Hatena::ブログ(Diary)

nix in desertis 出張所

2010-09-21

大相撲秋場所十日目

17:47

臥牙丸,らしい相撲で若天狼を押し出し。

玉鷲がはたき,垣添が倒れた。垣添さんはそろそろ勝ってほしい。

琴春日と蒼国来,蒼国来が良い体勢を作るとまさかの吊り寄り。細身なのによくやる。成功したからいいが。

嘉風栃乃洋,同体で取り直し。嘉風変化して右上手,栃乃洋は左が差せず,嘉風上手を生かして押し出し。嘉風勝ち越し

武州山猛攻,光龍腰が引け,最後は武州山に引き落とされた。光龍負け越し。もっとも,武州山も3−6で余裕がないが。

豪風,立会いから相手の力をうまく利用し肩透かし,そして左のすくい投げ。北太樹は前を見よう。

木村山今日は押し相撲で猛虎浪を圧倒。木村山調子良い。

朝赤龍変化,黒海立会いの瞬間崩れ落ち一瞬で勝負が決まった。


白馬,左ひざをかばいながらではあったがうまく押し,土佐豊に反撃の暇を与えず押し出した。こういう相撲もとれるんだなぁ。

琴奨菊立会い右上手,がぶり寄りで高見盛を制す。高見盛負け越し

栃ノ心かなり深い左上手だったが,安美錦それでも十分に捕えられて動けず,寄り切り

若の里もろ差しで時天空寄り切り。絶不調同士の対決であった。若の里遅い遅い初白星

稀勢の里攻勢,低く当たった鶴竜の体を上げ土俵際までは追い込んだが,相変わらず決め手不足。鶴竜土俵際で右の前回しをつかむ稀勢の里の動きが止まり,体を入れ替えて寄り切った。

豊真将阿覧,押し相撲で対決。阿覧がはたくと豊真将体が崩れ阿覧押し出した。阿覧のほうが強かった。なお,行司が危なかった。

徳瀬川,初めて尽くしの今場所日馬富士にも初挑戦。日馬富士立会い踏み込み,喉輪で徳瀬川の戦意が喪失,押し出し。

把瑠都今日は押しがきかず右上手,しかしこの上手が深すぎ攻めあぐたが,結局吊り上げた。把瑠都勝ち越し旭天鵬負け越し

琴欧洲立会い左差しがあっけなく入り,一方魁皇は右上手がとれず琴欧洲寄り切り魁皇は5−5で,残るは白鵬日馬富士阿覧稀勢の里旭天鵬or安美錦。意外と3−2で乗り切れる?

白鵬右の張り差し強烈,そのまま右を差し右四つ完成。栃煌山粘ったが寄り切り栃煌山は張り差しで左の腋が空いてしまった。白鵬57連勝。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/DG-Law/20100921/1285058852