Hatena::ブログ(Diary)

牌語備忘録 - pygo このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-04-13

事前にJSに変換しないでブラウザに『CoffeeScript』を実行させる

f:id:CortYuming:20120413202252p:image

制作中に手元で JS に変換しないで coffee のままWebブラウザで動作確認できないかなと思ったらできるみたい。

方法

公式サイトの「"text/coffeescript" Script Tags 」のとこに書いてある。

『coffee-script.js』ダウンロードして、HTMLに下記のようにみたいに書けばいいみたい。

    <script src="coffee-script.js"></script>
    <script src="script.coffee" type="text/coffeescript"></script>

coffee-script.js が Webブラウザ側で coffee から js に変換してくれるみたい。


for exsample

coffee-script.js

ダウンロードしてhtmlファイルと同階層に置く

html

index.html

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>CoffeeScript</title>
    <script src="coffee-script.js"></script>
    <script src="script.coffee" type="text/coffeescript"></script>
  </head>
  <body>
    <h1>事前にjsに変換しないでも動く</h1>
  </body>
</html>
coffee

script.coffee

name = "CoffeeScript"

whatIsThis = ->
    "This is The " + name + "!"

alert whatIsThis()

参考サイト


AWS の Ubuntu に Redmine 『1.3.2』 構築メモ (MySQL + Apache)

f:id:CortYuming:20120413104929p:image

aptitudeRedmineインストールするとちょい古い ver 1.1 になってしまう。

なので SVN からチェックアウトして今現在の最新版を入れてみる。

とりあえずaptitude update

sudo aptitude update 

Install MySQL

sudo aptitude install mysql-server

パスワード入力など

  • If this field is left blank, the password will not be changed.
Setting MySQL
mysql -u root -p
#パスワード入力
> set names utf8;
> quit;
Edit my.cnf
sudo vi /etc/mysql/my.cnf

[mysqld]に追加

:
[mysqld]
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake
:
Restart MySQL
sudo service mysql restart

Install Ruby

sudo aptitude install ruby1.8
sudo aptitude install rubygems
Install Rails

rails2.3.14のインストールが時間かかる

sudo gem install rails -v=2.3.14
sudo gem install rack --version "< 1.2.0"
sudo gem install rake --version "< 0.9.0"
Install RMagick
sudo aptitude install librmagick-ruby1.8 

Install Redmine

Install redmine-mysql
sudo aptitude install redmine-mysql
Install subversion
sudo aptitude install subversion
svn checkout

Install subversion

sudo aptitude install subversion

svn からチェックアウトして、とあえず以下に置く感じで

/usr/local/redmine/1.3/

sudo mkdir /usr/local/redmine
cd /usr/local/redmine
sudo svn checkout http://redmine.rubyforge.org/svn/branches/1.3-stable ./1.3

Setting DB

ユーザ設定
sudo adduser redmine
  • Enter new UNIX password:
Setting MySQL
mysql -u root -p
#パスワード入力
> create database redmine character set utf8;
> create user 'redmine'@'localhost' identified by 'PASSWORD';
> grant all privileges on redmine.* to 'redmine'@'localhost';
> quit;
database.yml

config にある database.yml.example をコピーして database.yml を作る

cd /usr/local/redmine/1.3
sudo cp config/database.yml.example config/database.yml

database.yml を開く

sudo vi /usr/local/redmine/1.3/config/database.yml

database.yml を編集する

production:
  adapter: mysql
  database: redmine
  host: localhost
  username: MYSQLUSERNAME
  password: MYSQLPASSWORD
  encoding: utf8
セッションストア秘密鍵を生成
cd /usr/local/redmine/1.3
sudo rake config/initializers/session_store.rb
デフォルトデータをデータベースに登録
cd /usr/local/redmine/1.3
sudo RAILS_ENV=production rake db:migrate
sudo RAILS_ENV=production rake redmine:load_default_data

パーミッションの設定

/usr/local/redmine/1.3 ディレクトリに、tmp と plugin_assets ディレクトリが存在するか確認。なければディレクトリ作成。

それからパーミッションの設定する。

cd /usr/local/redmine/1.3
sudo chown -R redmine:redmine files log tmp public/plugin_assets
sudo chmod -R 755 files log tmp public/plugin_assets

Install Apache and Passenger

sudo aptitude install apache2
sudo aptitude install libapache2-mod-passenger
Setting Apache
sudo vi /etc/apache2/sites-enabled/000-default

以下の設定を追加

:
    <Location "/redmine">
        RailsBaseURI /redmine
    </Location>
:
URLのサブディレクトリURLにアクセス
sudo ln -s /usr/local/redmine/1.3/public /var/www/redmine
Restart Apache
sudo service apache2 restart

Check

Webブラウザで動作確認


管理 > 情報 で使用不可がある場合 (Administration > Information)

Redmineのあるディレクトリに移動して

(ここでは cd /usr/local/redmine/1.3 )


『Plugin assets directory writable』が☓なら

『ファイルリポジトリに書き込み可能』が不可の場合

sudo chmod 777 public/plugin_assets

『Attachments directory writable』が☓なら

『Plugin assetsディレクトリに書き込み可能』が不可の場合

sudo chmod 777 files

memo

参考サイト




このページの先頭へ