Chuck’s Log

電子工作関係はg:ecrafts:id:Chuckへどうぞ。ご興味ある方のE-Craftsグループへのご参加をお待ちしております。


検索エンジンより飛んでこられたかたで、お探しのキーワードが見つからないかたは、↑の検索をご利用ください。

2005/12/02

敗者復活戦

某メールから:

さて、「あーあ外れちゃった」と残念がるアナタ!あきらめるのはまだ早い!

なんと今日から1週間、iMac G5のプレゼントに再び挑戦できるキャンペーンを実施します。12月7日までに日記に”アップルのiMac G5欲しい!”と書き、さらに”iMac G5が当たったら、○○○に使いたい!”というあなたのプランをお書きください。

ですかっ。ではさっそく「アップルのiMac G5欲しい!」

何に使うのかって?

以前はシンセサイザをいくつも並べて音楽制作をしたものですが、若干規模縮小したりしているうちに使用しているMac*1が型遅れになり、最新のシーケンスソフトウェアの機能を満喫することができなくなってしまいました。ソフトウェア音源という奴もなかなか苦しい。

そもそもUSBってなに?*2ということで当たったらレガシーインタフェースなペリフェラルを片っ端からモダーンなものにしていきましょう。

ADBなキーボードやマウスをUSBに。SCSIなHDDやCD-RWやZIP(ん?)をFireWireに。Printer/Modem port なMIDIインターフェースをUSBかFireWireに。ミニジャックなオーディオI/OをPCIカードかUSBに。SCSIなプリンタはどうしよう…

しかしモダンI/FなMIDIやオーディオインターフェースとソフトウェアの値段で実は iMacが2台近く買えてしまうような気もしてペリフェラルの更新はアレなんですが、本体が来たら考えますな。音楽制作環境復活のためにはきっと買ってしまうでしょう。ボーナス次第ですが。

そうそう、そういえばOSがunixだと言うではないですか。Mach?BSD?どっちがわからないぐらいMacから遠ざかってボケている私ですが、その昔はSUNやNEWSのBSDやSYSVマシンを、今でもLinuxSolarisな機械を使っている身としては、音楽制作ツールMAXのインストールなどやってみたいですね。なに?MAXにはLinux版もある?家にはPS2-Linuxマシンしかありませんです、はい。


と、ここまで書き連ねてきましたが、以上がやりたいことの一部であります。ひとつよろしくお願いします。


でもしかし、どんでん返し、ちゃぶ台返し、ていうか「Macは良かったなぁ、Winはイヤだなぁ」とつぶやきつつ、私が組み立てたキューブなWinマシンのファンがうるさいと日々言いながら使っている家族*3に獲られてしまうかもしれない。そんときゃメール・WEBブラウザ専用になってしまうま…

*1PowerMac 9500/132 + G3カード, OS8.1。

*2:OSが対応していないだ。

*3:すいません、クロックを欲張ったら放熱が間に合わず巨大ファンをつけました。

2005/06/20

Musical Baton

id:suikanさんからバトンをいただきました。どうもありがとうございます。

コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

iTunesくんによると、613曲 17.1GByte とのこと。容量のわりに曲数が少ないのは、すべて full bit で取り込んでいるから。

今聞いている曲

川崎燎; "Pavane Pour Une Infante Defunte", アルバム "My Reverie"

最後に買ったCD

最近買ったのは…

Marginal Love

Marginal Love

  • アーティスト: マライア
  • レーベル: アブソードミュージックジャパン
  • 発売日: 2003/10/22

よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

  1. 展覧会の絵 〜 卵の殻をつけた雛の踊り (冨田勲, ムソルグスキー)
  2. Casino (Al DiMeola)
  3. Blue Lagoon (高中正義)
  4. Eyes of Mind (Casiopea)
  5. アルハンブラの想い出 (タルレガ)

子供のころからクラシックギターを習っていました。

  1. 静かにギターを弾いていたところにジワジワと冨田勲シンセの洗礼を受ける
  2. 中学校の放送委員会で、放送室にあったこの曲の入ったLPを聞いてあいた口が塞がらず
  3. 小室等が司会をやっていた音楽番組でパイオニアのCMに洗脳されました
  4. 親戚の電気屋でバイトしていたときにレンタルしたLP(Make up city)でカシオペアファンに。
  5. 就職してからもギターのレッスンは続け、無理だと思っていた曲も地道に努力すれば弾けるのだとわかった一曲

バトンを渡す5名

次の4名さまにバトンをお渡ししたいと思います*1

不幸の手紙のような(こら)、気楽な遊びです。詳細はキーワード : Musical Baton をご覧ください。

気が乗らなかったらテキトーに受け流してください。

余談

関係ないですが、中学生のころ陸上競技をやっていました。今でこそ「砲丸?」と言われてしまう体つきですが、当時は100m/走り幅跳び/400mリレー といった、カール・ルイスと同じ種目をやっていました。

リレーは常に第1走者だったので、バトンは渡すばかりだったのですが、今回 貰えて嬉しいです。落とさなくて良かった(ん?)。

*1:はてなに限ることもないのですが、記述しやすいので。

2005/02/03

音楽番組

契約しているCS放送の音楽番組チャネルで、昔から好きだった日本のフュージョン・バンドのライブ録画中継番組を行うというCMを見ました。このバンドのかつてのメンバーもジョインしてのホームカミング的コンサートのようです。あいにく仕事が込んでいる日時だったので、タイムシフトして見ることにして、ハードディスクレコーダに記録しておきました。

そして先日、録画しておいたものをようやく時間を得て見ることが出来ました。

番組を見ていると、音楽よりも対談が多いです。それでも見ていると、演奏シーン(ライブですから)の隅に、ときどき「DVD 2枚組 発売中」とスーパーとジャケ写が挿入されます。番組中何箇所かそういうところがありました。

いや、そのDVDのCMはまた別途あるのです。

どうやらこの日のライブはDVDでも発売されているようで、この番組はそのDVDから摘んできたもののようです。何日も前から番宣を流していたので、忘れないようにメモっておいて、楽しみに予約してようやく見ることができたファンである私は、安くお手軽に制作されたインフォマーシャルを見せられてしまいました。

こういうことが繰り返されると何が起こるか(あるいは既に何が起こっているのか)、業界は考えたほうがいいと思いますがね…

この音楽番組チャネルは海外の秀逸な番組を放映してくれます。しかしその一方である特定の一社提供の番組においては、このような仕打ちがあったりします。それは国内アーチストにほぼ限られます。ときどき国内アーチストによる楽器教則において、途中まで流して肝心なところはぷっつりで、あとは教則ビデオを買えという番組もあったりするわけです。

2005/01/13

ノロウィルス

昨今のノロウィルス騒ぎで、複数の筋、カシオペア・フュージョン好きの人やギター弾きの人、からあるジョークを聞きました。

ノロウィルスって、ギターがうまくなるウィルスだったらいいな。

はっはっは。

私も負けてはいられません(何をだ)。

注意一秒、野呂一生、のろウィルスにかかってあの手のギター*1がうまくなるのも魅力ですが、もっとこう、ワールドワイドに、

ヴァイ菌

にやられて Steve Vai のギターが弾けるようになるのも魅力的です。

*1:ちなみに私は、その昔 YAMAHA SG-I を持っていました。かなーり似た音が出たものでしたが、ギターが巧くなるかどうかは練習次第と悟りました。

2004/12/05

ギター教則本

本屋をうろついていたら、カルカッシ・ギター教則本を見つけました。

カルカッシ・ギター教則本―最も教えやすく、最も学びやすい

カルカッシ・ギター教則本
―最も教えやすく、最も学びやすい

  • 作者: 溝淵浩五郎
  • 出版社: 全音楽譜出版社
  • 発売日: 1999/10

改定新版で 1999年発行、手にしたのは2004年の9刷でした。

昔この本でギターを習っていたのですが、今見るとなんかとても難しく見えます。ここ数年まともに練習していないからだと思いますが、子供のころよりもバハインドするとはいかがなものか…

また練習しませう…

2004/09/03

上の記事を書いたら

急激に Rainbow を聞きたくなりました。

曲はもちろん I surrender

2004/08/30

今日の音楽 ― BOWWOW

先日調べモノをしていたら、山本恭司氏の日記にたどり着きました。中学高校のときに聞いたなぁ>BOWWOW / VOWWOW。オフィシャルサイトもあるようです。http://www.wildland.co.jp/mars/

懐かしさから BOWWOW の CD をいくつか調達して聞きます。BOWWOW名でも何通りかのメンバー構成があるようですが、お気に入りはアルバム 星屑からの警告 です。リフとかちょっとした決めのメロディがいいっす。B’z よりかっこいいと思うのは単に世代でせうか。

ところで、NHKの人形劇 Xボンバー(X Bomber)*1 の音楽を BOWWOW が担当していましたが、DVDはめでたく発売になっているものの、サントラのほうは見かけません。ああ聞きたい。

Xボンバー DVD-BOX


流れで LAZY も聞きたくなってきました。ただしアルバム宇宙船地球号限定。

*1:ボマーでないところがポイント。