Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-10-27

[]Nationとその訳語について

「民族」か「国民」か(メモ) - Living, Loving, Thinking, Againについてなのですが、

まあ、これはあちこち散在している独逸人が1つの大きな国家を建設して、その国民になろうぜということであって、「国民」と訳していけないわけはない。

に対しては一つの意見として特に反論があるわけではないのですが、

とにかく「民族」という訳語は、俺としては、ethnicityとかethnic groupの方に取っておきたいと思うのだ。

というのは違うのではないかと私は思います。

nation

[名]

1 国, 国家

the United Nations

国際連合

the law of nations

国際法.

2 *1国民(people)

the French nation

フランス国民.

3 民族, 種族. ▼言語・宗教を同じくするが1つの国家にまとまっているとは限らない. ⇒RACE2[類語]

the Jewish nation

ユダヤ民族.

nationの意味 - goo辞書 英和和英

nation [原義は「(文化・言語などを共有する)民族,国民」

1 (政治・社会的に統一された)国,国家(→country類義)
2 [the 〜;単数形で](政治・社会的統一体としての)国民(→race2類義)
3 民族,種族(人種・言語・文化などを共有する集合体としてのとらえ方で,必ずしも国を形成している必要はない);(北米先住民の)部族(連合)(tribe) the Jewish nation ユダヤ民族/the Navajo nation ナバホ族

ウィズダム英和辞典より。

nationという単語は一般的には上記のように訳されるわけですが、「the Jewish nation」のような場合に「民族」という訳語を使わないのは無理があると私は思います。

訳語の対応関係は、無用な混乱を避けるためにも、可能な限り一対一であることが望ましいとは思いますが、nationのような(集団自体か集団に属する人々かなど)文脈によって意味が大きく変わりうる概念の場合はそれは無理というものです。

nation

1 a country, considered especially in relation to its people and its social or economic structure:

the President's radio broadcast to the nation

an independent nation

the world's leading industrial nations

! In most situations, it is more usual to say country:I've been to countries all over the world.|Do you like this country?

2 a large group of people of the same race and language:

the Cherokee nation

ロングマン英々辞典4訂増補版より。

こういう英々辞典での記述もnationが民族や部族としての意味を持ちうることを示しています。

翻訳において、日本語と外国語の概念差から訳語の対応関係が複数対複数になることや、同じ単語でも文脈によって意味するところが変わることから訳語を変える必要が生じることは避け難いことだと私は思います。

こういうことは説明不要どころか言うのもおこがましいこととは思いますが。

そういうわけですから、私としては、文脈や経緯によってはnationに「民族」という訳語を当てるのもありですし、nation stateの意味 - goo辞書 英和和英のように「nation state」を「(単一)民族国家」と訳すのも文脈次第ではありです。

その点において、ナチズムの場合は、ドイツ統一からとり残されたドイツ民族がドイツ国外の各地に散在していたことと、そのことからの民族結集運動でもあったことという歴史的経緯を考えれば、「the Jewish nation」の場合と同様に「民族」と訳すのが正しいと思います。

ナチズムの場合のnationalを「国民」と訳すのは「the Jewish nation」を「ユダヤ国民」と訳すような違和感が私にはあります。これが「the Japanese nation」ならば「日本国民」(文脈によっては「日本国」)と訳すのが正しいと思いますし、実際にそう訳しますが。

tribal nationalismもその民族結集運動の点において「民族」と訳すのを否定しない(むしろ、肯定するのでは)と思います。

もちろん、こういう私の主張は、ナチズムを「国民社会主義」と訳すことを否定するものではありません。

私としてはナチズムの訳語としては「民族社会主義」を推しますが、それは個人個人の認識の差の範囲の問題と思います。訳語が「国民社会主義」であるか「民族社会主義」であるかは、個人個人の認識の差による訳語の選択の差の範囲であり、日本語と外国語の概念差から翻訳において正解と呼べるものが一つではないことは避け難いことと思います。

私的には、ナショナリズムという言葉にしても国家主義、国民主義、民族主義のどれに訳すかは一つに決められるものではなく、状況にあわせて選ぶものです。

そして、そういう状況に対し、個人個人の認識の差により訳語の選択に差が生じるのは仕方がないことだと思いますが、それでもナチズムのnationalを「国家」と訳すのは文脈的におかしいということに対しては広く同意が得られるのではないかと思います。


ウィズダム英和辞典

ウィズダム英和辞典

ロングマン現代英英辞典 4訂増補版 CD-ROM2枚付 <上製版>

ロングマン現代英英辞典 4訂増補版

*1:集合的に単数・複数扱い

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 | 11 |
2099 | 01 |
AX アクセス解析