世の中には要らないものがたくさんあります。

純粋に民間のもの(税金が全く使われてない。かつ、公的な規制やバックアップがないもの)であれば、要らなければ市場から追い出されるのですが、

不要であるにもかかわらず、税金や公権力によって維持されてしまうものもたくさんあります。

そこで今日は、「これはもしかして要らないかも?」と思われるものをリストしてみました。


<リスト>

・地方議会と地方議員

・ほとんど使われていない地方空港

・住基ネットシステム

・その他、使ってる人が計画比 10分の 1以下の各種公的システム

・農水省

・農協

・農業委員会

・独立法人、財団法人(の大半)

・地方にある国の出先機関の大半

・参議院

・20年以上、工事中のダム、大型公共工事

・バス運転手などの現業職種の“地方公務員ステイタス”

・特別会計

・地検特捜部

・高速道路の料金所

・教育委員会

・大阪市(大阪府だけで十分)

・定員割れの大学

・B-CASカードのシステムと運営組織

・社会保険庁 (日本年金機構)(年金は国税庁が一括して管理すればOK)

・私立文系大学の博士課程

・2倍以上の“一票の格差”が憲法違反だとわからない裁判官

・英語が話せない英語教師

・パソコンが使えない小学校教師

・解雇規制

・記者クラブ


ほかにもあるかな?


f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium

そんじゃーねー!


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/

トラックバック
48件
Chikirin
Chikirin

社会派ブロガー   .(詳細は写真をクリック)