Daisukのよ〜わからへん! このページをアンテナに追加 RSSフィード


感想がメインのため基本的にネタバレが含まれます。はじめて来た方はコチラをどうぞ

一覧表示[アニメ] [備忘録] [1話] [全話] [OPデモED] [今季視聴作品] [パッケージ] [漫画] [ゲーム] [雑記]
最新表示[アニメ] [備忘録] [1話] [全話] [OPデモED] [今季視聴作品] [パッケージ] [漫画] [ゲーム] [雑記]
OP・ED・劇中音響[2006] [2007] [2008] [2009] [2010] [2011] [2012] [2013] [2014] [2015]
アニメまとめ[2009番外編] [ゼロ年代] [2010] [2010番外編] [2011] [2011番外編] [2012] [2012番外編] [2013] [2014] [2015] [2016]

2017-04-02

よく観返すアニメ「卒業式」まとめ

3月は冬クールのアニメが終わり、社会人にとって異動もあったりと「別れ」や「節目」の季節だ。そんな時期ということもあって無性に「卒業」が描かれるアニメが観たくなる。特に濃密な「卒業式」が描かれるアニメは良く観返しているので、備忘録代わりに纏めてみた。

f:id:Daisuk:20170402175205j:image

卒業式要素:部室での挨拶・歌「ユメのなかノわたしのユメ(ED)」

転入した際は馴染めずに叫び出すほど苦しんでいたはずが、気づけば慈しむようにして卒業式を迎える。そんな閉鎖的な社会の酸いも甘いも全て詰まった珠玉のエピソード。

f:id:Daisuk:20170402175207j:image

卒業式要素:送辞・答辞・歌「校歌」「君が夢を連れてきた(ED)」「今日の日はさようなら」

アバン以外まるごとが式で、作中のエピソードを交えて各キャラクターに宛てた、7分にも及ぶ答辞が圧巻。浮いている生徒が会場に入れないという構図は真に迫っており、これ以上ないぐらい卒業式。

f:id:Daisuk:20170402175206j:image

卒業式要素:答辞・門での挨拶

大勢の中グループで集まってガヤガヤするのが苦手ということで、コンクールの度にそんな光景を見せつけてきた本作の別れのやりとりは、人目を避けてしめやかに行われた。

雪の降る中の告白という美しいシチュエーションは要所要所に入る独白と相まって、とてつもなく大切なモノを聞かせてもらったという気持ちに。

f:id:Daisuk:20170402175052j:image

卒業式要素:証書授与・答辞・クラスでの挨拶・部室での挨拶・歌「見よ、勇者は帰る」「天使にふれたよ!」

式自体は短いが、様々な場所で行われる挨拶や視点から卒業式の日が描かれる。教師に渡す色紙の異様なまでの書込みからも伝わってくる、この日に浮かべるだろう感情をこれでもかと言うぐらい詰め込んだ複雑な表情が素晴らしい。

f:id:Daisuk:20170402175204j:image

卒業式要素:証書授与・送辞・歌「仰げば尊し」・門での挨拶・記念撮影

粛々と進行する式、ポツポツと浮かぶ思い出、すすり泣く声、ピアノBGM、静寂に響くマイクの音。これを観るだけで卒業式を追体験できてしまう完成度。

シリーズ途中に卒業する側の視点で式を描くというトリッキーな構成で、だからこそ代替わりの儀式として忘れる事ができない映像になったのだろう。

2017-01-09

2016年アニメ3選

2016年にアニメを観て、心躍ったトピックから作品を選びました。

作品数については特に定めず、適宜追加していく予定です。

  • 『私たち、らくろじ部!』
  • 暦物語
  • 『怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』
  • 『私たち、らくろじ部!』という日常アニメ

トレーディングカードゲーム(TCG)のアニメというと、闇のゲームになるか、カードゲームの世界が現実になるかの2択だったが、本作はTCGをプレイする女の子達の日常という珍しいもの。

ラクエンロジックチャンネル@YouTube

TVシリーズが終わった後も月1以上のペースで新作がインターネット配信されている。

いつでもTCGをプレイしている女の子たちを観れるのは、本当に幸せなことだと思う。

  • 『暦物語』のメディア戦略

暦物語

スマホアプリの配信アニメと聞いたときは簡易的なものを想像していたが、フタを開けるとTVシリーズと遜色ない出来だった。

一年間の日めくりカレンダーをメインコンテンツに、新着情報で西尾維新映像作品の宣伝。映画『傷物語』と併せて西尾維新プロジェクトの年だった。

f:id:Daisuk:20170118232857p:image

特にパッケージを購入することでスマホでも観れるようになるViewcastが素晴らしかった。是非他のアニメも真似して欲しい。

  • 『怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』という芦名みのるの怪作

D

『ぷれぷれぷれあです』や『Re:ゼロから始める休憩時間』といった深夜アニメの宣伝用ショートフラッシュアニメを手掛けてきたスタジオぷYUKAIのオリジナル作品。

今まではSDキャラが喋るだけという印象だったけれど、本作は絵コンテというクレジットが加わり、可愛さと楽しさが跳ね上がった。

アニメ監督兼獣医師という肩書に驚きを覚えつつ、安心するような掛け合いはそういうところからきてるのかしらと。

HPのリンクから辿った『味噌 – MISO –』も糞面白いので是非。

2016-01-25

2015年アニメ3選

2015年にアニメを観て、心躍ったトピックから作品を選びました。

作品数については特に定めず、適宜追加していく予定です。

  • 『ミカグラ学園組曲』
  • 『四月は君の嘘』
  • 『ニセコイ:』
  • 『ミカグラ学園組曲』のアクション監修

f:id:Daisuk:20160125230622j:image

アクションパートになるとまるで別作品のような映像になる作品は数あれど、ここまで露骨だとやはりインパクトがありました。

アクション監修は向田隆。アクの強い『天元突破グレンラガン』でも一際目立った作画をされていましたが、その力が遺憾なく発揮されていたように思います。

また、アクション監修が4話まで連続しているというのが抜群に上手く、中盤から後半にかけてダレた画面が続きましたが、次こそはと期待し、最終回まで付き合ってしまいました。

  • 『四月は君の嘘』のサブタイトル

f:id:Daisuk:20160117212148j:image

ED前に出てくるサブタイトルは、その話の主題やモチーフが短いフレーズで纏まっており、毎回唸らされました。

特に最終話の前の話数でサブタイトルに特殊な処理が施された「雪」ですが、シリーズ通して描かれた"水"と"指"を組み合わせた漢字であり、"冬"の季語でもあるこの言葉は、一年を通して出会いと別れを描く本作の"終わり"を見事に表現していました。

  • 『ニセコイ:』の構成・デザイン

f:id:Daisuk:20160117212146j:image

2期はキャラクターの個別エピソードが中心で、攻略されるヒロインではなく恋する乙女といった印象を受けました。

サブタイトル周りのデザインは綺羅びやかで、芝居がとにかく可愛く、私服からも気合が伝わってきます。

OPの最後から繋がる提供バックという仕掛けも遊び心があり、作品の雰囲気作りはこういった細部によるのだと感じました。

2015-01-22

深海棲艦版「艦これ」にみえる、アニメ版「艦これ」

1話

アバンから航空部隊の攻撃を受けて壊滅する「深海棲艦」

f:id:Daisuk:20150122212704j:image

見慣れない「艦娘」に近づいたため攻撃される「深海棲艦駆逐艦」

f:id:Daisuk:20150122211620j:image

f:id:Daisuk:20150122213128j:image

大勢の「艦娘」に攻撃を受けて一人佇む「深海棲艦戦艦」

f:id:Daisuk:20150122213340j:image

f:id:Daisuk:20150122211956j:image

爆撃に仲間を失った日の戦艦は何を思っていたのだろう。

f:id:Daisuk:20150122211414j:image

3話

奇襲を仕掛けてきた「艦娘」に対し、裏をかいて挟撃を仕掛けるも返り討ちに合う「深海棲艦軽空母部隊」

f:id:Daisuk:20150122215005j:image

「深海棲艦」が撤退する中、操縦席のような部位に被弾した「深海棲艦艦上爆撃機」の赤い視界。

f:id:Daisuk:20150122214155j:image

f:id:Daisuk:20150122214122j:image

爆撃を放った直後に散った日の航空機は何を思っていたのだろう。

f:id:Daisuk:20150122214241j:image

サイド艦娘

f:id:Daisuk:20150122213620j:image

f:id:Daisuk:20150122221747j:image

「深海棲艦戦艦」を「艦上爆撃機」で沈める前に一人構える「艦娘正規空母」や、「艦上爆撃機」によって危機に陥る「艦娘駆逐艦」等、「深海棲艦」と同じ構図が繰り返される。

f:id:Daisuk:20150122213748j:image

もっともエモーショナルなシーン。NHKの戦時フィルムのようなBGMが流れ、すれ違う飛行機にはしゃぐ子どもたちと、様々な予感をはらんだ風。

第二次世界大戦という悲劇的な歴史に対し、「特型駆逐艦1番艦吹雪」はどのような活躍を見せるのだろう。

2015-01-12

動画で観比べよう『探偵オペラ ミルキィホームズ 』シリーズ

『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』がすごい景色を観せてくれました。

f:id:Daisuk:20150112211613j:image

監督はじめ多くのスタッフが変更されたためか、シリアス路線となりました。Elements GardenのBGMもかっこよく、あまりのギャップに混乱してしまいました。

しかし【Project MILKY HOLMES】というメディアミックスの一部であることをふまえると、1期OPになぞらえて「正解はひとつ!じゃない!!」と素直に受け入れることができました。

そこで各種メディアでどれぐらい違うか気になったので『探偵オペラ ミルキィホームズ 』の動画をまとめてみました。

森脇真琴監督

  • TVアニメ「探偵オペラ ミルキィホームズ」プロモーション映像

D

おそらく本編前の状態のPVで、結構シンプル。

  • コミックマーケット79にて上映したTVアニメ「探偵オペラ ミルキィホームズ」プロモーション映像

D

最終回も使った、総集編のような映像で見応えたっぷり。

  • 探偵オペラ ミルキィホームズ SS「ココロノエデン」PV

D

画面が重くて硬い、まんがまつり感。

ゲーム

  • PSP『探偵オペラミルキィホームズ』OP2

ポイントピクチャーズ制作のカッコ良いミルキィホームズ。そして飛蘭。

  • PSP『探偵オペラミルキィホームズ 2』OP

D

OPのキャラクター紹介テロップはTVもゲームも必ず入っており、こだわりを感じる。

  • PSP『探偵オペラミルキィホームズ 2』OP2

D

ポイントピクチャーズ制作のめっちゃ強いミルキィホームズ。そして美郷あき・遠藤正明・きただにひろし。

錦織博監督

  • 『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』先行PV

D

テロップでEDからOPに移行する大作映画の予告パロがアイマスっぽい。破天荒ではなく形式的な印象。

オマケ

  • PSP『探偵オペラ ミルキィホームズ』OPテーマ「雨上がりのミライ」PV

D

これもまたミルキィホームズですよね。