DENT(自分)の為の語彙備忘録

2007-05-03 エクセルで引き算をする関数は?

MS-Excelで引き算をする関数は?

以下、とあるブログの丸写し。

[オートSUM]ボタンを使って、足し算をすることはできる方から時々いただく質問があります。

「引き算をするには何と言う関数を使うのでしょうか?」

「引き算をする関数は何関数ですか?」

というご質問です。

Excelを使いこなしている方からすると、何とも不思議な質問のように感じられるかもしれませんが、こういったご質問をいただくことは決してレアなケースではありません。

Excelでは「+」「-」「*」「/」といった算術演算子を使って加減乗除の計算はできます。

こういった演算子を使って記述することが不可能ではないけれど、記述が複雑になってしまうのを簡単にしてくれるのが関数だということを理解していない方から、この「引き算をする関数は?」といったご質問をいただくのです。

A1、B1、C1、D1セルの合計をE1セルに求める場合、関数を使うのであれば「=SUM(A1:D1)」という数式をE1セルに入力します。これを関数を使わずに「=A1+B1+C1+D1」とE1セルに入力しても計算はできます。ですが、「=A1+B1+C1+D1」という数式を入力するのは面倒です。合計したいセルが増えれば増えるほど大変になります。そこでSUM関数を使って簡単に「=SUM(A1:D1)」という数式にしているのです。

Excel 2003のヘルプには、数式・関数演算子について以下のような記述があります。



▼数式について

数式には、関数、セル参照、演算子、定数のいずれか、またはすべてが含まれます。

関数 : 値を使って計算し、その結果の値を返すあらかじめ定義された数式。関数を使うと、長く複雑な数式を短く簡単にすることができます。

演算子 : 式を構成する記号や単語。これにより、実行する計算の種類を指定します。演算子には、算術演算子、関係演算子、論理演算子、参照演算子などがあります。



で、引き算をする関数Excelに用意されていません。

引き算をしたいときに関数を使うとすれば、おそらくSUM関数と、減算演算子「-」を使えばOKなはずです。

「引き算をする関数は?」というご質問をいただく場合、どこかのセルの値から、別のいくつかのセルの値を引いた値を取得したいということが多いようです。

ですから例えば、A1セルから、B1、C1、D1の合計値を引いた数値をE1セルに求めるのであれば、E1セルには「=A1-SUM(B1:D1)」という数式を入れればいいわけです。

関数とは、複雑な計算をしやすいようにあらかじめ用意された数式の一種であることを、しっかりご理解ください。