いたり質問をしたりする機会を設けます。

もちろん私も参加するので、みなさん気軽にお声掛けくださいな。


声をかけろと言われても・・・誰がちきりんか、すぐわかるのかって?

大丈夫。わかりますよ。そんなところでお面つけてる奴なんてひとりしかいないから・・・

   ↓

f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium


参加条件は、所定の方法で JAR に転居祝いを贈ること(アマゾンの欲しいモノリストを使って送ります)。

来週の月曜日、5月28日の正午に、寄付品リストへのリンクを下記(当ページ)にて公開しますので、お好きな商品をひとつ選び、寄付をしてください。(具体的な寄付の方法は下記をご覧ください)

誰かが寄付した商品はリストから消えていくので、商品が残っている間に寄付してくださった 20名ほどの方を当該オフィスツアーにご招待します。

(きっと安い商品から順に買われていくと思いますが、資金に余裕のある方、ぜひ高額商品もよろしくお願いいたします!)

なお、家族や友人など 2名で参加したい場合は、2個の商品を選んでください。中学生以下のお子様の分は不要です。

オフィスツアーの際には、自分が送った商品が見つけられるかも?


★オフィスツアー参加申し込みのための寄付の方法★

1)まずはご自身の Amazonアカウントにログイン!


2)次に、下記の欲しいモノリストへのリンクをクリック!

→  JAR 転居祝いリスト

リストにはこんな感じで、新オフィスで使うものや、難民支援に直接使われる商品が並んでます。

f:id:Chikirin:20180504210109j:image:w550


3)購入したい商品を選び、【カートに入れる】をクリック。

f:id:Chikirin:20180504210110j:image:w550


4)大人の複数名分をまとめて申し込む場合は、人数分の商品を追加で選び、最後に【レジに進む】をクリックします。

f:id:Chikirin:20180504210111j:image:w550

このあたり以降、プライム会員でない方向けに、ひつこくひつこく「プライム会員を無料でお試しになりますか?」といった勧誘ページが表示されますが、今回の寄付のためにプライム会員になる必要はありません。不要なら適宜おちついて対処してください。


5)お届け先住所の選択で、「認定NPO法人 難民支援協会 ギフト用に登録された住所」を選びます。ここがとても大事。

f:id:Chikirin:20180504210112j:image:w550

最初に自分の住所が表示され、選ばれていたりしますが、そのままだとギフトはみなさんの自宅に届いてしまいます。

必ず送り先として難民支援協会を選んでください。(詳細住所の表示がなくても届くので大丈夫です)

その際、左端の「納入書に金額を表示しない」のチェックは外してください。

ギフトオプションを選択しつつ、ギフトラッピングは、なしで構いません。

ギフトメッセージの記入は任意です。

終わったら「ギフトの設定を保存」をクリック。

f:id:Chikirin:20180504210113j:image:w550


6)最後に配送オプションを選択。「通常配送を選ぶ」で OK ですが、プライム会員の方など、配送日を指定しても配送料がかからない場合は、平日 10時から 18時をご指定いただけると助かります。


7)【次に進む】をクリック。

f:id:Chikirin:20180504210114j:image:w550


8)クレジットカード、その他オプションからお支払い方法をお選びいただき、【次に進む】をクリック。

f:id:Chikirin:20180504210115j:image:w550


9)注文内容を確認。注文内容に変更がなければ、【注文を確定する】

f:id:Chikirin:20180504210116j:image:w550


10)完了! これで、確認のメールがみなさまの元に送信されます。

f:id:Chikirin:20180504210117j:image:w550

領収書が必要な方は、すべての方へ:アマゾンから届く下記のようなメールを info@refugee.or.jp(難民支援協会)まで転送してください。

f:id:Chikirin:20180504210118j:image:w550

ただし規定により、見返りを得た寄付は寄付控除申請には使えません。

今回は「ちきりんと一緒のオフィスツアー」が寄付の見返りとみなされるため、寄付控除は使えませんのであらかじめご了承ください。

以上です。


ではご縁のありそうな皆様、7月に JAR 新オフィスでお会いしましょう!

・リンク公開=寄付開始日は 5月 28日(月)の正午。ツイッターでもお知らせします。

・イベント自体は 7月 28日(土)の午後となります。お間違えのないように。


f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium

そんじゃーねー!!


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/