Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-06-27

[]第二次世界大戦当時、アメリカイギリスもまた科学力の優れた国

404 Not Found

ブックマークコメント

はてなブックマーク - technobahn.com?-?このウェブサイトは販売用です!?-?株価検索 株価チャート 株価 銘柄 終値 リソースおよび情報

の「ドイツの科学力は世界一ィィィィィ!」byシュトロハイムな反応を見た際の違和感から書きます。

Ho229がステルス性能を持ちえただろうというのはよく言われることです。その無尾翼全翼機という機体形状によるレーダー反射断面積(RCS)の低さから。

ただ、その機体形状はホルテン兄弟が全翼機の飛行性能の利点を追求した結果で、ステルス性はどちらかというと副次効果というものと思います。

人類がレーダー反射を計算してステルス機を設計できるようになるためには、理論面では後年のソ連電波反射に関する論文の登場をまたねばなりませんし、技術面ではアメリカでの電波反射を計算するソフトウェアと、それを処理できる計算機の登場をまたねばなりませんでした。

確かに、炭素の電波吸収性を利用した表面処理を行えば、全翼型による低RCSの効果を含め、当時のレーダー警戒網では捕捉できない程度のステルス性をもちえたかもしれませんが、全翼機自体はもっと古くからある概念で、それをドイツの科学力の高さの証のように捉えるのには違和感があるんですね。

こんなものをドイツの科学力の証のように捉えるのは違うだろ、と。ドイツの科学力の高さを感じさせるものはもっと他にもあるだろ、と。

パルスジェット飛行爆弾V-1、ロケット兵器V-2、誘導爆弾Hs293、ジェット戦闘機Me262、ブロム・ウント・フォスの発想が自由すぎる異形な計画機たち、etc、etc。石炭液化による合成石油生産も重要、云々。

ジェットエンジン技術は英米も持ちえていたとはいえ、ドイツがロケット技術や合成石油技術などいくつかの技術で英米の先を行っていたのは紛れもない事実。

とはいえ、英米もまたいくつかの技術においてドイツの先を行っていたのも事実。

電波技術、レシプロエンジン技術、大量生産技術とか。

イギリスによる高周波マグネトロンの実用化によるレーダー性能のドイツに対する圧倒的優位、アメリカによる近接信管と電探射撃の開発に見られる電波技術。

航空機の高高度性能に大きな差をもたらす過給器技術や大出力エンジンの開発に見られるレシプロエンジン技術。

B-17やB-24といった四発重爆撃機を万単位で生産するような大量生産技術。資源や労力だけではあのような大量生産はできません。

石油精製技術による高オクタン燃料や高品質オイルも地味ながら兵器性能に差をもたらす重要な技術だったりしますし、原爆の実用化とかも考えればアメリカとイギリスもまたドイツに劣らぬ科学技術大国だったというものです。

ああいう反応を見ると、第二次世界大戦当時のドイツの科学力がオカルト的に誇張されているように見えて、もにょもにょしてしまいます。

「英米の物量に負けたが技術では負けていなかった」的な負け惜しみの声が聞こえるような気がするのももにょもにょする理由。零戦神話戦艦大和神話を聞いてもにょもにょするようなもの。

過給器技術や建艦技術などドイツが英米に比べて色々と遅れていた面もあることや、その科学力が誇張されすぎ(英米はこんな強大な敵を倒したんだぞ的な意味で)な面もあることなどについて色々と知ってしまった今ではそういう話に燃えられなくなってしまった私がいます。

その他のもにょるドイツ兵器の例

ハイブリッド駆動戦車

ポルシェティーガーとかマウスとか、現代ではエコカーで御馴染みのエンジンで発電してモーターで駆動するハイブリッド式で、ポルシェ博士の性格を含め時代を先取りしすぎたドイツ科学の変態性を示す事例として扱われることがあったりしますが、これに関しては当時のドイツの技術では大重量の戦車を動かすための高出力に耐えられるトランスミッションを作ることが困難だった*1ことによる、それなりに合理的な選択だったりします。逆に言えば、この面で米ソ並みの技術があれば、こういう無理な設計はしなかったでしょう。

前進翼機Ju287

これもX-29やSu-47との比較で時代を先取りしすぎた兵器扱いされがちな気もしますが、前進翼の操縦安定性の不足を補う機械的操縦補助技術や、高い機体構造強度を必要とすることによる重量増加を補う複合材料技術の不在を考えれば、むしろ、戦争末期のドイツの無理してる感を引き立てる兵器のような気がします。

科学力は勝利を保証しない

V-1やV-2はドイツの科学力の高さを示す兵器ですが、攻撃手段として費用対効果に優れた兵器ではありませんでした。これらの兵器は当時のドイツにとって報復手段とはなりえても相手を屈服させる手段にはなりえないわけで、科学力が勝利を保証しないことの一例といえるでしょう。*2

ある種の人々にも分かりやすくドイツが勝てなかった兵器的な理由を述べれば、ドイツには制海権を取れるだけの海洋戦力がありませんでした。

制海権を取れなければ、イギリスに上陸作戦を行うことすら困難ですし、アメリカの支援物資などイギリスに対する海上輸送路を断つこともできません。

海上輸送路に対する攻撃手段としてはUボートによる通商破壊が有名ですが、これにしても英米の対潜技術の進歩とともに効果が低下。

こういうことからドイツにイギリスを屈服させることができないことは明らかで、これだけでもドイツの戦争が勝てない戦争であったことは変えられない結果というものです。

こうすれば勝てたのではという仮想戦記的想定も多数なされていますが、戦史検証の結果、否定されています。その良書としては「ヒトラーが勝利する世界」が挙げられます。

ドイツは負けるべくして負けたのです。

ヒトラーが勝利する世界―歴史家たちが検証する第二次大戦・60の“IF” (WW selection)

*1:それを示す一例としてパンター戦車のトランスミッション初期不良が挙げられます。

*2ベトナム戦争もその一例というものかもしれません。

dimitrygorodokdimitrygorodok 2009/06/27 17:06 ソ連(ロシア)の冶金技術も凄かったようですね。錬金術の時代からの膨大な蓄積があったんだと聞いたことがあります。

D_AmonD_Amon 2009/06/27 17:32 治金技術に限らずT-34やIS-2やロケット弾技術や機関銃技術や砲技術を見ると、ソ連もかなりの技術を持った国だったと思います。遅れ気味だった航空機技術も大戦終盤にはかなり英米独に匹敵するレベルになっていますしね。

Hi-Low-MixHi-Low-Mix 2009/06/27 17:37 >エンジンで発電してモーターで駆動
若き日のポルシェ博士は、同様の駆動方式の自動車を作っていましたね。
その経験が彼に戦車への適用を選ばせた面もあったのではないでしょうか。

D_AmonD_Amon 2009/06/27 18:20 確かにそういう面もあるかもしれないと思います。
ポルシェ博士にそういう自らの成果物に対する職人的こだわりがあったろうことは想像に難くないです。

poppo-xpoppo-x 2009/06/27 18:28 ソ連の場合、戦場で鹵獲したドイツ兵器を徹底的に調べ上げて、その長所があれば貪欲に自軍兵器の設計に取り入れるという「敵に学ぶ」姿勢も顕著でしたからね(有名なのは、鹵獲したStG44突撃銃のコンセプトと外見が、カラシニコフシリーズの自動小銃に多大な影響を与えたとか<ついでに機関部は、当時同盟国だった米国からの支援兵器であったM1ガーランドの機構をかなり参考にしたとか)。

D_AmonD_Amon 2009/06/27 19:10 ドイツもT-34ショックで熱心に研究した結果をパンターに活かしていますので「敵に学ぶ」姿勢は十分にあったものと思います。ソ連から鹵獲した兵器も色々と有効活用していましたし。
歴史を振り返ってみると、敵の自らに勝る部分を学べないのは傲慢ですが、「敵に学ぼうとしても技術差がありすぎて学べない」というのは悲惨だなと思います。「敵に学ぶ」ことができるものは幸運です。

Gl17Gl17 2009/06/28 12:13 汎用機関銃の発想は元来マシンガンの数量制限から来ていたり、ドイツ技術って地力の不足をアイデアで何とかしようという感じですね。
だから短期決戦などで奏功があってもガチンコの潰し合いまでは中々対処できない?
プレス技術など各個に先進なものがあっても、VTフューズや原爆のような巨大技術は結局目処もつけられなかったし。

ソ連は戦後いち早く本格アサルトライフルを導入していて、西側が旧来弾薬に近い中途半端さを引きずったのと対照的です。
MP44がかなりの衝撃を与えたのは戦史の語るところで、辛酸を舐めた経験が必要性を思い知らせたのでしょう。
例示なされているT34→パンターとか、痛い目に遭わされたものが自分も欲しい、という欲求は強烈のようです。
(北朝鮮が日本の戦前体制を模倣しちゃうといった一種の失敗例も)

カラシニコフに関しては戦前にドイツのダミー企業・ポルテ社をソ連が接収していて、この資料が生かされているというのが研究家・床井氏の近年のご見解です。
試製弾薬に殆どそのまま7.62×39に近いものがあるとかで。
ただ、トリガー機構やセフティ等は自動猟銃の黎明期製品レミントンM8(ブローニング設計)に瓜二つで、広範な集積に拠っているのも確かですね。
(そういえばM8の.35レミントン弾薬もAKの弾によく似ています)
それらがMP44をドライブにして集積したというか。
無論只の寄せ集めではなく独自性も強烈なのですが。(執拗なスキマの確保とか、過剰なガス圧供給とスプリング圧etc)

D_AmonD_Amon 2009/06/28 22:19 第二次世界大戦のドイツ軍の初期装備は軍備制限による不利を様々な裏道で補おうとした形跡が多数ありますね。航空機にも戦車にも。
ドイツ軍の戦争の過程は、戦力や兵器性能の不利を戦術で補っていたのが、長期戦の結果、相手も同様の戦術を身につけ、戦術での長を失う過程でもあると思います。
巨大技術に目処をつけられなかったのは国家指導層の開発リソース分配の失敗の結果という気がしないでもありません。
ソ連の自動火器の開発過程はなかなか興味深いものがあると思います。
AKなどの設計は工業技術的な部品精度の低さを補う面もあるのではと思います。部品精度が低いゆえにクリアランスを多めに取り、普通ならジャムるような歪んだ薬莢でも力技で排莢するというような感じで。そして、それがアバウトな作りでも確実に動作する信頼性となっているのではと。力技の動作信頼性も動作信頼性という感じで。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20090627/p1
2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 | 11 |
2099 | 01 |
AX アクセス解析