Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-01-08

[][]零戦塗色飴色論争もこれで終わりになるのだろうか

歴史群像2018年2月号に零戦の塗装研究の記事が載っていました。

以下はその記事(P6-7)からの引用です。

「飴色」の謎

それでは、盛んに論じられた中に登場した「灰緑色」や「飴色」とは何だったのだろうか。

実は、中村さんが所蔵するものや、海外に現存する零戦の実機部材を見る限り、それがおそらく「飴色」と呼ばれたものだろうと思われる褐色がかった色調は簡単に見つけることができた。同時に同じ部品の上に明らかに無彩色に近い灰色を呈した部分も見つけることもできた(図?)。これは本来灰色だった上に褐色がかった塗料が塗り重ねられているからなのだろうか。そうした観点で現存する実物を多数ながめ、わかったのは、灰色の上には何かを塗り重ねられてなどいない、ということだった。様々な個所で灰色の塗膜そのもののある部分が変色して褐色に変わっていることが見て取れた。「灰色自体が変色する」。これがすなわち『空技報0266』がいう「現用零式艦戦用塗色J3(灰色)のわずか飴色がかりたるもの」の意味なのだった。

現存する零戦の実機部材を調べるにあたっては、あらかじめ機体製造番号を体系的に整理して臨んでおり、三菱製、中島製という製造会社ごとの違いが発見できないことも明らかだった。しかしながら、同一の機体の上で、軽金属の部材に塗られている「J3灰色」は変色が著しく、羽布部分はそれほど変色が見られないという傾向は存在しているようだった。

海軍では航空機用の軽金属用塗料として「ベンジルセルロース塗料」を使い、羽布塗料には「アセチルセルロース塗料」を使っていた。ベンジルセルロースもアセチルセルロースも、植物から得られる繊維素(セルロース)を加工した合成樹脂であり、これを有機溶剤に溶かし、顔料を加えて塗料を作っていた。溶剤が揮発したあとに、顔料が混ざったベンジルセルロースやアセチルセルロースが塗膜として残る。このうちのベンジルセルロースに特に黄変する傾向があったのだった(図4)。

記事の他の部分もまとめて結論を述べれば、零戦の機体塗色は亜鉛華の白色とカーボンブラックの黒色を混ぜ合わせた灰色であり、飴色というのは塗料が黄変しただけというもの。

飴色と言われるものは塗料が黄変しただけではということは、随分前から言われていたことですが、このように研究成果として発表されたことは有意義だと思います。

また、この記事は零戦の塗色であるJ3自体が灰白色か灰緑色かについても灰白色(灰色)であると結論づけています。

詳細は当該記事を参照してもらうとして、「J3は灰緑色」説のもとになっていると思われる海軍文書の「飛行機機体工作標準」がミスタイプしており、本来は灰白がJ3、灰緑がM2*1ということです。

零戦の塗色については「三菱製が灰白で、中島製が灰緑」という説があり、これが実際の残存機の外板の色調から否定的に見られるようになってからも久しいですが、零戦の塗色は三菱製も中島製も同じJ3灰色で確定のようですね。

模型用塗料としてはガイアノーツが発売している零戦用塗料は灰緑色説に基づいたものですが、この考証に基づけば用途は限定されてしまいそうです。

これで零戦の模型の塗装に関する悩みは解決しそう。機体色は迷わず灰白色(またはそれが幾分黄変した色)で。

証言等との齟齬についても、こういう明るめの無彩色は朝焼けの光のもとではマスタード色に見えたり強い陽光のもとでは青畳色に見えたりしても不思議ではないと思います。

真っ黒か青みがかった黒かの悩みどころのカウリング色も当該記事に引かれた成分配合表の「黒色塗料」を見ると、顔料はカーボンブラック0.4kgと群青0.1kgだったりするので、青みがかった黒で間違いなさそう。

零戦の塗色に関しては諸説が乱立し、そうなる経緯もあったりしたわけですが、この「白と黒を混ぜ合わせただけの灰色」説が覆ることはないのではないかと思います。


歴史群像 2018年 02 月号 [雑誌]

*1:十二試艦戦等はこの色で塗られており、そういう意味では灰緑色で塗装された零戦はあったことになる。

2017-12-03

[]ミニストップの成人向け雑誌の販売中止は利用者層の広がりと雑誌の販売減少の結果のようだね

以下、コンビニ成人誌追放 出版社が恐れる売り場消滅  :日本経済新聞よりの引用。

ミニストップでは、12月1日に千葉市内の43店で成人誌の販売を中止するのを皮切りに、2018年1月1日からは全2245店で取り扱いをやめる。「不快だ」「子供を連れて店に入りづらい」といった女性客の声に耳を傾けた結果で、成人誌の完全追放コンビニでは初の取り組みとなる。

一般消費者の視線も、定義より実態に向いている。ツイッターなどのSNS(交流サイト)では、ミニストップの発表に対して「すばらしい判断だ」「ようやくって感じ」「他のコンビニはなぜ販売をやめないの?」との賛同の声が多い。

ある中堅出版社の社長は「男性中心から女性、子供、シニアに利用者層が広がったコンビニの現状を踏まえれば、性表現のある雑誌の撤去はやむを得ない」としながらも、過去の論争を引き合いに「線引きは明確にしてもらわないと困る」と主張する。

利用者の広がりとともに、その利用者の声を汲んで対応することは経営判断としてまったく問題ないと思われる。そういう意味では、これは表現の自由の問題ではなく、お客様の声に対する改善事例に過ぎない。

ミニストップに責められる点があるとすれば、成人誌購入層と他の利用者層とが共存できるような売り場作りにコストを払おうとしなかったところと思うが、成人誌出版社側も共存の意思が欠けていた、もしくは不十分だったように思われる。

成人誌の排除は手段でしかなく、私個人としては販売形態の模索で共存できるならその方が良いと思うが、今の自主規制で十分とし共存のための努力を拒絶するのであれば、利用者間の意見の衝突は避けがたいし、それへの対応としての経営判断も避けがたいことと思う。


実際、出版不況は深刻だ。出版科学研究所によると、16年の出版物の推定販売額は前年比3.4%減の1兆4709億円と12年連続のマイナス。特に雑誌は5.9%減の7339億円と19年連続のマイナスとなった。

ミニストップの広報に今後の具体的な対応をたずねた。「どんな雑誌が不適切なのか、お客様の声を広く聞いて決めていきたい」「雑誌コーナーのスペースやレイアウトは各店舗の立地に合わせて決めていく」「雑誌コーナーがすぐに消えることはないと思うが、販売は減少しており、遠い将来どうなるかは分からない」――。

コンビニ成人誌追放 出版社が恐れる売り場消滅  :日本経済新聞

どうやら紙媒体はオワコンのようだ。

雑誌の販売が減少するなら、コンビニが雑誌の販売自体をとりやめ、より利益のでる商品を代わりに置くとかイートインの面積を広げるとかも経営判断として問題ないことと思う。コンビニは別に「文化の担い手」とやらを自称しているわけではないしな。

現代は紙媒体自体が衰退しつつあるという時代の変り目なのだろう。出版社は電子媒体とネット展開というように業種転換を模索した方が良いと思うし、実際にそうしている出版社もある。

時代に合わない産業が衰退していくのは悲しいことだが仕方がないことと思う。


さて、私のブコメURLを示さず(=どういう記述に対する反応なのか分からない)引いているゾーニング論について増田

コンビニ側や利用者側だって置いて欲しいと望んでいる(でなきゃとっくに消えてる)ことも都合が悪いから無視

と書いているわけだが、あの記事には時代が変わって利用者が置くことを望まなくなりつつあり、それに応えるコンビニもあることが書かれているので、そのことを受け入れてほしい。

出版社側とその賛同者が主張するゾーニングの程度と、その他の利用者が求めるゾーニングの程度が異なるのは単なる事実。ヘテロ成人男性で成人誌をコンビニで買う層だけが利用者ではないのだ。

2017-06-30

[]hanyan0401氏はどれほど正直なのだろう

hanyan0401 id:D_Amon 私の観測範囲での「表現規制反対派」は、人権・フェミ系の表現規制、青健法のような保守系の表現規制、共謀罪、いずれも反対されておりますし、そもそもツイートアカウントがそうした方ですが。

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/340151781/comment/hanyan0401

私はこのhanyan0401氏の発言を嘘だと思う。

なぜなら、過去にこのような発言をしているから。

表現規制に反対する一方で共謀罪に賛成している方や、一部のフェミニストや「反差別」界隈に抱いた悪印象を政党議員を含む左派リベラル全体へ拡大している方に読んで貰いたいですね。例示が著作権法ですし。

http://b.hatena.ne.jp/entry/332732340/comment/hanyan0401

「表現規制に反対する一方で共謀罪に賛成している方」はhanyan0401氏の観測範囲におり、そういう人々を対象に発言している。

「「共謀罪成立に賛成しながら今回の一件に関して「表現の自由を守れ!」とかほざいてる輩」」に対してのツイートに、

埼玉県警の一件に触れたツイートとして、(エビデンスのない)影響や犯罪抑止を理由に表現へ予防的に介入する行為を肯定しつつ、一方でテロ予防を建前とした共謀罪には反対している人も、十分にご都合主義的かと。

http://b.hatena.ne.jp/entry/340151781/comment/hanyan0401

とコメントするのも、「「共謀罪成立に賛成しながら今回の一件に関して「表現の自由を守れ!」とかほざいてる輩」」の存在を前提としている。

hanyan0401氏が共謀罪にも青健法にも反対しているのは事実だろうが、「表現規制に反対する一方で共謀罪に賛成している人、知らない」的な発言は不誠実ではないかと思う。

以降、ブコメを時系列で。

D_Amon 「提出者は金子恭之議員(自民)」ゾーニング強化ならともかく表現自体を規制するものであれば反対だが、共謀罪に対するあの界隈の反応を見た身としては積極的に活動する気にはなれない。彼ら基準で彼らが行動すべき


hanyan0401 ちなみに私の前にブコメを残されている幾人かが常に批判的だった山田太郎氏は共謀罪にも青健法にも反対されていますし、私も共に反対する立場です。「あの界隈」とはどの一群を評しているのだろうと思いつつ。


D_Amon 「共謀罪成立に賛成しながら今回の一件に関して「表現の自由を守れ!」とかほざいてる輩」を認識している人がhttp://bit.ly/2rBh2qVで「「あの界隈」とはどの一群を評しているのだろう」と言うのは何を呆けているのとは思う2017/06/21


hanyan0401 id:D_Amon 私の観測範囲での「表現規制反対派」は、人権・フェミ系の表現規制、青健法のような保守系の表現規制、共謀罪、いずれも反対されておりますし、そもそも元ツイートのアカウントがそうした方ですが。


D_Amon 「「あの界隈」とはどの一群を評しているのだろう」と発言したことに対する反論にならない。「あの界隈」は実在し、id:hanyan0401はそれを認識した上で言い返していたのだから/元ツイートへの発言なら「この界隈」になる


hanyan0401 id:D_Amon いえ。「あの界隈」が「表現規制反対派」を指しているのであれば、私が既に書いた通り元ツイートも含め、必ずしも「共謀罪には賛成」ではないので「あの界隈」なる主語でそう評するのは早まった一般化です。


D_Amon 私が指す「あの界隈」は共謀罪賛成かつエロ表現規制反対の人々のことであり、表現規制反対派全般などを指していない。そういう人々の存在を認識しながら表現規制反対派全般と「勘違い」するid:hanyan0401がおかしい


hanyan0401 id:D_Amon つまり元のブコメも踏まえると、反対派全般が共謀罪に賛成ではないと認識しながら「共謀罪賛成かつエロ表現規制反対」の存在を理由に、規制が性表現に限らない青健法へ積極的に反対しないということですか?


D_Amon 自身は「共謀罪反対かつエロ表現規制賛成」を想定しながら、その逆の存在には惚けるというのはどうなんだろうね/質問にはイエス。青健法には反対だが個人リソース配分において優先的にふる気分になれないid:hanyan0401


hanyan0401 id:D_Amon いえ。元より自分は、「あの界隈」とは表現規制反対派を評しての発言だという認識でしたのでとぼけたつもりはありません。/ 私には感情的な反発としか思えませんが、感情で配分を決定するのは自由ですしね。


D_Amon 「「あの界隈」とはどの一群を評しているのだろう」は思い当たる所が無いことを示しているが、思い当たる所が有るだろ/まあね。気分の問題。共謀罪に有限なリソースを割けない人もいるから文句は言えないねid:hanyan0401


hanyan0401 id:D_Amon 表現規制反対派を評しての発言と解し、しかし私が認識する反対派は、元ツイートのアカウントも含め必ずしも共謀罪に賛成していないので、皮肉の意味で「あの界隈とは〜」と表現した次第です。


D_Amon ならid:hanyan0401が勝手に誤読して、それに基づいて皮肉を言ったということですね。解決


hanyan0401 id:D_Amon 誤読というのは少し違います。「ある界隈」が「表現規制反対派」を指している可能性を考慮した上で、その場合に成立する皮肉を込めたのが元のブコメなので。ですから断定せず疑問形にしています。


D_Amon 私が言う「あの界隈」を共謀罪賛成かつエロ表現規制反対の人々と正しく読み取った上で、思い当たる所もあるのに表現規制反対派全般のことではと不自然に勘違いし反語でなく疑問なのに皮肉を込めたという人id:hanyan0401


hanyan0401 id:D_Amon まだ誤解があるようですが、最初に書いたブコメの時点では「あの界隈」がどこを指すかは明確ではなかったので「読み取って」いませんし、であるがゆえに断定もしていませんから、勘違いにも当たらないかと

えー。

「元より自分は、「あの界隈」とは表現規制反対派を評しての発言だという認識」であったのに、それを勘違いではないと。

で、そのように表現規制反対派全般を評しての発言と解すことを誤読と評したら「誤読というのは少し違います」ということらしい。

まあ、少し違うということは、当人の誤読ということで概ね合っているというでもあるし、それが結論でいいや。


皮肉と言いながら、「「あの界隈」とはどの一群を評しているのだろう」を疑問と主張するのはどうなんだろう。

「(「共謀罪に対するあの界隈の反応を見た身としては積極的に活動する気にはなれない」ということは青健法には反対だが共謀罪には賛成な人を想定しているようだが)表現規制反対派は共謀罪にも青健法にも反対している。「あの界隈」とはどの一群を評しているのだろう(そんな人はいない)」という反語による強い否定であるならば、本人が皮肉と言うのもわかる。

だが、当人の弁を総合すれば、「「あの界隈」を私は表現規制反対派全般のことを言っていると解した。(私は表現規制に反対する一方で共謀罪に賛成している方に言及したことがあるが)私の観測範囲では表現規制反対派は共謀罪にも青健法にも反対している。「あの界隈」とはどの一群を評しているのだろう(心当たりがないからわからない)という疑問らしい。

前者でも後者でも、当人が過去に共謀罪に賛成する表現規制反対派に言及していることを考えると、不誠実な発言だと思うが、後者は当人の観測範囲の問題になり、皮肉として通じないのではと思う。

まあ、反語とした場合、「そんな人はいない」という嘘を言ったことになるし、ダメコンなのかな、という感想。

追記

「私の観測範囲での「表現規制反対派」は、人権・フェミ系の表現規制、青健法のような保守系の表現規制、共謀罪、いずれも反対されております」というhanyan0401氏の発言はまったく意味の無いものであることが当人のコメントから判明した。

「嘘」ではなく、私は「表現規制に反対する一方で共謀罪に賛成している方」を、本来的な意味での「表現規制反対派」とはみなしていないというだけです。共謀罪は内心の自由を脅かすと認識していますので。共謀罪への賛成は「表現規制反対」という理念に反する以上、必然的にそう判断せざるを得なくなります。

「表現規制に反対する一方で共謀罪に賛成している方」の存在はもちろん認識しておりますが、それは私の中では、厳密には「表現規制反対派」に該当しないということですね。

hanyan0401氏にとっては、共謀罪に賛成している時点で「表現規制反対派」ではなくなるので、共謀罪に賛成している「表現規制反対派」は論理的に存在しえない。当然、観測範囲に共謀罪に賛成している「表現規制反対派」がいるわけもない。

「「あの界隈」が「表現規制反対派」を指しているのであれば、私が既に書いた通り元ツイートも含め、必ずしも「共謀罪には賛成」ではないので「あの界隈」なる主語でそう評するのは早まった一般化です」も無意味な反駁となる。

共謀罪賛成かつエロ表現規制反対の人々のことを意図して書いた言葉を、hanyan0401氏は「表現規制に反対する一方で共謀罪に賛成している方」の存在を認識しながら、どういうわけか自分定義の「表現規制反対派」のことを指しているのではないかと思い込み、自分定義の「表現規制反対派」はそうではないと言ったというわけだ。

正直、どうでもいい。

私は共謀罪賛成かつエロ表現規制反対の人々のことを意識して書いた。hanyan0401氏は「表現規制に反対する一方で共謀罪に賛成している方」の存在を認識している。ならば、「あの界隈」とは「表現規制に反対する一方で共謀罪に賛成している方」のことですね、で済む話であり、それは「表現規制反対派」のお互いの定義などまったく関係なしに済ませることができる話である。

2017-01-12

[]「疑似科学は人を殺す」を「全ての疑似科学は人を殺す」と読むのは頭が悪いよね

疑似科学は人を殺す。

代替医療がその代表で正当な医療で治療可能な機会を奪うゆえに人を死なせてしまう。

だが、疑似科学の全てが人を殺すかといえば、そうではない。

毒にも薬にもならないようなものもある。

そういう例を挙げて「疑似科学は人を殺す」に対して「全ての疑似科学が人を殺すわけではないだろ」とか言うことが正当かといえば、それは頭の悪いくだらない言いがかりというものだろう。

「疑似科学は人を殺す」は疑似科学が命を奪う状況込みの言葉である筈だ。


では、

「〜で弱者が死ぬ」「〜が人を殺す」という動員要求 - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

filinion あー…。つまりこの人は「疑似科学は人を殺す」に対して「人権派に対する動員要求だ! また“〜が人を殺す棒”で殴られた!」と感じるのか…。疑似科学批判側は、素人を「動員」する意図なんかないだろうに。難儀。

というコメントをつけるのはどうだろうか。

「〜で弱者が死ぬ」「〜が〜を殺す」が動員要求となるかはそれが用いられる状況により、全ての「〜で弱者が死ぬ」「〜が〜を殺す」が動員要求というわけではない。

「好奇心は猫を殺す」とか動員要求である筈がなかろう。

原発を動かさないと弱者が死ぬ」は再稼働反対への非難とセットで用いられる言葉であり、「(風力発電の)風車が鳥を殺す」はエコでロハスな脳内環境派サヨクに対する揶揄とセットで用いられる言葉というように、「〜で弱者が死ぬ」「〜が〜を殺す」が実際に「動員」となるかは文脈による。

ゆえに私は

D_Amon 「疑似科学は人を殺す」自体であれば私はそれを支持します。それが動員要求になるか否かは文脈依存で、発言者と文脈によっては支持しません。カルトが正しいことを言ってもカルトを支持しないのと同じ

no title

と発言し、filinion氏は

filinion 行動を促すものが動員要求だ…つまり、兵器も風車も悪政も、文脈によってどちらにもなり得ると。Apeman氏の発言(https://goo.gl/7NpEoe)にはどう思いますか?私は「普段の発言は棍棒…動員要求でない方では」と思うのですが。

と「動員」になるか否かは文脈によると了解した筈だが、その後で

filinion なんか、ビリーバーではないのに反発する人もいる。「疑似科学は人を殺す」が「お前は人権派のくせになぜ疑似科学を放置するんだ、この偽善者め」的な恫喝に聞こえるらしい。(http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20161119/p1)。

はてなブックマーク - A.Ichiro@世を忍ぶカエルの姿さんのツイート: "ニセ科学批判にカっとなる人の心理って、なんだろう。時々考えるんだけど、予想がつかない"

と発言するのは、「ああ、この人はこのように不誠実な人なんだな」と感じさせられることではある。

filinion氏への回答は

素人を「動員」してどうするつもりなの?「専門でないので言及しない」のは正当な理由である筈 - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

にも書いたが、経緯を遡ればキクマコ先生の以下のような発言がある。

キク☆マコ☆(1/26ベアーズ)

@kikumaco

僕は「放射能デマ」の人たちを「反原発」と呼ぶのには賛成しないのだけれども、残念ながら反原発運動の人たちの多くが「放射能デマ」を排除するどころか、取り込んでいるのは事実。一部の「心ある反原発」の人たちはデマと戦っているものの、戦況は芳しくないように思える。放射能デマは駆逐しなくては

https://twitter.com/kikumaco/status/786380180537290752

「反原発運動の人たちの多くが「放射能デマ」を排除するどころか、取り込んでいるのは事実」はキクマコ先生にとっては事実なのかもしれないがどのようなエビデンスがあってそのように主張しているのか知りたいものである。

キク☆マコ☆(1/26ベアーズ)

@kikumaco

.@tomatosukisuki1 放射能デマに反対する人たちが「反原発運動」に反発するのは、反原発運動が放射能デマによって福島差別を行っているからです

https://twitter.com/kikumaco/status/786395357705973760

これもキクマコ先生にとっては事実なのかもしれないが、このように一般化すれば反原発運動側から反発されても仕方があるまい。

とりあえずキクマコ先生は放射能デマに反対する人たちの一員であっても反原発運動の人ではなさそうだ。

きく☆まこ。(1/9,26ベアーズ)

@kikumaco

放射能デマが少なからぬ人たちから「反原発」のせいにされるのは、反原発運動に取り組んでいる人たちの少なからずが実際に放射能デマに寛容だからなので、一種の自業自得ではあるけれども、いいことではない。「反原発運動は放射能デマを駆逐できるか」が問われていることを真剣に考えたほうがいい

https://twitter.com/kikumaco/status/786380904474161152

きく☆まこ。(1/9,26ベアーズ)

@kikumaco

正義感も善意も運動も差別を厭わないものであるならただのクズである。放射能デマは差別と直結している。反原発運動から放射能デマを排除するのは急務のはずたけれども、運動の中の人たちにその危機感がないのなら仕方ない。デマと差別を排除できない運動は潰れてしまうほうがいいのだと思う

https://twitter.com/kikumaco/status/804517690446528512

については既に

素人を「動員」してどうするつもりなの?「専門でないので言及しない」のは正当な理由である筈 - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

キクマコ先生が放射能デマを批判すること自体は結構なことだと思います。粛々と放射能デマ批判をしていればいいのに、なんでキクマコ先生は反原発派に対し放射能デマを駆逐するよう運動論をぶつのでしょうね。

反原発派の大部分が同時に放射能デマのようなニセ科学批判の専門家というわけではないのに、素人を「動員」してどうするつもりなのでしょう。

と書いた。

キクマコ先生は「運動の中の人たち」に危機感をもって対応するべきと考えており、それを表明しているわけで、キクマコ先生が何派だろうが関係なく、これは「動員」だろう。

こういう人が欅坂46ナチス風衣装の件ではナチスのニセ科学を批判するようにとの求めに応じるどころか、なぜか欅坂46のナチス風衣装の「擁護」に熱心だったわけだが、本人及び周囲の反応は「動員」の断り方において学ぶべきことが多かったと思う。

例えば

結局のところ、歴史修正主義者との戦いに、充分な知識のない人間が出て行くと、「鎖の一番弱い輪」になってしまう……というか、そう仕立て上げられてしまう、ということをよく示していたと思います。

「疑似科学批判はナチスに親和的」という風説について。 - 小学校笑いぐさ日記

のような論に倣って「充分な知識がないので「鎖の一番弱い輪」になっては悪いので残念ながら「動員」には応じられません(むしろ動員に応じて足を引っ張ることが無いことに感謝してください)」というように。

私自身は放射能デマ及び、それが相応の感染力を持つことはこの国の科学リテラシー教育の敗北と考えている。放射能デマに人が感染することも、感染した人が反原発活動を行うことも止めようが無いことで、放射能デマに感染した人が反原発に参加してくるからといって、それに対して「共闘してはいけない」程度ならともかく、駆逐できなければどうこうとかいうのは不当な要求と思う。

また、デマと差別には理念的には危機感を持つが、それを排除できないことには運動論的には危機感を持たない。在特会を見ればこの社会はデマと差別にまみれた運動が潰れる社会ではないことがわかる。この国がデマと差別にまみれた運動を潰す社会であればよかったのだが、この国は科学リテラシー教育だけでなく、人権教育でも敗北しているのだろう。


ところで、欅坂46のナチス風衣装の件でキクマコ先生に充分な知識があったかといえば、

キク☆マコ☆(1/26ベアーズ)

@kikumaco

SWCが出張ってくるべきとは思わないのですが、こっちがオッケーで欅坂がアウトというのをきちんと説明できる人はいないんじゃないかな。僕にはこれは「作った人の品性を疑うもの」ですね、いろんな意味で

https://twitter.com/kikumaco/status/794153743788838912

のような発言を見るとそれは無いと思う。

「こっちがオッケー」なのはヒトラーに対する否定的評価が前提になっているからとか、本来説明が必要なこととは思わない。

キク☆マコ☆(1/26ベアーズ)

@kikumaco

問題を切り分けられない人たちが多いという意味で欅坂の問題はツボだったのでしょう。

ナチスの犯罪性やホロコースト問題を否定するのは歴史修正主義だし、ナチスを賛美するのは常識的に批判されてしかるべき。

欅坂の衣装は何が問題だったかをはっきりさせるべき。

SWCが出張るのは余計なお世話

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/kikumaco/status/794749417614024704

と「SWCが出張るのは余計なお世話」と発言したり、

キク☆マコ☆(1/26ベアーズ)

@kikumaco

わざわざSWCにご注進したばかな人たちがいたのか。日本のアイドルの衣装のことまでSWCに口を出させるできではないんだよ。国内で解決する事案。これに外圧を利用しようと考えるのはどうかしてるよ

https://twitter.com/kikumaco/status/794336807328497664

欅坂46の件でSWCに「ご注進」した「愚か者」はだれか。小池晃に「嫌疑」をかける - NAVER まとめのようにネトウヨデマを真に受けて小池晃氏を非難するに至っては、キクマコ先生自体がこの件でどうこう言われるのは当然と思う。

「欅坂46のナチス似の衣装の件は、SWCにご注進した人が一番おろか」 - Togetterに纏められている発言を見ればキクマコ先生が2016年11月3日夕刻時点から「ナチス肯定」擁護に荒ぶっておられたことは明らかである。

ここでの擁護は「表現の自由」原理主義者がヘイトスピーチ自由ハーケンクロイツを掲げる自由を擁護してそれらによる加害を野放しにするようなことをさす。


欅坂46のナチス風衣装の件に対し、サイモン・ウィーゼンタール・センター副所長エブラハム・クーパー師はこのように抗議している。

この不適切かつ侮辱的な衣装に対して、ソニーミュージックとグループのプロデューサー秋元康氏に謝罪を求めます。

ナチス風の衣装を身につけた十代の少女が、舞台や観客の間で踊るのを見ることは、ナチス大虐殺の被害者にとって大きな苦痛です。

サイモン・ウィーゼンタール・センターは現在、世界で広がる反ユダヤ攻撃や急増するオンライン憎悪と戦っています。このグループに悪意はなかったとしても、彼女たちの演技はナチスの被害者の思い出を愚弄し、ドイツネオナチ運動が急増する国々の若者に間違ったメッセージを送ることになるでしょう。

「欅坂46」のナチス風衣装とトランプ勝利の意味 - 徳留絹枝|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト

非専門家が言うことの方が正しくて専門家が言うことの方が間違っているということは稀であることを考えると、概ねSWC側が正しくてキクマコ先生が間違っていると考えるのが妥当と思う。

filinion氏の記事に対して

……個人的にこのくだりはかなり驚きでした。

まあ、菊池氏を「体制派」「ファシスト」「エア御用」として叩きたがる人々については別に記事を書く必要があるかな、と思うのですが、それは一旦置いて、疑似科学批判全般について。

「疑似科学批判はナチスに親和的」という風説について。 - 小学校笑いぐさ日記

似非科学(疑似科学)批判派の中にある特徴をもった人々がいる」で始まる疑似科学批判の中の一部の人々を扱っていることが明白な文を疑似科学批判全般に対する文と読むあたりfilinion氏は日本語力が不足している人と考えるしかない。

名指しで記事を書けば「糾弾して回る」扱いなので色々と属性を示しながらぼかしてかけばこのような反応をされるのであれば、結局、名指しで書かざるをえない。

件の私の記事の「そういう人々」が誰のことかといえば、キクマコ先生とその取り巻きのことである。

件の私の記事は

瀬川深@チューバはうたう・ゲノムの国の恋 @segawashin

ところでナチス擁護なんてトンデモと歴史修正主義の合わせ技の最たるもんだと思うんだけど、ニセ科学批判な人々はもちろん批判してるんだろうね?

2016年11月4日 13:44

http://twitter.com/segawashin/status/794400003976470528

という発言を念頭に置いたもので、私が勝手にその意図を解釈したものだが、既に「ナチス肯定」擁護者として発言している人が「ナチス肯定」批判者としての発言をしたがらないだろうと考えるのは妥当な推測と思う。

そして、実際にキクマコ先生は批判者として発言することを拒絶した。


いずれの例においても、「優生学」という言葉は使われていないことに注意。ナチの北方人種説を「優生学」と呼ぶのは、セグウェイを「自動車」と呼ぶようなもの……間違ってはいないがピントがずれています

「疑似科学批判はナチスに親和的」という風説について。 - 小学校笑いぐさ日記

ナチスの行為が優生学且つ人種主義によることは常識だと思っていたが、filinion氏は自らが取り上げた本でその人種主義の方が批判されているのを見て、「ナチスのあれは北方人種説(人種主義)であって優生学ではないんだ」とでも考えたのだろうか。

優生学と人種主義は本来別物だし、件のガードナーの本「奇妙な論理I だまされやすさの研究 (ハヤカワ文庫NF)」にも以下のような記述がある。

デュエル・スローン・アンド・ピアス社から一九四〇年に出版されたストッダードの最新の著書は、アメリカが大戦に突入する直前にドイツを旅行したときの旅行記である。その表題は『やみの中へ』で、ドイツの人種的・優生学的プログラムをおだやかに批判しているものの、全体として著者がヒトラーの人種政策の多くに不賛成ではないという印象をあたえる。

(強調は引用者による)

「人種的・優生学的」と「的」がついていることが誤解を招くことがないように「FADS AND FALLACIES IN THE NAME OF SCIENCE」から原文も引用する。

Stoddard's latest book, published in 1940 by Duell, Sloan, and Pearce, is a description of his trip to Germany shortly before the United States entered the war. Titled Into the Darkness, it is mildly critical of Hitler's racial and eugenics program, but on the whole gives the impression that the author is not unsympathetic with many of Hitler's racial aims.

(強調は引用者による)

オレオレ優生学の次はオレオレナチス論というわけなのだろうか。

優生学も人種主義も似非科学であり、ナチスドイツはそれらに染まった国であった。

優生学を扱っている似非科学批判本としてはシャーマーの「なぜ人はニセ科学を信じるのか II 歪曲をたくらむ人々 (ハヤカワ文庫NF)とグレイム・ドナルドの「図説 偽科学・珍学説読本」が挙げられる。

……あたかも、菊池氏が幸福の科学と仲良しな反・反基地運動支持者だ、みたいな物言いですけど……。

それは「菊池誠は原発カルトで理系カルトのファシストだ!」という色眼鏡で見てるからそう見えるだけですよね……?

当てこすりのつもりなんでしょうけど当てこすれてない。

きくまこ氏を擁護する。「菊池氏は原発カルトではない」編 - 小学校笑いぐさ日記

こういう読解をさせてしまったのはfilinion氏の言及対象の記事が説明不足だったこともあると思う。

背景を書けばキクマコ先生の以下の発言がある。

菊池誠(1/26ベアーズ)さんのツイート: "正義が暴走すると人の不幸を望むようになるよ。なぜなら、正義は絶対だからだ

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/kikumaco/status/812936171374264321

幸福の科学のデマに基づいた平和運動と反原発を貶めるコメントをリツイートしてこの発言。

平和運動と反原発を貶めたいという欲望があるからこういうデマにあっさるひっかかるのではという話。

こういうところにキクマコ先生の平和運動や反原発に対する本質的姿勢が表れていると思う。

しかも、このツイートを消した後に、

キク☆マコ☆(1/26ベアーズ)

@kikumaco

正義が暴走すると人の不幸を願うようになるよ。そうなってないか、よく考えるべきだね

https://twitter.com/kikumaco/status/813356219230392322

と発言しているあたり、幸福の科学のデマにひっかかったのは悪かったが、平和運動と反原発に対してこう言うのは間違っていないと言っているようでみっともないことこの上ない。

キクマコ先生も幸福の科学は共闘してはいけない相手とわかっているし、そのように発言しているが、しかし、「運動から駆逐」とまでは言わない。

こういう風に放射能デマに対しても「共闘してはいけない」程度に留めてくれればいいのにね。

2016-12-30

[]素人を「動員」してどうするつもりなの?「専門でないので言及しない」のは正当な理由である筈

下記ブコメへの返答記事ですので、第三者はスルー推奨。

filinion 行動を促すものが動員要求だ…つまり、兵器も風車も悪政も、文脈によってどちらにもなり得ると。Apeman氏の発言(https://goo.gl/7NpEoe)にはどう思いますか?私は「普段の発言は棍棒…動員要求でない方では」と思うのですが。

apesnotmonkeys

@apesnotmonkeys

ふだん「ニセ科学はひとを殺す」という棍棒を振り回しているから「じゃあこっちもどうぞ」と言われたわけだろ。もし優生学が科学として正しかったら、問題が「疑似科学がひとを殺す」から「科学もひとを殺す」へと移行するだけのことじゃん。

https://twitter.com/apesnotmonkeys/status/795564401193414656
http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/D_Amon/20161119/p1

そのような発言をする前に、Apeman氏の発言の対象が誰なのかをまずApeman氏に確認してくれればいいのにと思いますが、

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/D_Amon/20161119/p1

に書いたことは私個人は下記のようなキクマコ先生の発言を念頭に置いています。Apeman氏の対象がキクマコ先生なのかとか、キクマコ先生のその手の発言を念頭に置いているものなのかは私にはわかりません。

きく☆まこ。(1/9,26ベアーズ)

@kikumaco

放射能デマが少なからぬ人たちから「反原発」のせいにされるのは、反原発運動に取り組んでいる人たちの少なからずが実際に放射能デマに寛容だからなので、一種の自業自得ではあるけれども、いいことではない。「反原発運動は放射能デマを駆逐できるか」が問われていることを真剣に考えたほうがいい

https://twitter.com/kikumaco/status/786380904474161152

きく☆まこ。(1/9,26ベアーズ)

@kikumaco

正義感も善意も運動も差別を厭わないものであるならただのクズである。放射能デマは差別と直結している。反原発運動から放射能デマを排除するのは急務のはずたけれども、運動の中の人たちにその危機感がないのなら仕方ない。デマと差別を排除できない運動は潰れてしまうほうがいいのだと思う

https://twitter.com/kikumaco/status/804517690446528512

キクマコ先生が放射能デマを批判すること自体は結構なことだと思います。粛々と放射能デマ批判をしていればいいのに、なんでキクマコ先生は反原発派に対し放射能デマを駆逐するよう運動論をぶつのでしょうね。

反原発派の大部分が同時に放射能デマのようなニセ科学批判の専門家というわけではないのに、素人を「動員」してどうするつもりなのでしょう。

そもそもキクマコ先生はなんで「反原発運動に取り組んでいる人たちの少なからずが実際に放射能デマに寛容」と思ったのでしょう。専門外なことに対して頓珍漢なことを言わないために言及しないのかもしれないではないですか。「専門でないので言及しない」のは正当な理由である筈です。

(「反原発運動に取り組んでいる人たちの少なからず」ってどう調査したどんな根拠があるのでしょうね)

これらの発言は運動論としても「反反沖縄基地運動は幸福の科学を駆逐できるか」「反反沖縄基地運動から幸福の科学を排除するのは急務」並みに陳腐な発言だと思います。

幸福の科学が勝手に関与してくるのに、仮にそれを排除できない方が悪いと言われれば、反反沖縄基地運動も反反原発も困ってしまうのではないでしょうか。まあ、そういう人々がそういうことを言われることはないのだろうとは思いますが。

反原発が放射能デマと共闘しているとかいうことがあって、それを批判するならまだわかりますが、反原発が放射能デマを駆逐できないことをもって批判するのは理不尽というか、無理難題を要求していると思います。

放射能デマを排除するのはニセ科学批判の急務である筈なのですから、そこは素人を「動員」しようとせずに専門家が駆逐してみせてくださいとしか。

というように思っています。

(そもそも運動論ってキクマコ先生の専門なのですかね)

この件、id:filinion氏のオレオレ優生学発言がなければ、件のApeman氏の発言はありませんでしたし、私がその言及対象をキクマコ先生と推定してブクマタワーで言及されたような記事を書くこともなかったでしょうに、filinion氏の言及姿勢はオレオレ優生学発言の責任を棚上げしすぎなのではないかと思いました。

件のApeman氏の発言にはキクマコ先生の名前なんてなかったのに、名前がないことをもって「そういう人がいるのか」と言われ、それに対してこうではないかと名前を出せば「糾弾して回る」扱い。これって「ジャングルは地獄」ではないかなあと思います。

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 |
AX アクセス解析