Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-02-28

[]やわらか戦車

f:id:D_Amon:20060228120913j:image

カミさんのキャラ弁。今回はやわらか戦車。

http://anime.livedoor.com/theater/2.html

できに関しては…ノーコメント。

キャタピラをどうするかに相当悩んだそうです。カミさんは再挑戦すると主張しています。


人気blogランキングをクリックしていただけると幸いです。

2006-02-27

[]麻布台学校教育研究所は霊友会の教団社会活動

http://yukemuri.moe-nifty.com/yukemuri/2005/07/post_59d3.html

以前、ここにこんなコメントをしてたのを発掘。【「自分嫌い」な子供たち 中学生の半数以上 心の意識調査】という新聞記事に対するもの。

こんばんは。

その通り、反省なんですよね。

健全な精神形成において自己批判は欠かせないものですし、自己批判に伴う自己嫌悪や、その嫌悪の受容や自己嫌悪しないための自己の行動様式の改変はモラル構築のための重要なプロセスというもの。

そういう点でこの調査結果は客観的報道より恣意的誘導を狙っているのではないのかなと。

気になるのは、この調査結果を出したのが麻布台学校教育研究所であり、報道したのが産経新聞であるということ。

ネットは便利なもので、麻布台学校教育研究所が霊友会という宗教団体の「宗教活動以外に行なっている教団としての社会活動」ということもすぐにわかりますし、それで霊友会のサイトを見てみると金美齢が出ていて生長の家という右翼的宗教団体との関連性が判る人にはすぐ判ると。

産経は産経ですしね。

というわけで、麻布台学校教育研究所と霊友会、霊友会と金美齢、金美齢と生長の家、生長の家と日本会議、日本会議と作る会といったように、冗談のつもりが冗談じゃないんじゃないのというラインが浮かんできてイヤンな感じ。

「子供が自分に自信を持てないのは自虐史観教育のせいだ」として皇国史観教育を推進し歴史教育を政治利用というような流れに持ち込みたいのではと勘繰ってしまう次第。考えすぎというものかもしれませんが。

アメリカではキリスト教右翼が問題となっているわけですが、日本でも宗教右翼が結構活発に活動しているわけで肌寒いものを感じます。蒸し暑い季節には調度良いですがね。

長々と模型と関係の無い話、すみませんです。


名前: amon | 2005年7月19日 午前 01時29分



こんばんは。

一般常識からするとトンデモな話なんですが、世の中、結構そういうものです。

宗教団体は自分が胡散臭がられるのを解っていますから勧誘や世論誘導に一見無関係な関連団体を用い、マスコミは宗教団体報道には及び腰な上、産経グループに至っては統一協会とつるんでいる始末ですので、普通に暮らしている分には、そういう宗教右翼関連の情報に触れることはないようになっていますから。

そんなわけで宗教右翼連合であるところの日本会議は今日も世論誘導のために国民の目から頭かくして活動中というわけです。

うわあ、リアルで陰謀論の世界だ…

まったくもってばかげた話ですね。

検索すればいくらでも見つかりますが、参考までに以下のURLを貼っときます。

http://www.rirc.or.jp/data/output.cgi?id=99031201

http://www009.upp.so-net.ne.jp/mariko-m/7women_Backlash.htm


名前: amon | 2005年7月19日 午後 10時26分

産経新聞と世界日報(統一協会)の関係なんてかなり明白なものと思うのですが、ネット右翼には産経新聞好きが多い謎。知らずに愛読しているのか、それとも知っていて宣伝しているのか。まあ、両方いるのでしょうね。


人気blogランキングをクリックしていただけると幸いです。

2006-02-26

[]メッセージが届かない人−「ホテル・ルワンダ

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20060225

町山氏の記事を読んで軽く絶望。以下、大雑把な流れ。


「ホテル・ルワンダ」を見た嫌韓な人が町山氏のパンフ記事を批判

町山氏の親切丁寧適切な反論

嫌韓な人は反論を受け入れずビリーバー型自閉モードに


私が絶望したのは世の中には言葉の届かない人がいるという現実。少なくとも対話が成立すれば誤解などに基づいた対立があっても相互理解の可能性はありますが、ここまでの拒否を示されると、ある種の人には対話自体が成立しないということを思い知らされますから。

この人も生まれたときからこういう人ではなかったでしょうに。行くところまで行ってこうなる前に、もし、後戻りできるような言説に出会っていたら…

行くところまで行ってしまった人は仕方ないにしても、行きかけている人を引き戻す類の言説の必要性を感じます。いや、そういう言説自体は存在しますから(件の町山氏の記事もそう)、むしろそういう言説に出会う機会を増やす必要性でしょうか。

コメント記録

http://www.doblog.com/weblog/myblog/7844/2344875#2344875

この件をmasterlow氏も扱っていたのでコメントしてきました。

[Amon] [2006/02/26 10:40] [URL]

こんにちは。

典型的なビリーバーの反応でしたね。

信じたくないものは信じない。信じない理由を探すために、情報の信じる基準のハードルをどんどん上げていく。それも非現実的なくらいに。

既に後戻りできないビリーバー。

確信犯愉快犯に扇動されやすい、ある意味「純情」な人。

ああいう人々が漫画デビルマンの終盤の大衆のように差別と偏見で「悪魔人間」を虐殺するのでしょうね。牧村家の人々を虐殺したように。

ビリーバーが信じたくない情報に対し信じる基準をどんどん引き上げていく様は滑稽かつ悲しいものです。

こういう人を説得することは不可能な気もしますが、何かしらこういう人にも届く言葉はないものでしょうか。

追記2006/02/27

追加コメント。

人はその生まれを選択することはできませんが、その行動は選択できます。あの映画でも示されたように。

あの映画を見ても、生まれという人が選択できない条件での差別をやめられなかったからこそ彼女は批判されるのです。

人をその行動により評価ないし批判することは、人種だの民族だの出身国籍だのといった本人にはどうしようもない条件で差別することとは異なります。

ビリーバーをやめるのは簡単。ただ人の言葉にまともに耳を傾ければいい。しかし、彼女はそれを頭から拒否したのです。

彼女を馬鹿にしているというのは的外れでしょう。人は皆馬鹿なものです。誰しも全知全能ではないのですから。各々がその馬鹿さを自覚しているかの方が問題というもので、それを指すのが「無知の知」という言葉。

しかし、彼女は開き直って「無知の知」とは反対の行動を取りました。その行動が批判の火に油を注ぐのは仕方ないというものでしょう。批判する方にしても理性的でない批判や悪罵はいけないですが。

駄目だ…。書いてて自己嫌悪

[]それでも対話を試みてみる

http://d.hatena.ne.jp/claw/20060224

ここに気になるコメントがありました。

# そうそう 『あと、「ネットウヨ」とか「プロ奴隷」とかいう言葉を使ったり、コメントスクラムが特定集団による攻撃だと信じてる人は本当に話にならないw

ああ、あと、「南京虐殺はあったはずだ!」と都合の悪い証拠は脳内消去して断言する人とか、米軍ファルージャ攻撃は退去勧告が行われた後なのに無差別虐殺と断言したりとか。

他人のレッテル貼りを批難しながら自分のレッテル貼りは正当だと信じて自己反省できない阿呆ってのが一番たちが悪いw』

なんか私の腹黒アンテナ揶揄言説反応が。そこでコメントしてみました。

# D_Amon 『>米軍のファルージャ攻撃は退去勧告が行われた後なのに無差別虐殺と断言したりとか。


http://d.hatena.ne.jp/artane/20041117

・戦闘可能年齢の男性(子供と老人以外の男性)はファルージャから出ることを許されなかった。

・上記理由でファルージャを出て行くことができない男性の家族の中にもファルージャに残らざるをえない人が大勢いた。

・ファルージャを出ても生活のあても無い人や物理的に移動が困難な人もファルージャに残らざるをえなかった。


戦闘可能年齢の男性であれば武装勢力か否かの確認もなしのああいう状況でも無差別殺戮ではないと。

明らかに非戦闘員でない赤ん坊が殺されても無差別殺戮ではないと。

日中は酷暑、夜間は酷寒な砂漠気候の野外にいきなり出て行けといわれて出て行ったとして、そういう環境での生存性は?

もし、自分があのときのファルージャ市民と同じ立場になったらという想像はできますか?

退去勧告をすれば、それがどんなに無理な条件であってもファルージャに残った人の自己責任というわけですか?


あと、議論したいなら固定ハンドルを使って具体的に発言する方がいいですね。真面目に議論や対話を望むのであれば。

「具体的に語る→論理的に明快に反論される→恥をかく。そういう状況を恐れるゆえに具体的に語れないし、恥をかきたくないので捨てハン」な人なら仕方ないですが。

それとそういう侮辱的な態度は「虚勢を張ることで『精神的優位』に立たないと相手と向き合えない小心者」に見えるのでやめた方がいいですよ。

とりあえず貴方は「南京虐殺に関する都合の悪い証拠」を具体的に示すべきでしょう。

コメント欄ではなんなので自分のブログなりサイトなりを作ってURLを示すことを推奨。』

それに対する返答。

# 『はい、キチガイさんお一人ごあんなーい。

さすが類友。clawのところには自分が何を言ってるのかもよくわかってないアホウがいろいろやってくるなぁ。


>退去勧告をすれば、それがどんなに無理な条件であってもファルージャに残った人の自己責任というわけですか?


じゃ、武装勢力に殺される多くの無辜の人たちは、その犠牲になってもいいというわけですね。

「何もしない」ことは何の責任も発生しないなんてことはない。「何もしない」ことにも責任は発生する。時には、何かする以上に。

あんたらは「実際に起こしたこと」の責任を追及したい(それも、糾弾のための糾弾)だけで、その証拠に「何もしなかった場合はどういうことが起こっていたか、その責任は」ってことを考えない。考えようとしない。すなわち想像力に欠けたおバカさんってことw


>あと、議論したいなら固定ハンドルを使って具体的に発言する方がいいですね。真面目に議論や対話を望むのであれば。


あんたらと真面目に? いざとなったらブチ切れて罵倒して逃亡の連中を一方的にからかうのは「対話」や「議論」とは言わないよん。過去にclawや liufeng219、名無しさん、Andersonどもと真面目に対話しようとした連中に彼らが取った態度を見てたら、彼らに対話の意図も能力もあるとは考えないはずだけどね。だって自分の正当性を絶対肯定したいだけで、「対話」ができないんだもの。自分のプライドをまもるためなら見えるものも見えないといい、見えないものも見えるという。「俺はこう思う」と「思う」だけを根拠に他人を罵倒する。「対話」の資質を欠いた相手との「対話」って、無茶言うなぁwww


>とりあえず貴方は「南京虐殺に関する都合の悪い証拠」を具体的に示すべきでしょう。


逆々。何かがあるというのなら「あった」という証拠を示すべき。あなた方は「こういう証言がある」とか、直接の被害を示さない傍証ばかり持ってきてそれを正しいとするために「この部分はこう考えればその証言と合う」ってなMMRばりの理論を展開するだけですね。

こちらがなにかを示すまでもなく、なにもあなた方は示してないのです。

何故か。あなた方は何かを証明する能力を持たないし、責任も負いたくないから。他人の言説を否定してその言説の威厳を失墜させることしかできないから。つまり、


>「虚勢を張ることで『精神的優位』に立たないと相手と向き合えない小心者」


ってのはあなたたちそのものですよん。

現に、clawは南京関連で言葉に詰まると「俺のじいさんは」と繰言のように繰り返し、じゃ、じいさんはどういう階級でどの舞台にいた?と聞いても答えようとしない、ただ逃げまくるだけだもの。』

ああ、やっぱり私のことを知っていました。アクセス数から考えて私のハンドルの知名度は極めて低いのに。

そこでお返事。

# D_Amon 『米軍はイラク人にとっては侵略者で、人質作戦に捕虜虐待と非道に振る舞う侵略者に抵抗するのは愛国者であれば当然のことでしょうに。まあ、武装勢力といってもイラク愛国者から反米テロリストまで色々いるでしょうが、作戦目的の反米テロリスト掃討はまったく達成されていないわけで、あの作戦はイラク人の恨みを買っただけのやらない方がいい作戦だったのでは?むしろ憎しみにより反米武装勢力の勢力拡大に寄与しそうな。はっきりいって現地人の反感を買うだけの軍事的合理性を欠いた作戦。現地人を敵に回すような侵略は愚の骨頂。こういうのは、その歴史から現地人の懐柔戦略に熟達しているイギリスと圧倒的武力によるみせしめで人が屈服すると思っているアメリカの違いというものなのでしょうかね。だとしたらアメリカは人間の尊厳というものを舐め過ぎ。

質問に質問返し。この捨てハンの人は対話が成立しないようですね。残念。』

その後の彼とliufeng219氏の対話から、彼が対話を拒否する理由は場所が嫌だからと判明。そこで以下のコメントをしてみることにします。

liufeng219さん、コメントどうも。

捨てハンの人にお願い。私を信用できないようですが、場所をかえて続きの話をしましょう。

URLはここです。

http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20060226

さて、彼は来てくれるでしょうか。

2006-02-25

[][]MGネモのパッケージ宣伝文

http://yukemuri.moe-nifty.com/yukemuri/2006/02/post_5de8.html

ここにこんなコメントをしてきました。

こんばんは。

ネモの活躍…

えーと、あれですよあれ。そう、ロザミア(年上の妹キャラ)

なんてたって、ネモはアーガマ時代のロザミアの乗機ですから。

んでもって出撃して敵機を撃墜してますから。

アーガマは見ず知らずの民間人が勝手にMSに乗りこめる船ですから。

艦長はやっぱりブライトさんですから。

ミライさんとの間にもう小学生くらいのお子さんが二人もいますから。

ブライトさん、子作り早っ。

ミライさん、顔やせ凄っ。ちょいブスから北爪美人に。ちょいブスでもおふくろさんな貴方が好きでした。好きなのかよ。

アーガマの軍紀について語りだすとだあだあだあなので以下略。

ロザミアといえば、ツンツンモードとデレデレモードを搭載した強化人間。でも萌えキャラとしては空回り。痛々しいくらい空回り。むしろ富野御大空ぶかし全開。

フォウは不幸少女萌え。萌え打率高。長打力有り。ゼータは香港で、いやせめてキリマンジャロで終わっていれば良かったと思うのは私だけですか。そうですか。ゼータのクライマックスは中盤にあり。←勝手に断言するな。

とりあえず、ネモはキットとしては内容の割に安価なので旧キット改造用にフレーム流用するのになかなか適しているのではないでしょうか。

私的にはMGネモの価値はフレームにありと。

名前: Amon | 2006年2月24日 午前 01時33分

上のぐだぐだな私のコメントはさておき「ネモがZガンダムで活躍したなどと、いまさら捏造の歴史が綴られているのはなぜなのか」に真面目に答えると、ぶっちゃけパッケージの宣伝文を考えた人がそう記載した方が売れると思ったからではないでしょうか。ネモを知っている人は分かっていて買う。ネモを知らない人は宣伝文句に釣られて買うと。

トンデモ歴史修正主義本にしろ、捏造の歴史を書いた方が売れるわけですし。

惨めなやられ役より「活躍した」という捏造の歴史の方が歴史を知らない人には受けるのではないかと。

トンデモ歴史修正主義本の出版社も純粋に商業主義的な判断でそういう捏造の歴史を信じたい人を釣っているのではないかと思ったり思わなかったり。

なんというか、こうしてガンダムで歴史を語ること自体が愚かな気がしますが。

あ、でもガンダムで歴史修正主義を語るというのは面白いかもしれません。

南京大虐殺は無かった」とか「盧溝橋事件中国共産党自作自演」とかいう言説に対して、そんなのはジオン国民が「コロニーへの毒ガス注入はなかった」とか「コロニー落としは連邦の自作自演」と言っているのと同じだとかなんとか。

まったく、「南京大虐殺は無かった」だの「ホロコーストは無かった」だの「全てはユダヤ人の陰謀だ」というユダヤ陰謀論だの、逆にユダヤ人至上主義だの世の中にはトンデモがいっぱいで辟易。しかし、そういうことが語れるのも言論の自由というものなのでしょうね。


人気blogランキングをクリックしていただけると幸いです。

[]ようやく他社ブログへのトラックバックの送り方を覚えた…

記事内にトラックバック専用のURLがあるのに気づかなかった…orz

というより、見ていても記事URLと違うURLとは思わず無視していた…orz

2006-02-24

[]ガンダムSEEDのグーン

f:id:D_Amon:20060224103905j:image

カミさんのキャラ弁。今回はガンダムSEEDに登場したMSグーン。

またマイナーなキャラを…

モノアイは写真ではほとんど見えませんが一応刳り貫いて粉末玉露で着色してあります。

モデルはガンダムSEED占いのグーン。そう言われればそう見えないことも。

キャラの出来はさておき、いつもありがとう。


人気blogランキングをクリックしていただけると幸いです。

2006-02-22

[]どんぐりくん

f:id:D_Amon:20060224005017j:image

カミさんのキャラ弁。今回はまんくら連載の「どんぐりくん」

えーと…キャラ弁を作るのは義務ではないのですから、不本意なものを作るくらいなら作らない方がいいのではと思います。


人気blogランキングをクリックしていただけると幸いです。

2006-02-20

[]「ケロロ軍曹」のケロロ

f:id:D_Amon:20060220115430j:image

カミさんの作ってくれたキャラ弁。今回は「ケロロ軍曹」のケロロ。

タママのリベンジだそうな。

確かに以前のタママと比べるとかなり良くなったと思います。

ケロロの緑は粉末玉露。体によさそうですね…


人気blogランキングをクリックしていただけると幸いです。

2006-02-19

[]「ちびとぼく」のばるたん

f:id:D_Amon:20060219182048j:image

カミさんのキャラ弁。今回は漫画「ちびとぼく」のばるたん。

うむう…、あまり感じが出てない気が…

カミさん曰く、月刊まんがくらぶ今月号P35の太ったばるたんがモデルだそうな。

そう言われればそうかもと思いましたが、比較するに目の下の線と口まわりが残念な印象の主要因かと。


人気blogランキングをクリックしていただけると幸いです。

2006-02-16

[]「ジャングルはいつもハレのちグゥ」のグゥ他

f:id:D_Amon:20060216115122j:image

カミさんのキャラ弁。今回は漫画「ジャングルはいつもハレのちグゥ」のグゥとかポクテとか。

グゥの髪の色に関しては「ピンク色が使えない」とカミさんは嘆いていましたとさ。

ちなみにカミさん用の弁当は「ちびとぼく」の子猫ちびでした。撮影拒否ゆえ画像なし。再挑戦するそうな。今度は子猫ちびかばるたんとのこと。


人気blogランキングをクリックしていただけると幸いです。

[]白燐弾に関するまとめサイト紹介

FWFのmasterlow氏が白燐弾に関するまとめサイトを作成されたので、ここに紹介します。


燃える雨−白燐弾について−

http://www6.ocn.ne.jp/~boogie/white_phosphorus_weapons.htm

2006-02-15

[]漫画「ちびとぼく」のちび

f:id:D_Amon:20060215185556j:image

カミさんのキャラ弁。今回は「ちびとぼく」に登場する猫のちび。

似ている…

カミさんの技術の上達に戦慄を感じた、そんな昼食でした。


人気blogランキングをクリックしていただけると幸いです。

2006-02-14

[]今日はバレンタインデイ

f:id:D_Amon:20060214204300j:image

カミさんからプレゼントと手作りチョコ(画像右)をもらいました。

私はパウンドケーキ(画像左)を焼きました。

続きを読む

2006-02-13

[]宗教右翼とは

宗教右翼がどういうものか知る上で参考になるURLを紹介。

日本における「宗教右翼」の台頭と「つくる会」「日本会議

http://www.h2.dion.ne.jp/%7Ekyokasho/0_conb07.htm

研究:ネット右翼嫌韓流

http://www.tokakushin.org/undou/no_net_uyoku/net_uyoku.htm

あなたの知らない宗教組織、その政界工作員について

http://d.hatena.ne.jp/claw/20050123

宗教右翼のこととか

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050123

「日本会議」族議員たちと、「家族会

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050130/1107032846

宗教右翼の結節点

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050130/1107033907


宗教右翼は基本的に宗教団体であることをカモフラージュしながら行動するため、その存在を知らない人は多いでしょう。

それゆえ宗教右翼の存在を知らずにその手の宣伝に乗せられる人も多いでしょう。ただ、それで勘違いしてはいけないことは、問題は宗教右翼の宣伝より人間の騙されやすさの方にあるということです。

例え宗教右翼の存在を知らなくても、まともな知識と論理的思考力があれば宗教右翼が煽るような「自民族中心主義、外国人嫌い、狂信的愛国主義」といった宣伝に乗せられることはありません。

しかし、世の中には無知で思考力が未熟なコドモゆえにそういう宣伝に乗せられやすい人がたくさんいるのです。

続きを読む

2006-02-11

[]私信

この記事は人生を浪費したくない人は読まないことを推奨。

1月15日より毎日拙ブログにお越しの「61-24-53-120.rev.home.ne.jp」の人への私信ですので。

続きを読む

2006-02-08

[]ガンダムアッガイ、赤鼻、ゴッグ、ザクレロ

f:id:D_Amon:20060208111705j:image

カミさんのキャラ弁。今回はアッガイと赤鼻とゴッグとザクレロ。

左上が赤鼻、中央上がザクレロ、右上がゴッグ、右下がアッガイ。

赤鼻とゴッグは良く出来ているのではないでしょうか。

ザクレロとアッガイはなんかよく分からない妖怪のようですが。


プリーズクリック人気blogランキング

2006-02-07

[]差別への批判は差別か?平和主義者は平和のためにも争ってはならないか?

しろはた」より

・いつも他人を差別したり嘲笑してる奴には近づかない

(他人の悪口は、中毒性があり、何も生み出しません。人生の浪費です)

・やたら肩書きにこだわる人には近づかない

(劣等感が強いので足を引っ張られる)

・一番危ないのは自称「正義の味方」タイプ

(悪を討たないと生きられないタイプ。いずれあなたが成敗されます)

・小難しいことを言う奴・説教好きは、相手をしない

(自分を賢くみせようとする人や説教好きは、相手を支配しようとします)

・自分を馬鹿にしたり軽蔑してる奴とはつきあわない

 その結果友達が一人もいなくなっても構わない

(それは友達じゃなくて、主人と家来の関係です。

 こういう人を遠ざければ、本当の友達ができることもあります)

モテの魔の手に注意

(説明不要)

あれ、なんか、全部、自己批判のような気がしてきたよ…(;つД`)

本田氏はオタクに対する差別に対抗している人だけに最後の「自己批判」という言葉に重みがあります。

差別や嘲笑に対する批判といった対抗言論自体が、差別する側の人間に「差別」、「嘲笑」、「自称正義の味方」、「説教」という風に受け止められうることを知っている上での言葉ですから。

しかし、それは差別や嘲笑に対して言論で闘うのならば避けられないことです。

平和を望む者が、争いを望まなくても、好戦論に対しては言論で闘わねばならないように。

勿論、その闘いは言論として節度のあるものでなければなりませんが。本日の「産経SHOW」で指摘されているように。


人気blogランキングに投票。

2006-02-04

[]スミ入れふでペンで墨入れ

f:id:D_Amon:20060204111504j:image

ガンダムマーカースミ入れふでペン自体には詳しい使い方が載っていないので使い方の説明。

といっても、スミ入れふでペンでパネルラインやリベットを適当に塗って、綿棒(ティッシュやボロ布でも可)で拭き取るだけ。

エナメル塗料での墨入れと違って、毛細管現象を利用しての流し込みができないのが欠点ですが、エナメル溶剤の浸透でプラスチックが割れる心配がありませんし、何より手軽。

周囲に迷惑がかからないように作ったり、墨を入れ忘れた箇所の修正に使う分には結構便利。


よろしければ人気blogランキングをクリックプリーズ。

[]世界の傑作機Bf109F-2/U1ガーランド・スペシャル

f:id:D_Amon:20060204111502j:image

タカラの世界の傑作機第二弾シークレットアイテムのガーランド・スペシャル。

モーターと電池内臓スタンドが付属していて、スイッチオンでプロペラが回転。

モーターの回転力が結構大きいのでスイッチオンするとスタンドごと右前にずりずりと移動します。

ミャーという音をたてながら移動する姿はそこはかとなく可笑しいような。


よろしければ人気blogランキングをクリックプリーズ。

[]ガンダムのハロ

f:id:D_Amon:20060204121413j:image

カミさんのキャラクター弁当。今回はガンダムのハロ。

円形製作の習作。茶巾寿司になっていて、ハロの中身は五目寿司。

合成着色料が禁じ手になっているため、緑の表現に青海苔を使用。結果、まだらに。

一目でハロと分かる出来。手間隙かけて作ってくれて、いつもありがとう。

量が多いので食べきれるか不安…


よろしければ人気blogランキングをクリックプリーズ。

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 | 11 |
2099 | 01 |
AX アクセス解析