誰に聞いたか、何で読んだのか、覚えてないのですが、ずっと昔に聞いて「なるほどその通りかも。おもしろい!」と思ったのが「キャリアのVSOP」という話。

VSOPはブランデーの等級を表す言葉ですが、それにひっかけ、各年代でどうキャリアを積んでいくべきか、アドバイスする話です。


<V:20代はバラエティ>

20代で大事なことは、とにかく多彩な経験を積むこと。

自分が何に向いているか、やってみないとわからない。

あまり頑なに「自分はこれが向いているはず」と思い込み、それ以外のコトは見ない、触れない、みたいな生活をしないこと。

この時期にあれこれやってみるのは、決してリスクなんかじゃない。

多彩な世界に触れること、バラエティを保つこと、視野を広め、見えている世界をできるだけ広げておくこと、そして大いに迷うこと、20代ではそれが大事、という話。


<S:30代はスペシャリティ>

30代は、20代で経験したいろんなことの中から「オレはコレで行く!」という分野を見定め、その分野に集中して専門性を高め、「この分野ならあいつ」と言われるよう知識、スキルを築いていくべき時期。

この時期に自分の「コア」を作る、「何の専門家なのか」を明確にする。それが大事、という話。

反対にいえば、この時期にまだ「あれにしようか、それともこっちに行こうか。オレは何をすべきなんだ?」とか言ってたらダメですよ、と。

30代になったら迷わない。そのためにも20代でやりたいことをすべてやって、ちゃんと迷って、ちゃんと決めておかなくちゃいけない。集中と深掘りの30代。


<O:40代はオリジナリティ>

40代になったら、専門性だけでは勝負できません。日々、新しい技術やトレンドが生まれ、それらにたいして、より高い専門性や感度をもつ 若手が現れる。

だからこの年代で発揮すべきは、マニュアル化できない「自分らしさ」。

「これはあの人の作品だよね」「あの人の仕事はユニークだよね」「そんな考え、普通はでてこないよね!」と言ってもらえる仕事をしないとダメ。

他の人が担当していたら違うものになったはず、自分が担当したからこそ、こうなった、といえる「オリジナルな何か」が必要。

そうじゃないと市場から求められない。「学んだ何か」ではなく、「自分が生み出した何か」で勝負する。それが40代。


<P:50代はパーソナリティ>

そして 50代になれば、パーソナリティがすべて。

専門性なんて若い世代にかなうわけがない。オリジナリティだって、持ってて当たり前の年代。

だから50代になれば、「あの人と仕事がしたい」と思ってもらえるかどうか、人格とキャラが切り札になる。

したがってこの年代までに、人間としての魅力をしっかり身につけておく必要がある。

「あの人がいるからあの会社で働いてみたい」と思わせないと、経営者として人も雇えない。

「ぶっちゃけ内容はよくわかってないんだけど、あの人がリーダーなんだったら内容に関わらずやってみたい」と思ってもらえるかどうか、最後は人間力勝負、という話。


★★★


この話、最初に聞いたのは 20代で、その時もすごく腑に落ち、「なるほど!」って思いました。そして、ちきりんの場合、ちょうどこのとおりにキャリアを積んできました。

20代では多種多彩なアルバイトをして世界各国へも旅行をし、アングラな人を含めていろんな人と会い、転職や海外留学も体験しました。

30代では「これで行く!」という分野を決めて邁進。そして 40代は「私の仕事」と言える分野で、「ちきりんならでは」と言われるものを作ってきました。

さらにこれからは「ちきりんさんと会いたい」「ちきりんさんと仕事してみたい」と思ってもらえるかどうかで、できることが決まっていく段階。


キャリアのVSOP。すごくよくできた話だと思うのに、出典がわからなくて残念。ご存じの方がいらしたら教えて下さいませ。


f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium

そんじゃーね!


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/



追記)皆様のご協力により、原典の本がわかりました!  しかも意外なオチがあってびっくりしたよ。

↓ クリックすると説明エントリに飛びます。

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20120829

感謝です!

トラックバック
11件
Chikirin
Chikirin

社会派ブロガー・紀行文筆家 (詳細は写真をクリック)