Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-01-18

[]はてなリング歴史修正主義に反対します」消滅の連絡と、はてなスペース「反歴史修正主義・反排外主義」試験運用中の連絡

まずは、はてなリング「歴史修正主義に反対します」を管理していた人間として、2012年10月1日のはてなリングサービス終了に対し何の対応もしなかったことをお詫びいたします。

はてなリング「歴史修正主義に反対します」ははてなリングのサービス終了とともに消滅しました。移行の準備として当然しておくべきOPMLの取得も私自身の過失によりしておりません。

まことに申し訳ありません。

この件に関し、移行先というわけではありませんが、はてなスペース「反歴史修正主義・反排外主義」を作成しました。

はてなスペース サービス終了のお知らせがそれです。

はてなスペース自体がこれからどのような場になるかわからないですが、とりあえず反歴史修正主義・反排外主義の情報集積の場として試験運用したいと思います。

反歴史修正主義・反排外主義の趣旨に賛同される方でこんな私の作ったスペースでも参加してくださる方はスペースをフォローの上でNews Feeds「反歴史修正主義・反排外主義RSS」の「+ニュースソース追加」でご自分のブログフィードURLを追加していただければと思います。

2009-05-25

[]はてなリング歴史修正主義に反対します」の掲示板について

no titleの掲示板についてですが、どうもリングの掲示板はリングメンバー以外、書き込みできないようです。

そこで、はてなリング終了中止に伴い不必要になってしまった反歴史修正主義グループの掲示板反歴史修正主義グループの掲示板 - 反歴史修正主義グループをリングメンバー以外のはてなユーザーでも書き込みできる掲示板として運用しようと思います。

リングメンバーとリングメンバー以外の方との公開議論の場などにお使いいただければと思います。

2007-10-14

バケットシートを寝床にする猫

[][]バケットシートを寝床にする猫

f:id:D_Amon:20071014194557j:image

バケットシートを爪研ぎ兼寝床に使用している我が家の猫様。

バケットシートは私が以前乗っていた車に取り付けていたもの。スパルコ製で結構な値段の品だったのですが、車の買い替えで取り外した際に猫様の爪の餌食になってしまいました。おのれ…

爪研ぎでぼろぼろになって以降、そのバケットシートは気候の良いときの猫様の寝床になりましたとさ。


更新が滞っていますが、現在製作中のものが完成するまでプライベートな時間を模型作りに優先して配分しますので当分この調子と思います。

2006-02-25

[]ようやく他社ブログへのトラックバックの送り方を覚えた…

記事内にトラックバック専用のURLがあるのに気づかなかった…orz

というより、見ていても記事URLと違うURLとは思わず無視していた…orz

2006-01-08

[]「勇者」募集中

白燐弾報道否定書き込みをしていた人達はコメントをはてなユーザー*1に制限した途端に音沙汰無しですね。

コメントをはてなユーザーに制限しているのは、責任ある発言を求めているだけのことです。これで排除されるのは大部分*2の捨てハン書き捨てだけです。

はてなは登録無料ですし、色々便利な機能が使えますし、登録に必要な情報も知れています。登録自体は後ろめたいところのない誠実な生き方をしていれば何も恐れるところは無いと思うのですが。(仮に恐れるところがあるとしても、そのリスクと向き合う覚悟の無い小心者には言論活動は向いていません)

価値観の押し付けを行う人こそ、その価値観の実践を

IP調査の結果、白燐弾報道批判には宗教右翼が絡んでいる疑惑があります。(証明されたわけではありませんが)

一般的に宗教右翼や宗教右翼に扇動された人は戦前・戦中のような「全体(というより国体)のために個を犠牲にするような生き方」を推奨していて、そういう価値観を強制しようとしています。

であるならば、そういう人はそういう価値観を、まず自ら実践すべきでしょう。「白燐弾報道否定に正義がある」と思うのでしたら、恐れることなく自らを犠牲にする覚悟でやればいいのです。まあ、ユーザー登録してコメントするくらいのこと、そう大層な覚悟は必要ないと思うのですが。

宗教右翼や宗教右翼に扇動された人でなくても同じことです。公徳心があり、白燐弾報道否定が社会正義に適うと思うのでしたら、それをすればいいのです。

というわけで、「勇者」募集中。(ただし、同じ「勇」の字を使っていても勇気と蛮勇は別物です)

価値観の方向の違い

私自身は「全体のために個を犠牲にするような生き方」を否定しません。むしろ、より多くの人の幸せのために、できる範囲ででも自分を犠牲にするような生き方は尊いと思います。

ただ、私の愛国心は国家より国民の方を向いていますので、国家が国民を苦しめるような方向に向かうのであれば、それに抵抗します。*3また、より多くの人の幸せを願っているので、他国の人を無用に貶めたり苦しめたりするような行為に対しても、できるだけのことはしたいと思いますし、そのための覚悟もあります。(私の場合、「私生活をあまり犠牲にしない範囲で」となりますが)

*1ユーザー登録は無料です。

*2:捨てユーザー登録の可能性は排除できませんから。

*3:民主主義においては国家は多くの国民が便利に暮らすための「仕組み」というものです。その「仕組み」が(例えば一部の国民が私欲のために悪用しようとしたために)暴走して国民に多大な犠牲を強いようとするならば、それを制御しようとするのは当然のことです。主権在民。

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 | 11 |
2099 | 01 |
AX アクセス解析