Hatena::ブログ(Diary)

今を生きる〜DAM-T’s DIARY〜

僕は創る、君のため、自分のため。
僕は創り続ける、君が応えてくれるまで。


最新情報

Blue Crescent Orchestra.「鳥篭の中のスピカ」\350(bandcamp)
売上は赤十字社を通し東北地方太平洋沖地震へ寄付します。
CD-Rをお求めの方はウェブショップからどうぞ。


・ただいまDAM-Tへの質問を募集中!
ブログでお答えします。質問はdam_t@hotmail.co.jpまで!


最近聴いたCDの記録「DAM-T's Archive」
DAM-T's Archive

2006-12-31 2006の大晦日

年末です、大晦日なのです。

僕も半年振りに部屋を片付けました。

こんなに床が見えるのなんて久しぶり。

ひとふきしただけで積もりに積もった埃が、

雑巾の水分のほとんどを持って行く状態でした。


もう今年も終わっちゃうので、僕の音楽生活のまとめ。

2006年リリースされた曲で、僕のお気に入り&お勧めを紹介します。

2006年は新譜を追っていないので狭い範囲からの紹介、ご了承ください。


READY, STEADY, GO / KEN THE 390

(Da.Me.Records「月刊ラップ第二号」収録)

2006年、(僕の)注目の的だったIXLのプロデュース

その上に、どんなトラックにでも乗りこなす万能性の強いフロウ。


街かどフィルム / Smrytrps

(アルバム「BEATNIKS」収録)

HOOKのやさしい歌い方には敵いません。

Zoe氏、Zom氏、タカツキ氏が良い感じ。


BEATNIKS / Smrytrps

聴いたら幸せになれる笑顔満載のハッピーチューン。

メッセージ云々より、単語単位で妙に頭に残るラインたちが魅力的。

「それは黄金の人生」「チヤホヤされたい!×2」などなど。


夏待ち / Round Table featuring Nino

春からこの曲を聴いて、夏の訪れを待っていました。


Just For You / Round Table featuring Nino

(アルバム「Nino」収録)

可愛いです、この一言に尽きます。音も、ボーカルも、可愛いです。


Take Us There / シンドバット feat.タカツキ

(アルバム「Enter the Funniest Temple」収録)

ゆる〜いジャジートラックにあま〜いタカツキ氏のラップ。

この人が言う「ねぇ、つれてってよ」の魅力といったら。


Around'n'Round / シンドバット feat.タカツキ

(アルバム「Enter the Funniest Temple」収録)

イントロとHOOKのエレキギターが印象的な曲。

詩はタカツキワールド全開、黒猫は眠らない。


If U Were My Baby / Ak'sent

(アルバム「International」収録)

ラップ上手いなあ、と思ったらHOOKのボーカルも自身で歌っていたという。

歌も上手いなあ、これで同年代なんだから、もともとの才能の差はあれど、

ちょっと凹みます。べっこんべっこん。試聴は下記URLから。

http://listen.jp/store/album_0724387487451.htm


NONSTOP TO KOBE(LOCAL) / ibonne aka TOFUBEATS

3種類リリースされましたが、僕はこれが一番好きです。

イントロのコミカルベースからは想像も出来ない後の展開。

途中からは、よくわからないのですがあのメロディーに泣きます。


恥じゃない / By Phar The Dopest

ネタ性だったら間違いなくナンバーワン。

Nellyで広く知られているあの音をひっぱってきました。

話題性を求めたのならこれはいろんな意味で大成功だと思う。

http://www.bmgjapan.com/bptd/track.php?item=7536


Grand Closing / TARO SOUL & KEN THE 390

(アルバム「Flying Sound Track」収録)

「KEN THE 390の入りの音が外れてるじゃないか!」

なんてどうでも良くなるくらい気持ちの良いMr.Drunk製のピコピコ音。

ロケンのアルバムでもこればっかり再生してます。

http://www.ultra-vybe.co.jp/TAROKEN/


花と雨 / SEEDA

(アルバム「花と雨」に収録)

アルバムの表題曲だけあって耳に残ります。

SEEDAのリリシストとしての才能も存分に堪能できる一曲。


ユーフォリア / 牧野由衣

ファースト・インプレッションは「地味、買わなくてもよかったかな」。

しかし聴いてるうちに段々と惹かれていく不思議

もともと、ROUND TABLEの「夏待ち」との同時購入で特典が貰えるということで、

アニメイト店員の口車に上手く乗せられ買ってしまったCDだけど、今では宝物です。

この曲から、一回聴いたくらいじゃ曲の良し悪しはわからない、ということを学びました。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A019768/VICL-35986.html


愛の証言 / Eccy

(feat. mcgundam, Alpachikabuto,

Matsu, Butter Dogg, Tac-Champarr, #0, Simba)

すでにトラックからしてズルいです。

全体としてもしっかりまとまってます。2006年のベストマイクリレー。


雪、無音、窓辺にて。 / 長門有希(茅原実里)

(シングル涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソング Vol.2 」収録)

不意を突かれた。2006年トップランカーがこんなところに。

音、展開、ボーカル、リリックどれをとっても星5つ。

2曲目の「SELECT?」もこれに同じくレベルの高い曲。


Angle / Pharrell

アルバムが延期の上に延期、とにかく延期の繰り返しで、

とうとう輸入盤のシングルを買おうかとまで思った良曲

ファレルファルセットが気持ち良い。トラックも上手い。

http://www.toshiba-emi.co.jp/intl/special/0607pharrell/


I Really Like You / Pharrell

Stay with Me / Pharrell feat. Pusha T.

(アルバム「In My Mind」収録)

切ないボーカルが癖になります。

http://www.toshiba-emi.co.jp/intl/special/0607pharrell/


恋のレシピ / 桃井はるこ

(アルバム「momo-i quality 〜ベスト オブ モモーイ〜」収録)

ピアノのラインが好きで好きで、自分で弾き直してサンプルを作ったくらい。

実は「ナツノサガシモノ」の僕のラップはこの歌い方に影響を受けてます。

この歌い方を頭に浮かべて、レコーディング。自分では成功したと思ってます。


Copying Kills Capitalism / ECD

(アルバム「Crystal Voyager」収録)

アルバム唯一の聴き所、というかこの1曲だけがアルバムから浮いてる。


運命ワルツ / 葉月ゆら

ジャズでポップなテイスト。僕のプレイヤーヘビロテナンバー。

百聞は一見にしかず、下記URLよりレッツ・ダウンロード

http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a031932


らぶ☆すいきす / 葉月ゆら

バレンタインソング。好き嫌いが分かれるかもしれない。

歌詞って、やっぱり男女で差が出てくると思うんだ。

「不意によろけるふりをして胸に飛び込む作戦」なんて、

僕が歌ったらなんか違うなあ、って。

http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a031932


「ワタシノヒミツ」 / 葉月ゆら

(アルバム「clover」収録)

間奏から語り(ラップ?)に差し掛かるまでの部分がヤバイ。

「私を永遠に連れてって」なんて台詞もぐっときます。


遭難信号 / 葉月ゆら

(アルバム「Honey Bee」収録)

R&Bテイスト、でいいのかな?アルバムの中では一番良かった。

この曲を聴くと、いかに彼女が歌唱力で遊んでるのかが良く分かるはず。


The Three 16's(The Return) / ZEEBRA feat. TWIGY & D.L

D.Lフロウの本領発揮、Twigyのやる気の無さが一層目立つ。

Bach Logic製の強力なトラックにも注目。


Do What U Gotta Do / ZEEBRA feat. AI, 安室奈美恵 & Mummy-D

面白い面子を集めた4thアルバムの目玉曲。

Mummy-Dの高速フロウが最高に気持ち良い。


why, or why not / 大嶋啓之 feat.片霧烈火

よくOP祭り上げられてるけど、僕はED派。

スルメタイプの曲かもしれない。


友情物語 / Aice5

(シングル「Believe My Love」収録)

由衣さんの「ふっちゃいましょうか」の1フレーズだけで聴く価値アリ。

と、いうのはあくまで黒猫同盟の価値観

音も良い感じですから、同盟でない方もどうぞ。


明日のRefrain / 司 (Track by FuzzBox)

「ナツノサガシモノ」で競演した司くんのソロ曲。

これも深くは語らないので聴いて感じてください。

http://www.geocities.jp/hailmary7777/index.html


ツバメの唄 / 湯川潮音

(ミニアルバム紫陽花の庭」収録)

30min/dog氏の紹介で知った曲。

日本の音楽はとにかく掘らないといい曲に出逢えないらしい。

http://www.youtube.com/watch?v=CHkcd4T2bsQ


童話迷宮 / 田村ゆかり

最後まで紹介するかどうかを悩んだ曲。

なんだかんだ言ってもコーラスは綺麗だし、

サビの「童話の中〜」の部分はつい口ずさんでしまう。


ここからはアルバム単位でよかったものを紹介、全曲良いです。

愛・自分博

愛・自分博

曲調の偏りについてとやかく言われるアルバムですが、

僕は好きです。良曲揃い。


HEAT ISLAND

HEAT ISLAND

プロローグ

プロローグ

聴けば聴くほどはまります。


BEATNIKS

BEATNIKS

これといって飛びぬけて良い曲がないけど、

凡作ってわけじゃない。全曲高水準。

NAOYAakaAIMNAOYAakaAIM 2007/01/01 00:34 あけましておめでとうございます。
HIPHOPのことに関しては同意だね〜。SEEDAはまだ聴いてないけど。
READY,STEADY,GOってカトウケイタじゃなくてIXLじゃないっけ?

DAM-TDAM-T 2007/01/01 02:00 あけましておめでとうございます。
そして間違えたorz カトウケイタはTARO SOULの曲でした…。

つ 2007/01/05 12:37 やったーらんくいん

DAM-TDAM-T 2007/01/15 13:42 明日の〜の再生回数はすごかったもんなあ。
あと、たくまの「アスヘノトビラ」を書くの忘れてた。

Connection: close