Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-11-30

[]パブリックコミットメントブーメラン効果

ここでのパブリックコミットメントとは公的な場で意見を述べたりする(コミットメントする)こと。

人間には以前のコミットメントと筋の通るコミットメントをしようとする心理的傾向があること(一貫性)、そのコミットメントが周知であればあるほどその傾向が強まることは影響力の武器 - 模型とかキャラ弁とか歴史とかで紹介した書籍の「コミットメントと一貫性」の項にも記述があることです。

そういう自らのコミットメントが周知となるような公的な場でのコミットメントをパブリックコミットメントと呼びます。まんまの言葉ですが訳語で原語の含みを伝えられる文章力が私には無いのでカタカナ語で。

「コミットメントと一貫性」に則れば、パブリックコミットメントは大勢の前で発言することにより自らを引っ込みがつかない状況にする行為なわけです。

ブーメラン効果とは説得において相手を説得しようとすればするほど相手が自分の意見に拘る現象や、相手に説得を拒否されると説得しようとする人自身が前より自分の意見に拘るようになる現象のこと。こういう逆効果を、投げても逆戻りしてくるというブーメランの特徴をもって喩えているわけです。

説得を受け入れて自らの意見を変えることは相手の意見に服従すること、つまり相手に対する屈服なわけで、説得により意見を変えることに対し虚栄心から抵抗や反発を感じるのはある意味当然のことです。

意見を変えることは過去の自分の行動と矛盾する一貫性を損なう行為であり、場合によっては信頼を失いかねないということも意見を変えることに対する抵抗や反発として働くでしょう。

公的な場で意見を主張してしまった人の意見を説得で変えるのは難しい

似非科学等のダマシに対抗するにあたって、ダマシの言葉を信じている人々(以降、ビリーバー)にどのように対応するかは問題の一つです。

公的な場で意見を主張していなければまだいいのですが、公的な場で意見を主張してしまっている場合、その後は一貫性により同様の意見を主張し続けることになりますし、それに対して下手な対応をするとブーメラン効果でさらにその意見に拘らせる結果になりかねません。ビリーバーへの説得が返ってビリーバーの信仰を深くし、ビリーバーの説得を拒否することが返ってビリーバーの信仰を深くしかねないということです。

ネット上での発言はパブリックコミットメント

ネット上でのビリーバーとの対話が不毛になりがちな要因の一つとして、ネットが公的な場であることも関係しているかもしれません。

ネット上での議論は望む望まないに関わらず不特定多数の閲覧者がいる公開討論となってしまいます。ゆえに発言者の主張の変化も不特定多数に知られてしまうことになります。

相手の説得により意見を変えることは、その意見に同調する「仲間」に対する「裏切り」であり、それは今まで培った「交友関係」を失う危険性があることを意味します。これはネット上での「つながり」を求めている人の「一貫性」を強化してしまう要因となりえます。

パブリックコミットメントが悪いというわけではない

パブリックコミットメントにより引っ込みがつかなくなること自体に善悪はありません。使い方次第で良い方にも悪い方にも働きます。

その特徴は目標実現のために自身を制御するのにも使えます。例えば、目標を公的に宣言することにより自らを目標実現のために積極的に努力せざるを得ない状況に追い込むといったように。このようなパブリックコメントは結果として目標を達成する確率を引き上げます。

いかにしてビリーバーの意見を変えさせるか

ネット上に限らずビリーバーに説得を試みれば試みるほど相手が依怙地になるという現象はありふれています。

「好意」や「権威」や「社会的証明」等で説得に対する抵抗や反発を抑え込まない限り、説得でビリーバーの意見を変えることは非常に困難でしょう。

ブーメラン効果を考えれば強引な説得は逆効果でしょう。相手が根負けするまで付き合えるのであれば、強引な説得も有効になるかもしれませんが、一般的にはそれだけの労力を割くのは困難でしょう。それに、そういう強制的なコミットメントの心理的効果は低いものです。仮に強引な説得により意見を変えさせることができたとしても、それは根負けした結果の表面だけの服従かもしれませんし、そうであれば、その服従は容易に翻されることでしょう。

論理面での説得だけでは意見を変えないからビリーバーなわけで、ビリーバーの意見を変えるには心理面において上手く相手の抵抗や反発を引き起こさない方法を考えねばなりません。(心の問題ですから完全な正解は無いも同然ですが、)無理な説得は行なわず聞き上手に徹しつつ、「『信仰』の誤りに自分で気づいた」と思わせるように(ときには誘導するための手がかりを予め配置するなどしながら)手がかりのもとにそれとなく誘導してあげるのが期待値の高い方法なのではないかと思います。

ただし、これは相手の説得を目的としている場合の話で、相手の説得を目的とせず相手の主張を打ち砕くことによりこれ以上ビリーバーが増えることを防ぐことを目的としている場合は別です。

2006-11-27

買い物

[]買い物

模型購入の記録

f:id:D_Amon:20061127160010j:image

1/144 HG スターゲイザーガンダム

1/144 HG スターゲイザー

1/144 HG ケルベロスバクゥハウンド

1/144 HG ケルベロスバクゥハウンド

電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2007年 01月号 [雑誌]

電撃ホビーマガジン1月号(付録:1/144FGプリムローズ)

ケルベロスバクゥハウンドは2個、電撃ホビーマガジンは2冊購入。これでプリムローズは4個に。これで将来組む予定のA.O.Zバリエーションに必要な量は揃った筈。フルドドの時は3冊しか買わないで後悔*1したので、今回は後悔しないように思い切って購入。踊らされてるなあ。

フルドド不足の件に関してはHGUC 1/144 ORX-005 ギャプランTR-5にロングブレードライフルが付いているので半分は解決しているのですが。

[]作られた被害妄想を怒りや憎しみに変える宣伝

まいどさん 今日の御用は?より

870 名前:無名の共和国人民 :06/11/27 08:53:33

>>868「日本は狙われている!」ってすんごい被害妄想。

sapioとかもそういう類の話ばかりだが

中国韓国儒教同盟がわが国を包囲云々・・」


結局のところ、ナチと一緒なんだよな。左翼ユダヤ 中国・韓国=共産主義

こういう図式を使って60年前のプロパガンダ焼き直し。


ユダヤ人が国をだめにした=左翼が国をだめにした

中国・韓国が狙っている=共産主義が狙っている

総統の元に結集しよう=自由主義の弊害だ。侵略されたら危ない。日本国憲法改正


ついでにナチは決してドイツ保守本流でなかったのに、ナチの台頭にドイツ保守本流

は抵抗できず、いや迎合すらしたのも、自民党保守本流と極右の関係と似ている。


違うのは所詮日本極右は米国様の飼犬ということくらいか。その点で言えば

サッチャーやそれともつるんでた南米軍事政権にわが国の将来を探すことが

できるかもしれない。


871 名前:無名の共和国人民 :06/11/27 14:23:10

>中国・韓国の儒教同盟がわが国を包囲云々・・

そもそも我が国も儒教の国じゃありませんでしたっけ?

ウヨさんの好きな「武士道」にしたって儒教がなければ生まれかったでしょうにね。

にも関わらずこんな言説に惑わされる人がいっぱいいるなんて・・・orz


872 名前:無名の共和国人民 :06/11/27 19:32:55

>>871

いや、そこは「儒教」→「日本では儒学」とウヨ変換で解釈し、

宗教色を取り払ったニポン、エライ!合理的!」とするのですよ。

合理的を全く良しとする価値観だって、欧米渡りなんですがねえ。

偽情報を含む様々な情報で人々に被害妄想を植え付け、その被害妄想から怒りや憎しみや差別意識や復讐心といった攻撃的な感情を引き出して人々を誘導するのは扇動の基本の一つです。

この手の宣伝の手口はある程度昔に基本形が完成しているわけですが、未だに有効なのが悲しいところ。

人々が未だに学習しないのには義務教育の内容など色々な理由があるわけですが。

*1:組みたいものを全て組むにはフルドドがあと2冊分必要だった

2006-11-26

買い物

[]買い物

模型購入の記録。

f:id:D_Amon:20061126105303j:image

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.39 ドイツ重戦車 キングタイガー(ポルシェ砲塔) 32539

タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔)

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.40 ドイツIII号 突撃砲G型(初期型) 32540

タミヤ 1/48 III号突撃砲G型(初期型)

ハセガワ 1/72 リアクティブ アーマード VF−0S

電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2007年 01月号 [雑誌]

電撃ホビーマガジン1月号(付録:1/144FGプリムローズ)

3突G初期型は2個、電ホ1月号は2冊購入。電ホはプリムローズ目当てでもう2冊購入予定。付録がフルドドのときもそうでしたが、この手の付録が付いているときはバックナンバーで購入できないので欲しい人は今のうちに購入しておいた方が吉。

2006-11-25

「魔法使いサリー」のトン吉チン平カン

[]「魔法使いサリー」のトン吉チン平カン太

f:id:D_Amon:20061125121728j:image

カミさんのキャラ弁。今回は「魔法使いサリー」のトン吉チン平カン太。

耳がないのは、作るとご飯の量が増えすぎるからだそうです。それでも使用したご飯の量はどんぶり一杯分だそうな。

単純な作りやすい顔だと思いました。

カロリーオーバーは気にしないー、気にしないー。(TεT;)

魔法使いサリー

2006-11-21

「金色のガッシュベル!!」のウマゴン

[]「金色のガッシュベル!!」のウマゴン

f:id:D_Amon:20061121133606j:image

カミさんのキャラ弁。今回は「金色のガッシュベル!!」のウマゴン。

制作の都合上、耳が大きすぎるのが残念なところ。

id:saya_snowflakeさんのご期待に応えられるものであればいいのですが。

2006-11-20

[]あの「抗議文」は普通に「"脅迫"ともとれる批判」でしょう

404 NotFound STV札幌テレビ放送 stv.ne.jpの動画から「抗議文」の冒頭をテキスト化してみました。括弧内の言葉は動画では読み取れなかった箇所を文脈から推測した部分。

今回中学生が安倍総理に送った意見書は、一体何だ?

お前らの学校は生徒にどんな教育をしているのか?

日本人が日本を愛する心を持つのは当然であり、その様な(教育)をする義務が学校に(はある。)

この文章の意図は明確です。「中学生が『愛国心』教育に反対する意見を安倍総理に送ること自体がおかしい。中学生がそんなことをしないように(教師であるお前らが)しつけておけ」ということでしょう。

つまり、教師に対する形を変えた命令であり、教師の権威を利用して中学生の発言を封じようとしているわけで、「15歳の"自由な意見"に"脅迫"ともとれる批判でした」というのは、報道されている部分だけからでも誇張されているというわけではありません。

匿名の大人」が本当に大人かは分かりませんが、教師に向けてこのような言葉使いで指図を行なう人間が子供だとしたら、随分と年長者に対する礼節を欠いた子供ですね。保守的な道徳からは許しがたい暴挙です。まあ、大人だとしても礼節を欠いた文章であることには変わらないわけですが。

その言葉使いから見て、この「匿名の大人」が「大人」というロール(役割)を選択している以上、大人として扱われるのはおかしくない、といった件に関しては、うちゃ氏がno titleのコメントとno titleにおいて既に述べていらっしゃいますので省略。

「愛国心を卑劣扱いしている」といった類の批判に関しては上記サイトコメント欄のKay氏の発言が適確な反論になっていますので引用。

「愛国心とはこのように卑劣な心なのでしょうか」というのは反語表現であり、その後は「いや、そうではありますまい」と続くはずです。つまり、「愛国心とは、このような卑怯な心ではない。コソコソとこんな行為をする人が愛国心を持っているなんて言えない」とこの番組は暗に述べているのであり、「愛国心とはこのように卑劣で汚い行為だ」という主張は全くしていない、むしろ正反対と思います。

その通りだと思います。

もし立場が逆転していたら

あの年頃の子供がそんなに従順なら苦労しない - 模型とかキャラ弁とか歴史とかに関連して、もし中学生の発言が逆に「愛国心」教育に賛同するものだったらと考えてみました。

それでも匿名であのような文体で「抗議文」メールを送るのは、やっぱり卑劣です。教育基本法「改正」に反対する人にそういう人がいるとは思いたくもありませんし、もしそういう匿名のあのような文体の「抗議文」メールが送りつけられたことが報道されたら、それをした匿名の卑怯者を批難するでしょう。

あの匿名メール発信者を擁護する発言をする人々は卑劣さというものに対する感覚が鈍磨しているのではないでしょうか。その卑劣さを認識し「自作自演」とか発言している人の方が*1まだ健全に見えます。

*1陰謀論脳が心配ですが

2006-11-19

[]あの年頃の子供がそんなに従順なら苦労しない

「教育基本法」改正案に対する「反対の声明文」に対し匿名「抗議文」メールによる「脅迫」 - 模型とかキャラ弁とか歴史とかで取り扱った報道に対する「中学生が自分で考えたのではなく、教師の介入によるものだ」といった類の批判に対して、「この年頃*1の子供が自分で考えて行動できないと思うなんて中学生を馬鹿にしすぎだよね」とカミさんに言ったところ、カミさんは「そうね。売春だって恐喝だって窃盗だってするのだから」と言いました。「随分と極端な例だな」と思いながら私は首肯*2しつつ苦笑。

確かにこの手の批判は意見書を送った中学生が「従順で教師の言うままに従う人間」でなければ成立しないわけで、報道でこの年頃の子供が「大人に従わない不道徳で自分勝手な怪物」*3扱いされることがあるのと対極的。

件の報道に対して、それを叩くために「わらわらと湧いている人々」は、おそらく意見書が「愛国心」教育を批判する内容だったから叩いてるわけで、逆に意見書が「愛国心」教育に賛同する内容だったりしたらどういう反応をしていたかということに興味津々。個人的には「立派だ」とか「将来有望」とか賞賛しそうな気が。

まあ、仮にそういう報道がされたら、今度は「愛国心」教育に反対な人が「これはひどい」「洗脳されてる」といった類の批判をするのかもしれませんが。

*1:周りの大人が思っているより遥かに深く物事を考えていたりする年頃

*2:大人同然の行動をするようになる年頃という意味で

*3:現実ではあまりそんなことはないのに報道では実態以上に強調されている

2006-11-18

[]「教育基本法」改正案に対する「反対の声明文」に対し匿名「抗議文」メールによる「脅迫」

404 NotFound STV札幌テレビ放送 stv.ne.jp

中学生の意見 匿名の大人が"批判"

"愛国心"とは、こんな卑劣な"心"なのでしょうか。「教育基本法」改正案について、札幌の中学生が安倍総理に、「反対の声明文」を送ったところ、「匿名の大人」から「抗議文」が届きました。15歳の"自由な意見"に"脅迫"ともとれる批判でした。

この学校では、生徒それぞれが意見を書いたカードを送る準備もしています。生徒たちが自分で考えて「押し付けだ」と感じた教育基本法改正案。「愛国心の強制」どころか、「言論の自由」さえも封殺しようという大人の行為に、15歳の心は深く傷つきました。

法案についての「賛成」「反対」があるのは当然だと思います。15歳の彼女たちは自分たちで考えて、著名もつけて安倍総理に反対の意思を表明しました。ところが、それを知った一部の大人は「匿名」で彼女たちを批判した。あまりにも卑劣ではないでしょうか。

(2006年11月17日(金)「どさんこワイド180」)

安倍総理に一昨日送った手紙に対して「匿名の大人」から届いた「抗議文」メール。

反応が早すぎ。関係者がやったのでなければ、随分と個人情報の保護ができていない話です。

追記

どうしん電子版(北海道新聞)

教育基本法改正に反対 北星女子中3生、首相に意見書  2006/11/17 07:49

十六日、衆院本会議で可決された教育基本法改正案について、北星学園女子中高(浅里慎也校長、札幌市中央区)の中学三年生が同日、改正反対を訴える安倍晋三首相あての意見書を送った。同校は現行の教育基本法をつくったメンバーの一人、河井道(一八七七−一九五三年)の母校で、生徒たちは「先輩がつくった基本法の精神を曲げないで」と訴えている。

意見書はA4サイズで四枚。教育の目標として「我が国と郷土を愛する態度を養う」ことを掲げた改正案について、「国を愛する心は人それぞれが自分から思うものであって、おしつけられるものではない」と指摘。安倍首相に「本当に私たちの将来のことを考えてくれていますか? 返答をください」と求めた。

メールが送信されたのが昨日なら、北海道新聞のこの記事を読んだ人の可能性もありますね。

一昨日の16日に意見書を送信、17日に「抗議文」メール受信、その日の内に報道ということでしょうか。そういう意味ではメール送信日時が気になります。新聞報道より前なのか後なのか。

17日の朝に北海道新聞で意見書ファクス送信が報道され、その日の夕方には札幌テレビで「抗議文」メールが報道されるという現実の展開の早さの方に驚きを感じました。

2006-11-17

2006-11-15

買い物

[]買い物

模型購入の記録。

f:id:D_Amon:20061115210338j:image

ハセガワ 1/48 Bf109F-4 Trop マルセイユ

ハセガワ 1/72 Ju88G-1 ナイトファイター

ハセガワ 1/72 飛龍

ハセガワ 1/72 呑竜二型甲


飛龍と呑竜は定番外になってから久々の再販。定番商品のときには何時でも買えるからと油断していて買い損ねていた商品。

2006-11-14

[]見たいことしか見ない、信じたいことしか信じない、そういう人には願望に背く現実に対して捻じれた解釈しかできない

そして、捻じれた解釈で作り出した虚像を攻撃することで現実の方を否定することにより安心する。

ところで、ネット世界の一地方界隈でわら人形が大人気な感じがするんですが以下略。

[]アオシマの期待大な新製品

no title

no title

ウォーターラインの扶桑と山城の新金型製品といいサイバーフォーミュラの新規部品追加製品といい発売が非常に楽しみ。

扶桑も山城も「アスラーダAKF-0スパイラルブーストモード」も「アオイオーガスーパーエアロブーストモード」も購入予定。


1/24 サイバーフォーミュラ νアスラーダ AKF-0 スパイラルブーストモード

1/24 サイバーフォーミュラ アオイ オーガ AN-21 スーパーエアロモード

2006-11-13

[]白燐弾ガセビア

まいどさん 今日の御用は?より。

79 :整理しておこう :06/11/12 07:13:56

「白燐弾が直接的かつ大規模な対人殺傷力を期待して使用される事は通常ありえない」

−−白燐弾については様々な議論があるが、この主張に関してはガセ−−

・>>3から

レイテ戦記」には米軍の特殊砲弾について詳細に書いてあって

米軍に科学砲隊が組織されていたこと。

科学砲隊が使うのは白燐砲弾で地上10メートルで炸裂し、壕にかく

れた日本兵を焼き尽すのに効果があったことも触れられている。

米軍は第二次大戦で使ったものをファルージャでも使ったのだろう。

しかも今度は一般市民も残る都市で。

尚、前のスレにも書いてあるように、日本海軍や米海軍も白燐砲弾を

使用しており、米海軍は白燐砲弾を施設炎上用の特殊砲弾として

用いたようだ。


産経新聞webの記事から

イスラエル軍、ヒズボラとの戦闘で白リン砲弾使用」

 22日付のイスラエル紙ハーレツによると、イスラエル政府は、今年夏のレバノン

民兵組織ヒズボラとの戦闘で白リン砲弾を使用したことを認めた。同砲弾は激しいやけ

どをもたらすため、国際的に使用を禁じる動きが強まっている。

http://www.sankei.co.jp/news/061023/kok001.htm


日経新聞webの記事から

「イスラエル、白リン砲弾の使用認める・対ヒズボラ」

白リン兵器は破片が皮膚に触れると激しい苦痛を伴うやけどを引き起こすとされ、

国際的に「非人道的兵器」との批判が強い。エデリ国務相は、国際法は使用を禁じてい

ないとの考えを示した。白リン兵器は第二次世界大戦ベトナム戦争までは頻繁に使わ

れたが、その危険性から近年は使用を控える傾向があった。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061023AT2M2300223102006.html


81 :無名の共和国人民 :06/11/12 10:31:39

>>79

wikiの方には大戦時には

洞窟の日本兵をいぶり出すのに使われたのみであるとかいう記述

もあったけど誰か保存しているかな。恥ずかしい記述だったな。

ところでこれに対するウヨの反論が面白い。

328 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2006/11/07(火) 17:19:27 ID:LzLry10/

「骨も溶かす超高熱と毒ガスで人を苦しめて殺す非人道的化学兵器だ」って左派の珍説に対し、

突入時の照明弾や煙幕に使われるものにそんな毒性があったら危なくて歩兵突入できないじゃん

って反論だったと思ったが、いつのまにか完全に無害な照明弾という藁人形に仕立て上げられる。

自分たちででっち上げたガセに対する反論をトリミングして相手に擦り付ける職人芸であります。

>「骨も溶かす超高熱と毒ガスで人を苦しめて殺す非人道的化学兵器だ」って左派の珍説に対し

    ↓

・日経新聞web「その危険性から近年は使用を控える傾向があった」

・産経新聞web「同砲弾は激しいやけどをもたらすため、

 国際的に使用を禁じる動きが強まっている」

へー 日経新聞や産経新聞が左翼w


>突入時の照明弾や煙幕に使われるものに

はいはい、白燐砲弾に関するガセビアね。

・レイテ戦記「科学砲隊が使うのは白燐砲弾で地上10メートルで炸裂し、

壕にかくれた日本兵を焼き尽すのに効果があった」


>自分たちででっち上げたガセに対する反論を

>トリミングして相手に擦り付ける職人芸であります

この人はトリミングどころか日本語も読めてなくて自爆したって感じ?


84 :無名の共和国人民 :06/11/12 14:43:00

「白燐弾が直接的かつ大規模な対人殺傷力を期待して使用される事は通常ありえない」


ヲチスレの人へ。

これって元々ウィキペディアの白燐弾欄にあったもんなんだ。

信じられないような「と」にはサヨだけでなくウヨもいるんだよ。

深刻なのは、これを書いた人物は実は・・・。


92 :無名の共和国人民 :06/11/12 23:41:21

>>81

自分たちがトリミングした情報をつなぎ合わせて荒唐無稽化して作り出した

「謎の超兵器」というデマを鵜呑みにしていただけなのに、それまでサヨク

責任とはね。

ウヨクの方が「謎の超兵器」という藁人形を使い、それにウヨク自身が

すっかり騙されていただけ。

なんて卑劣で愚劣で低劣な連中なんだろう。


96 :無名の共和国人民 :06/11/13 08:59:50

いや あいつらプロ奴隷ですから アメリカさんの。

小林よしのりとかと違って アメリカの悪口に条件反射的に飛びつく。

「アメリカの悪口言うのはプロ市民だ」

「プロ市民とかのサヨクが言ってるのは全部嘘だ」

こういう言説ばっか。深い考えとかありません。いつのもの事ですよ。

そして自分たちの妄想が砕け散るとひたすら逃げの一手。


ところでプロ奴隷が「白燐弾は謎の超兵器だな」とか笑ってたのも

皮肉な話でして、これ正しいんですよ。第二次大戦時にはね。

先に出てた米軍の科学砲隊の話もそうだし、これも少し触れられて

いましたが、戦艦大和の必殺の秘密兵器対空砲弾「三式弾」も黄燐弾。

極秘開発した対空焼夷弾として戦艦大和の主砲から撃ちまくった事実も知らず

「白燐弾は煙幕と照明のみに使われますが何か」

と言ってたなんて。

靖国英霊も泣いてるでしょう。。後輩の奴隷根性と白痴ぶりに。

三式弾はガダルカナル島米軍基地への艦砲射撃*1にも使われた兵器。黄燐弾を用いた集束焼夷弾。大和型だけでなく当時の日本海軍艦艇主砲サイズに応じた様々なサイズのものが生産され使用されていました。

第二次世界大戦において日本軍も米軍も黄燐弾(白燐弾、燐酸弾)を殺傷兵器や焼夷兵器として用いていました。

「レイテ戦記」「彼らは来た」他、それなりに戦史を読み込んでいればそれなりに目にする筈の知識なのですが、自称中道の自称軍事オタクは知らなかった模様。

知らなかったことは仕方ないにしても、さも知ったような態度で白燐弾を「謎の超兵器」扱いして荒唐無稽化した上で、白燐弾報道をデマ扱いしたことは信用毀損というものです。

知ったかぶりで白燐弾報道を否定するデマを流した自称中道で自称軍事オタクな人々に自浄能力があるなら、デマに騙されたことに対する反省とデマを流した者に対する批判を為すべきでしょう。

*1:大和は不参加。そのため歴史のIFの話題になることもあります。

2006-11-12

「ニニンがシノブ伝」の音速丸

[]「ニニンがシノブ伝」の音速丸

f:id:D_Amon:20061113131813j:image

カミさんのキャラ弁。今回は「ニニンがシノブ伝」の音速丸。

前回の音速丸「ニニンがシノブ伝」の音速丸 - 模型とかキャラ弁とか歴史とかをカミさんの知人が見た際、レタスを髪の毛と勘違いされて気持ち悪がられたので再挑戦したとのこと。

下着を頭にかぶっている様なんて、ある意味、前回より気持ち悪いと思うのですが。

ウマゴンはもう少し良い資料が手に入ってから作るとのこと。

2006-11-10

[]なんか、すごいなあ

「間違っている論理展開」と「わら人形論法」に耐性の無い人々 - 模型とかキャラ弁とか歴史とかコメント欄より。

Kemuri-1942 『「南京大虐殺」そのものの理論化傾向に目を瞑られるとは、流石は論理学者!二人死んでも虐殺ですよね。南京大虐殺「否定」論者は、大別して「マボロシ派」(そんなことはなかったよ)「中間派」(中国が言ってる数が多すぎだよ)「肯定派」(中国様の言うことに間違いはないよ。)に分けられるわけなんですが。私は「中間派」であり、南京大虐殺を「中国の言うまま」に受け入れること、あるいは極大化する人間こそ「歴史修正主義」だと思ってますよ。ちなみに、ネット上での多勢も「中間派」なんですよ。何で否定論が盛り上がるって、利益のためやらイデオロギーのために、針小棒大に大騒ぎするド低能様がたくさんいらっしゃるからで。所謂「南京大虐殺」は存在しない、ということですね。つまり、「南京大虐殺」そのものが既に理論語なんですよ。論理学を標榜した癖に、この部分の定義を行わない辺り、「うわぁ、ド素人の知ったかぶり」と思わざるを得ませんよ。論証モデルとか理論語とか、ご存知なんですか?いや、甚だ疑問なんですよね。論理学は「あなたのお好みの答え」を作るためのツールじゃないですよ?

私のことを論理学者と勘違いしていたことと、同業者と思っていたことから、論理学者ということになる人の書き込み。

この人の定義では南京大虐殺の肯定派の定義は「中国様の言うことに間違いはないよ」派ということになるようです。こんな定義、初めて知りましたよ。歴史上の南京事件は各種記録に裏付けられている筈で、中国の主張が基準になっているわけではない筈ですが、いったいどこの定義なのでしょう。まあ、この定義に基づけば大抵の(通常用いられる意味での)肯定派の人は中間派になるでしょうね。肯定派から見れば爆笑ものの定義。

水からの伝言」やホロコースト*1は看過しているのに南京大虐殺に対してだけ厳密な定義を求める態度とか実に香ばしい人だなあと思いました。*2

[][]キーワード編集-歴史修正主義

はてなダイアリーキーワード「歴史修正主義」のWikipedia引用部分のリンク先が間違っていたので修正しました。修正前は自虐史観にリンクされていました。

まあ、世の中には社会科学としての歴史も自虐史観と考える人がいるので、そういう人にとってはそっちの方が「真実」に近いのでしょうが。

[]11月上旬発売予定だったのに未発売

今日、模型店に「1/48 Bf109F-4 Trop マルセイユ」「1/72 Ju88G-1 ナイトファイター」を購入しにいったのですが、まだ入荷してませんでした。11月上旬発売予定*3だったのでがっかり。

まあ、買ってもすぐに作るわけではないので多少遅れても問題ないのですが。

Bf109F-4Tropはマルセイユの活躍もあって人気機体と思うのですが定番商品でないので買い逃さないようにしないと。

追記(2006/11/11)

今日行ってみたら1/48 Bf109F-4 Tropは入荷してました。

*1:これらも理論語。この人的には理論語を使う際は観察語から定義しないと駄目らしいのに

*2:一般教養レベルの理論語なんて常用されているわけで、理論語を使う際は一々定義が必要なんてのは非現実的。この「論理学者」は論理学を自分の気にいらないことに難癖をつけるための道具として利用しているということです。あるいは論証とか理論語を理解せずにある種の宣伝の受け売りをしている人かも。

*3ハセガワのチラシでは7日と9日

2006-11-08

銀魂の定春

[]銀魂の定春

f:id:D_Amon:20061108192211j:image

カミさんのキャラ弁。今回は銀魂の定春。

銀魂定春弁当? | 絵ロ具。からトラックバックをいただいた際、それを見たカミさんが対抗意識を燃やして作りました。

いつもどおり御飯と海苔で制作。目のハイライトはご飯粒です。

今回は隠れキャラがあるそうな。

[][]面白い人々

今更ですが、イスラエル白燐弾を攻撃に使用したことで、白燐弾の殺傷能力を否定していた人々の主張は粉々になりました。まあ、第二次世界大戦の頃から攻撃に使用されていた実績のある兵器の殺傷能力を否定すること自体トンデモなので当然の結果ですが。

メッセージ

イスラエル政府は、今年夏のレバノン民兵組織ヒズボラとの戦闘で白リン砲弾を使用したことを認めた。同砲弾は激しいやけどをもたらすため、国際的に使用を禁じる動きが強まっている。

メッセージ

白リン兵器は破片が皮膚に触れると激しい苦痛を伴うやけどを引き起こすとされ、国際的に「非人道的兵器」との批判が強い。

だからといって、白燐弾報道を否定するデマに騙されて騒いでいた人々をどうこう言うつもりはありません。自らの騙されやすさを反省し、ああいうデマ扇動を行なう人がどういう人なのかを分かっていただければそれでいいのです。そういう風にして騙されにくい人が増えるのが私の望みですから。

ただし、この報道の後に白燐弾の殺傷能力をさも以前から知っていたかのように振舞いだした人々や未だに誤りを誤りと認められず脳内サヨク叩きをしている人々は別です。観察対象として実に面白いので。ネット上でそういう人々の文章*1を見かけると自然に口元がほころんできます。クーックックッ。(最悪だ)

はい、ビョーキですねビョーキ。でもいいんです。なんといっても私は腹黒くて底意地が悪くて不謹慎で心がブサイクなブサヨクですから。ククククク。(自戒はどうした)

*1:ウォッチのマナーとしてリンクは張りません。ククククク

2006-11-06

[]きれいなフセイン

「きれいなジャイアン」から連想して、あんまりな内容なのでそのままお蔵入りさせていたネタ。「きれいなジャイアン」が分からない人はYouTube*1を見ていただければ分かっていただけるかもしれません。

イラクのフセイン元大統領死刑判決ということで今しかないと思い記事に。(なんて不謹慎な)

f:id:D_Amon:20061106222527j:image

〈図説〉湾岸戦争」P153から引用。

まあ、タイトルがタイトルなので上の画像の人物が誰なのかはお分かりでしょう。若き日のサダム・フセインです。1960年代初頭撮影のものとのこと。おっさんになった後のフセインしか知らない人には結構衝撃度の高い画像ではないかと思います。

タイトルの「きれいな」には「美しい」と「清潔な」の両方の意味を込めています。

「美しい」とは若き日のフセインが在イラク邦人のマダムがメロメロになるくらいの甘いマスクの持ち主(イケメン)だったことに対して。「清潔な」とは若き日のフセインが、その数々の非情な行いに関わらず、中東における西側諸国の味方として清潔なイメージを持たれていたことに対して。*2

西側諸国と親密だったフセイン政権湾岸戦争で「悪役」になるまでは日本とも親密だったわけで、日本はイラクで結構なODA事業を行っていました。こういうことを知っていると、イラク戦争後、年配のイラク人の中に日本人が来ることを喜んでいたのに自衛隊が来てがっかりした人がいた原因も推測しやすくなります。ああ、彼らは日本からかつてのようにODAで建設業者がやって来て復興事業を行ってくれることを期待していたんだろうなあ、と。

後、ODAには有償資金協力(円借款)もあるわけで、日本はイラクに対して債権を持っていたわけですが、イラク戦争により債権放棄させられたことも忘れてはならないと思います。イラク戦争で失った国益の一部として。

*1TVアニメYouTube

*2:西側諸国とはラムズフェルトやシラクと握手を交わす程の親密ぶり

2006-11-05

くわがたツマミ

[]くわがたツマミ

f:id:D_Amon:20061105120157j:image

カミさんのキャラ弁。今回はくわがたツマミ。

最初はウサくわを作る予定だったのを途中で変更したそうな。そのため顔が白いとのこと。

いい表情してるじゃないですか、と思いました。

[]アオシマ1/48 90式戦車 バスケット工作

f:id:D_Amon:20061105131954j:image

バスケットの刳り貫き加工終了。

成型の都合でバスケットの骨組みのつながりがおかしい部分はプラ材で形状修正。画像の部品の白い部分がプラ材で修正した箇所。

刳り貫いた部分の表面処理作業はこれからの予定。

2006-11-04

[]アオシマ1/48 90式製作開始

カミさんの依頼により90式戦車の模型を「やわらか戦車」に登場する90式先輩として作ることになりました。購入した「やわらか戦車の退却アクセ」と並べるために欲しいとのこと。

やわらか戦車の大きさは場面により随分変わるのですが、アニメニュース - ライブドアニュースにおいては90式の転輪の1.5倍くらいの大きさ。アクセのやわらか戦車の大きさから逆算すると1/48ぐらいが適当だったのでアオシマの1/48のリモコン90式を購入。

このキット、組み立て易さと強度を優先するために細かい部分の殆どが一体成型になっていて、その分、再現度が低いのが問題点。ハッチの取っ手やペリスコープなど気になるところがいっぱい。

モデラーとしては弄るべきところなのですが今回はパス。1/48の90式ディスプレイキットはタミヤがいつか出してくれると信じていますし、弄るのはそのときと決めていますので。(おいおい)

それでも砲塔後部のバスケットだけは差異が目立ちすぎるので弄ることにしました。

f:id:D_Amon:20061103222938j:image

バスケットを砲塔後部に組み付けるためのピンとダボは目立ちすぎるので切断。砲塔後部に直接接着するようにしました。上の画像、左下がバスケット、右上が砲塔。

f:id:D_Amon:20061104010255j:image

バスケット部はリューターで穴を開けカッターで切り広げることで骨組みを残して開口。バスケット下面の開口は労力の割に効果が低いので省略。*1上の図は加工中のバスケット。*2

現在の不義理リスト

作る約束をしたのに未だに出来ていない模型のリスト。私の駄目人間ぶりの証。本当はこちらから作るべきなのに、後回しにして申し訳ないと思っています。自分を追いたてるために記録。

陸戦型ジム

ディルファム

レッドミラージュ

ミンメイガード

*1:そこまでするくらいなら金属線で作り直した方が早い

*2:形状の再現度は低め。特に角

2006-11-03

買い物

[]買い物

模型購入の記録。

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ MM アメリカ戦車 M26パーシング 32537

タミヤ 1/48 M26

1/700 艦船 フルハル 戦艦 長門(1942)

アオシマ 1/700 フルハル長門

1/700 艦船 フルハル 戦艦 陸奥(1942)

アオシマ 1/700 フルハル陸奥

アオシマ 1/700 ウォーターライン伊400

1/100 セイバーガンダム

バンダイ 1/100 セイバー

MG ストライクガンダム IWSP

バンダイ 1/100 MGストライクガンダムIWSP

f:id:D_Amon:20061103003158j:image

上の画像はフルハル長門の新規パーツである艦底部と台座。艦底部はニチモのような一体成型ではなく左右分割。合わせ目を消す労はあるものの艦体側面の再現には有利な方式。

モールドは美しく大きなパーツであるにも関わらず歪みやたわみも見られず、現在のアオシマの成型技術の高さが感じられる良キット。

2006-11-02

[]「反戦平和主義者が第二次世界大戦を準備した」は、ある意味、ガセビア

404 Not Found

(私にとって)とても面白かった記事。以下、引用しつつ雑感を。

一連のチェンバレンによる宥和政策はナチスドイツ軍事力を増大させる時間的猶予を与えてしまったとして非難されることが多く、しばしば強硬策を正当化するための教訓として用いられる。

一方、この平和追求を建前とする宥和政策とは裏腹にチェンバレン政権下においても軍備増強、軍事産業拡大が著しく実行されていた事実を指して、ミュンヘン協定によってむしろイギリスがナチスに対抗する軍事力を整えるための時間を獲得したと考える見方もある。

つまり、平和主義者に流されて強硬策が取れなかった、というのはあくまで建前で、チェンバレン英国首相は国家防衛の必要に迫られ、その当時における現実的な対策として、交渉と再軍備を同時に行うための時間稼ぎを目的に宥和政策をとった、というものである。

「強硬策でヒトラーを排除すれば第二次世界大戦を防げた」というのは反戦平和主義に対する攻撃の常套句であり、「予防攻撃(先制自衛)」の正当化に使われる言葉でもあります。*1

それはある意味では真ですが、実際にその強硬策を実施できたかというのは別問題。当時のイギリスの軍備でドイツの軍備に対抗できたかといえばそういうわけではありません*2。「チェンバレンの宥和政策はドイツに対抗できる戦力を準備するための時間稼ぎ」という見方もある由縁です。

この見方においては「強硬策でヒトラーを排除」というのは、その時点ではできもしない無意味な前提ということになります。

つまり、英仏の反戦平和主義運動がヒトラーの暴走を許したのだとすれば、ドイツの反戦平和主義者が自由に活動できれば、そもそもヒトラーの暴走は食い止められた可能性があるともいえるだろう、ということだ。

「反戦平和主義者が第二次世界大戦を準備した」というのは一面的な見方で「ドイツの反戦平和主義が無力だったために第二次世界大戦が起こった」ということもできるというわけです。

無策の平和主義をいましめる意味で心にとめておくのは当然としても、本気で乗せられて反戦論そのものが悪であるかのように糾弾したり、主戦論のための理論武装に使うのは、それこそ単純すぎる話なので注意が必要でしょう。

というのに同意。

しかしながら、世の中には単純すぎる話だからこそ惹きつけられてしまう人がいたりしますので、それが問題といえば問題。

*1:予防攻撃自体がドイツによるソ連侵攻の正当化に用いられた論理なのはさておき

*2:航空戦力でいえば戦闘機スピットファイアを欠きドイツ軍に対抗し難いとか、当時のイギリスの保有戦力的問題

2006-11-01

「ナイトメアー ビフォア クリスマス」

[]「ナイトメアー ビフォア クリスマス」のウーギー・ブギー

f:id:D_Amon:20061101133918j:image

カミさんのキャラ弁。今回は「ナイトメアー ビフォア クリスマス」のウーギー・ブギー。

時間があまり無かったので短時間で作れるキャラゆえに選択したのかなと思いました。

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 | 11 |
2099 | 01 |
AX アクセス解析