Hatena::ブログ(Diary)

大根のひとりごと

2099-12-31

トップ記事

ポケモンシングルのプレイヤーです 真面目に対戦を始めたのはptからです

実戦とプログラミングの両面から攻めることでいいパーティを作るのが目標です

BW:最高1934 1900以上のパーティ3コ(ほぼ全部同じ)

BW2:最高1841

2017-02-18

キャラランク追記

数日前のキャラランクでは一般枠の考えが足りていなかったのでもう少し考え直すことにした。

ミミッキュ以外の要素も当然必要なのにそれらがロクに書かれていなかった。

ミミッキュを除き一般枠で欲しい要素をいくつかピックアップしてみる。


Z技によりメガポケモンを上から一発で倒せる

メガポケモンミミッキュ(テテフ)より速いなら、その分耐久は減っているため、例えばコケコのZ十万は耐えることができない。テテフ未満に強烈な圧力をかけられるように一緒に採用すると択がかけられる。

襷によりZ技を耐えて、タイマンで勝てる また、炎タイプを止められる

高速ポケモンで固めた場合にZ技を受けて生き残れるのがミミッキュだけになってしまいかねないため、襷の需要は上がる。ただし、対メガに関してはガルーラやニトチャリザードンなど不利を取ってしまうことが多そう。Z→メガ→襷→Zみたいな3すくみを感じる。ガブリアスは襷でも色んなメガに勝てるのでそこが強みかもしれない。

対スカーフについても返しで落とせるだけの火力があるとうれしい。

リザードンウルガモスバシャーモへのまともな打点があると良い。

スカーフによりZ技を打たれる前に倒す

持ち物なしの火力で一発で倒すのは大変なので、実現できるポケモンはそう多くない。

ポケモンにも打ち勝てるだけの耐久があるとなおよい。

対面でミミッキュに強い

ミミッキュ一般枠の強力な持ち物であるZと襷があまり役に立たない。

スカーフで抜くことで勝てるようになるポケモンはいるかもしれないがとっさには思いつかない。

対面でミミッキュに強い一般ポケモンを起点にできる

ミミッキュは剣舞ゴーストZを耐える鋼タイプで勝つことができる。テテフの裏のポケモンという意味も含めて、主に素早さと火力を両方あげられる炎タイプがこの役割を持つことが多い。

スカーフにより、パルシェン、炎タイプを止められる

破った準速パルシェンは最速サザンドラ以上、破った最速パルシェンは最速ジャローダ以上がスカーフを巻くと抜ける。


このあたりは低速ポケモンに求められる。

パルシェン、炎タイプを止められる

高速ポケモンだけでは難しいためにここには低速ポケモンが入ることが多そう。メガメタグロスは高速ポケモンでありながらパルシェンに強いのがうれしい。炎タイプについては、リザードンXYを両方止められるポケモンはほぼいないといってよく、ウルガモスバシャーモゲッコウガに負けないくらい多彩なZ技を使うため、それらを考えると襷頑丈化けの皮以外で止めるのは難しい。先の鋼タイプを採用する場合この問題が出やすい。

残数有利ならZ技を死にかけのポケモンで受けて無駄うちさせるようなプレイもあると最悪択にできる。今作はもう完全もできなそうな状態になったポケモンも残す価値があると言える。

トリックルーム下で活躍できる

トリルを採用する場合。

トリックルーム下で抗える

相手のトリルを意識して。例えばカバルドンはトリルアタッカーとしては物足りないが、相手のトリルを切らす分には活躍できる。

後続のサポートができる

当然だが、テテフで即死するポケモンだと仕事ができない可能性が高い。


これは良い程度の要素になるが

無効タイプがある

Z技を無駄うちさせるリスクを与える。電気無効がパーティにいればコケコガルーラ対面で、選出していなかったとしてもZ十万を押されず生き残る可能性が出てくる。

ミミッキュで受けられるという選択肢も考えると、Z技持ちは素のミミッキュを一発で倒せる火力を持っていた方がいいが、弱点を突かないとかなり難しい。

対スカーフを考えてもあるにこしたことはない。


ついでにパーティ単位で考えることとしては

・対ドリュウズ

・対壁

・対トリル

・対受けループ

あたりか。思いついたら追記する。


さて、これらを踏まえてキャラランクの各ポケモンを見直してみる。要素を洗い出したことで忘れていたポケモンが出てくるかもしれないがそれは大変なのでとりあえず置いておく。

ガブリアス

Z持ちとしてはガルーラリザードンを抜いている。しかしH4ガルーラは182Z逆鱗だと6/16でしか倒せない。

またボーマンダメタグロスに抜かれていて一撃で死ぬ恐れがある。

襷持ちとしては封じこみでなら色んなポケモンを倒すことができ、おまけにリザードンに勝てたりASメガグロスにも勝負ができたりする。

ガルーラも氷技を持たなければ勝負になる。ボーマンダが対面で積むことができない。

炎タイプの弱点を突くことができる。

スカーフ持ちとしては炎タイプを一撃で倒せる火力を持ち、破った意地パルシェンも抜けるためスカーフ意識の礫か襷意識の氷柱かで択にはできる。サイコフィールドがあればよりよい。

ただしZ持ちをワンパンできるかというと、無振りゲッコウガは逆鱗で高乱数だがフェアリーで返されるとアドがとれるかは怪しい。耐久に振られると返しの冷凍ビームでZ技を温存したままやられる。

無振りボルトロスには陽気だとストーンエッジで倒せる。襷化身ボルトの攻撃は耐えるが、霊獣ボルトは耐久を振らないと厳しい。ちょっと耐久に振って岩雪崩なら有利か(ちゃんと計算してない)。

H4ミミッキュ地震が確定で耐えられる。加えて鮫肌一回で半分弱の確率、二回で確定。

電気無効によるコケコのZ十万に対するリスク。地面無効によるスカーフ地震に対するリスク

ボルトロス化身

Z持ちとしては格闘ならガルーラを縛れる。Z十万は確定で耐えられる。

襷持ちとしてはコケコをヘドロウェーブで高乱数ゲッコウガには格闘技が必要か。ガブリアスは封じやスカーフ以外には勝てる。無振り霊獣ボルトには勝てる。

悪戯電磁波のストッパー性能は残っているが、麻痺の弱体化や悪(主に変幻自在前ゲッコウガ、メガギャラドス)には通らないことに注意。またサイコフィールドでも無効。

羽休めリザXにはSを上げながら突破される恐れがある。

珠だとガブリアス、リザYあたりを縛れるようになり、気合玉でH4ガルーラにも50%よりは高い確率で勝てる。

ボルトロス(霊獣)

Z持ちとしてはZ十万でH4ガルーラが6/16。一応H4メガマンダは確定。

襷持ちとしては化身より対ガブリアス、対無振り霊獣ボルトが不利になっており、コケコ、ゲッコウガに対する強さはほぼ変わらない。

ウルガモス、リザXへの性能は怪しい。

スカーフ持ちとしてはリザXに弱い。最速を取ってウルガモスを抜ける素早さを確保するか、耐久に振って襷ポケモンへの強さを高めるか。

あとボルチェンもある。

珠気合玉でH4ガルーラが確定(命中は7割)。

電気無効によるコケコのZ十万に対するリスク。地面無効によるスカーフ地震に対するリスク

・カプ・コケコ

Z持ちとしてはZ十万でH振りメガマンダクラスまで倒すことができる。Zシャインはコケコミラーや霊獣ボルトに打てるほか、ガブリアス、かなり耐久に振ったメガマンダを倒せる。

襷持ちとしては襷化身ボルトには勝てるが、霊獣ボルトを二発で倒せない。ゲッコウガを先制で倒せる。

スカーフ持ちとしてはリザXには弱いが、破った陽気パルシェンも抜ける。他は素で大体抜いているのでスカーフミラーで役立つかどうか。

フィールド依存なので対テテフが他の電気より弱い。ただし相手のフィールドを上書きするポケモンでもある。

ゲッコウガ

Z持ちとしてはZ桁繰りでガルーラが倒せる。Zハイドロ(等倍最高火力のZ)は無振りボルトロスが倒せる程度の火力。Z岩雪崩はHリザXが高乱数だが岩石封じでよさそうではある。

等倍Zはステロや先制技とセットで運用した方が良いか。ハイドロやダストの命中率を補うことはできる。

Zハッピータイムは分かるようになってから書く。

襷持ちとしてはコケコ、ミミッキュ以外の一般に大体勝てるほか、冷凍ビームでボーマンダ、岩石封じでリザードンに勝てる。

ただし素の耐久でも霊獣ボルトの等倍十万などは一発耐える。

技を選べば炎タイプへのストッパーになる。水手裏剣も。

エスパー無効によるテテフのZサイキネ、スカーフサイキネに対するリスク

ウルガモス

Z持ちとしては積んだ後に有効なZ技をぶつければ大体倒せる。構築と相談。

素の状態だと臆病ZオバヒがH4ガルーラに11/16で、同速。カバルドンなどを狙いたいがDに振られると耐えられる。

襷持ちとしては蝶の舞が使えるため単なるタイマン性能の確保以上の効果を得られる。蝶の舞込でボルトロスにはZにも襷にも勝てるが石火コケコ、封じか先制技のあるゲッコウガ、封じのあるガブリアスが厳しい。コケコは石火がなくてもお互いH4襷だと十万舞十万で高乱数なので大体負ける。

スカーフ持ちとしては炎タイプへのストッパーとしては弱いが、意地パルシェンには礫半減が生きる。

ゲッコウガに先制で弱点がつける。オーバーヒートでコケコを倒せる。

とんぼがえりもある。

鋼タイプを起点にして突破できる炎。先制でミミッキュ鬼火が打て、羽休めもあるため対ミミッキュを意識した構成にできる。

バシャーモ

Z持ちとしては守るを挟んで多くのポケモンに上から打つことができるがZが有効に生きるメガは少ない。主に一般ポケモンに打つことになるか。

剣の舞込みでなら多くのポケモンを倒せるほか、Zソラビなどの役割破壊技もある。

襷持ちとしては加速や剣の舞により単なるタイマン性能の確保以上の効果を得られる。先制技持ちや攻撃が半減される相手以外には大体勝てる。

鮫肌があるためめざ氷がないとガブリアスには負ける。

スカーフ持ちを考える必要はおそらくない。

他の持ち物候補としては命の珠など。

他に特筆すべきこととしては加速(+積み技)バトンができる。

パルシェン

基本的にミミッキュに強い。

Z持ちとしては破った後に鋼タイプを倒せるZハイドロがある。

襷持ちとしては殻を破るが使えるため単なるタイマン性能の確保以上の効果を得られる。特殊技一発で落とされるため持たせないと物理以外にはタイマンで基本的に勝てない。

襷を持つと石火のないコケコ、ボルトロスウルガモスガブリアスゲッコウガ(先制技、意地だと岩石封じで負け)に勝てるほか、メガ相手も技構成次第だがガルーラリザードンニトロチャージ、リザXの鬼火)、ボーマンダに勝てる。

スカーフ持ちとしてはボルトロスウルガモスガブリアスボーマンダリザードンなどに無傷で勝てる。

ドリュウズ

Z持ちとしては砂かき発動中なら205Z地震で4振りガルーラが12/16(砂やステロで確定)。剣の舞込でならHBカバルドンが倒せる火力。

襷持ちとしては剣の舞があり、砂かき発動中なら先制技を持たない大抵のポケモンに勝てる。

スカーフ持ちとしては型破りでミミッキュワンパンできるほか、コケコやウルガモス、+1バシャーモを上から倒せる。



ギガイアス

主にサポートポケモンとしての運用となる。

砂起こし、ステロ、重力。大爆発による自主退場。

Zエッジで対テテフ、リザXなど足りない火力を補うことができる。

水技のないパルシェンへのストッパーとなりうるほか、リザX、ウルガモスへのストッパーにもなりうる。

火力に振らないと地震ドリュウズを倒せないのでトリルから動かす駒としてはそんなに強くない。

カバルドン

主にサポートポケモンとしての運用となる。

砂起こし、ステロ。

ストッパーとしては炎耐性もなく氷弱点だが欠伸や吹き飛ばしにより対面から起点にされることはない(ラムに注意)。

欠伸などでトリルエースをしのぐことができる。

カプ・レヒレ

パルシェンへのストッパーとなり、ウルガモスバシャーモへの耐性を持つ。草ZなどのZが厳しい。

メガギャラドス耐性も高い。

カバルドンの欠伸による起点づくりを妨害する。吹き飛ばされても後続も催眠耐性が付く。挑発もある。白い霧による積みのリセット。

トリルから動かすポケモンとしては一致技でドリュウズボーマンダの弱点をつける。

アシレーヌ

タイプ相性によるストッパー性能はレヒレと同じだが、アクアジェットがある他、メインウェポンで身代わりを貫通できるためオニゴーリ等に強め。

ジバコイル

パルシェンへのストッパーとなり、頑丈が残っていればバシャーモも止められる可能性が高い。ウルガモス、リザXは怪しい。

ミミッキュに対面で勝てる。

トリルから動かすポケモンとしてはドリュウズめざパしか通らない点がイマイチ。

ギルガルド

水Zのないパルシェンへのストッパーとなる。炎ポケモン全般は当然ながら無理。

トリルから動かすポケモンとしては火力や一貫性こそ高いが対ドリュウズボーマンダに剣舞を積むタイミングが作りづらい。

ランドロス

Zはメガポケモン全般にあまり有効でない。

襷は封じこみでボルトロスウルガモス、先生技のないゲッコウガなどに勝てる。

スカーフはコケコを地震、ボルトをエッジで倒せるほか、ガブリアスにも打ち合って勝てる。無振りゲッコウガに216地震が高乱数

威嚇ステロ封じによるサポート。大爆発による自主退場。

威嚇とんぼ返りでミミッキュを1匹分より小さいダメージで倒せる。

ビルドアップ、剣の舞、ロックカットと積み技をいろいろ覚える。

カプ・テテフ

Z技で大体の低速ポケモンが倒せる。受け出し可能なポケモンミミッキュ程度。

襷は襷でない電気タイプやガブリアスなどに勝てるほか、低速ポケモン全般に強い。

スカーフは電気、襷スカーフでないゲッコウガガブリアス、襷でないバシャーモに勝てる。

サイコフィールドによる後続のサポート。


段々疲れて雑になってきたのでBは気が向いたら追記します。

2017-02-16

スターミー

スターミーを使う上での今作の仕様変更とか


○制限時間が持ち時間制に


・時間切れによる判定勝ちができなくなった

対ラッキーなどでは身代わりがない場合燃やして火傷ダメージ分の差をつけて逃げ切るようなことができたが、それができなくなった。


・時間切れによる判定負けが無くなった

十分時間があれば倒しきれる回復技持ち(クレセリアとか)に逃げ切られることが無くなった。

メトロノームを持たせなくてよくなった。二度と使わない。


○火傷のダメージが1/8→1/16に


・再生持ちを倒しきれなくなった

pp8のクレセリアはともかく、pp16のヤドラン等は倒しきる前にppが切れてしまうためppが多い方が勝つようになっている。

スターミーはppが24+16+16+16=72で、熱湯鉄壁瞑想怠けるヤドランなどには負けてしまう。

小さくなるのppが6世代で半減した調整がここでようやく活きることとなった。ゲーフリも本望だろう。


・先攻してくる相手に対する火傷させての身代わり連打による勝ちが難しくなった

例えばスカーフロトムに身代わり+回避アップ状態で火傷を入れるとそこから身代わり連打で勝てたりしたのだが、

今作は倒しきるまでにおよそ倍の回数攻撃を受けるため避けきれない可能性が高い(ちゃんと調べてないけど)。


麻痺のSダウンが1/4→1/2に

麻痺したリザXが3段階アップで抜いてきたりするので全く安定しないどころか羽休めを持たれているとおそらく不利。

メトロノームがあれば勝てそうだ。


○有力な持ち物の追加(持ち物の効果変更)


・水Z

Z熱湯で(メガ)バシャーモや大体のウルガモスワンパンできるようになった。

水タイプが炎タイプに勝てるようになるのは大きい。

120抜群Z熱湯≒147フィールドZ十万なのでコケコのZ十万耐えウルガモスには耐えられてしまう。

また、持たせておくだけで叩き落とすの威力を下げることができるため、Z同時選出で発動できなくても前世代のナモのみ程度の働きはする。

もっとも、メガに加えてZが増えた今どれだけ叩きを見る機会があるかは微妙なところではある。

あとはまあガルーラとかコケコとか試行回数を稼がれるとまずい相手に少ない攻撃回数で倒せるのも利点。


・ウイのみ

食いしん坊を持たない多くのポケモンには扱いにくいアイテムだが、スターミーの身代わり+小さくなるとは極めて相性がいい。

有利対面を作った後なら身代わり回数が4回→6回になるため、安定感がぐっと上がる。

しかしこのアイテムの真価は一発でウイ圏内まで持っていかれる相手すら起点にできることで、

例えば200テテフの十万は159-105スターミーに130〜154で、このレベルの不一致弱点技は耐えることができる(ちなみにフィールドZサイキネは5/16で死ぬ。159-111または167-105で確定耐え)。

159-x-108-121-111-183スターミーは控えめHCテテフ 十万/サイキネ(エスパーZ)に対して62%程度の確率で小さくなるを3回積み身代わりを残した状態でテテフを倒すことができる。

もっともテテフはスカーフの可能性もあるし挑発もあるのでテテフに行けるとは限らないが、高火力一致弱点やスターミーにとって困る強化アイテム持ちでないポケモンの一つの例として。

スターミーに先制できず、ワンパンできず、身代わり貫通技や挑発などの妨害手段を持たないポケモンは大体起点にされる可能性があるということ。

コケコやメガマンダなど上位のポケモンに厳しい相手もいるものの、今世代スターミーは十分な汎用性を持ったポケモンと言えるのかもしれない。


ついでにこの対テテフの場合にウイのみを持ったスターミーの小さくなるor自己再生のどっちを押すべきかに関して


身代わりがある場合

回避+2

体力が1/4以下(もう身代わりを出せない場合)のとき、自己再生

それより高い場合、小さくなる


回避+4

体力が1/2未満でウイを消費済みのとき、自己再生

それ以外の場合、小さくなる


実際に使ってみたところ、レート1500スタートで10勝10敗という圧倒的な戦績を叩き出した。

それからもちょいちょい使ってみるものの思うように勝てない。

クレセやドランのような明らかに有利な相手がほとんどおらず、メガに大体不利な上に、電気にスターミーより速いコケコが追加されていたりと問題が多かった。

低速でも再生を持たれていると今作のスターミーでは倒しきれないので、低速かつ回復なしをカモりたいのだが、そんなテテフの的みたいなポケモンがどれだけいるのかという話である。

採用するなら選出を絞りたいので他のポケモンを出しやすいポケモンで固めたほうがよさそう。

速い相手にはトリル選出で、遅い相手にはスターミーで無敵とか考えていたが敵しかいなかった。

マンダがいただけで相当出しにくくなってしまうので誰に出せるのかよくわからない。

ガブガルーラ霊獣ボルトバシャグロスミミッキュみたいなのが来ればかなりいけそう。

グロスが自分の想定より強いとみなしている人が多いっぽいので本当にグロスが強いならそれに圧倒的に強いスターミーも強いかも。

グッドスタッフぽい組み方にスターミーをぶち込むことを考えていたが、6割で3タテが見えるみたいなのを活かして催眠メガゲンガーのようなハマれば3タテポケモンを並べることで誰かしらが抜いてくれるみたいなのもアリなのかもしれない。ミミッキュがいるのに通用するのだろうか。

2017-02-14

キャラランク

メガ

A f:id:D_con:20170214215247p:imagef:id:D_con:20170214215244p:imagef:id:D_con:20170214215245p:imagef:id:D_con:20170214215249p:image

B f:id:D_con:20170214215250p:imagef:id:D_con:20170214215246p:imagef:id:D_con:20170214215248p:image


一般

S f:id:D_con:20170214221609p:image


A1 f:id:D_con:20170214220618p:imagef:id:D_con:20170214220624p:imagef:id:D_con:20170214221604p:imagef:id:D_con:20170214221610p:image

  f:id:D_con:20170214220627p:imagef:id:D_con:20170214220623p:imagef:id:D_con:20170214220617p:image

  f:id:D_con:20170214220616p:imagef:id:D_con:20170214221603p:image


A2 f:id:D_con:20170214221602p:imagef:id:D_con:20170214220619p:imagef:id:D_con:20170214221612p:imagef:id:D_con:20170214221608p:image

  f:id:D_con:20170214221601p:imagef:id:D_con:20170214221607p:imagef:id:D_con:20170214221605p:image


A3 f:id:D_con:20170214221611p:image


B1 ジャローダ エルフーン フェローチェ

B2 ナットレイ ドサイドン

B3 ニョロトノ カプ・ブルル キノガッサ


メガ

A:ミミッキュに先制でき、有利がとりやすい

B:ミミッキュに弱点を突かれる、または先制できない


一般

S:採用しないことに理由が必要

A1:ミミッキュに先制でき、性能が高い

A2:単体性能を犠牲に味方のサポート、または高速ポケモンで固めたときに辛い相手(主にパルシェン)のストッパー

A3:A2のような低速ポケモンに強い

B1〜B3はAよりは弱い 数字はおおむね同じ意味



Z技がミミッキュに全く有効でないため、メガ枠がミミッキュに有利でないと選出が面倒なことになる。

そのためメガは対ミミッキュが有利であることが最も重要だと考える。他についてはメガの時点で大抵のポケモンにはまあまあいけるから問題ない。


ガルーラ

ゴーストが通らないため影うちによってアドを稼がれない。タイマンもまあまあ有利。

リザードンXY

先制で鬼火ができるためタイマンで有利。

ボーマンダ

Hに振れば威嚇込みでZじゃれつく+影うちを耐える。B4ミミッキュを八つ当たりでワンパンと準速で両立可能、最速でもどっちかを少し切れば可能。



一般についてはミミッキュタイマン性能、ストッパー性能が飛びぬけているため、これを如何に抑え込むかが重要になると思う。

サポート+積みの形ではトリルミミッキュや呪いミミッキュに返される恐れがあるため単純に上から殴る形で二匹がかりで抑え込むか、鬼火リフ挑発あたりで倒すことが求められる。

基本的にはミミッキュ以上の素早さのポケモンで固めたく、A1から3匹〜5匹2匹〜4匹(2月15日追記:ミミッキュをカウントし忘れていました)、A2から0匹〜1匹を採用したい。


ミミッキュ

どう使っても強い。トリルミミッキュは高速ポケモンで固めた相手やサポート+積みのような相手に刺さるが普通のミミッキュを使えないというのが難点。

ドリュウズが存在しない5世代ボルトロスのような性能。

(2月15日追記)

ミミッキュを採用しない構築でミミッキュ入りの構築より対応範囲が広い構築を組もうとするとかなり難しいと思う。それがミミッキュの一番の強さ。そんなわけでミミッキュに強い構築を組むことが難しくなかったとしても、それがミミッキュを採用しない理由にはならない。



ガブリアス

メガシンカポケモンを含む幅広い相手に満遍なく戦える。襷が強力か。このポケモンを採用しないとリザードンが重くなりやすい。

ボルトロス化身

弱体化したもののガブリアスの上を取れて浮いている電気の時点で強く、十万めざ氷ヘドロウェーブ電磁波@襷で広範囲に仕事ができる。

というか地面より遅い電気をあまり使いたくない。格闘Zならガルーラに有利もとれる。

ボルトロス(霊獣)

電気無効がそこまで大きな強みとは思えず、ガブリアスを抜けないデメリットもある。

そうはいっても96〜100を一歩抜けた素早さであることは評価でき、その上で化身よりも高い火力を出すことができる。

カプ・コケコ

ゲッコウガを抜けていることが大きい。テテフパルにも石火が通せるのも魅力か。

ゲッコウガ

無数のZ技を繰り出すことができ、ダストシュート込みでミミッキュ相手にも勝てる可能性がある。

悪タイプの間はボルトの電磁波を受けないのが大きい。

ハッピータイムを使わなくてもプレシャスじゃないと劣化になってしまうのが悲しい。

ウルガモス

元からある抜き性能の高さはもちろんのこと、ミミッキュに対して先制鬼火が打てるポケモンであるのもうれしい。

構成次第でかなり対応範囲が変わるため対処が難しい。

バシャーモ

炎の中ではウルガモスに対して強めであり、ミミッキュにも択ゲーなものの勝ちに持っていくこともできる。

パルシェン

低速ポケモン人権ミミッキュとテテフによって奪われているため強力。多くのミミッキュを突破できる。

S1に比べるとステロ撒きが増えているもののマークは緩くなっている(というかパルシェンをガッツリ見る余裕がない)。

ドリュウズ

高速ポケモンをさらに上から叩ける砂かきと、ミミッキュの化けの皮を貫通する型破りどちらも強力。


ギガイアス

低速ポケモンでありながら、テテフとミミッキュのどちらに対しても勝てる可能性が高い稀有なポケモン

D寄せならエスパーZを耐えつつフェアリーZ以外のミミッキュに勝つことができ、

B寄せなら剣舞フェアリーZを耐えつつエスパーZ以外のテテフに勝てる。

また出すだけで砂を撒くことができ、目の前のポケモンを倒すことをあきらめればステロや重力などのサポートが可能。爆発による自主退場もある。

ドリュウズ抜きでも考える価値があるポケモン

カバルドン

ギガイアスと異なり襷がないとテテフのエスパーZで即死してしまう。

しかしラムを持ちにくくなった分欠伸を許さないポケモンは選出段階である程度予想がつくためサポーターとしてまあ許せる程度の性能はある。

ガルーラ性能は高め。

カプ・レヒレ

パルシェン耐性を持ち、ギガイアスカバルドンに対する圧力をかけることができる。

アシレーヌ

アクアジェットの分だけレヒレより対パルシェン性能が高い。

ジバコイル

パルシェン耐性がある上に対ミミッキュ、テテフにも行ける。頑丈によりZ技で即死しないのもよいが結局低速ポケモンなのでアドは取りづらい。

ミミッキュと違いガルーラで即死する恐れがある。

ギルガルド

パルシェン耐性を持ち、テテフにも強めだがミミッキュ相手が結構苦しい。

ランドロス

ガブリアスと違いフェアリー等倍であることが今作では大きい。スカーフがないとミミッキュを抜けないが威嚇やとんぼによってミミッキュ耐性は十分。

スカーフじゃないとテテフを抜けてないのが問題点。


カプ・テテフ

低速ポケモンに対する殺意が尋常ではないが、ミミッキュに弱いのが大きな弱点。

Zor襷高速ポケモンメガミミッキュのような並びにはスカーフ以外でアドを取ることができない上に一方的にやられる恐れがあるためテテフを十分に意識した構築には中々活躍できないと思う。

どんなに頑張っても仕事をさせないことが難しいミミッキュとは違うため、スカーフ以外だと評価は低い。ミミッキュより遅いポケモンは低速。


ジャローダ

ゴツメジャローダミミッキュに行けるほか、コケコと打ち合うこともでき、レヒレやカバなどにも強いため独特な強みを持つ。

しかし炎タイプ全般が厳しいうえに蛇にらみを切ると挑発があってもニトロチャージは防げず、あっても加速は通してしまう。

対炎のカバーさえできれば十分強力。

エルフーン

アンコールの弱体化、悪戯心の弱体化を受けているものの、対ミミッキュ性能については独特の強さがあり、ステロサポートからのエース運用では(呪いは厳しいものの)トリルミミッキュに返されない点が強力。

ムンフォ宿り木コットン身代わりで結構な広範囲に勝つことができる。サイコフィールドが厳しい。

フェローチェ

高速ポケモンで固めた相手のさらに一歩上の素早さを持つ。最速なら準速スカーフテテフすら抜き、Sがブーストすればドリュウズすらも抜いてしまう。

特定のポケモンで割とあっさり止まる、先制技で凄まじいダメージを受けるため安定はしない。


ナットレイ

電磁波の弱体化が何よりの痛手か。それ以外はミミッキュにもテテフにも強めなのでまあ悪い性能ではない。

このポケモンを組み込んでサイクルすることがどれだけできるかが問題。

ドサイドン

どこに入れればいいか分からなかったが、トリルミミッキュを入れる場合に強力な選択肢となるポケモン

単体でもガルーラボーマンダ、リザXなどに強い点は評価できる。

保険ロッカはZ技やテテフの登場により前作より扱いにくいか。


ニョロトノ

単体でもレヒレなどの水タイプと互換性があり、活躍できるポテンシャルはある。トリルエースとしても強力か。

スカーフという選択肢もある。雨エースは砂よりミミッキュ解決しづらいのが難しいか。

カプ・ブルル

低速ポケモン抹殺する力を持つ。他のポケモン地震耐性をつける性能をどこまで生かせるか。

キノガッサ

眠りを無効にしてくる相手が分かりやすくなったのが楽になった点。

低速ポケモンが採用しにくくなったのとミミッキュのせいで鬼火を打ってくる炎が厳しいか。



ランク外だけど可能性を感じるポケモン

ウインディ

威嚇+鬼火によりミミッキュより遅いが活躍できるビジョンはある。ウルガモス耐性もあり、バシャーモにも構成次第では勝てる。

エンテイ

聖なる炎によるミミッキュ耐性?がある。ウインディより怪しい感じがする。

スターミー

ウイを持たせることでとんでもない性能になるのだが、嵌めれる低速高耐久ポケモンが減少するであろうこと、

よくいるストッパーをそのまま倒せる従来と違いミミッキュにそこそこ止められてしまうのが厳しい。

相手の構成次第ではかなり強そうなので今後に期待。

2017-01-17