Hatena::ブログ(Diary)

今を生きる〜DAM-T’s DIARY〜

僕は創る、君のため、自分のため。
僕は創り続ける、君が応えてくれるまで。


最新情報

Blue Crescent Orchestra.「鳥篭の中のスピカ」\350(bandcamp)
売上は赤十字社を通し東北地方太平洋沖地震へ寄付します。
CD-Rをお求めの方はウェブショップからどうぞ。


・ただいまDAM-Tへの質問を募集中!
ブログでお答えします。質問はdam_t@hotmail.co.jpまで!


最近聴いたCDの記録「DAM-T's Archive」
DAM-T's Archive

2006-12-03 ゲームって残酷

バイト先のレジ前に、ゲームがあるのですよ。

ゲーム機横の鍵穴付きディスプレイケースから景品を選んで、

その景品番号と同じ番号の鍵をクレーンゲームで取るというもの。

クレーンの縦横の移動は時間制限内であれば何回でもOK、

ただしクレーンを下げることが出来るのは1回のみ。


それで、昨日、僕がレジに入っていたとき、

小さな女の子がそのゲームをプレイしようとしてたのです。

小さな財布からなんとか100円玉を探し出して。


しかし、その子が操作を誤ったのか、

もしくは体の一部がボタンにぶつかってしまったのか、

クレーンが初期位置からいきなりキャッチの態勢に入ったのです。

そして、鍵を落とす穴に引っかかって、終わり。ゲームは終了。


もう泣きそうだった、僕は。そして後で泣いた。

ゲームをする前に、景品をじーっ、と見つめて、

その景品番号と鍵の番号を一生懸命照らし合わせ、

決心したかのようにうなずき、

あのくらいの子供にとっては大金の100円玉を取り出し、

プレイした結果が…。その女の子は黙ってその場を去りました。

そんな場面を見てた僕、その日は仕事に身が入りませんでした。


他にもこんな話が。よくある話ですが。

子供「お父さーん、コレとって〜」

お父さん「わかったわかった、とってやるから」

そして数秒後、「残念だったねぇ」というお父さん。


景品を持っていくお父さんを見たときはちょっと嬉しいです。

子供も100円ではとても手に入らないような景品を手にニコニコ。


僕も後者のようなお父さんになれるといいなあ。

子供にクレーンゲームで「取って」とせがまれた時、

一回では無理でも、何回かプレイの後でも取れるように。

最近は全然プレイしてないので多分腕がなまってます。

昔はフィギュアなんかを取りまくってたんだけどなあ。

とある日はアキラジャッキーパイ、サラなど全種を。

とある日はアスカレイマヤ、を各3体ずつゲット、

クレーンゲームの中は空。出費は1000ともう1プレイ分。


懐かしいなあ。

hackhack 2006/12/04 01:40 せ、切ねぇ…。
最近テレビでクレーンゲームしてるの見て無性にやりたくなったうちの一人です。

DAM-TDAM-T 2006/12/04 02:41 それ以来、
そのゲーム機と向き合ったレジに入るのを嫌がってます。
ゲームセンターが潰れちゃって減ったせいか、
クレーンゲーム自体が減った気がします。
最近は目ぼしい景品がなくてプレイに至りません。

nene 2006/12/04 20:48 あ、はじめて君の事を尊敬しました。
クレーンゲームとか苦手・・・。

DAM-TDAM-T 2006/12/05 02:27 モノが絡むと強いですよ。自慢できることじゃありませんが…。