Hatena::ブログ(Diary)

今を生きる〜DAM-T’s DIARY〜

僕は創る、君のため、自分のため。
僕は創り続ける、君が応えてくれるまで。


最新情報

Blue Crescent Orchestra.「鳥篭の中のスピカ」\350(bandcamp)
売上は赤十字社を通し東北地方太平洋沖地震へ寄付します。
CD-Rをお求めの方はウェブショップからどうぞ。


・ただいまDAM-Tへの質問を募集中!
ブログでお答えします。質問はdam_t@hotmail.co.jpまで!


最近聴いたCDの記録「DAM-T's Archive」
DAM-T's Archive

2011-11-03

[]MBPのメモリを8GBに交換

Macはメモリを食う。


今まで使ってたWindows XPと比べたらの話だけど。


MBPを買うときオプションでメモリを8GBに増設できたけど、

その価格が1万5千円という非常に高額なものだったので、

ぎりぎりの予算で購入しようとしていた僕は仕方なく4GBを注文。

今まで使ってたパソコンがメモリ1GBだったから

その4倍もあれば十分だろうと思っていた。


しかしこれが誤算で、

いざMacBookProを起動してメモリ消費量を見てみると、

基本的なシステムだけで1GB以上、2GB弱消費している。

起動時は空きメモリが3GB弱あるけど、使ってるうちに半分以上消費。


いろんなアプリケーションを同時に起動したら重くなりそう。

とにかく酷使する目的でMBPを買ったからこのままじゃ辛い。

そういうわけでメモリの増設に踏み切った。


まずはメモリ探し。

条件は、MBPで使用できるメモリ4GB×2枚を格安で。


僕が選んだメモリはこちら。


f:id:DAM-T:20111103175800j:image:w450


トランセンドノートPC用メモリ、3,740円。

(今価格をみたら3,480円になってて若干凹んでる)

他にももう少し安いメモリがあったけど、

レビューを読んだらMacで動かなかったという反応多数。

4000円切る時点ですごく安いからここでケチって動かない、

なんてことにはなりたくないからそこはきちんとしておこう!


んじゃ早速、MBPを裏返してパネルを外してみよう。


f:id:DAM-T:20111103180231j:image:w450


ん〜、マシンナリー。とっても機械ですね。

この本体の真ん中にある緑色のものがメモリ。


両サイドにあるストッパーを外して、


f:id:DAM-T:20111103180536j:image:w450


このように斜めに抜去る!

んで、外した手順と逆に今度は新しいメモリをはめ込むと、


f:id:DAM-T:20111103180643j:image:w450


はい、交換完了!

バックパネルを取り付けて早速起動!


うむ、速くなった…のかな?

今までメモリいっぱいいっぱいで使ってたわけじゃないから、

メモリ増設でどう変わったのか体感じゃ全くわからない。

でもちゃんとパソコン自体が動いてるってことは大丈夫だよね?


というわけで確認。

Macについてのプロパティを開くと、


f:id:DAM-T:20111103181340j:image:w450


おお、ちゃんとメモリが8GBで認識されてる!


こうして無事、メモリ交換は終了しましたとさ。

Appleのオプションを利用するよりも自分で交換した方が

1万円以上安く付いた。お金がない人は挑戦してみては?


もちろん自己責任でお願いします。

Appleにお願いするのが一番間違いないんだろうけどね。