漫画の樹海へご案内

2009-10-31

金成陽三郎さん原作マンガ & 野間ろっくさん


金成陽三郎さんが原作のマンガが好きで、アレコレ読んでいます。


金田一少年の事件簿』はいまだに買っていますが、
初期のおどろおどろしい方が好きでした。




ミステリー民俗学者 八雲樹』とか『ギミック!』とか。

ミステリー民俗学者八雲樹 1 (ヤングジャンプコミックス)

ミステリー民俗学者八雲樹 1 (ヤングジャンプコミックス)

ギミック! 3 (ヤングジャンプコミックス)

ギミック! 3 (ヤングジャンプコミックス)




雑誌「コーラス」で連載中の
デカルトの憂鬱〜見知らぬ私〜』(金成陽三郎/作、上野愛/画)も
毎回続きが気になって仕方ないほど。


で、金成陽三郎さんと野間ろっくさんの『TRACKER大神冬馬』もスキ。
全3巻なのが残念なほど。

TRACKER大神冬馬 1 (ヤングジャンプコミックス)

TRACKER大神冬馬 1 (ヤングジャンプコミックス)

足跡からさまざまなことを読み解く、山の名探偵のような大神冬馬。
森林ガイド・大神冬馬が、心に深い傷を負った人々を導き癒す!



野間ろっくさんといえば、「漫画サンデー」で連載していた『救食の時間』。
原作が西村ミツルさんで、連載1回目も面白かったので、
コミックになるのを楽しみに待っていたんですけど……


10回で連載終了、単行本の予定無しって…… そりゃないよ。
雑誌との相性かな? 「ビッグコミック」系なら、
もっと受け入れられた気がするだけに、とっても残念です。
(メカタ)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/D-yamashina/20091031/1257008962