Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-10-27

[]Nationとその訳語について

「民族」か「国民」か(メモ) - Living, Loving, Thinking, Againについてなのですが、

まあ、これはあちこち散在している独逸人が1つの大きな国家を建設して、その国民になろうぜということであって、「国民」と訳していけないわけはない。

に対しては一つの意見として特に反論があるわけではないのですが、

とにかく「民族」という訳語は、俺としては、ethnicityとかethnic groupの方に取っておきたいと思うのだ。

というのは違うのではないかと私は思います。

nation

[名]

1 国, 国家

the United Nations

国際連合

the law of nations

国際法.

2 *1国民(people)

the French nation

フランス国民.

3 民族, 種族. ▼言語・宗教を同じくするが1つの国家にまとまっているとは限らない. ⇒RACE2[類語]

the Jewish nation

ユダヤ民族.

nationの意味 - goo辞書 英和和英

nation [原義は「(文化・言語などを共有する)民族,国民」

1 (政治・社会的に統一された)国,国家(→country類義)
2 [the 〜;単数形で](政治・社会的統一体としての)国民(→race2類義)
3 民族,種族(人種・言語・文化などを共有する集合体としてのとらえ方で,必ずしも国を形成している必要はない);(北米先住民の)部族(連合)(tribe) the Jewish nation ユダヤ民族/the Navajo nation ナバホ族

ウィズダム英和辞典より。

nationという単語は一般的には上記のように訳されるわけですが、「the Jewish nation」のような場合に「民族」という訳語を使わないのは無理があると私は思います。

訳語の対応関係は、無用な混乱を避けるためにも、可能な限り一対一であることが望ましいとは思いますが、nationのような(集団自体か集団に属する人々かなど)文脈によって意味が大きく変わりうる概念の場合はそれは無理というものです。

nation

1 a country, considered especially in relation to its people and its social or economic structure:

the President's radio broadcast to the nation

an independent nation

the world's leading industrial nations

! In most situations, it is more usual to say country:I've been to countries all over the world.|Do you like this country?

2 a large group of people of the same race and language:

the Cherokee nation

ロングマン英々辞典4訂増補版より。

こういう英々辞典での記述もnationが民族や部族としての意味を持ちうることを示しています。

翻訳において、日本語と外国語の概念差から訳語の対応関係が複数対複数になることや、同じ単語でも文脈によって意味するところが変わることから訳語を変える必要が生じることは避け難いことだと私は思います。

こういうことは説明不要どころか言うのもおこがましいこととは思いますが。

そういうわけですから、私としては、文脈や経緯によってはnationに「民族」という訳語を当てるのもありですし、nation stateの意味 - goo辞書 英和和英のように「nation state」を「(単一)民族国家」と訳すのも文脈次第ではありです。

その点において、ナチズムの場合は、ドイツ統一からとり残されたドイツ民族がドイツ国外の各地に散在していたことと、そのことからの民族結集運動でもあったことという歴史的経緯を考えれば、「the Jewish nation」の場合と同様に「民族」と訳すのが正しいと思います。

ナチズムの場合のnationalを「国民」と訳すのは「the Jewish nation」を「ユダヤ国民」と訳すような違和感が私にはあります。これが「the Japanese nation」ならば「日本国民」(文脈によっては「日本国」)と訳すのが正しいと思いますし、実際にそう訳しますが。

tribal nationalismもその民族結集運動の点において「民族」と訳すのを否定しない(むしろ、肯定するのでは)と思います。

もちろん、こういう私の主張は、ナチズムを「国民社会主義」と訳すことを否定するものではありません。

私としてはナチズムの訳語としては「民族社会主義」を推しますが、それは個人個人の認識の差の範囲の問題と思います。訳語が「国民社会主義」であるか「民族社会主義」であるかは、個人個人の認識の差による訳語の選択の差の範囲であり、日本語と外国語の概念差から翻訳において正解と呼べるものが一つではないことは避け難いことと思います。

私的には、ナショナリズムという言葉にしても国家主義、国民主義、民族主義のどれに訳すかは一つに決められるものではなく、状況にあわせて選ぶものです。

そして、そういう状況に対し、個人個人の認識の差により訳語の選択に差が生じるのは仕方がないことだと思いますが、それでもナチズムのnationalを「国家」と訳すのは文脈的におかしいということに対しては広く同意が得られるのではないかと思います。


ウィズダム英和辞典

ウィズダム英和辞典

ロングマン現代英英辞典 4訂増補版 CD-ROM2枚付 <上製版>

ロングマン現代英英辞典 4訂増補版

*1:集合的に単数・複数扱い

2008-04-17

[]内ゲバ

内ゲバとは組織内での異論を暴力などの実力で抑え込む際におきる現象と私は解釈しています。

そういう意味では、仲間内で異論を出し合うより、仲間意識や集団圧力を利用した操作などで異論を抑え込もうとする方がよっぽど内ゲバ的。

内ゲバの本質は組織内暴力より組織内の異論を暴力で抑え込もうという姿勢の方にあるというものではないでしょうか。

2008-03-09 偽悪者の生態

[][]「相手のため」メソッド

「相手のため」

いい言葉ですね。自分の行動は「自分のため」ではなく「相手のため」なんです、と宣言。

その言葉と共になされる行動は言葉通り確かに「相手のため」という場合もありますが、結構な割合で実のところ「自分のため」だったりする言葉。

ひとえに「自分のため」といっても、相手に自分の望みどおりの行動を取らせるための「操作の試み」だったり、周囲に私欲のためではなく他者のために行動する良い人と思わせるための「操作の試み」だったり、自分の利益のための自分の行動を私欲によるものではないと自らを騙すための「自己欺瞞」だったりと、色々な「自分のため」があるわけですが。


証券会社は「資産運用は貴方の豊かさのため」というCMを流して「貴方の資産運用のため」にサービスを提供しています。そのサービスを利用して豊かになれる人はどれくらいいるのかなあ。それに比べて手数料収入は手堅くていいですね。

自動車会社は「この車があれば家族サービスできますよ」というCMを流して「貴方の家族サービスのため」に多人数乗りの大きくて重くて燃費の悪い車を販売しています。その搭載能力を使うのは年に数回しかなかったりしますが。

売れないマンションを何とかして捌きたい不動産会社は「貴方の資産運用のためにどうですか。家賃収入も得られますよ」と電話でセールストーク。でも、その物件、数十年の分割払いが終わる頃には無価値になってるんじゃないですか。

まあ、そういうのが商売というものなんでしょうけどね。相手の行動を誘導せんとしての「操作の試み」が露骨過ぎてぎょっとしてしまいます(嘘)。


『「危ない海兵隊員」とわかっているのに暴行された沖縄「女子中学生」』なんて記事を掲載した週刊新潮は性犯罪被害者の自宅を“直接取材”しておいて「被害者に配慮しつつ」なのだそうです。性犯罪被害者の落ち度を問題にし、あたかも事件の責任は被害者の側にあるかのように書いておいても「被害者に配慮しつつ」なのだそうです。セカンドレイプ以外の何ものでもないですね。

それもこれも再発防止のためだそうです。「相手のため」、「皆のため」というわけですか。もうね、白々しすぎて反吐がでます。


「そんな不快なことをすると皆からの評価が下がって貴方のためになりませんよ」と言う説教おじさん。不快なのは皆ではなく貴方ではないですか。下がるのは皆からの評価ではなく貴方からの評価ではないですか。相手のことを思って言っているのではなく、自分が不快なので相手を黙らせるためにそういう言葉で脅しているのではないですか。私憤を公憤にすり替えている貴方に対して皆からの評価が下がっていますよ。

そういう説教おじさんって珍しいものではありませんけど、それなりに聡明な人だと思っていた人がそういう行動をすると落胆してしまいますね。*1「そういう説教をするのは貴方のためになりませんよ」と言ってあげたくなります。嘘です。「貴方のためになりませんよ」なんて、そんないかにも相手のことを思って言っているような恩着せがましい言葉、恥ずかしくて使えません。「そういう説教をしていたら批判されるのも当然。孤立感を感じることになっても仕方がないですね」くらいが精一杯。こういう言葉も「操作の試み」的な脅迫として作用するわけですが、突き放している分、恩着せがましくなくてモアベター。


いやいやいやいや、やっぱり恥ずかしいですね。相手のための行動だと悟られかねない形で発言してしまうのは。

俺はエゴイストだから自分の利益のためにやっているんだぜ。自分のためにやっていることが偶々相手のためにもなっているだけなんだぜ。なんていう方が恥ずかしくなくていいですね。

恥ずかしくないこと超重要。



というように偽悪者は大変恥ずかしがりやさんな生き物です。

良い子の皆さんはそういう偽悪者の自意識を突いて遊んだりしてはいけません。(「○○するのは悪い子」メソッドによる「操作の試み」)

誰だよ。

*1:うひょー。「それなりに聡明」なんて「そういう評価をする御前は何様なんだよ」という感じですね

2008-03-05

[][]マッチョとクレバーとタフが混同されている気がする

問題を(しばしば強引に)力技で解決するのがマッチョ。

問題を工夫で解決するのがクレバー。

ダメージを受けるような事態に際し、ダメージを受けない、気にしない、もしくは気にしない素振りを貫くことができるのがタフ。

マッチョはクレバーではないですし、マッチョだからといってタフとは限らない。

マッチョもタフも強度に関する言葉ではあるものの、攻撃力と防御力のように種類が異なる言葉。

不当に対する反発を力で抑えつけるのはマッチョでも、マッチョな姿勢を批判されてグダグダになるのはタフではない、と思うわけですよ。

2008-01-09

[][]「上から目線が気に入らない」

論争になっていることに関する知識がないのに関わらず上から目線で知ったようなことを言う評論家気取りの人が自分の無知を指摘された際に不勉強を省みない自らの態度は棚に上げて無知を指摘した人に対して言う言葉。

という場合がある。

[][]「頭が良いつもりなんだろうが」

論争において相手の知見が自分より優れていることを認めざるをえず相対的に自らの愚かさを自覚させられた際にその自覚の裏返しとして論争相手に使われる言葉。言われる人は「頭が良いつもり」なんてことはなく、その知見は謙虚で知的に誠実ゆえだったりする。

という場合がある。

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 | 11 |
2099 | 01 |
AX アクセス解析