Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-07-31

仮面ライダー電王のモモタロス

[]仮面ライダー電王モモタロス

f:id:D_Amon:20070731124721j:image

カミさんのキャラ弁。今回は仮面ライダー電王のモモタロス(デフォルメ版)。

カミさん曰く、惨敗とのこと。

この結果を踏まえ、腕を上げてリベンジすると宣言していました。

Perfect-Action~Double-Action Complete Collection~

[]2007年7月31日のコメント収集

知らないくせに、先入観とかイメージで批評しちゃう

楽天ブログ - パソコン・モバイルから無料で簡単にブログを楽しもうのtake160R氏のコメントに共感したので記録。

まあ。アレだ。

何を好むかはその人次第。

俺はバイク好きだけど、世間一般の人からすりゃ、やれ「危ない」だの「うるさい」だの「不良」だのと、ネガティブなイメージは枚挙に暇が無い。

けど、大概そういう風に大きな声で批判する人って、その物事をよく知らないことが多い。

知らないくせに、先入観とかイメージで批評しちゃう。

本気でその物事に取り組んでる人にとっちゃ「何も知らねえ癖に悪いようにいいやがって」ってな感じで迷惑極まり無い。

別に理解しろとは言わねえが、お前の知らねえ分野で、お前のイメージだけで、ついでにテメエの偏った物差しで測りに掛けて俺様見下して優越感に浸ってんじゃねえコノヤロー、工業用サンダーで頭蓋骨一刀両断して脳漿カキ出しt(以下検閲により中略)て、東京湾に簀巻きにして沈めんぞ!?と言った感じw

世の中、何かって言うと自分と反対のスタンスの人間を見下す人がいるけど(俺もか)、見下さずに「そういう考えかたもあるんだね」って割り切れる人が大人なんだねー。

しみじみっ。

根拠の無い先入観や思い込みで相手を断じ批判する人って迷惑極まり無いですね。

自戒も大事。

創造論(創造科学)のガイドライン(仮)

no titleより。

某掲示板でハケーンした「創造論(創造科学)のガイドライン(仮)」なるものです。


0. 科学とはどういうものであるかについての理解が全くない

1. 根拠となる科学的事実よりも信念から来る想像力が優先される

2. 科学的根拠のない主張、既に否定されている主張を繰り返す

3. 創造論と矛盾する科学的事実には一切無視を決め込むか破綻した論理で全否定を試みる

4. 信用に値しない学説(珍説)でも、創造論に有利と判断すれば採用する

5. 何の根拠にもならない聖書の成句を持ち出して悦に入る

6. 何の根拠にもならない有名人の発言を持ち出して悦に入る

7. 通常の科学学説を全く意味不明な独自解釈でもって創造論を裏付ける証拠であると強弁する

8. 既存の科学理論を曲解し、進化論否定の証拠であると強弁する

9. 神・霊・信仰などの証明不可能な概念を持ち出す

10. 「生命の起源」という進化とは全く別の問題を持ち出して進化の事実を否定する

11. 「複雑」とか「巧妙」「神秘」とかいう感覚的な言葉を多用する

12. 進化論否定を試みれば創造論の正しさの証明になると錯覚している

コミュニケーション全般においても事実より想像力を優先されてはたまりませんね。

[]tasoiさんの宿題

tasoiさんへの再応答 (2) - 黒く濁った泥水を啜る蜥蜴コメント欄より。

一例を挙げると、済まない気持ちが凄くあるけどムリヤリ例に出すけど、

ニート』。『ワーキングプア』。『ホームレス』。

何でもいい。その彼らをきちんと見るとさ、

こういうこと言ったら誤解されるかもしれないから怖いけど、

びっくりするほど愚か(一般的な価値観からすれば)な人が相当数混じってるよ。

ニートの場合だと、ほんっと愚かしく馬鹿げた、甘えた戯言をほざいてたり、

ワーキングプアの人なら、ほんっと計画性が無かったりとか自分の頭脳を過大評価してたりとか、

ホームレスの人でもさ、酒タバコが自由に飲みにくいぐらいで職を放り出したりとか、

無計画な借金重ねて闇金ハシゴとか、感情押さえきれずに暴力に手を染めちゃったりとか、

申し開きできないような原因で離婚し&親権奪われちゃって路頭に迷ったりとか。

言葉きついし極論じみてるけど、そういう人、1%とか2%じゃなくて、もっと居ると思うよ。

ていうか、ごめんけど居る。

そのうえで、

“それでも”福祉は必要だし、そういう人もまとめて助かるべきで、助けることで結局それ以外の人もみんな助かるんだよ。

なんで制度が維持されてるかっていうと、そういう制度を支えるのは、『共感と合意』って面が大きい。それが核です。

決して、法律で決まってるから決まってるーみたいなトートロジーではないです。

なんで共感すんの?って言えば、自分も似たようなものだからかもしれない、人間だからかもしれない。

このあたりの感覚、D_Amonさんにはたぶん全く納得できないでしょ?

要するに世界観、人間観、社会観、そういうのが、根こそぎ違うっぽいなーってことです。

の「このあたりの感覚、D_Amonさんにはたぶん全く納得できないでしょ?」の論理的根拠を私の過去の発言を引いて説明しなさい。

そういえば、その記事のブックマークでkiya2014さんが言ってたよね、

「いつもいつもネットを叩きたいという気持ちが強すぎるんだよな、この人」って。

多少好き嫌いがあるのは別にいいさ。

でも、好き嫌いのあまりに色んなものがゆがんできてしまう段階になれば、それはやりすぎってこと。

嫌大衆厨とか、嫌ネット厨でしょ、とどのつまりは。

の「いつもいつもネットを叩きたいという気持ちが強すぎるんだよな、この人」の論理的根拠をApeman氏の過去の発言を引いて説明しなさい。

無回答を含め回答次第ではこれらの発言は相手の動機を卑下するための下衆な憶測にすぎないことが確定します。

2007-07-30

1/144ディルファム

[]1/144ディルファムの改造一段落

f:id:D_Amon:20070730021637j:image:left

数年前からどう改造するか煮詰まって放置状態になっていたディルファムの改造が一段落しました。

キットの成型色は緑。つまり、緑でないところが弄ったところ。

キットのままでは小さくて薄いシールドは型を作ってバキュームフォームを行い新造。

肩も小さすぎたのでプラ板箱組みで新造。胴体との接続は1/144ヅダの肩関節を移植して使用。

腕部は設定画と比較して短すぎだったので、設定画のようなゴリラ腕に大型化。それに伴い各部間接を作り直し。

8月の中頃の完成を目指しています。

2007-07-29

[]自らの偏愛を自覚しない人に愛を説かれた

自らの偏愛を自覚しない人に愛を説かれた。

その人は自分を正当化するのに都合が良いように(根拠も無しに!)私の内面を勝手に解釈して作り出した偶像を叩いていった。

「思いを汲み取る」ことって、そういうこと?

2007-07-24

1/48ジープ

[]無版権キット…なのか?

f:id:D_Amon:20070724224632j:image

ハセガワの『1/48 ジープ ウイリス MB』とタミヤの『1/48 アメリカ歩兵 前線休息セット』に付属する小型車輌のボディを仮組みしてみた。ところで、コレ(タミヤの小型車輌)を見てくれ。こいつをどう思う?」

「すごく…○○○です」

「そう、明らかに○○○。しかもキット的にこれを付属品扱いするのはどうかと思う内容。ロイヤリティをけちったのか申請が通らなかったのかあるいは他に理由があるのか分からないものの、これは所謂無版権キットというものではないのか…」

気になること

既にハセガワがクライスラーに筋を通して出しているところに、こういう名前を伏せた微妙な形で競合製品を発売するタミヤの姿勢はどうかと思いますが、気になるのはこういうことをせざるをえなかったのかもしれないタミヤの台所事情。経営状態どうなっているのでしょうね。

個人的には工業製品、しかも半世紀以上前のもの、のスケールモデルを作るのにロイヤリティが必要な状況もどうかと思います。*1対象は異なりますが、半世紀を越える昔の映像などの場合、著作権が切れて安価にDVD化されていたりするわけですから。

他に気になるのは、普段は香港などの無版権キットをレイシズム正当化の姿勢丸出しで叩いている人々の反応。*2二重基準であるか否かの確認にもなりますから。

キット雑感

f:id:D_Amon:20070724224752j:image

画像は両方のキットの主要なランナー。画像にはありませんが他にクリアパーツもあります。

左がタミヤ、右がハセガワ。

ハセガワの方がエンジンなどを再現し幌も付属している分、用途は広そうですが、モールドはタミヤの方がかっちりしている感じ。ホイールは明らかにタミヤのほうが秀逸。

組みやすさは同程度。

どっちとも近いうちに組みたいと思います。仮組みに使用したマスキングテープの糊がパーツの方に移ってしまうかもしれませんし。

今は、他に作らねばならないものがあるので後回し。


1/48 ジープウイリス MB

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ アメリカ歩兵 前線休息セット

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ アメリカ歩兵 前線休息セット

*1:そういうロイヤリティ支払い構造にはタミヤが先鞭をつけた(らしい)とはいえ。

*2:無版権キットは確かに悪いと思いますが、差別用語を使うのは話は別。

2007-07-23

「アンパンマン」のカレーパンマン

[]「アンパンマン」のカレーパンマン

f:id:D_Amon:20070723120617j:image

カミさんのキャラ弁。今回は「アンパンマン」のカレーパンマン。

カミさん曰く、仮面ライダー電王モモタロスを作ろうと思っていたものの、色々な理由で諦めたとのこと。

それで、何でカレーパンマンになったのかについては答えてくれませんでした。

ほかほかアンパンマン 6.カレーパンマン

2007-07-21

[]キャンペーン参加

ということで、

はてなスターTシャツ欲しい!

後は気に入ったエントリーに☆をつけるだけ。

2007-07-20

[]「思いを汲み取れ論」には付帯条件があります

どんな批判に対してもある程度効果的な無効化を図れる論法 - 模型とかキャラ弁とか歴史とかで解説した「思いを汲み取れ論」には付帯条件があります。

それは、思いを汲み取る対象と感覚が合うこと。

これにより感覚が合わない対象(例えば気に食わない相手)の思いは汲み取る必要が無くなるわけです。思いを汲み取らないのは感覚が合わない対象の方が悪いからというわけですね。

こうすることにより相手の方を悪者にして相手の思いを汲み取ることを拒否することができるわけです。

「対話においては互いに思いを汲み取ることが大事。だから、貴方は私の思いを汲み取りなさい。しかし、私は貴方の思いを汲み取りません。なぜならば貴方の言動は私の感覚に合わないから」*1

人間という社会的生物にとって「互いに思いを汲み取る」ということは概ね大事な規範

その規範を笠に着て、自分の思いを相手に汲み取るように求めつつ、相手の思いを自分が汲み取ることは感覚に合わないことを理由に拒否すると。随分と都合のいい話ですね。

「思いを汲み取れ論」は結局のところ、一方的に相手にだけに「自分側」の思いを汲み取ることを求めているだけなんです。「思い」を盾に「自分側」の考えを相手に押しつけようとしているだけ。

「思いを汲み取れ論」の目的

「思いを汲み取れ論」を持ち出す方が何を目的としているかは「思いを汲み取れ論」が持ち出される状況を考えれば明らかでしょう。

目的は非難されているものを擁護するため。

「思いを汲み取れ論」は論争において非難されているものを擁護する手段であり、非難されている行動を情によって正当化しようとするものということ。

理によって正当化できないものでも、何とかして人々の共感を得られれば情によって正当化できる場合もあるわけで、「思いを汲み取れ論」の狙いはそれです。

感情論による正当化と感情論の正当化

先人への敬意というのならば、国家の犠牲となった先人への敬意があるからこそ私は戦死を顕彰することで犠牲者の存在に対する戦争指導者への批判を逸らし「英霊の犠牲を無駄にしない」という名目で無謀な戦争拡大の心理的装置を担った靖国神社の欺瞞を批判し参拝に反対するわけです、と参拝反対の理由にも使えますし私にしてみればこっちの方が妥当。

感情論による正当化と感情論の正当化 - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

上記引用文は靖国参拝賛成などの理由として先人への敬意を持ち出してきた人に対する私の言葉。

リンク先を読んでもらえれば分かると思いますが、私は先人への敬意という思いをもって参拝賛成の理由とする人に対して、同じように先人への敬意という思いを持ち出すことで対抗するということをしませんでした。

その理由を説明することが、私が「思いを汲み取れ論」に否定的な態度をとる理由のいくつかの説明にもなるので引用しました。

以下にその理由を説明します。

議論が平行線になることを避けるため

「思いを汲み取れ論」に「思いを汲み取れ論」をもって対抗した場合、こちらの出した「思い」に対する相手の対応を大雑把に予測すると以下のようになります。

  1. 思いを汲み取らない(スルーしたり、思いを汲み取らない理由探しをする)
  2. 思いを汲み取る
    1. 思いに基づいた主張は受け入れない(主張は受け入れられない理由探しをする)
    2. 思いに基づいた主張も受け入れる

1にしても2.1にしてもこちらの「思いを汲み取れ論」は無効。2.2の場合のみ有効。

「思いを汲み取れ論」は思いを汲み取らせることが論争を有利に進める*2手段になっている時点で相手が2.2の対応を行なう可能性は低いと考えるのが妥当。

仮に相手がこちらの思いを汲み取ってくれたとしても、その思いに基づいた主張を受け入れてくれる可能性は低く、互いの思いの価値比べなど主張を受け入れられない理由探しが展開される可能性大。

そうなれば、価値観の違いから来る相互の思いに対する評価の違いから決着がつくことはまずありません。

対して、「思いを汲み取れ論」に「思いを汲み取れ論」をもって対抗することをせず、事実から論理的に導き出される現実認識のみを問題とすれば、そういう感情論や感覚論による平行線の議論は避けることができます。

代弁する権利があるのか

これは私的な思いですが、自分自身に「思いを汲み取れ」と言っている対象を代弁する権利があるのかということも問題。引用した話の場合、私自身に戦没者を代弁したいという思いはありますが、別に戦没者に頼まれたというわけではないのですから。

頼まれたわけでもないのに「誰某のためにやっている」とある種の「義務感」や「使命感」を笠に着て話を展開するのは私の性に合いません。

私はそういうことは戦没者を代弁したいと思う自分のためにやっているわけで、そういう自分のためにやっているだけのことで代弁する権利を行使するのはおこがましい行為と思うのです。

個人的な感覚の問題。ゆえに無視されても構わない理由。

異質な他者の思いを汲み取れるのか

「思いを汲み取れ」と言われても相手によっては思いを汲み取るのが困難な場合もあります。

例えば私の場合、似非科学歴史修正主義レイシズム宗教的信念などに対して思いを汲み取れるかといえば、非常に困難です。

どんなに異質な存在であろうとその思いを汲み取ろうという、ある意味、博愛主義的な言動は理想ではありますが、大抵の人は異質な他者の思いを汲み取ろうとはしません。代表的な異質な他者に対する反応は拒絶したりとか笑いものにしたりとか。

そのようにして、感覚的に受け入れられない異質な他者の思いは汲み取れないのであれば、「思いを汲み取れ論」が通用するのは基本的に感覚を共有できる範囲の人々の間でだけ。

「思いを汲み取れ論」がその程度のものでしかないのであれば、異質な他者との意思疎通には最初から使えはしません。

であるならば、思想信条の異なる異質な他者との対話可能性を模索している人にとって「思いを汲み取れ論」は無意味であり、それを説かれることは迷惑以外の何ものでもありません。

感覚を共有できる人同士で使うのは大いに結構ですので、お好きにどうぞ。

神経を逆撫でする「思いを汲み取れ論」

これも個人的な感覚の問題ですが、「思いを汲み取れ論」は、というか「思いを汲み取れ論」に限らず「感情に訴えかける言葉」で他者を操作しようとする言葉は、その意図次第では私の神経を逆撫ですることがあります。

「英霊たちの多大な犠牲」 - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

上記記事の場合、相手が「英霊たちの多大な犠牲」という「感情に訴えかける言葉」で過去の日本軍の蛮行を糊塗しようとしたことが私の神経を逆撫でしました。

「英霊たちの多大な犠牲」の実態に対して、それを美化して誤魔化しの手段にする無神経ぶりが頭にくるんです。

しかし、そういう情をそのまま表現しても相手には伝わりません。大抵の場合、相手には美化して誤魔化しの手段にしているなんて自覚はないのですから。

相手はこちらに情を解することを求め、こちらの情は解さないという凄まじい一方通行ぶり。それがまた腹立たしかったりするわけです。

そういう一方通行ぶりも私が「思いを汲み取れ論」に対して否定的な理由の一つ。

感情論や感覚論による平行線を避けるために理に徹する

結局、「思いを汲み取れ論」は「自分側」の「思い」を相手に汲み取らせることで「自分側」の行為を正当化しようというもの。「相手側」の「思い」なんてお構いなしなんです。凄い非対称性。(大抵の「思いを汲み取れ論」を使う人はその非対称性に無自覚なようですが)

で、そういう非対称な感情論や感覚論に付きあっても消耗するだけで無意味なわけで、情では相手に通じないからこそ、「思いを汲み取れ論」を否定し、情を心の内に理に徹っさねばならないわけです。

黒蜥蜴氏とid:tasoi氏のやりとりについて

はてなブックマーク - どんな批判に対してもある程度効果的な無効化を図れる論法 - 非行型愚夫の雑記に始まる黒蜥蜴氏とtasoi氏のやりとりについて。

当サイトで使用しているバナーがきっかけになっているのですが、「思いを汲み取れ論」にも関係しますのでここで取り上げます。

no title

tasoiさんへの応答 - 黒く濁った泥水を啜る蜥蜴

no title

tasoiさんへの再応答 (1) - 黒く濁った泥水を啜る蜥蜴

tasoiさんへの再応答 (2) - 黒く濁った泥水を啜る蜥蜴

現時点では以上のやりとりが行なわれています。

私が件のバナーを貼った経緯は下記記事を読めば分かると思います。参考までに。

共謀罪の適用基準 - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

バナー賛同します - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

長期拘束はそれ自体が洗脳手段となる - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

tasoi氏の人格

tasoi氏は善良な人なのだろうなと思います。

例えば、

・・・「ヒク」「さすがにこれは無い」とか表現すると、ひどいかな?

傷ついたらごめん

とか、

・・・・こうやって片側だけ叩いてると、偏向とか言われるかなあー。

とりあえず、特定の国を叩く意志がTasoに無いことは

前書いたエントリー(朝鮮通信史のとこ)とかからも察して欲しいかも・・・。

難しいなあ(´・ω・`)

※記事がありません - たそい人の日記

というようなtasoi氏の言葉。

引用した記事の小林よしのりと大差ないように見える慰安婦に対する認識や、「本来は構造的には、左派こそがこの問題に神経質にならなきゃならないはず」という発言*3に見られる責任押し付けぶりはさておき、これらの発言はtasoi氏が自分なりの中立かつ善良であるための基準を持っていて、それに従っている根拠に見えるからです。何故ならば、そういう基準が無ければ、このように基準に叛いた自身の言動に対するフォローの言葉を書く必要はないから。

ただし、それらの言葉は相手に対するフォローではなく、謝罪にしても危害を加える相手に対して「悪く思うな」と言ったりする類いの謝罪なわけで私には欺瞞にしか見えないわけですが。

tasoi氏は程度やバランスというものを重視し、それ自体は概ね正しいことではあるのですが、

・・・というか、『意志に反して』云々ってのは、意志に反してたら駄目ってことかな。

それなら今労働してる人たちの何割が該当するんだろうね。

自分だって、働かずに済むなら働きたくないですwwwwwwwwwうぇ

とりあえず、「全体として意志に反する行為があった」程度なら、どこにでもあって

国を問わずにある話なので、これを問題視するならきちんと平等に全国問題視しましょう。

というのは、程度に含まれる範囲を広げることにより境界を無くしてしまう極論でしょう。

どうやらtasoi氏は「あれを問題視してこれを問題視しないのは程度問題」(境界あり)、「どこにでもある話なのだからあれを問題視するなら全て平等に問題視すべき」(境界なし)というのを使い分ける人のようです。

実に賢明ですね。ただし、それらはどのような場合に使い分けるかから、使い分ける人の偏りが透けて見える両刃の剣だったりもします。*4


含まれる 程度の範囲 広げれば 境界消える 程度問題


関係ないですが、引用したtasoi氏の記事冒頭の寄生虫の話題の元ネタの動画はインチキです。

お探しのページは見つかりませんでした。 | 都市伝説的な健康の話題いろいろ

no title

tasoi氏の言葉の定義

tasoi氏のこの言葉には苦笑してしまいました。

↓対話例

たそ「このアレなバナーは何さー?(汗」

亜門「これはその法律とかに対して、よっっっぽどムカついたからやってんだよ」

たそ「うーん、そうなのかあ。丁寧に書いた方が伝わるんじゃないの?」

亜門「放っとけバーカw」

たそ「(`Д´)放っとくよバーカ」

こういう感じに、普通に対話できるんじゃないかな。

「会話する気無いなこいつ、みたいなのがビシバシ伝わってくる」対話例ですね。完全に物別れに終わっている状態。

まあ、確かに「対話」の文字通りの意味は「双方向かい合って話をすること」なわけで、そういう意味ではこういう物別れでも「対話」と見做すことはできるでしょうし、そういう意味であればどんな相手とでも「対話」が可能であろうと思います。

しかし、「対話」の意味するところがそれだけなのであれば、この世に「対話に努める」なんて表現は不要ですね。

そういう意味で「対話」という言葉を使えば、私が元記事で使った「思想信条を越えた対話可能性」という表現も無意味になります。そういう意味での「対話」に思想信条の差なんて関係ありませんから。

tasoi氏のこの応答は「対話」という言葉が使われた文脈を無視しています。「対話」という言葉自体は同じでも文脈上での意味には差があるのに、その境界を無くしてしまう極論。


この「対話例」での役割配分にしても発言内容にしても「思いを汲み取る」といった主張に対して雑すぎるというものでしょう。

tasoi氏の役割は善意の忠告を行なう方。対して私の役割は最初に相互理解を拒否する方。

その過程で行動に至った相手の心情や精神的傾向を汲み取ったとはまったく思えない台詞を私に言わせ、一方的な拒絶をさせているわけです。

こうすればtasoi氏的には、相互理解を求めているのに相互理解が成立しないのは相手の方が悪いからということにできて万々歳ですね。

話す前から相互理解を拒否していなければできない、見事なまでに相手の思いを汲み取っていない役割配分と台詞だと思います。

tasoi氏の「悪意がそんな無いもん」というのは自らの言葉に含まれる悪意に無自覚なだけではないでしょうか。

台詞ですが、実際の私でしたら「丁寧に書いた」例を示すことを求めるでしょうね。そういう風に言う以上はどう丁寧に書けばいいかというのが頭の中にあるはずですから。

で、出してきたものがより効果的と判断すればそちらの方を採用することでしょう。

tasoi氏の基準

tasoi氏の二つの記事を要約すればこうなるでしょうか。

「私がこう思うから、貴方もそのように思いなさい。貴方がそのように思わないのは貴方が程度問題を無視しているからだ」

このように約したのは、記事の内容が「私はこう思う」と「貴方のは程度問題を無視した極論と思う」の羅列だったから。

それはさておき、tasoi氏は程度を問題にしていて、それ自体は良いことだと思いますが、その程度の基準が問題。

程度の基準は徹頭徹尾tasoi氏の個人的感覚、つまりtasoi氏の主観。

他者の意見も引いてはいますが、主観に基づいた意見を補強するために自らの主観に合う意見を集めているだけ。単なる事例の恣意的選択であり、tasoi氏の意見に客観性を付与するものではありません。

程度を判断するに当たって統計的手法などで客観的な基準を設けようという姿勢皆無。

こういうのを見るとtasoi氏の言うところの程度というものが俄然疑わしくなってくるわけです。

自らの主観が中心で、自らの感覚に合うのは「バランスが取れている」、自らの感覚に合わないのを「バランスを欠いている」と表現しているだけではないかと。

そういう風に自らの主観を中心にしているから自らの偏りに無自覚でいられるのではないかと。

「引いてしまう表現、言説」での程度の基準にしても、tasoi氏の感覚に合うか否かによって、つまりtasoi氏の主観によって、思いを汲むか汲まないかが決まるわけです。

tasoi氏の主観で憎悪や悪意を感じるああいうバナーはひく。ひいてしまう表現に対しては思いを汲み取る必要はない。だから思いを汲み取らないと。

なんとまあ恣意的な。

そういう風にして憎悪や悪意が思いを汲み取ることを拒否する理由になるのならば、当然、「素朴な正義感でリンチを行なう人々」が示した憎悪や悪意を理由に思いを汲み取ることを拒否しても構わないということになります。

「素朴な正義感でリンチを行なう人々」の度を越えた「『憎悪の壮絶な渦巻きっぷり』に、すごく驚くし混乱するし、口がぽかーんとなる(´・ω・`;)」のでひいてしまい、その思いを汲み取ることを拒否しても問題なし。

「素朴な正義感でリンチを行なう人々」の思いを汲み取ることを求める一方で、「度を越えた憎悪や悪意を感じるバナーを貼っている人々」の思いを汲み取ることを拒否するなんていうのは、自らの恣意性に無自覚でなければ出てこない言葉というものでしょう。


しかしまあ、こういう基準はある意味、実に素晴らしいです。私も早速使ってみたいと思います。

「素朴な正義感でリンチを行なう人々」の行動に見られる度を越えた憎悪と悪意にひいたので、「思いを汲み取って欲しい」と言われても、そういう人々の思いは汲み取りません。

「思いを汲み取れ論」なんて無効で無意味で相手にする価値なし。つべこべ屁理屈を捏ねられても相手にする必要が無くなって、めでたしめでたし。

*1:類似しているものに「人の話を聞くことは大事。だから、私の話を聞きなさい。しかし、貴方の話は聞きません。なぜならば、貴方の話は無知と悪意によるもので聞く価値がないから」というのもあります。

*2:論争に勝利すること、もしくは論争に負けないこと

*3:気に入らないものに対して文句を言いたいだけの人や、人に何かをやらせて自分は文句を言うだけの楽な立場に置きたがる人がよく使う種類の言葉。

*4:自らの偏りに無自覚なのかなとは思いますが。

2007-07-19

「どこでもいっしょ」の井上トロ

[]「どこでもいっしょ」の井上トロ

f:id:D_Amon:20070719115049j:image

カミさんのキャラ弁。今回は「どこでもいっしょ」の井上トロ。

カミさん曰く、8周年まで後二日だからだそうです。

no title

そういう風に具体的な歳月の流れを示されると、PSのあのゲームの頃から随分と時間が経ってしまったことを実感させられます。

リボルテックヤマグチ No.29 井上トロ

2007-07-15

「三つ目がとおる」の写楽保介

[]「三つ目がとおる」の写楽保介

f:id:D_Amon:20070715131015j:image

カミさんのキャラ弁。今回は「三つ目がとおる」の写楽保介。

グッズに使われているデフォルメ版を見ながら作っていました。

コメントで要望があったシャアザクに関しては「今、どうやって作ったらいいか考えている」とのこと。

三つ目がとおる (1)

2007-07-13

働くシャア専用ザク

[]働くシャア専用ザク

f:id:D_Amon:20070713235943j:image:left

所用で数日旅行していました。画像はその旅行先の家電量販店で見た1/12スケールシャア専用ザク*1。ヘルメットをかぶって防災活動の宣伝に協力していました。

むごいことに盾とスカートアーマー*2が無くなっていました。

こういうように太腿まわりの構造が明らかだと、股関節が無可動で足は直立以外の姿勢が取れそうにないことが分かってしまって、何となくがっかり。

何にせよ、こういうのがマネキン代わりに働いている姿は、それだけで私の心の琴線に触れるところがあるなあと思いました。

[]はてなのプレゼントキャンペーン

はてなTシャツ欲しい!

追記(2007/07/14)

コメントで突込みを頂いたので好きなキーワード3つを追記。

好きなはてなダイアリーキーワード
  • ブサヨク
    • こういう説明文を書く人の自らの醜悪さに対する自覚の無さが人間観察として面白いから
  • ネット左翼
    • ネット右翼という言葉に対する説明を反転させただけの内容の雑さと、ネット右翼という言葉と比較しての使用頻度の少なさから伺える普及していない様が面白いから
  • 左翼
    • 説明文の編集過程が面白いから

あえて偏った選び方をしてみました。

人間の心の醜悪な部分を見ると笑いがこみ上げてくる私は病んでるなあと思いました。

*1:角を除いた頭頂高150cmくらい

*2:腰まわりの装甲のこと

2007-07-05

[]素朴な正義感という言葉で揶揄されているもの

2007年06月26日 D_Amon 社会, ネット, コメント欄 コメント欄の素朴な正義感で動いている人の姿。

はてなブックマーク - Apes! Not Monkeys! - リンチと化す“祭り”

例の「当て逃げ」被害騒動でコメント欄に大量書き込みしている人に対して「素朴な正義感」という言葉が私を含め複数の人々に使われました。

そして、私はこの「素朴な正義感」という言葉に対する反応をいくつか読みました。

もっともと思う意見もありましたし的外れと思う意見もありました。

「彼らを動かしているのは『素朴な正義感』などではない」というのは、私もそう思わないでもありません。

人が正義を求める理由は様々。私的な鬱憤晴らしのための口実として正義を欲する人も世の中にはいます。

その正義は「躾(しつけ)」という名の幼児虐待だったり、「犯罪者に対する正当な制裁」という法を無視した集団リンチだったり、「悪者退治」というヘイトクライムだったりすることもあります。

他人を傷つけ、他人を貶め、そうすることによって憂さを晴らす心根の卑しさを覆い隠すための正義。

そういう正義の臭いを私も感じないわけではありません。しかし、それはコメントのいくつかからの憶測に過ぎません。

「素朴な正義感」はそういう憶測を抜きにして表面化しているものを表現した言葉です。

他の人がどういう意味でこの「素朴な正義感」という言葉を使ったかは分かりませんが、少なくとも私はこの言葉を揶揄目的で使っています。

何を揶揄しているかといえば、感情に支配されていること。感情のままに暴徒化していること。

感情に支配される人間の何が駄目かといえば、簡単に扇動されてしまうこと。そういう人は感情に働きかける言葉で容易に操作されてしまいますから。

私は人に扇動されやすさを克服することを求めているわけで、その手段の一つとして自らの感情が動く構造を知り自らの感情を制御することを挙げていたりします。そういう観点からすれば、感情に支配されるというのは、扇動されやすさの克服とは対極。

私は人に自らの感情を理性で制御することを求めており、そこから感情に支配されていることを揶揄するというわけです。

そういうわけですので「素朴な正義感で動いている人」を「思いを汲み取れ論」で擁護しているのを見ると的外れと思うのです。

まあ、確かに人は感情に支配される方が自然といえば自然。

感情に支配される方が自然だからこそ、相手を操作するために感情に訴えかける言葉を使う人もいるわけですし。

それでも私は人間という生物を信用します。いつの日かそういうことを概ね克服できる日も来るであろうと。

歴史を見る限り、人間は後戻りをすることもあるもののトータルでは良い方向に進んでいける生物ですから。

2007-07-04

[]居はしないのさ そんな人

以下のブックマークコメントを読んで思ったこと。

2007年06月30日 kiya2014 「経済弱者の問題解決が多数派に成りえないのは、当の経済弱者な人の多くが問題解決に与しないから」 それ結局保守のよくやる自己責任論じゃん。はて、ホンモノの左翼ってどこにいるんだ?

はてなブックマーク - 自分は越える気も無いハードルを他人に押しつける人 - 非行型愚夫の雑記

「わーい、漢字で左翼認定されたよ!」ということは置いといて。

そもそも自己責任論ではなく現状認識

というか、民主主義国家の国家意思は基本的に(相互の妥協によって成立する)多数派が構築する(ことになっている)というのに、その責任を少数派でしかない「既存左翼」に被せ責めたてるという行為自体が私にしてみればナンセンス。経済弱者の問題解決を図る動き自体が成らないのは、それを望むのが(本音としてはともかく投票結果としても運動としても)少数派だからというもの。

そして、経済弱者の問題解決が多数派に成りえないのは、当の経済弱者な人の多くが問題解決に与しないからというものでしょうに。

自分は越える気も無いハードルを他人に押しつける人 - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

「民主主義国家において経済弱者が多い」のにかかわらず「経済弱者の問題解決を図る動き自体が成らない」理由は「当の経済弱者な人の多くが問題解決に与しないから」

今おかれている状況を示す現状認識であって自己責任論ではありませんね。

それが自己責任でなくて何が自己責任なの?

「保守のよくやる自己責任論」の何が問題かといえば、実質的に選択肢を奪っておいて、選択した結果に対する責任を負わせているところ。

例えば、過重労働しなければ暮らしていけない状況に人を追い込んでおいて過重労働の結果の過労死や労働災害を自己責任というような理不尽が問題なわけです。

対して、経済弱者な人が経済弱者の問題解決を図る動きに与しないというのは、そういう風に選択肢を奪われた結果でしょうか?違いますね。自らそういう選択肢を捨てた結果でしょう。

実質的に選択肢を奪われて追い込まれているわけではなく、自由な選択肢があるわけで、その選択肢を取捨した結果が自己責任でなければ何が自己責任というのでしょうか。

選択肢は今でもあるわけで、少しでも経済弱者の問題解決を図る動きを多数派にしたいのであれば、今からでも経済弱者の問題解決を図る方につくことです。

どこまで甘ったれているのですか?

「ホンモノの左翼」って何ですか?

文脈から察するに「自己責任論」とかとやかく言わずに経済弱者を救ってくれる人をさしているのでしょうか?

だとすれば無理ですね。

数的に問題を解決する力を持たない以上、救えるわけがありません。それを救うというのは自動的に「できもしないことを語る」ことになるわけです。

民主主義国家における主権者である人々が自己破滅的な選択を行なえば基本的に破滅に向かって進むことになるのは当然のこと。

誰かがその選択に対する責任を代わりにかぶって人々を救済するなんてことは、望みとしてはありえても実現は無理。

主権者であるということは、現状に対する責任がある当事者でもあるということ。

当事者であるにかかわらず、当事者であることの責任を放棄し、それでいて無理な要求を他者におしつけるというのはどうしようもない甘ったれというものです。

そういう風に甘ったれて生きるのも自由と思いますがね。

無理なものは無理

誰もが人並みの生活ができる社会は私の理想です。可能ならば貧困を撲滅したいものです。人が自らの選択の結果、不幸な状況に陥ったとしても、その不幸な状況から救われて欲しいと思います。留保の無い生の肯定を!

しかし無理。「力なき正義は無力」という当たり前の理屈で。(正義なんておこがましいですが)

できないものはできないのです。民主主義国家において数的に力を持たないということはそういうことです。

そして、そうなっているのは人々の選択の結果。

まあ、選択肢は色々あるわけで、今からでもその中から自由に選択すればいいと思いますよ。

どんなに保守の政策に国民生活が破壊されようと左翼を攻撃する自分を肯定するために左翼を支持しない理由探しをするのも自由。自らの暮らしに直結する問題の解決を図る方に与するより、自らの差別感情に身を任せた言動を行なうのも自由。id:kiya2014さんを含む人々が経済弱者の問題解決を図る動きに与しないのも自由。既存の運動に見切りをつけて自ら経済弱者の問題解決を図る動きを起こすのも自由。自ら「ホンモノの左翼」になるのも自由。自らは何もせず他人の為すことに文句をつけるだけというのは楽ですから、そういう楽な人生を送るのも自由。

そうして自由に選択した結果、なるようになるだけのことです。

政治は選挙民の選択の結果(ということになってます)。選挙民の選択の結果、この世が地獄と化すとしても私には責任を引き受けることはできませんが、選挙民の一人として連帯責任で地獄にお付き合いすることはできますよ。

[]どんな批判に対してもある程度効果的な無効化を図れる論法

どんな批判に対してもある程度効果的な無効化を図れる論法、それは「思いを汲み取れ論」

やり方は、どれほど非難を浴びるような愚かな行動であろうと、そういう行動を取るだけの相応の思いがあったからだと説明し、その思いに対して配慮することを求めるだけ。情緒的な美文*1を書ける能力があればモアベター

そういう行動によって踏みにじられた人がいても、踏みにじられた人の思いからは意識を逸らすように文章を構築するのがコツ。

語られていもしない「思い」を説得的に代弁できるようになれれば上級者。(そこで「なんで語られていもしないことを御前がそんな風に代弁できるの?」と思われるようではまだまだ未熟)

状況により人数にばらつきはあるものの「思いやり深い人々」が共感して追従してくれること間違いなし。

戦争犯罪があろうと救国の理念に燃えていた先人の思いを汲み取れ。

他者が自分と同じように不幸になることを願うワーキングプアの悪意の源泉となる思いを汲み取れ。

素朴な正義感でリンチを行なう人々の思いを汲み取れ。

素直だったり裏があったりと様々な思いを持つ人々が「同感」とか「自分が言いたかったことを上手く言葉にしてくれた」とか「よくぞ言ってくれた」とかの言葉と共に追従してくることでしょう。

世の中にはポジション的な「思いやり深い人々」がそれなりにいるので、論理では正当化できないことでも「思い」であれば正当化できてしまったりするというわけです。彼らの追従により批判のある程度の無効化ができます。

思いを汲み取れ論を使っているのが「敵」だったら「そんなものは感情論に過ぎない」と否定してやりましょう。

「味方」の思いを汲み取れ論が「感情論に過ぎない」と否定されていたら、「敵」を「人の感情を無視する冷酷な連中」と人格否定してやりましょう。

ほーら、水掛け論の大完成。

うんざりするような水掛け論の応酬でどっちにしろ批判のある程度の無効化間違いなし。

批判に対して論理的に決着がつかないようにして有耶無耶にしたい人にもお勧めの方法です。

好きにすればー?

私としては「思い」という、ある意味無敵なバリアー(ATフィールドでも可)をかざしている時点で思想信条を越えた対話可能性はかなり閉ざされてしまうと思いますので遠慮しときます。

人の思いを汲み取ることは人間関係において大事なことではありますが、論理では正当化できないことを正当化したり相互理解を拒否したりする道具にも使えてしまうのが問題。

*1:私的にはあまり意味の無い修飾が多くて無駄に長い文章のこと

2007-07-02

[]知能が低いのは劣悪だ。知能が高いのは邪悪なので劣悪だ

人種差別民族差別といった出自を理由にした差別では、差別を正当化するための理由の一つとして出自の能力的な優劣が用いられます。対象の出自自体を劣悪と見做し、その出自に属することをもって対象を劣悪と見做し、同じ人間と看做さないことで差別を正当化するわけです。

こういう能力比較は、相手を差別し見下すための理由探しが目的であり、対象を劣悪な存在と見做すという結論が先にあるわけで、対象の出自の能力評価が優れていようと劣っていようと差別の理由となります。

よって、知能が低いことが差別の理由とされるのは勿論、知能が高いことも差別の理由とされます。知能が高いことを「狡賢い」と表現することで。

ユダヤ人は狡賢い」、「中国人はバカだ(社会問題などの場合)」、「中国人は狡賢い(「国際謀略」とか「情報戦」とやらについての場合)」*1

差別主義者の口からつむがれる醜悪な言葉たち。

差別の根拠として自らの相対的優秀性を示すためには能力的に相手が優れていることも差別の根拠としなければならないということです。

「知能が低いのは劣悪だ。知能が高いのは邪悪なので劣悪だ」というわけですね。別パターンとして「体力が低いのは劣悪だ。体力が高いのは野蛮なので劣悪だ」とか。食文化などの文化面のものは省略。

この種の差別主義者の論理では、自らを優秀と見做し相手を劣悪と見做すという結論が先に決まっているわけで、同じ事象でも行為者の出自により評価が正反対になったりします。

他国の謀略は狡賢さの証拠、その一方で自国の成功した謀略は素晴らしいインテリジェンスの成果というように。

本当に狡賢いのは誰だ?

不満を抱えていてその捌け口を求めている人や優越感を満たす機会が少ない人が、こういう差別を煽る言葉に惹かれやすい傾向があるわけですが、こういう差別を煽る言葉に染まるのはそういう人々だけではありません。

不安や恐怖や怒りや集団心理などの感情を操作する情報との計算された組み合わせは、より広範囲な人々を差別感情に染め上げることができます。

そして、そういう風にして不満の捌け口を自らが望む方向に操作することで利益を得るものも世の中にはいるのです。国民の目を「外敵」に目を向けさせることで内政問題から目を逸らさせたい政治家とか、差別感情を利用して相互対立を煽ることが商売繁盛につながる商人とか。

本当に狡賢いのは、そのようにして同じ人間の間に境界を作り差別を煽る連中というものです。

[]ブーメラン

とある運動の記録を見てなんとなく思ったこと。


×:中国韓国操り人形の諸君

○:レイシズムを煽ることで利益を得る連中の操り人形の諸君


×:自虐史観に洗脳されて外国の手先になっている諸君

○:歴史修正主義に洗脳されて宗教右翼の手先になっている諸君

○:管理教育に洗脳されて権力に従順になっている諸君


不毛で無意味で逆効果かも。

*1:支離滅裂なようでいて、いずれにしても相手を見下す根拠にしているという点において一貫しているわけです。

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 | 11 |
2099 | 01 |
AX アクセス解析