Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-07-31

[]被爆労働も多重下請けも労働問題の一つ

被曝労働を理解している人ほど高線量の場所では働かない - 模型とかキャラ弁とか歴史とかの続き。

直接そう言われれば、そりゃ「他の業種もそうだ」という。でも現実に問題の立証が「電力産業」と結びつく形でしか提示されなければ、結局は「電力産業に対する特別な罰則」としてしか問題を批判していないということになる。

http://twitter.com/T_akagi/status/229548981028528129

という発言に対し、

@T_akagi 労働組合多重下請け構造を問題視していることは原発に限らず昔からのことですが。派遣法「改正」からは特に。私は赤木氏のこの手の批判こそアンチサヨクからの「ためにするもの」だと思います。赤木氏自身の内面が作り出したサヨクの虚像に反発するための。

https://twitter.com/AmonDaisuke/status/229555447873548288

と返信したら、

@AmonDaisuke 私の主張と全く同じ事を書いての、論旨の混ぜっ返しはウザいのでブロックしますね。

https://twitter.com/T_akagi/status/229555764451229696

と返信されてブロックされた件について。


労働組合は原発に限らず多重下請け構造を問題視していますし、偽装請負などの労働問題で労働者のための活動を行っています。

以上、これまでにも私たちは偽装請負の問題での取り組みをしてきました。

たしかに、問題の解決は簡単ではありませんが、労働組合の援助を得た粘り強い取り組みによって、労働者が「がんばってよかった」と言える解決に至った事例が少なくありません。

実際に労働者を利用し、その労働力利用で大きな利益を得ながら、労働法労働基準法労働安全衛生法労災保険法、社会保険法など)が求める使用者責任を全面的に逃れようとする派遣先の態度はあまりにも不公正です。

こうした違法派遣における派遣先責任を粘り強く追及することは、労働者の保護をはかり、公正雇用を実現するうえできわめて重要なことだと考えられます。

http://www.asahi-net.or.jp/~rb1s-wkt/qa2136.htm

のような記述を読めば労働組合が派遣労働者のためにも活動していることがわかろうというものでしょう。

つまり「この手の「電力会社は例外的に批判するけど、自分たちの産業は守る」というサヨク的イチャモンの付け方は恥ずかしい」という[twitter:@T_akagi]氏の発言は間違いです。

「電力会社は例外的に批判する」なんてことはしていないのですから。

T_akagi氏がそういう実際の活動を知らずに自らが作り出した虚像を叩いているだけなのです。

原発に関する労働問題も労働組合の活動対象の一つですが、多様な労働問題や貧困問題の中で電力会社のケースを扱った場合にT_akagi氏のような発言をされるのはどうしようもない言いがかりというものです。

2012-07-29

[]被曝労働を理解している人ほど高線量の場所では働かない

被曝労働における線量の上限は年間最大では50mSvでも5年間では100mSv。

被曝労働で長期的に計画的に働こうとする人の手持ちの線量は100/5で年間20mSv。

ゆえに被曝労働を理解している人ほど多少日当が高かろうと高線量の場所での作業は避けることになります。年収のことを考えれば当然のことです。

例えば、日当が仮に5万円であろうと作業日あたり2mSv被曝するような場所では20mSvを使いきっても得られる収入は50万円。このような作業だけでは仮に多重下請けによるピンハネが無くても1年間暮らしていけるような収入は得られません。*1

被曝労働で長期的に計画的に働こうとする人はこのような募集にはあまり応じないでしょう。

ゆえにそのような高線量の場所での作業は多少日当が高かろうと募集に対して必要な人数が集まりにくくなります。

どのような事業であろうと必要な人数を集めたければ必要な人数が集まるだけの報酬を支払うべきで、用意できる報酬で必要な人数が集まらないのであれば事業の方に問題があるというものです。

被曝労働の場合で真っ当に作業員を集めたいのであれば20mSvの被曝労働で必要年収分の収入を最低でも得られるような報酬を約束するべきです。*2

作業日あたり2mSv被曝するような場所での作業は必要年収を仮に500万円とすれば単純計算では日当50万円を支払うべきということ。

このような報酬を支払うことは人件費の上昇をもたらしますが、電力会社は電気料金を値上げしてでもその人件費を賄うのが筋ですし、消費者の方も人件費上昇に伴う電気料金の値上がりを受け入れるべきです。経済的弱者の負担増を抑えるために料金体系が大きな累進性を持つことが前提ですが。

東京新聞:ページが見つかりませんでした(TOKYO Web)の記事は

福島第一原発の収束作業で危険手当の未払いなどを申し立てる元作業員の男性は、本紙の取材に、原発の建屋外の作業だと説明されていたことや、被ばくの恐怖と闘いながらの作業だったのに正当な手当が支払われない怒りを語った。

下請け会社も自社の社員が線量を使い切ってしまうと、次の仕事を取りにくい。そこで男性のように臨時の作業員を雇うケースが出てくる。男性は「自分が(被ばく線量の高い作業を短期で担う)高線量要員だったことを後で知った」と話し、「約束した賃金は少なくとも払ってほしい」と訴えた。

というように雇う側が作業に必要な人数を集めるために労働条件を偽って募集したと推測される事例であり、それに対して労働者が正当な報酬を求めている事例。

雇う側が虚偽を必要としたのは提示できる条件が労働者が「そんな条件では働かない」というような条件であったからだろうというもので、このような虚偽の労働条件の提示は資本主義の悪ではなくブラック企業的な悪であり、なされている不公正は資本主義自体のものではないというものです。

そういう被曝労働におけるブラック企業的な悪を示す記事に対して

全国の原発関連労働者の諸君は直ちに結束し「月給1億円貰ってもヨゴレ仕事はお断り」と職場放棄し国家を大混乱に陥れるべき。嫌々ながらでもそこで働く人がいるうちは絶対に原発はなくならない。それが資本主義の掟

はてなブックマーク - 東京新聞:福島第一元作業員「賃金、手当ピンハネ」 労働局に訴え「多重派遣」も:社会(TOKYO Web)

はてなブックマークコメントをしているid:Midas氏の言葉は詐欺か当人の頭の悪さの産物だと思いますし、そのブコメに賛同スターをつけている人々も大概な愚か者だと私は思います。


被曝労働は多重下請けによる中間搾取も問題ですが、この問題に対し電力会社は作業を発注するにあたり作業員一人当たりに支払っている金額を労働者にわかる形で公表しておくべきだと思います。電力会社が作業員一人当たりに支払っている金額と労働者が下請け会社から受け取る金額の差を労働者自身が知ることができるように。

追記

この手の「電力会社は例外的に批判するけど、自分たちの産業は守る」というサヨクイチャモンの付け方は恥ずかしい。作業員一人あたりの金額を公表しろというなら、全ての産業でそうすればいいではないか。なぜ「電力会社だけ」なのか、もう少し真剣に考えた方がいい。

https://twitter.com/T_akagi/status/229506737638633472

「被曝労働者がピンはねされてる!」という批判のバカバカしさは、ソレに乗っかっている連中の生活が、電力ではない産業におけるピンハネによって成り立っているということ。彼らは「電力会社への特別な罰」としてのピンハネ批判しかしていない。全ての業種を批判に含めない。ずるい。

https://twitter.com/T_akagi/status/229507115193081856

まぁ、震災前の格差問題では「お前たちが悪い」という反発をはね返せなかったので、問題を組み直して「電力産業における格差問題だけを問題視する」という枠組みに変えたのだろう。

https://twitter.com/T_akagi/status/229507420139950080

というような[twitter:@T_akagi]氏の言及にこたえると、電力会社に限らず金額を公表すべきだと思います。

多重下請けにおける搾取の問題は原発に限らない労働全体の問題で、それは可視化されるべきですし、労働者は企業による搾取率を知ることで搾取率の低い企業を選べるべき、あるいは労働条件の改善を主張することができるべきです。

ただ、この問題は電力会社で特に大きいことも昔から知られていたことです。権力側の黙認に加えて

東電が行っていることは偽装請負に該当するわけだが、なぜこのことが問題視されなかったのだろうか。その理由の1つに、行政が摘発できなかったことが挙げられる。関係者に聞いたところ「労働基準監督署労基署)が現場作業をしているところに入る場合、抜き打ち検査を行うのが当たり前だ」という。労基署の検査は厳しくて、突然やって来て、書類を確認し、労働者を集めて話を聞いたりする。なぜ抜き打ちをするかというと、会社が都合の悪いものを隠してしまうから。

しかし原発の中は危険なので、予告監督せざるを得ない。管理者の指示に従いながら、検査しなければいけないのだ。このように“手入れ”がしにくい職場なので、長年、不正が隠されてきたのだ。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1106/14/news007_2.html

というような事情による取締りの困難さゆえに。

追記(2012/07/31)

続きを書きました。

被爆労働も多重下請けも労働問題の一つ - 模型とかキャラ弁とか歴史とか

*1:多重下請けによるピンハネ率が8割だと実際に労働者の手に入る金額はこの5分の1。

*2:被曝量が低い作業でも作業に見合う日当を支払うのを前提として。

2012-07-22

[]K-30を購入

f:id:D_Amon:20120716203521j:image

過日、ペンタックスのK-30を購入しました。

エントリークラスの値段でミドルクラスな性能な価格性能比と防塵と防寒が購入の決め手。

模型作っていると細かい塵が飛びちりがちですし作業場所は換気により室温が外気温と同じになりがちで冬場は氷点下になったりすることもありますし。(実際、冬季にカメラが結露することがあったりしました)

購入したのはオーダーカラーの18-55レンズキット。これにしたのは18-55mmレンズがなんちゃってマクロ程度の接写能力は持っていてマクロレンズの予備に使えるかもと思ったから。

組み合わせるレンズはsmc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited。これは室内での近接撮影が基本で撮影距離的にフルサイズ換算で50mm相当くらいを使うことが多いから。

レンズの選択にはno titleも参考にしました。歪曲収差や周辺光量落ちが数値データとして示されているのが非常に参考になります。私はこれを見てシグマの30mm f/1.4 EX DCの購入を踏みとどまりました。レンズ沼危ない超危ない。

電源は付属のバッテリーは使わず社外品の乾電池ホルダーにエネループを組み合わせて使用。実はこの方が付属のバッテリーより電池持ちが良かったりします。縦グリップをつけなくても乾電池を使えるのもこのカメラの魅力。

近接撮影が多いことによる接触からの防御や写りにおける紫外線の影響の除外のためにUVカットレンズ保護フィルターも装着。

購入したのはケンコーのL41 Super PRO WIDE。UV filters test - Description of the results and summary - LensTip.comno titleと見て比較検討した結果、これにしました。LensTip.comの評価を見るとHoyaのフィルターがベストと思えますが国内販売してないことから逆輸入するしかないので入手性から除外。安くすませるならマルミのUVカットレンズ保護フィルターも結構いい性能だと思います。LensTip.comの評価を見る限りシグマのフィルターはカタログスペックは高くても逆光に弱い感じ。

フィルターをつけるとレンズ付属のレンズキャップはつけにくくなるのでキャップ紛失対策もかねてケンコーのストラップ付きレンズキャップも購入。このレンズキャップ、35mm F2.8 Macroの引き出し式レンズフードとの相性もばっちり。


まだ使い込んでいないのですが撮影した結果をフジフィルムのHS20EXRと比較してみました。

↓HS20EXRで撮影した画像。

f:id:D_Amon:20120721000207j:image


↓K-30で撮影した画像。ISO100、絞り優先でF8で撮影したのですが被写界深度が不足気味なのでレンズの性能的にもF11くらいまで絞ればよかったと思います。

f:id:D_Amon:20120721213941j:image


被写体と比べるとHS20EXRの方が実際の色に近い色がでています。

K-30のデフォルトの色写りはデジカメのフィルムシミュレーションでビビッド系の設定を選択した場合のような発色。実際の色よりかなり彩度が高く写ります。作品作り的にはいいのかもしれませんが記録的にはどうかと思うので私的には実際の色に近い色になるように設定をつめたいところ。(彩度が高く写っていたのはカスタムイメージのデフォルトの設定が「鮮やか」(発色とコントラストシャープネスに+補正が入っている)になっているためでした。設定を「ナチュラル」に変更する他、詳細設定で設定値を変更することで解決しました。2012/07/23追記)


↓K-30のピクセル等倍

f:id:D_Amon:20120722104536j:image

等倍だと見えてしまう墨入れの拭き残しの汚さ、はさておきノイズも少なく解像もいい感じだと思いました。HS20EXRではISO100でもこうはいきません。

HS20EXRで気になっていた樽型歪曲収差の問題も解決できますし、個人的には満足な買い物でした。


PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30

Pentax DA35mm F2.8 M Limited(ケース・キャップ付)Pentax DA35mm F2.8 M Limited(ケース・キャップ付)

Kenko ストラップ付レンズキャップ KLC-49Kenko ストラップ付レンズキャップ KLC-49

Kenko 49S L41 SUPER PRO(W)Kenko 49S L41 SUPER PRO(W)

PENTAX k-r 用 単三型電池ホルダーD-BH109互換品PENTAX k-r 用 単三型電池ホルダーD-BH109互換品

PENTAX 単三型電池ホルダーD-BH109PENTAX 単三型電池ホルダーD-BH109

2012-07-21

[][][]ハセガワ 1/72 VF-1S ストライクバトロイドバルキリー ”ミンメイガード”

f:id:D_Amon:20120721213941j:image

f:id:D_Amon:20120721213942j:image

f:id:D_Amon:20120721213943j:image

f:id:D_Amon:20120721213944j:image

f:id:D_Amon:20120721213940j:image

カミさんに作るのを約束していたハセガワの1/72ミンメイガード、ようやく完成させました。

色々と失敗したりそのリカバリーをしたりの結果、自分的には60点なでき。うむう。

とりあえずハセガワ1/72バトロイドバルキリーを作る際の注意点に色々気づいたので次回作るときのために以下にメモしておきます。


膝から下の関節と肩関節のポリパーツはそのままでは重量を支えきれずポーズを保持できないのであらかじめ瞬間接着剤を流し込んできつくしておくこと。

パーツ裏の出っ張っているタイプの突き出しピン跡は嵌め合わせの障害になる場合があるので削っておくこと。特に腕部のFASTパック。

脛部分などはパーツの嵌め合わせを調整しておかないと嵌め合わせたときに接着面が開くのでがっちり接着した上で嵌め合わせの調整もしておくこと。(流し込み接着剤だけでは接着自体が強度不足)

FASTパックの背部と推進用ブースターの接続部分は強度不足気味で折れやすいので補強しておいた方が無難。

VF-1S頭部のカメラ部分は後ハメするより予め塗装してマスキングして普通に組んだ方が無難。


1/72 VF-1S ストライクバトロイドバルキリー ミンメイガード 657681/72 VF-1S ストライクバトロイドバルキリー ミンメイガード


関連リンク

模型画像 MODEL PHOTOS

2012-07-19

[]不当に対する抗議を揶揄するのに「正義感」とか言うのは自らに正義が無いと感じるがゆえの反感のなせることではないだろうか

差別セカンドレイプ歴史修正主義などに対する抗議の声の方を揶揄したくてたまらない人々のそういう反応を見るとなんとなくそう思うのでした。

そういう人々は自らの言動がどういう欲望でなされているのかの自覚を拒否する人々でもありそう。(偏見)

2012-07-16

[]一升瓶のために冷蔵庫を買う男

休暇をとって東京千葉福島を旅行してきました。

f:id:D_Amon:20120716191038j:image

千葉では東京ディズニーランドに行き、福島では酒屋や蔵元をまわり純米から純米吟醸の福島の日本酒を購入。福島牛も買おうと思っていたのですが予定していた店が行ったら潰れていたので買えずじまい。残念。

f:id:D_Amon:20120716191032j:image

9本購入したのですが、1本は人にあげたので手元にあるのは8本。

釣りバカ日誌の映画の影響でやや知名度が高い又兵衛など色々購入。

さすがにこれだけの量を暑さで味が落ちる前に飲むことはできないので一升瓶をそのまま収納できる冷蔵庫を購入しました。

一升瓶をそのまま冷蔵できる冷蔵庫としてはレマコムのRCS-100などが有名ですが、私が購入したのはハイアールのJF-WNC103A-W。

ハイアール 103L チェストタイプ 冷凍庫(フリーザー)直冷式 ホワイトHaier JF-WNC103A-Wハイアール 103L チェストタイプ 冷凍庫(フリーザー)直冷式 ホワイトHaier JF-WNC103A-W

製品としては冷凍庫となっていますが冷蔵温度へ設定を切り替えることが可能です。

f:id:D_Amon:20120716191033j:image

画像では11本ですが一升瓶を12本収納できる*1上に付属のカゴにも小物を収納可能な余裕があり消費電力もRCS-100より低く、一升瓶をそのまま収納できる冷蔵庫で現時点で購入できるものの中では最良の部類と思います。使い続けないとわからないことですが、後は長期間壊れないといいのですけどね。

このような消費活動、味が落ちることを受け入れさえすればこのような冷蔵庫は購入不要で消費電力の低い冷蔵庫とはいえこの節電が要求される時代では電気代の浪費という批判をされても仕方がないとは思います。


今回の旅行の無念。

f:id:D_Amon:20120716191034j:image

会津についた時間が遅かったので会津酒造歴史館が既に閉まっていて見れなかったこと。

f:id:D_Amon:20120716191035j:image

同じく末廣酒造も閉まっていたこと。クラシックカメラ博物館と酒の直販を楽しみにしていたのですが。

f:id:D_Amon:20120716191036j:image

基本的に17時くらいには閉まってしまう模様。

f:id:D_Amon:20120716191037j:image

田楽も閉まっていたのは本当に残念。

今度会津に行くときは昼過ぎには着こうと思います。

*1:段差で高くなっている側の面積や壁面接触による凍結の可能性などを考えると収納する一升瓶は9本くらいに抑えた方がいいかもしれません。

2012-07-03

[]この国には徴被曝労働制が必要だ

この国には徴被曝労働制が必要だ。

この国には多数の原子力発電所がある。

原子力発電所を稼働させるにしろ廃炉するにしろ被曝労働が必要となる。

被曝労働は許容線量と作業場所の線量により一人の人間の作業可能時間は限られる。

労働者の被曝は許容線量より下に抑えねばならない。*1

その考えに立つ限り、線量の高い場所では一人の人間は短い時間しか作業できない。

そのような作業は必然的に多数の人数を必要とする。

その人数をどのように賄うのか。

人数を賄えず一部の人間に許容線量を越える作業を強いるくらいなら国民の中から徴用すべきだ。

線量の高い場所での作業が必要なのは原発事故の場合だけに限らない。

原発の廃炉においても必要となる。

原発の推進・反対に関わらず既に原発がある以上、老朽化した原発の廃炉は必要だ。

廃炉に必要な被曝労働者をどのように集めるのか。

経済的格差を利用して集めてはならないと私は思う。

未来のリスクを避けたいと思いつつも経済的困窮ゆえに今日を生きるために貧困層が被曝労働に従事するということはあってはならない。

徴兵制は悪いが経済的弱者を志願に追い込み志願者の多数を貧困層が占める経済徴兵制はなお悪いと私は考える。

徴兵逃れの手口はおくとして徴兵制は富裕層も対象になるという点において経済徴兵制より公平だ。*2

ゆえに私は被曝の影響が若年層に比べて少ない中年以上の国民を被曝労働に徴用する徴被曝労働制を作るべきだと思う。

被曝労働は高度の技能を必要とする作業ばかりではない。

高度の技能を持つ原発労働者はその技能が必要な作業のために単純作業などさせずに被曝労働時間を温存すべきで、高技能労働者でなくても代替可能な単純作業を担うための被曝労働者をそれで賄うべきだ。

私はこれを実現可能性や経済的合理性ではなく筋論として主張する。

また反対ならば対案を出せとも言わない。

代わりに問う。

志願者が不足するゆえに一部の人間に平時の許容線量を越える被曝労働を強いる悪。

経済的弱者を被曝労働に追い込む悪。

被曝労働者を集めるにあたっての多重下請け構造による搾取の悪。

これら被曝労働に関する諸々の悪を容認するのかと。

既に多数の原発が存在する以上、被曝労働が必要という悪は無くせない。

しかし、被曝労働の必要性に伴う悪は無くせないまでも最小化することはできる。

誰かに被曝労働をさせることが避けられないなら、せめてその被曝労働を公正に分担する仕組みが必要だ。

原発がエネルギー安全保障のために必要だというのなら原発は国有化すべきで被曝労働に従事する労働者も民間で多重下請けをするなどということをしてはならない。

原発に伴う問題から「子どもを護れ」というのなら尚更今の大人は廃炉作業に従事する必要がある。

被曝労働の悪に向き合うのに原発推進も原発反対も関係ない。


東京湾に大規模災害廃棄物処理場を作ろう。

東日本大震災被災地を思うなら一刻でも早い除染と原発事故処理と災害廃棄物の処理が必要だ。

一刻でも早く災害廃棄物を処理するには被災地外でも災害廃棄物を処理する必要がある。

だが、原発事故が災害廃棄物を「被曝瓦礫」としてしまったことが災害廃棄物の広域処理を阻害している。

被曝による健康被害に対する恐怖と測定結果に対する不信が線量的にまったく問題のない災害廃棄物の処理にも問題をきたしている。

この問題に対し、私は東京都が既に災害廃棄物の処理を受け入れていることを評価する。

だが、それをもっと進めて東京湾に大規模災害廃棄物処理場を作るべきだ。

海運は運送コストが安いし、湾内であれば処理済みの廃棄物を埋め立てに使うこともできる。

廃棄物処理で仮に汚染が発生しても湾内であれば海洋汚染を湾内に限定することも可能となる。

陸運で地方の山奥の処理場に運ぶなど愚の骨頂。

というような経済的合理性やリスク論的合理性で私はこれを主張したりはしない。

私はこれを筋論として主張する。

放射能汚染されているかもしれないと恐れられている瓦礫の恐れの部分は東京の電気のために地方にリスクを押しつけた結果の産物だ。

その産物をまた別の地方に経済的格差を利用して処理費用を餌に引き受けさせるというのは筋が通らないと私は思う。

東京の電気のためのリスクの産物はまず第一に東京で引き受けるべきだ。

全てではなくてもいい。

積極的にかつ大量に引き受け、また、地方が請け負うことに金銭的なメリットが無くなるくらいに格安で請け負い、そしてそれを広報すべきだ。*3

私はそのようにして災害廃棄物を処理して東京湾に埋立地を作り、その一角には震災と原発事故を記憶するための碑を作り、災害廃棄物の処理にもめた件を含め後世に伝えるべきだと思う。

また、原発推進と原発反対、反原発と反・反原発、脱原発デモを企画した人々とそのデモを嗤う人々、地方にリスクを押しつけた側の人間によるリスクを受け入れた側に対する誹謗、そのような地方にリスクを押しつけた側の人間の負い目の無さ、それら原発問題で人々が見せた姿も後世に伝えるべきだと思う。

現代の日本のマジョリティの自省を拒否する姿勢*4は筋金入りで、原発問題で可視化された問題点ではそれが一番ひどいというものだ。

*1:作業する人が仮に原発の推進に責任を問われる立場の者であろうと許容線量を越える作業を強制してはならないと私は思う。

*2:原発の推進にしても「戦場に行くのはどうせ貧困層」ならぬ「被曝労働するのはどうせ貧困層」が一役買ったのではないかとも考える。そのような形での原発の容認はあってはならない。「自らも被曝労働に従事する覚悟のある者だけが原発推進せよ」ということだ。

*3:無論、私は実現可能性や採算の話などしてはいない。例えば「東京に原発を作れ」に実現可能性から反論する人間を私はバカだと思う。

*4:仮に自省らしきものがあっても「みんな悪かったんだ」で「自分たちが悪いんだ」ではないのが基本。「みんな悪かったんだ」を、相手側の責任もみんなで引き受けようとするのではなく、自分側の責任を全体で希釈しようとするために用いるのは本当に醜悪だ。

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 | 11 |
2099 | 01 |
AX アクセス解析